「17歳の肖像(原題 An Education)」ゆかりの地をたずねて

息子の通っている学校で撮影!?
始めてこの事実を知ったのは、イギリスで映画が公開された翌年の2010年、私が住んでいるイーリングの地域情報誌に、紹介されていたのがきっかけ。
学校の前で大量の水を撒いて、雨のシーンを撮影している写真が掲載されていてた。
「そういえば、夏休みに沢山雨を降らせて撮影してたよー」とママ友談。
えーっ!映画見逃しちゃったyo~




画像
「17歳の肖像」(原題 An Education)2009年 公式サイト


戦後のまだ物資も少ない1960年から62年頃の英国、自由を謳歌していたアメリカに比べて、質実剛健に暮らしていた英国人の心の揺れをうまく表現している映画だ。



そして、その時代の雰囲気を残す建物が多く残っているのが、ロンドン郊外の町、ここイーリングなのだそうだ。

地域新聞「Ealing」には、撮影の様子や映画について、こんな風に紹介している。
画像

イーリング2010年5月版は、こちら
(ページもめくれるし、画面をクリックすると大きくなってちゃんと記事も読めるYO)


画像
ジェニーの通う女子高として使われたのが、息子の通う学校(セントラルライン ウエストアクトン駅 徒歩10分)


画像
昔はここも女子高だった、古い建物がいい雰囲気の息子の学校




<ストーリー>

オックスフォードを目指す優秀な学生ジェニー(キャリー・マリガン)は、厳しい父親のもとで、勉学に励んでいた。
ある日出会った年上の男性ディビット(ピーター・サースガード)に演奏会に誘われ、大人の世界を垣間見たジェニーは、次第に彼に惹かれていくようになるのだが・・・・・・



画像

画像
バス停はこのときだけ設置されたもの



画像

画像
いつもこちらの門から入る


画像

画像
勿論、校内も☆いつもは薄暗い廊下も、映画だとこんなに明るく~



先日、イギリス人のマダムに習っているタペストリーのお稽古で、この映画の話が出た。
なんと、一緒に習っているイギリス人のスーの娘さんが通っている女子高の卒業生が、この原作を書いた人なのだそう。

そこで日本人ママ友が「でもストーリーはイマイチだったらしいよね?」と大胆な発言をしたのだけど、「すごく共感したわ♪これはハリウッド的映画ではなく、とってもブリティッシュな話なの。」とスー。

画像
まったく教養が無いが、ジェニーの知らない世界を沢山教えてくれる魅力に溢れた仲間たち






伝統を重んじて、質実剛健を美徳とし、上流階級の真似をするのが大好きな英国人。
その反面、大陸(パリ)の華やかで自由な生活を心のどこかで羨ましいと感じている。

自分たちには学歴があまり無く、広くないセミデタッチに暮らし、優秀な娘に少しでも教養と学歴をつけさせたいと、必死になっている親の立場と、
そんな親に反感を持ちながらも、従順に従う振りをして、こっそりタバコを吸ったり、こっそり年上の人にバージンを捧げたりする、甘酸っぱい青春の過ちを犯し・・・・というどちらの視点からも共感できるという点で、この映画は、大人の英国人のための映画とも言えるのだ。


画像
17歳の誕生日に、パリでついにジェニーは・・・・


若いときは年上の男に憧れるのは、誰にでもある経験。
でもパリでいざ!という時にディビットがバナナを持ち出したのは、ちょっと謎・・・・・
彼にも罪悪感があったってことなのかな?


画像
頭のいいお嬢様ほど、男に騙されてしまう典型的パターン


家族ぐるみで騙されてしまうのは別としても、悪い男に遊ばれちゃうとか、よくあるストーリー。
ストーリーはあまりに普通にある話だけど、それだからこそ、多くの人に共感を得るのかも☆

でも、ディビットが泥棒をしていたと分かった時点で、この場合はどうにかするべきだったよね。




画像

画像
学校だけじゃイマイチなので、ジェニーが友達とつるんでランチを食べたりタバコを吸ったりしていたカフェまで、最近、再検査で引っかかったパパンのために、天気の良い日曜にウォーキングをかねて行ってみたYO

家から歩いて往復5Km。


画像画像
















ジェニーのすぐ後ろに写っているガス灯は、今では当然のように電灯だけど、柱の部分は昔のガス灯がそのまま使われているロンドンでも珍しい所なのだそうだ。
このタイプの電灯は、うちの近所で保存地区に指定されているチューダー様式の家が並んでいるエリアにもある。


画像
こんな可愛らしいお店が並んでいるのは、いったいどこかしら・・・?と来て見れば・・・・・・(汗)
画像
ピンクのカフェは、「Cafe Rosetta」
セントラルライン イーリングブロードウエイ駅 徒歩20分
繁華街を抜け、マナーハウスの前のマトックレーンという道をまっすぐ行って、道の終わりに建っている。


イーリングブロードウエイの繁華街が賑やかなのと対照的に、ここは日曜だというのに?閉まっていて、寂しげ。
映画では可愛い雑貨屋さんに変身していた緑色のお店は、バス・トイレ用品屋さんだった。

映画の美術さんって、凄いなぁー




"「17歳の肖像(原題 An Education)」ゆかりの地をたずねて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント