「28週後・・・・」ゆかりの地をたずねて

「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナーつながりで。
っていうか、たまたま見ていたら、あれ!?デジャブ?
そこにはスナイパースコープで、標的を狙うジェレミーが。
どんだけ軍服好きやねん?
「戦争映画 is drug」になっているとか、いないとか。


画像
 「28週後・・・」 公式サイト(心臓の悪い人はご注意!)


<ストーリー>

新種のウィルスにより凶暴化した人間たちが次々と生存者を襲う大ヒットホラー「28日後...」の続編。

ドナルド(ロバート・カーライル)とアリス(キャサリン・マコーマック)は、田舎の老夫婦の家に非難していたが、感染者たちに襲われたアリスを見捨てて、ドナルドは一人逃げ出してしまう。

28週後、ウィルスが沈静化したロンドンでは、NATO軍の保護下で都市は復興が進んでいた。
保護区で暮らし始めたドナルドの元へ、修学旅行中だった子供たちが帰ってくる。

母の面影を求めて、保護区を抜け出した子供たちは、住んでいた家に忍び込むと、そこには死んだはずの母親が隠れていた。
彼女は生まれつきの免疫を持っていたため、生き延びていたので、研究対象として医療センターに隔離される。

アリスに対して申し訳ない気持ちのドナルドは、再会を喜んでキスをするが、その唾液で再び感染し・・・・・・




画像
そっと外をうかがうと・・・・・


ウィルス感染から28日後の冒頭シーンが一番怖い~
ゾンビが襲ってくるところは、王道のゾンビ映画なんだけど、やっぱりドキドキ。



それにしても、隠れ家では変な虫みたいなものを食べているけど、どこでそれを手に入れるの・・・?


画像
「助けて!」と叫ぶ妻をおいて・・・・・


妻も見捨てて、ボートで逃げようとしていた友達のボートも結果的に奪って逃げおおせるドナルドって、酷すぎ!


画像
走る~走る~~足の速いドナルド
ここは体力勝負!



人間が凶暴化するウィルスっていうことだけど、どうしてゾンビ同士は襲わないのかな?
「28日後」を見ていないから、分からないのかも。



画像
 ピザ屋のバイクを盗んで、もと住んでいた町を目指す

12歳の少年が可愛い♪
お姉ちゃんと手をつないで、スペインから帰ってくるのが、なんともいいわ☆



どこかB級テイストで、はちゃめちゃなイメージがあったので、手をつけずにいた映画。
映画が始まるとすぐに出てくる、特徴的なカーブを描くのは、ロンドン市内を流れるテムズ川。
あれあれ~舞台はロンドンだったのね。

ビッグベン・ロンドンアイ・セントポール大聖堂・・・・おなじみのロンドンの顔が、ずらり登場。
最後のシーンで、ヘリコプターを待機させていたのが、「サッカーの聖地」と呼ばれるウェンブリースタジアム。




画像サッカー誕生の地、イングランドの総本山ということから、「サッカーの聖地」とも呼ばれる。
屋根つきのスタジアムとしては世界最大。












ロンドンの街が火に包まれたり、CGも大掛かりで思ったより見所も満載。
結局は、発症しない保菌者がウィルスを拡大させていくんだよ、という中々しっかりしたメッセージ(?)もあって、意外に深い映画だった。





"「28週後・・・・」ゆかりの地をたずねて" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント