「GOEMON」見事な映像美で全編絶景!

すごい!とにかくすごい!!
こんなにすごくて、こんなに奇想天外、荒唐無稽でありながら、全てが練りに練って完全無欠な映画は、かつて観たことが無い。
広大なスケール、超越した映像美と、既成概念に捕らわれないストーリー展開は、それでも破綻することなく熱く心を打つのだった。

画像
 「GOEMON」 公式サイト


なんだか映画『CASSHERN』みたいだなぁと、ボンヤリ観ていたら、やっぱり監督は、宇多田ヒカルの元夫で、『CASSHERN』の監督の紀里谷利明。

『CASSHERN』では、脚本がイマイチで、映像のイッてしまった感だけが、異様に浮いてしまい、残念の一言しか思い浮かばない作品だったのが、今回は監督・脚本・映像・編集まで一人で手がけ、5年もの歳月を費やしただけに、その心血を注いだ作品は、何もかも超越したものに仕上がっていた。

本当に納得のいく作品は、一人でやらないと出来ないもんなのね。
それとも超越した天才の頭脳に、互角に渡り合う脚本家は、まだこの日本にいないと言うことか・・・・


画像
冒頭の超ミニ丈の着物の遊郭ダンスは、「これじゃあ、ハリウッドでつくる日本の風景じゃん」と思ってしまうが、そんな陳腐なものじゃないことが、これからどんどん分かってくる。


<ストーリー>

江戸を賑わす大泥棒の五右衛門(江口洋介)は、ある日紀伊国屋文左衛門(六平直政)の蔵から、金貨と共に南蛮渡来の箱を盗み出す・・・・・まさか、それが天下を揺るがす大事になるとも知らずに。

霧隠才蔵(大沢たかお)以下、忍者部隊から執拗に追われる身となった五右衛門だったが、子分の猿飛佐助(ゴリ)と、箱を持っていたために母を殺された小平太(深澤嵐)とともに、箱の謎を追う。

天下取りの野望に巻き込まれた五右衛門は、単身安土城へ乗り込む。
かなわぬ恋に揺れる茶々姫(広末涼子)、かつて親友だった才蔵、豊臣秀吉(奥田瑛二)暗殺をもくろむ石田三成(要 潤)、謎の忍者服部半蔵(寺島進)・・・・・・

壮絶な戦いの果てに彼らを待ち受けていたのは・・・・・



画像
ものすごい豪華キャストなのに、みんな隈取メイクで、下手すると誰だかわからない
コレだけの役者を集めて、さらに誰だかわからなくしちゃって平気なのも、やっぱり紀里谷監督の凄腕がなせる業なんだろうか。


キャストもすごいが、衣装もすごい。
着物でありながらドレス、大泥棒五右衛門でありながらウエスタン風。
時代劇なのに、和風を失わずに、ヨーロッパ風。

衣装もすごいが、背景もすごい。
この異次元空間っぷりは、そのセットから背景まで、全てに共通したものだ。

つまり、石川五右衛門や、織田信長・秀吉・三成・才蔵やら服部半蔵まで、おなじみのキャラクターが総出演でありながら、利用しているのはあくまで、その人物のキャラクターと、信長が明智に討たれて、その後の天下を秀吉と家康が狙っている・・・・・というおおまかな史実のみに絞っているのだ。

画像
えーっと・・・・どこの船ですかぁ?・・・・っていうか、船ですか?コレ



つまり人物設定だけを利用しつつ、異次元世界の全くオリジナルなストーリーを展開していくわけだ。
これを、史実と違うとか、そんなことを言う人は、観るべきではない。
お城の形を見たら、これが時代劇ではないことくらいすぐに分かるのだから・・・・・


画像
青年時代の五右衛門(田辺季正)は、仕えていた織田信長(中村橋之助)から剣を頂戴する


まるでカテドラルのようなお城の内部。
異次元空間は、和と洋と異次元をうまく組み合わせていながら、違和感が無い。
とはいえ、鎧はそのまんま西洋風。



最近アニメを実写化することが多いが、この映画は、人間をアニメの世界へ送り込んだといったほうがいいのかも。
背景のイラストレーションに人間を組み込み、VFXで編集の際に加工を加える。
なるほど~それで、実写なのに人間がイラストみたいだなぁと思ったんだ・・・・


忍者や戦いのシーンの動きも、もうアニメNARUTO状態。
変なワイヤーアクションで、早いんだか遅いんだか分からないようなアクションをせず、もう目にも留まらぬ速さで、びゅんびゅん飛び回る。


画像
幼少の頃から剣を交え、時にライバルとして、そして親友として成長してきた五右衛門と才蔵



それぞれ青年時代を五右衛門は、田辺季正→江口洋介、才蔵は佐藤健→大沢たかおって、なるほど!うまい配役☆
互いに違う道を進んでしまったために、敵味方となってしまったが、多くを語らず互いに思いあう気持ちをしっかり表現しているところは、この映画の中核でもあり、美味しいところ♪でもある。




五右衛門が走っている姿が、なぜか漫画チックだったのと、忍者のはずの猿飛佐助(ゴリ)がすごーく重たそうなこと以外は、大満足。
世界に通用する映画として、国際映画祭はこれを出すべきだったんじゃ?と思う作品だった。



一番驚いたのは、公式サイトのメイキング。
ほとんど『監督を追って』いるのだけど、紀里谷監督が、なんとイケメンなことか!?
年齢の割りに若く、イケメンにしてスタイル抜群、服のセンスもよく、話し方もやわらかい。
殺陣も自分でこなせて、多才。
天才でイケメンで、さらに実家は大金持ちの御曹司らしい。

きっと次回作は、主演も自分でやっちゃうような、そんな予感・・・・・





"「GOEMON」見事な映像美で全編絶景!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント