「カイジ~人生逆転ゲーム~」圧倒的『狂宴』

ざわ・・・ざわ・・・・・
福本作品大好きねえねから、絶対に観ろ!と指令がでていた映画「カイジ」
カンペキなまでのキャスティング。
歓喜と興奮、抵抗・別室からの生還・破滅・破産者の巣(今回は福本作品原作風で)
ところで、日本語で観てるよね?この映画・・・・・・字幕欲しかったんですけど・・・・・?



画像
 「カイジ~人生逆転ゲーム~」 公式サイト


<ストーリー>

ヘタレのカイジ(藤原竜也)は、よく考えもせず友達の借金の保証人になってしまい、借金取りの遠藤さん(天海祐希)から、返済を迫られる。

返済不能者ばかりを集めた豪華客船エスポアールで行われたジャンケンゲームで、船井(山田太郎)に騙され、別室送りになったカイジは、地下労働施設で強制労働をすることになった。
そこで出会った佐原(松山ケンイチ)が、長期の労働で体を病んでいて、間もなく「鉄骨渡り」に送られると聞いたカイジは、自ら一発逆転を掛けて地下から抜け出し、「鉄骨渡り」に参加すると手を挙げたのだが・・・・





画像
エスポワールで繰り広げられる、「限定ジャンケン」 万事休すっ!


2度目の乗船となって、「限定ジャンケン」の裏を知り尽くした船井は、見事にカイジを騙す。
人が良さそうにみせておいて、実は憎々しげな船井に、山田太郎が見事に合致!
人選の絶妙さっ・・・・!




実は、意外と簡単そうに見える「限定ジャンケン」
原作では、5巻分を費やす、手に汗握る攻防が繰り広げられるシーンなのだ。

スポーツ漫画で、1試合を何ヶ月もやっているような、そんな展開。
しかし、こちらは呑気に試合に興じているわけではなく、命を掛けた戦いだ。

原作ほどは緊迫していないものの、ヘタレだと思っていたカイジが、ここぞという時に、諦めずに危機を乗り切る度胸と精神力と、石田のおっちゃん(光石研))を助ける優しさを持ち合わせているところを、うまく表現している。
しかし、原作のカイジはここまで好人物ではない。


画像
伝説のカップル カイジと佐原 地下労働施設の衝撃っ!



映画ではいきなり親しげなカイジと佐原。
実はコンビニ店員のときからの同僚で、ここまでくるのに色々と関わりのある人物だったのだが、映画では端折ってあるので、知り合いなのか知り合いになったことにしたのか、ちょっと微妙なかんじで気になった。

それよりも何よりも、松ケンの演技力の素晴らしさっ・・・!

字幕の欲しい藤原竜也とは、大きく水をあけたかんじになったが、有名舞台の彼を見ると、長台詞を完璧にカツゼツ良く素晴らしい演技でやっているので、?と思ってしまう。
手を抜いているのか?それとも、ヘタレさを上手く出したというところか?





あと、班長の松尾スズキがすごい!
憎たらしい人をやらせたら、右に出る人がいないのでは?と思えてくるほど、上手い。
再度、人選の絶妙さっっっ・・・・・・!




画像
「鉄骨渡り」では、思わず落涙っっ・・・・!



原作では3巻にわたって続く、「鉄骨渡り」
映画でも長く感じるシーンだったようだけど、原作では落ちていく一人ひとりのドラマを全部やるので、実際はかなりあっさりと仕上がっている。

特に、映画でも思わず涙してしまった石田のおっちゃんのシーンは、原作ではカイジ的に泣いてしまうのだ。
人一倍怖がりのおっちゃんは、実は落ちていく時に、最後まで笑顔を絶やさなかっただけでなく、声を立てないように、自らの口を両手で押さえて落ちていくのだ。



揺さぶられるこの感じ・・・・・!
直接・・・・・
直接、心の中に手を突っ込まれているよう・・・・・

ただただ、ひたすら泣けてくる・・・・・・(by 「無頼伝 涯」福本作品)


と、ここまで大げさではないものの、実際カイジは全編に渡って、よく泣くキャラだ。


画像
主役級の迫力を見せる利根川(香川照之)と、遠藤さん

演技力で他の追随を許さないと言っても過言ではない香川照之が、すごい迫力で帝愛グループ№2の利根川を演じている。

アニメ「カイジ」では、利根川の声を白龍が「だまれゴミえら!」というように、オンドゥル語で喋って話題になっていたが、今回はアニメでは使えなかった「F○ck!you!」や、「死ね!ゴミめら!」などと恫喝するシーンが、原作通り満載で迫力も倍増。
役者の本領発揮っっっ・・・・・!!




しかし以前、紹介したアニメ「カイジ」(焼き土下座と生土下座)では、eカードで負けた利根川が、最後に男気を見せて、‘焼き土下座‘をするところを、さすがにそこは出来ないとしても、「一人で歩く・・・」と言った一言で済ませてしまったのが残念だ。


続編も決まったらしい「カイジ」
ギャンブルをしない(麻雀はプロ級らしいけど)福本先生ならではの、奇想天外な命を掛けたギャンブルが、今後もその魅力を失わずに観客の心をがっつり掴むのは間違いないだろう・・・・









"「カイジ~人生逆転ゲーム~」圧倒的『狂宴』" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント