「ラブリーボーン」胸に迫る想い

今年ぜったい観たい!と思っていた映画。
結末はちょっと・・・・という声を聞いていたので、心して鑑賞。
結末がどうより、冒頭から胸に苦しく迫ってきて・・・・・



画像
 「ラブリーボーン」公式サイト



初めての体験。
初めての感覚。

家族を殺された経験もないし、身近に殺された人もいない。
臨死体験もなければ、勿論人を殺したこともない。

どの登場人物にも感情移入しにくい、謎のふわふわ感。
辛いのか、苦しいのか、それとも美しい天国へ行って幸せなのか、恨みを残して幽霊になるわけでもなく、小さな復讐を遂げてハッピーエンドだったのかも良く解らない。



でも・・・・・・この、良く解らない感覚が・・・・・・・・・本当なのかもしれない。





画像
パパの趣味のボトルシップ作りを一緒にやって・・・・

趣味に没頭するのがいいことなのか、何なのか、パパの説明がよくわからなかった~(汗)



<ストーリー>

スージー・ボーン(シアーシャ・ローナン)は学校の帰り道で、近所に住むミスター・ハーヴィ(スタンリー・トゥッチ)に殺されてしまう。まだ14歳だった。

失意のそこに落とされた家族は悲しみにくれ、犯人探しに没頭する父親のジャック(マーク・ウォールバーク)に辛い現実をつきつけられることに耐えられなくなった母アビゲイル(レイチェル・ワイズ)は、遠くへ出て行ってしまった。

天国と現世の間に彷徨うスージーは、もどかしい気持ちで家族を見守っていたが、ハーヴィを怪しいと思い始めた妹のリンジーは遂に・・・・・





画像
悲しみに暮れる両親のところへ、おばあちゃんが手伝い(?)にくるが・・・・


リンおばあちゃんが、いい味を出している~☆
このくらいハチャメチャな人が来てくれなければ、もっと家族は救われなかったかも。
しかし、60年代?なおばあちゃんから、どうやったら真面目いっぽんのお母さんが生まれるのか?





画像
あの世との境目って、こんな風に美しいんだ・・・・・

天国へ行く前に、成仏できない人がいる場所っていうのは、ちょっと仏教的なイメージ。
外国の人も同じ様な考えを持っているのかな?


「天国にいったら何でも叶うんだよ」って言われていたけど・・・・






お父さんのボトルシップが波打ち際で粉々になっていくシーンが、美しくもあり哀しくもあり。



画像
スージーは本当に可愛らしい♪

14歳にしてはあどけなくて、妹のほうが年上に見える・・・・・と思ったら、死後妹が自分の年を越えてしまうってことなのね。
こんなに可愛らしかったら、確かに狙われるかも。(汗)






ロンドンでは12歳までは子供一人で、外を歩いてはいけないし、家に一人で留守番をさせてもいけない。
中学生は3人以上で歩かないといけない・・・・・らしいけど、実際自分の家の前まで、必ず誰かと一緒というのは難しい話だ。

公共の場所に穴を掘って秘密基地を作れるような空き地が、そこ此処にあるとは思えないけど、広々とした公園はすぐそこにある。

日本に居る時よりは警戒心が強くなっているとはいえ、犯罪に巻き込まれないとは限らないわけで・・・
やっぱりバス停まで迎えに行かなきゃね☆






"「ラブリーボーン」胸に迫る想い" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント