アウシュビッツへの道☆強制収容所

秋休みの前の話題といえば、「どこに旅行するの?」
そして「アウシュビッツよ。」と言うと決まって「え゛ーーっ!?何で?」と驚かれる。
ヨーロッパにいる間に、子供たちにはきちんと見せておきたいと、ノルウェーにいる時から思っていた。
その訳は、強制収容所の入り口に書かれているジョージ・サンタヤナの言葉に凝縮されている。
『歴史を記憶しないものは、再び同じ味を味わわざるをえない』

画像
「働けば自由になる」と書かれたアウシュビッツ強制収容所の入り口
3番目のBの字が逆さまについているのが、収容者のせめてもの抵抗という説がある。(写真の上でクリックすると大きくなる)
当時、門のすぐ横で収容所の音楽隊が行進曲を演奏していた。



クラコフ中央駅からオシフィエンチム駅まで列車で1時間半。
駅から路線バスで10分。
地元のおばさんが、「アウシュビッツよ!!」と知らせてくれなかったら、なーんにも無いところで気がつかず通り過ぎるところだった・・・(汗)

直通バスもあるけど、日曜日は本数が少ないので要チェック。

画像
サービスセンターを抜けると28のレンガ造りの囚人棟のある「絶滅収容所」がある
まずはここで日本語の見取り図付きリーフレットを購入。



入館料は全て無料。
この広大な敷地の維持管理や修復・草刈などの資金を援助している国のうち、もっとも多くの援助をしているのはドイツ。
そのほか様々な一般ボランティアによって支えられている。



最初にドキュメンタリー映画の上映も見たかったけど、時間がないのでパス。
11月は夕方4時までしか開いてないので、時間との戦いだ。

レンガの棟がはるか向こうまでずらりと並び、各棟の1階~2階各4部屋ずつくらいが展示スペースとなっている。
これを全て見て回るのはかなり困難だ。


画像
高圧電流の流れていた鉄条網



オシフィエンチムの小さな町にある、「絶滅収容所」アウシュビッツ。
1940年にポーランドを占領したドイツ軍が、ポーランド軍の兵舎を利用して造ったのが始まりだ。

ここには、ユダヤ人とともに、ポーランド人政治犯、ロマ(ジプシー)、共産主義者、反ナチス活動家、同性愛者、ユダヤ人を助けたポーランド一般市民の家族、強制退去させたポーランドの町や村の住人などが捕らえられて収容された。


画像
縞模様の収容者の服


何日も食料無しに運ばれてきた収容者たちは、ここで裸にさせられ持参したものは全て没収された。
あとで返すということで名前を書かされているが、勿論本人の手には戻らない。

画像画像
透明写真.png
カバン、ブラシ、めがね、大人の靴、子供の靴、服、義足・・・・・などが、山のように積み上げられている。
35軒の倉庫ブロックのうち、開放直前、証拠隠滅のためSSによって放火された中から残った6棟に残された没収品は、それでも何万個もあった。

レンガの棟の展示スペースは、1部屋がテニスコートくらいと想像して欲しい。
その縦の長い部分にガラスの展示ケースがあり、端から端までいっぱいに、靴・・・・・という具合に積み上げてある。

この没収したものはどうしたかというと、ドイツ本国へ送られ利用されていたのだ。
画像
義足の山(のほんの一部)


最も痛ましいのは、唯一写真撮影不可の大量の髪の毛。
バスケコートくらいの部屋の壁際の展示ケースに、山と積み上げてある。
ガス室に送られる前後に刈り取られた髪の毛は、ドイツ本国でマットレスや生地として製品となっていた。

見本の生地が置いてあったけど、これで造った物を着たり使ったりしていたのかと思うと・・・・・



腕に職のある収容者は重宝され、仕事を得ることで生きながらえたが、ガス室へ送られる前の人の髪の毛を刈っていた床屋のところに、ある時自分の家族がやってきた。
彼は他の人に髪を刈らせるのがあまりに忍びなく、自分の手で髪を刈ってあげたのだという。


画像幼い子供は役に立たないということで、まっすぐガス室へ。
小さな靴とベビー服が痛ましい。
お人形の頭部は壊されていた。
画像画像
透明写真.png
家畜小屋のような3段ベットには、藁が敷いてあって、1段に4~5人が寝ていた。(硬そう・・・・)

1日の食事は朝コーヒーと呼ばれる薬草の絞り汁、昼はジャガイモとカブの水のようなスープ、夜は300グラムの黒パンとマーガリン。
1700カロリー程度に計算されていたのは、収容者を生かすためではなく、生きている間は働かせるためのものだった。


画像

画像
右が人体実験を行っていた第10ブロック、左が臨時裁判を行う部屋と地下に懲罰房を忠実に復元している第11ブロック、正面は「死の壁」(上)
この間の広場で行われていた銃殺刑の様子を描いたもの(下)
この処刑をしていたドイツ兵が、精神を病んでしまうので、ガス室が考案された。


11ブロックでたった2時間の間に臨時裁判が行われ、210人のうち206人が死刑を宣告され、中央の扉からこの広場へ出て、「死の壁」の前で銃殺された。
残る4人はアウシュビッツ収容が決定。
1万人ほどが、ここで処刑されたのだという。

画像画像画像
透明写真.png
第10ブロックと11ブロックの間にだけ、処刑が見えないように高い塀が造られている。(左)
レンガの壁が傷まないように、木を組んで造られた「死の壁」があり、献花とロウソクがお供えしてあった。(中)
第11ブロックの地下にある90センチ四方の直立房。(右)

直立房は展示用に上部が開いているが、実際は天井まで壁があったと思われる。
足元の小さな扉から、中に4人も入らされ、先に死んだ仲間を抱えて立ったまま死を迎える懲罰牢だった。


地下には他にも、仲間の身代わりになって入れられたコルベ神父の餓死牢も。(献花とロウソク)
2週間ののち、注射を打たれて死亡した。

画像
公開絞首刑のヒモを掛けるレール

画像
クレマトリウム(ガス室)
近隣のポーランド人にうめき声が聞こえないように、近くで車のエンジンをかけていた。

画像画像
透明写真.png
殺虫剤として使われるチクロンB(サイクロン~などとCMでよく聞く)
25トンものチクロンBが発注されたということだ。

画像画像
透明写真.png
天井に穴がいくつかあり、ここからチクロンBが投入された。実際は見せかけのシャワーが付いていた。(左)
一度に数百人がここへ入れられたという。

昇降機で運ばれた遺体は、焼却炉で2~3人ずつ30分かけて焼かれた。




整然と並んだ、レンガ造りの小奇麗な建物は、案外住みやすかったのでは?と第一印象で思ってしまった私を深く反省した。
そこには、あまりにも恐ろしい悪夢のような現実が、キチンと並んだ建物と対照的に起きていたのだ。

しかし、驚くのはまだ早かった。


アウシュビッツへの道☆絶滅収容所ビルケナウへ

"アウシュビッツへの道☆強制収容所" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント