「RED」 R40

「RED」(Retired  Extremely  Dangerous)引退した 超 危険人物
時代を反映してか、若いものより年寄りが元気なのは、日本だけじゃないのか、今は『じーさん』がカッコイイ!
大物俳優の安定した演技も贅沢なこのアクションもの、私のお気に入り映画になりそう☆



画像
「RED」公式サイト(日本では1月公開)



相変わらずブルース様はカッコイイ!
アクションのキレもいいし、ブルース・ウィリスがアクションを決めると、まるで他の全員もバッチリアクションしているような気になってくるところが不思議~


画像
ジョー(モーガン・フリーマン)は老人ホームで余生を過ごす80歳  しかしこのコスプレの意味が不明・・・・・(汗)


<ストーリー>

退屈な年金生活を送るフランク(ブルース・ウィリス)の唯一の楽しみは、年金課の担当のサラと電話で話をすることくらい。
しかしある晩、CIAから襲撃を受ける。

フランクはサラ(メアリー・ルイーズ・パーカー)と共に、かつてCIAで秘密任務についていた仲間と落ち合い、巨大な陰謀に立ち向かっていくのだが・・・・・



画像
年金課のサラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)は、世界中を旅行するのが夢  CIAものの小説も大好きだけど、実は仕事も飽きて退屈な日々


ブルース・ウィリスと並ぶと、すごい小娘に見えるけど、実は40代。
R40は、まだまだ若いってこと?(妄想)



画像超危険なじーさんといえば、コロコロコミックでおなじみの『でんじゃらすじーさん』

ココで言えば、ハゲ担当がブルース・ウィリス。
渋さ担当がモーガン・フリーマン。
キレちゃってて相当危ないかんじが、ジョン・マルコビッチか・・・・

(あ、でんじゃらすじーさんと比べるならジョン・マルコビッチ一人で充分かも)




画像
だーれが、じじいじゃっ!?  やる時はやるよっ!!  でも走っている姿は、見ているこちらが心配になっちゃう・・・・




やっぱりアクションを心配せずに見られるのはブルース・ウィリスだけ。
でも「ナイト&デイ」のように、さっと変わる場面展開で、すごいアクションを済ませたかのように見せるところは巧いつくりだ。
そこをカバーしているのが、大物俳優の腕のみせどころということか・・・・




画像
元MI6のヴィクトリア(ヘレン・ミレン)は殺人担当  アフタヌーンティーやフラワーアレンジメントを楽しむ生活にも実は飽きてて・・・・



さすがイギリス諜報部員MI6だけに、お茶の時間は素敵なティースタンドで。
命を狙われていても、ティータイムは欠かせない。



画像
フランクを付け狙うのは、若手CIA捜査官ウィリアム・クーパー  フランクを「じーさん」呼ばわりしてキレさせる   ブルース様との格闘シーンは凄い!




英語鑑賞だったのでラストで結構ビックリな展開に、度肝を抜かされた私。
いろいろな意味で楽しませてもらった作品。


特にイっちゃってるマルコビッチが、おとぼけなのに敏腕でいい味を出している。
ピンクのぶたのぬいぐるみを片手にうなだれているところは、かわいい~☆


お年寄りが元気になる映画。
これからは寅さんやハマちゃんじゃなく、ブルース様やマドンナの元気パワーで行こう♪



"「RED」 R40" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント