「キル・ビルVol.1」タラファン デビュー

今までタランティーノ監督を、『大嫌いなヴァイオレンス映画を撮る監督』と、勝手なイメージで毛嫌いしていた私。
先日「イングロリアス・バスターズ」で初めてタラ作品に触れ、案外面白いじゃん!ということを発見☆
かねてからお勧めしてもらっていた「キル・ビル」をmigちゃんに借りて見たら・・・・・



音楽サイコー!映像サイコー!ストーリー面白い!



やだ、私 タランティーノふぁんになっちゃうかも?

画像
 「キル・ビルVol.1」(2003年)


<ストーリー>

自分の結婚式の時に、所属していた毒蛇暗殺団にリンチを受け、お腹の子供から、夫、親戚一同にいたるまで殺され、自らも頭に銃弾を受けたブラック・マンバ(ユマ・サー、マン)は、4年のこん睡状態から醒め、暗殺団のボス、ビル(デヴィット・キャラダイン)への復習の旅に出た。

手始めにナイフの使い手であるヴァニータ・グリーン(ヴィヴィカ・A・フォックス)を始末したマンバは、沖縄へ飛び、服部半蔵(千葉真一)から刀を譲り受け、暗殺集団クレイジー88を皆殺しにする。
しかし、辛い過去を持つ日本刀の名手オーレン・イシイ(ルーシー・リュー)を倒す前に、殺し屋の少女ゴーゴー夕張(栗山千明)が立ちはだかり・・・・



画像
ヴァニータ・グリーンと格闘の最中、幼稚園から娘が帰ってきて・・・・



扉を開けた途端始まる、女性同士の激しいアクション。
タラちゃん、少女が戦うのとか、女性が格闘するの好きなのね?
そういうのって、ヘンタイって言わないのかな・・・・?
アニメやアメコミで見る分には、カッコイイ!クール!!って思うけど、実写で見るのはすごく嫌だ。

特に幼い子供が帰宅しても、結局は情け容赦なく殺してしまうあたり、ドン引きの私。
さて、最後までタラちゃん嫌いにならずに、見られるのか・・・・??



画像
千葉真一は、すし屋だけど実は刀師 服部半蔵


タランティーノは、よほどNIPPON大好き☆なのでしょう。
舞台は後半、沖縄から東京?へ


英語も流暢な千葉真一が、コメディ部門と渋い役どころを巧く演じていて、なかなかにオイシイ☆




画像
影絵のような殺陣のシーンは、必殺シリーズみたい♪

日本映画、特に時代劇・やくざ映画を研究し尽くしたと思われるストーリー展開と台詞回し、舞台背景に映像の使い方、殺陣もよく練習されていて、最近の日本のドラマでちょちょいと出てくる殺陣よりも、ずっと見事だ。

日本家屋もセットなのか、ロケなのか、古い料亭が老舗の温泉旅館みたいで、なかなかいいカンジ☆



随所に登場する美しいと感じる映像美とは対照的に、陳腐に血を噴出す残虐なシーンが、これでもかと続き、美と醜の不思議なコラボが繰り広げられる。



画像
千明ちゃんは、かなり大活躍


背も高くて、ハリウッド俳優の中にいても見劣りしないで、すごいオーラを発している千明ちゃん☆
でもゴーゴー夕張って、名前おかしいよ?


殺し屋も手を焼く、相当な使い手☆
しっかり悪役に徹していて、相手が千明ちゃんでも主役のブラック・マンバの方を応援したくなっちゃうほど。



画像
時代劇ならではの、中庭シーンは緊張感たっぷり


はじめの方に、ブラック・マンバが倒れるところをチラチラと見せておくので、もしや・・・・殺られてしまうのでは?と思わせておく演出がニクイ☆

オーレン・イシイの立ち回りは、ちょっとぎこちないけど、8分のシーンに1週間もかけたというのは、このあたりなのかな?
脳天スライスはちょっとグロくて、美しい雪景色が台無しだけど、そこがあえてのタラちゃんなのか?



画像
唯一耐えられないシーンは、教会でのリンチ



オーレン・イシイの悲しい過去をあえてアニメパートにしたのも大正解。
音楽も完璧、片時も息を抜けないストーリー展開も、時代劇・やくざ映画・西部劇を見事に融合させたところも秀逸!!


だけど1つだけどうしても許せないのは、花嫁をいたぶるシーン。

大量の殺戮をしてまで、Kill Billにたどり着きたい復讐の炎は、確かにこれだけのことをされないと・・・・というのは解るけど、女性がボコられるシーンは、どんなことがあっても私には受け入れられない。

女性がビームを出したりするような戦いならOKだけど、女性に肉弾戦をさせたり、一方的にボコったりする映画はどうしても嫌なのだ。

Vol.2に続くこのストーリー。
果たして本当にタラちゃんファンになれるのか・・・・まだ予断は許されない(おおげさ)


"「キル・ビルVol.1」タラファン デビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント