「ザ・ウォーカー」スタイリッシュな映像

機内上映2本目は「ザ・ウォーカー」
こちらも、ただカッコイイだけという前評判だったので、期待しすぎないように気をつけて鑑賞。
なるほどー、確かにカッコイイ!!
まるでモノクロの写真集をめくっているような映像と、無駄のないシャープな動きが、単純なストーリーを飽きさせずに見せてくれたというかんじだ。



画像
 「ザ・ウォーカー」 公式サイト



<ストーリー>

核戦争で世界が崩壊したあとの未来。
30年の間ずっと、目的も目的地もわからず、ただ1冊残る本を運び続ける男イーライ(デンセル・ワシントン)がいた。
本に触るもの全てを容赦なく切り捨てる彼は、ある街で本を探し続けていた独裁者のカーネギー(ゲイリー・オールドマン)と対峙することになり・・・・・




画像
見事な剣さばきで、あっという間に切り捨てる


結構グロイシーンがあると聞いていたけど、色味がモノトーンにちかかったり、遠目からの映像だったりで、そのグロさはほとんど感じない。
むしろ、バッタバッタとなぎ倒しても、日本の時代劇の殺陣を観ているようで、鮮やか!(色は無いけど)と拍手を送りたくなる。



画像
ムカツク独裁者を見事に演じている



盲目の女性に優しいのかと思えば、突然DV男に変身!
その辺のキレ具合が、本当に恐ろしい~

でも、弱ってきた途端、他のオスに縄張りを奪われるあたり、野生動物の世界みたい。
文明を奪われると、人間もそうなるのかな・・・・




画像
めちゃくちゃ強いイーライ




食べ物もなく、水も無い世界。
他人を食べて生き延びる世界だから仕方ないけど、本を守るために多くの殺生は本の教えと合っているのか?

『兵器にもなるし神にもなる』


そういう意味では、案外深いことを言っている映画なのかも・・・・




『聖書』ものは、どうしても気持ちの芯の部分で、理解できないのだけど、ズバリと本質を突くなら、イーライが本を運ぶだけに存在するのではなく、本の教えとのギャップに苦悩する姿も見せて欲しかった。


もしや、この『教え』を守るためなら他者をすべて排除せよと、聖書に書かれているとか?
それならラストシーンは、結果的にバットエンドってことなのかな?

いずれにしても、使う者によって、神にもなるし兵器にもなるのは、この本に限らないことではあるけどね。





画像
足手まといになるだけのようで、作品にいい色を添えてくれるソラーラ(ミラ・クニス)





どんどん格好よくなっていくソラーラ。
こんな荒廃した世界でも、力強く生きていってほしい☆とつい願ってしまう・・・・




画像
ひたすら歩く





荒廃した世界は、勿論CGなんだろうけど、モノトーンで表現したところが、全く違和感なしで、すごい!

過去の映画で、核戦争後の荒れた世界というのは、いくらでも出来てたけど、良く考えたらもっと呑気だったよねぇ。
荒くれ者がイエ~イ!なんて、良く考えたら有り得ないYO
生きるか死ぬか・・・・
でも、お茶に呼ばれて食べられちゃうのは、イヤだなぁ。







"「ザ・ウォーカー」スタイリッシュな映像" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント