アウシュビッツへの道☆ヴァヴェル城

クラコフの世界遺産にもなっている歴史地区の中央市場広場から10分ほどで歩いて行ける丘に、ヴァヴェル城は建っている。
歴代ポーランド王の居城として1320年から数世紀に渡って歴史を見つめてきた城は、静かな佇まいで我々を迎えてくれた。


画像
ヴァヴェル城には、旧王宮・大聖堂・博物館・宝物武具博物館がある
入場料は別々なので、見たいところだけチケットを買おう。


私たちは最終日で時間がなかったため、内部の見学はパス。
お天気の良い日には、塔に登って、旧市街を眺めるのもいいかも♪


画像
城門の脇に建っているのは、英雄タデウシ・コシチュシコの像
ポーランドで最初に独立蜂起を指導した英雄である。

画像
中庭はあっさりというか、閑散としたかんじだけど、赤い屋根の軒のすぐ下に、見事な壁画が描かれている

画像画像
画像
ゴシック様式で着工されてから、歴代の王によって数世紀にも渡り、ルネッサンス様式・バロック様式と追加されてきたので、ちょっとアレコレごちゃまぜな印象。
それがこの文化の合流地だったポーランドらしさを象徴している。
(手前はヴァヴェル城の青銅の見取り図)

画像画像
透明写真.png
手前の金色のドームは、ポーランドにおけるルネッサンス建築の傑作といわれるジグムント・チャペル。
1533年に完成した。


画像
クラコフの街にはたくさんのチンチン電車が走っている



ヴァヴェル城から5分ほど歩くと、ややすすけた建物が多くなり、映画「シンドラーのリスト」の舞台にもなったユダヤ人ゲットーのあるカジミエージュ地区になる。
画像
ゲットーの辺りは広場になっていて、パトカーが数台止まっていた。白と紺のツートンで、ランプも紺色。
シンプルでカッコイイ~♪

ゲットーとは、ヨーロッパにおいてユダヤ人が強制的に住まわされた居住地区を指す。
第二次大戦中は、ここからアウシュビッツへ送られた。

ポグロムから身を守るために内側から、またはクリスマスや復活祭の時に、ユダヤ人が出て来れないように外側から壁が作られた。
ポグロムとは、反ユダヤの傾向の強い東欧地域において行われた、ユダヤ人への集団的迫害行為(殺戮・略奪・破壊・差別)を言う。



画像画像








レーム シナゴーク(ユダヤの教会)には大勢のユダヤ人学生が引率されてやってきていた。(左)
ポーランド最古のユダヤ教会スタラ・シナゴークはユダヤ博物館になっているけど、何の表示もないし閑散としていて解り難い(右)

画像
シナゴーク内部にある祭壇
ちょっと鳥かごみたいに見えるけど、優美なラインが繊細で美しい。


画像画像
透明写真.png
お祈りに使う道具。ユダヤ教の特徴的な蜀台は、ロウソクが横に8本、手前に1本突き出している。
後ろにかけてある額は、実は切り絵になっていて、そのあまりの細かさにビックリ!!
祈りを込めながら切ったのかな・・・



博物館はあまり広くなく、昔の結婚式・お葬式の様子を写真や絵、フィギアで展示してあったり、古い聖書などがあった。

辛く悲しい歴史は、ここには無い。
それがかえって心に残り、私は胸が痛かった。

"アウシュビッツへの道☆ヴァヴェル城" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント