クラコフ旅行☆グルメ&番外編

お馴染み旅行先のグルメレポート☆
アウシュビッツからどんよりして帰って、雨も降ってきたし、いつもの『食いしん坊パワー』も半減したけど、やっぱりポーランド料理を体験しなくちゃ。

画像
夜の聖マリア教会も素敵☆
レストランもこの聖マリア教会のある中央市場広場に集まっている。


画像画像
透明写真.png
レストラン Jadto (ヤドウォ)「小作人の食べ物」という意味。
確かに小さな農家を訪れたような趣のある店内・・・・って、あれ?布団干してるの?

画像画像
透明写真.png
お通しでパンがくる(左)
パンにつけるサワークリームとラードが珍しい。ラードの上から塩を振ると絶妙!!でも、食べ過ぎると脂っこくて・・・・

4種類のお試しスープセットは、超 美味しい!!!!!
赤いのがビートのスープ・奥の右がオニオンコンソメ・手前左がジューレック(酸味のあるライ麦のスープ)・手前右がきのこのスープ。
それぞれにピエロギという餃子のようなものが入っている。

ポーランドはスープがとにかく美味しい♪
日本人の口にもよく合う、やわらかで穏やかだけど深みのある味。
特に大好きなきのこは、シーズンなので、かなりGOOD☆
画像
相変わらずラム(こちらにもきのこソース)と、ポークのシチュー
ジャガイモを練ったニョッキのようなものがついていた

このほか骨付きの鳥も頼んじゃって、量が多くて、食べきれないほど。



画像
岩塩採掘場のレストランで紹介したゴウォンブキは、ロールキャベツみたいなもの
ひき肉と大麦と野菜が入っていてヘルシー。
でもお肉が少ないので、パラパラして食べにくいのが難点。
こちらもきのこのソースがかかっている。





画像
街でよく見かけるパン屋さん

画像
私はごまのついたのをチョイス(60円くらい)ポーランドは本当に物価が安くて嬉しい☆
少し香辛料の香りと塩の味がして美味しかった♪これでおなかいっぱい~



287.jpg285.jpg290.jpg
透明写真.png
パンの器に入ったきのこのスープは絶品☆
パパンはビーツのスープを気に入って今日も注文。カツみたいな衣の付いた付け合せの春巻きもなかなか。
翌日、「血便が出たかと思った・・・・・(汗)」とパパン。おおうっ!そのまま出るんだ?(爆)

さすがホテルのレストランだけにお洒落な盛り付けだけど、やっぱりポーランド料理は専門店がいいかも・・・・・



画像
これが食べたかったピエロギ
茹で餃子のようなもので、中にはひき肉と野菜が入っている。
文化の交流地だったことを実感☆
ガーリックオイルのソースか、きのこのソースが選べる。


全体的に日本人好みの味付けで、今回の旅はひとまず成功かな。
私の大好きなスープのバリエーションがいっぱいで、ポーランドに行ったらスープだけ飲んでいたらOKかも☆


画像
クラコフに行くのはウィーンからプロペラ機で



泊まったホテルはクラコフ中央駅の目の前。
近年できたと思われる大型ショッピングモールもすぐ目の前で、いろんな意味で便利♪
ホテルも新しくて気持ちよかったし、ボーイさんもイケメンで・・・・・



さて、朝起きてみるとドアの向こうからなにやら音が・・・・・???











・・・・・・・・・・いびき!?






画像
お部屋分からなくなっちゃったのね
(※赤いのは絨毯の模様で、殺人現場ではありません)


"クラコフ旅行☆グルメ&番外編" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント