映画「ミス・ポター」ゆかりの地をたずねて

いや~、正直言って、お土産付試写会でなかったら応募していなかった地味そうな映画。
ところがどっこい!
なんだか~いいんだな~~この映画。
本当に癒される映画・・・・・・自然と微笑んで観ている自分がそこにいた。
このレビューは、2007年に試写会で観た時のもの。
今回はその撮影場所を訪れたのでレポを追記したYO☆


画像

ミス・ポター公式サイト



<ストーリー>
100年前の、まだ封建的な時代。
上流階級の女性が、仕事を持つことなどありえない時代に、親の薦める結婚も断り、アーティストとして生きることを望んでいたのが、ビアトリクス・ポター(レニー・セルウィガー)だった。

何処へ行くにも、乳母が付き添うような彼女の作品を、まじめに取り合ってくれる出版社は、めったになかったが、ようやく引き受け先が見つかった。
こうして、彼女が子供時代に、夏休みを過ごした湖水地方で出会った、愛らしい動物たちを描いた、「ピーターラビットと仲間たち」の絵本は、出版してすぐにベストセラーになった。

いつも決まって自分の絵を誉めてくれていた父(ビル・パターソン)は、絵本の出版をそっと応援してくれていたが、厳格な母(バーバラ・フリン)は、はしたない行為と言って、彼女を決して認めようとしなかった。
母が気になるのは、きちんとした上流階級の結婚相手、部屋や洋服の汚れ、そして貴族とのお付き合いだけだった。

そんな時、ポターは絵本の編集者ノーマン(ユアン・マクレガー)と恋に落ちる。
「商人などと結婚するのは、許さない!」と怒る両親に、初めて反発するポター。
二人の恋は、障害を乗り越え、ようやく実を結ぼうとしたかのようにみえたのだが・・・・


画像
初めてのプロポーズに、心ときめく様子は、とってもキュート♪




この映画がいいのは、100年前のまだ封建的な時代に、女性が自立しキャリアウーマンとして大成功を収めたからでもなんでもない。

結婚もせずに、絵本作家になりたいと願うのに、家族からはその才能を一向に認めてもらえない、いつまでもかごの中のお嬢様扱いで、窮屈な思いをしている女性。
自分を認めてくれる人々に出会い、自分も自分の作品も愛してくれる人がいることに、素直に喜び、そして少しずつ羽ばたいていく様子が大自然の美しさとともに、丁寧に綴られているのが心地よい。

画像
恋に落ちる出版社のノーマンと、二人の恋を唯一応援してくれるノーマンの姉(エミリー・ワトソン)
姉もまた30を超えて結婚せずに独りを貫いている。

主役のポターも、ノーマンの姉も、同じ‘売れ残り‘のオールド・ミスなのだが、見た目も似ているから不思議。
二人とも落ち着きすぎていて、見分けがつかないくらい。

いつも髪を振り乱して、一心不乱に絵を描いているなど、見た目にこだわらないと、老けて見えてしまうということかしら?

画像今回訪れたのは、オスタリーハウス
(ピカデリーライン オスタリー駅 徒歩10分)

ミスポターとノーマンの姉が意気投合し、一生結婚なんてしないで仲良くしましょう♪と約束をするシーンに登場したのが、オスタリーハウスのロングギャラリー。
緑を基調としたインテリアに、嫌味にならない中国製の陶器が見事にマッチしていて、上品☆

掛けてある絵も、素晴らしい~

お屋敷見学は ロンドン観光地めぐり☆オスタリーハウスを見てね☆




ヨーロッパの昔のお話・・・・・・といったら、ファンタジーの中だったり、マリーアントワネットみたいな貴族や王族の話だったり・・・・・
一般的かどうかは別として、それ以外の人の生活というのを始めてみて、びっくりした。

それほど大豪邸でもない家に、何人も使用人のいる、貴族でもないのに、貴族のような暮らしをしている上流階級の家庭。
綿工業などで大儲けした先代の財産を受け継いで、形だけ弁護士をしている父親。

こんな家庭に育つと、子供の頃から両親に「おやすみなさい」を言うのに、いちいち‘スカートをちょっと持ち上げるお姫様ご挨拶‘と、父には‘握手‘をしなくてはならないの?

握手?

おやすみなさいで、親と握手って・・・・・

廊下を走るな、言葉遣いに気をつけろ・・・・と事細かに注意をしてまわる乳母は、とにかく何処にでもついてくる。これが何しろ仕事なのだ・・・・・・・娘が31歳になっても。

画像
お付きの使用人は、二人の密会にも密着・・・・



画像
ミスポターとノーマンが次回の本の打ち合わせと称して、初デートをしたカフェのシーンが撮影されたのが、こちらのオスタリーハウスのダイニングルーム。
まるで自分が小さなアリスになって、ウエッジウッドの陶器の間を歩いているような錯覚に陥る、センスが良くてゴージャスな空間。
んもう!素敵すぎ~

映画では、ここでも陰のように付きまとうお目付け役のおばあさんが、ちょっと離れた場所から二人を監視。
ノーマンが手に触れただけで、キッと睨んで・・・・・

恋をするのも大変だったのね~





映画には、ハリーポッターで、ロンとハりーが空飛ぶ車でくぐり抜ける、ブルーベル鉄道の陸橋も映るので必見!




画像

美しい湖水地方の景色は、よくぞ昔のままの姿が撮影できたものだと思っていたら、ポターが絵本の印税で買って、後世にナショナルトラストへ寄付された4000エーカーの100年前の姿そのままの土地だったのだ。

たった23冊の小さな小さな絵本を書いて、4000エーカーの土地をポン!と買ってしまう。

印税ってすごい~!





今回映画も良かったけど、何しろ良かったのは、主催がロレアルだったこと。
会場入り口には、メイクアップルームがしつらえてあり、9月に新発売のファンデーションが展示されていて、参加者が各々自分にあった色味を選ぶことができるのだ。
ロレアルさん、太っ腹!
画像



"映画「ミス・ポター」ゆかりの地をたずねて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント