ロンドン観光地めぐり☆オスタリーハウス

ここのところ、マイブームとなっているカントリーハウスめぐり。
毎度、「ここが一番豪華」と感心してきたけど、いやはや、過去最高に立派なお屋敷だった。
映画「ミスポター」の撮影をした、久しぶりに『出ない』お屋敷見学は、ゆったりとしたセレブ気分に浸って・・・・・
画像
 ナショナルトラスト オスタリーハウス 公式サイト
ピカデリーライン オステリー駅(ヒースロー空港の5つ手前) 徒歩10分  大人8.80ポンド
階段からして、この豪華さ・・・・

世界で最初の銀行家であったロバート・チャイルド 氏が、使用していたカントリーハウス。
はじめはエリザベス1世の財務大臣であったThomas Gresham氏が買取り、1576年、荘園のカントリーハウスとして改築した。
後の当主が、子孫を残さなかったため、ローンの支払いとしてフランシス・チャイルド氏のものとなる。

ビジネスで手を広げたチャイルド銀行が成功し、豊富な資金力で、18世紀後半の英国における新古典主義 (Neo-Classical Style) を代表する建築家のひとりロバート・アダム にデザインを任せ、オスタリーハウスは1767年頃に完成した。
画像画像
透明写真.png
駅から徒歩10分だけど、実は門からさらに10分・・・・・・・えっとー、お屋敷が全く見えませんが?
左側には広々と広がる牧場が☆
008.JPG009.JPG
透明写真.png
広大な蓮池の向こうに、ようやっと目的のオスタリーハウスが見えてきた!
ああ、あんなに小さい・・・(足に自信がない方は、途中からシャトルバスがあるので、乗せてもらおう☆)
画像
ようやくお屋敷に到着☆
大きなお屋敷なので、全景を撮る為に、またかなり離れないと・・・・万歩計を付けて来れば良かった(汗)
021.JPG
朝食ルーム・・・・・・・・・朝食だけの?

今まで見てきたお屋敷は、1つ1つの細工は見事でも、全体的なバランスがちょっと・・・・というゴテゴテ感があったけど、こちらの内装はとてもお上品♪
ウェッジウッドのジャスパーウエアを思わせる装飾は、淡い色使いで、とにかく素敵☆

アダムスタイルというインテリアデザインは、古代遺跡に見られるグロテスク模様を当世風に洗練させたものだそう。
画像画像
透明写真.png
各部屋にナショナルトラスト所属のボランティアさんがいて、親切に解説をしてくださる。
「ここは、バッキンガム宮殿なんかより、ずっと保存状態がいいんだよ♪」
039.JPG033.JPG
030.JPG
ここが映画で登場したロングギャラリー
映画「ミスポター」ゆかりの地をたずねて
明るいグリーンで統一されたインテリアと、素晴らしい絵画の数々・・・
大きな中国製の陶器も、違和感無く配置されていた。

038.JPG
パウダールームは、完璧なデザイン

なんと絨毯の模様と、天井のデザインが全く一緒~っ!!!ロバート・アダムのこだわりが感じられる。(壁がちょっとすすけているのが残念)

画像
完璧な保存状態を誇る、タペストリーの部屋
光を入れない、フラッシュを焚かない・・・・・暗い部屋のろうそくの明かり(電球だけど)に浮かび上がる赤いタペストリーは幻想的☆

シルクのタペストリーの命を完璧なまでに保存できたのは、19世紀に入って、9代目ジャージー伯爵が13歳でこの屋敷を受け継いだ時に、「自分はここに住んでいないから、一般公開して公益に役立てて欲しい。」とナショナルトラストに寄贈したのが正解だったのかも。

すごい・・・・13歳☆ りょうたと同じ年で…

画像画像
画像
天蓋つきベットは、今まで見た中で最もゴージャス!!いったいどんな夢をみるのかしら?

051.JPG
広々としたダイニングルームは、ロバート・アダムが得意とするデザイン
この様式は、彼がデザインしたハムステッドのケンウッドハウスの図書館や、キューガーデンの近くにあるサイオンハウスにも見られる。

ここでは結婚式も行われるらしい。
ハワイの教会もいいけど、イギリスのマナーハウスで挙式ってなんて素敵なの♪
画像066.JPG
透明写真.png
お屋敷見学の楽しいところは、地下の使用人エリア。
当時の生活が偲ばれるキッチンや、お風呂などが見られる☆

でも、こーんな立派なキッチンが昔からあるのに、どうしてイギリスのお料理ってあんまり美味しくないのかしら?(笑)

画像画像
画像
果てしなく広がるお庭の端っこに、イングリッシュガーデンと温室
美しいイングリッシュガーデンを楽しむなら、この時期が最適!カガーデンのみなら3.85ポンド
いずれにしても、ガーデンは10月いっぱいでクローズ。
お屋敷は12月19日まで。


果てしなく広がる庭も、全てよく手入れされていて、当時も相当な数の使用人を使っていたと思われる。
こりゃ、維持費も大変!
13歳の決断は、正解だったよね。



"ロンドン観光地めぐり☆オスタリーハウス" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント