「ロビンフッド」だんだん暑苦しく

日本公開は12月なんだー?
ラッセル・クロウ演じるマッチョなロビンフッドと共に、額に汗を滲ませながら熱く戦う戦士たち。
やっぱり日本の暑い夏に観るのは、辛いよね。
子供の頃に親しんだ『ロビンフッド』は、緑のタイツで弓の名手の爽やかな青年。
それがいつの間に、こんなに暑苦しく・・・・
あ、もしかしてウィリアム・テルと混同している、私?


画像
 「ロビンフッド」 公式サイト



前日に1991年のケビン・コスナー主演「ロビンフッド プリンス オブ ウェールズ」をテレビでやっていたので、こちらで予習。
悪役のアラン・リックマンが、悪役なのになんだか可愛いし、剣さばきがイマイチなところも、昔ならではのエンタメ性に溢れていて、分かりやすく面白かった~♪

しかーし!

新生ロビンフッドは、完全なる歴史物ヒーローと化していて、「こんな有名な英雄の武勇伝を知らずに観てるとか無いよね?」と言わんばかり。

阪本龍馬じゃないから知りませんよ。





画像


<ストーリー>

戦いの最前線で活躍するロビンフッド(ラッセル・クロウ)は、自分達の村シャーウッドの森への道中、王の死を知らせるべく森を急いでいた一行が襲われているところに出くわす。
彼の身代わりとなってロンドン塔に住む王子の元へ、亡き王の王冠を届けたロビンフッドはそのまま、戦いを指揮するよう命じられる。
しかし、そこには十字軍遠征の折に、フランスから派遣された密偵が・・・・・


画像



・・・・・・・という内容だと思う。
今回は、本当に分からなかった。

戦っている以外は、酒を飲んで踊っているか、話し込んでいるシーンがほとんど。

今回は、ほとんど英語が聞き取れなかったのは、ラッセル・クロウがBBCのインタビューでぶち切れたように、『アイルランド訛り』に聞こえる『イタリア訛り』の英語を使っていたせいなのか(一緒に行った友達は、ケイト・ブランシェットの英語は綺麗だったけど、ラッセル・クロウのは聞き取れなかったよ~と、話していた)、それとも私の英語力が皆無だったのか・・・・・



画像
すご~い、イギリスの肖像画で見る王様と同じ顔だぁーっ☆



戦いでお城の扉を爆破したと思ったのに、どうやら勝ったわけではないみたいで、
なのに夜は野営場所で宴会。
再び城を攻入る時は、王様が先頭であっさりやられ(王様先頭切ったらダメだよね?)

シャーウッドの森に潜んでいるのは、ロビンフッド率いる義賊以外に、
どうやらフランス軍のスパイもいるようだけど、
敵も味方も見た目の違いがわからないし、



画像
フランス密偵と悪代官は、どちらもなぜか海老蔵似(笑)


どこの村なのか、どこの城なのか、イギリス国内で戦っているようなのに、フランス軍と決戦だし、
領主の館で夫を待っていたマリオン(ケイト・ブランシェット)に言寄る悪代官と、フランス密偵との関係も不明だし・・・

弓の名手なのは、ロビンフッドだけかと思えば、仲間はみんな上手だし、
リンゴを弓で射ったりしないし・・・・・(爆)




画像
10年も夫を待っていた領主の娘マリオンも、次第にロビンフッドに惹かれていき・・・・


目の見えない父から、ロビンフッドと結婚するように命じられたマリオンも、だんだんとロビンフッドを愛するように・・・・って、どの辺から気に入ったのか、もうすこし情緒を持たせて欲しかった。



画像
ラストの戦いのシーンは圧巻!!


なんだかんだ文句ばかりつけたけど、歴史戦争ものとしては、見応えバッチリ☆
迫力満点のラストシーンは、下手なCGを使わないで、生身の身体で戦う熱き戦士たちが格好いいの一言♪

重い鎧をつけて、海辺で戦うのは、いかにも大変そうで、海に沈んだり船に挟まれたりは、もう息も出来ないくらいの迫力。
ただ、足手まといになるだけだったマリオンだけど、鎧をつけたケイト・ブランシェットは、エリザベスゴールデンエイジを髣髴とさせる凛々しいお姿♪
やっぱり、こういうのが似合うな~




画像
この物語の主人公がロビンフッドである必要・・・・・・? ま、戦いの決着を付けたのは僕だけどね。





そうは言っても、ロビンフッドって実在の人物ではないわけで。
だったら、もっと思い切ってハチャメチャに作って欲しかった~




"「ロビンフッド」だんだん暑苦しく" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント