「トイストーリー3」 感動120%

ねえねが嗚咽を漏らして号泣したよと、大絶賛の「トイストーリー3」は、予告で既に泣いてしまったのが、実はまだまだ序の口だったことに気が付くのは、映画が始まってすぐのことだった・・・・




画像
 「トイストーリー3」 公式サイト



<ストーリー>

大学進学が決まっていよいよ引っ越すことになったアンディは、部屋の整理をしていた。
しかし屋根裏部屋に仕舞うはずのアンディのおもちゃは、手違いでゴミ収集車に。
アンディに捨てられたと思ったバズだちは、保育園行きの箱に忍び込むことにした。
しかしそこで待ち受けていたのは、乱暴におもちゃを扱う子供たちだけでなく・・・・



感動の嵐は、映画が始まってすぐに訪れた。

ハンディカメラでアンディの子供の頃の映像を見ている~っ・・・・・!!!
カメラがターンすると、壁に貼った現在のアンディ。写真をめくると、その下には小さい頃のアンディの写真が・・・・

もう、ココから泣いちゃう私。




画像
いやーん、大きくなったのねぇ~アンディ!



それもそのはず、ねえねがトイストーリーに出会ったのが、まさに5歳。
アンディと一緒に大きくなって、今年大学へ行くために引っ越して・・・・・

今回「トイ3」を観て、棚の奥に仕舞いこんでいたぬいぐるみを引っ張り出したねえね。
一番大事なかめ吉とかめ丸、そして『石田じりた』という名のワンちゃん(爆)



この映画は、アンディと共に成長してきたねえねにとっても、その成長を見届けてきた母にとっても、完全に同化して観られるだけでなく、数々の人形とさよならしてきた過去が、たやすく人形にも感情移入させてくれる。





画像
吹き替え版では、ダンボールの文字や看板などが、日本語になっている!



予告を見て予想していたラストとは大きく違う展開に更に号泣!!
子供向け映画と舐めてかかってごめん。

上質のCGアニメとして登場してから、多分「トイストーリーシリーズ」を超える作品は出ないんじゃないかな。
しかもパート3でありながら、さらにパワーアップしているとは・・・・

勿論いい作品は、2Dでも充分堪能できちゃう☆
やっぱりストーリーで勝負してほしいよね。




画像
はらはらドキドキの展開は、アニメのキャラたちといっしょに思わず手に汗握り・・・・




迫力のアクションシーンは、結果的には都合よく解決してもそこはCGアニメなんだから良し!
意外なところに、成長した隣の家のシドも登場。


そうかー、子供の頃人形と心豊かに遊んだ子供は、ちゃんと勉強できるってことなのかな・・・・




最後の最後までたっぷり泣かせてくれる、120%感動の映画は、この夏 私の心にしっかりと刻まれたのだった。
観てよかったYO♪






"「トイストーリー3」 感動120%" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント