ロンドン観光地めぐり☆アクアリウム

エイにさわれるタッチプールがあるらしいよ。
・・・・・・・・・え?・・・・・・エイ!?
そんなノリで、ロンドンアイとセットで遊びに行った。


画像
ロンドン水族館 公式サイト
ノーザンライン ウォータルー駅から5分
サークルライン かディストリクトライン ウェストミンスター駅から3分


ロンドンアイのすぐ近く。
セット料金もあるので、セットで観るとお得♪
と言っても、ロンドンアイと水族館の親子でセットは、50ポンド。ひーっ!


画像
水族館の目玉 モアイとサメの水槽

入ったらすぐにエレベーターで地下2階へ
地下2階から地上1階までの、3フロアぶち抜きの巨大水槽がコレ。

展示はこの3階分の水槽の周りをまわりながら見学していく仕組みになっている。



思ったより混んでいなくて、ゆったり観られる♪
日本の水族館よりはあっさり。


画像
こちらが、エイのタッチプール

な・なんと・・・・・エサがもらえると思ってか、垂直になってエサをねだってるぅ!!!

え?・・・・エイって、そんなんだっけ?
エイがそんなに人懐っこくて、いいんだっけ?


ニコニコ顔(?)をこちらに見せながら、近寄ってくる様子は、驚愕の一瞬。
画像
泳ぐスピードが早いので、どうしてもブレちゃうぅ~
きゃーきゃー、わーわー言いながら、写真を撮ったり、触ってみたり・・・・・

あとになって、「ねえねえ、りょうた? エイ触ってみた?」と聞いたら~





「触るなって書いてあったじゃん!」




ま・マジ?
どうやらエサをあげる時間が決まっていて、その時に触れるということらしい・・・・ごめんなさい(滝汗)


画像
この一見カブトムシみたいのは、本当に触ってもいいエイの卵
ここでは、お姐さんがヒトデとこの卵を触れとやたら勧めてくる。

この中で2年間育つのだそう。
つるんとしていて、ベコベコとしたかんじが、まるでプラスチックのよう。
大きさは全長で大人の手の大きさくらい。

どんだけ、ちっさいのかしら?エイの赤ちゃん♪


画像
ピラニアさんたち


パパンの会社の先輩で、アマゾンで地質調査をしていた人が、「よくピラニアでピラニアを釣って食べたもんだ。」と話していたことがあるよ。って言ったら、もんのすごい反響だった。
こういう武勇伝はいくらでもあるパパンの会社の同僚たち。



画像

最後に『勇気のある方だけどうぞ』っていうコーナーがある。

実は吹き抜けの巨大水槽の、てっぺんの蓋の部分がガラスになっていて、その上を歩くようになっているのだ☆

下を悠々と泳ぐサメの上を歩くのって~
なかなかスリリングで、たのすぃ~♪経験YO☆



"ロンドン観光地めぐり☆アクアリウム" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント