ロンドンホラースポット☆ホランドハウス

美しい日本庭園があって、孔雀がそのへんをお散歩していて、リスもわんさかいるホランドパーク。
ロンドン中心部よりは少しだけ離れているけど、静かで美しい公園は、学校の遠足や人々の憩いの場として、いつも賑わっている。
そんな美しい公園の一画にあるのが、ホランドハウスだ。


画像
ホランドパーク入り口
かつて、ウォルター・コープ伯爵の邸宅だったのを、娘が引き継ぎ、その後結婚したホランド伯が、最高の芸術家と最高の職人を集めて作ったのが、このホランドハウスとホランドパーク。
個人の邸宅だった事を物語る門構え。

こちらは、セントラルラインのホランドパーク駅から7分。
ノッティングヒルゲート駅からも行ける。



画像
美しく花が咲き乱れる庭園、自然のままに木々が連なり、リスであふれかえる林を抜けると、ホランド伯爵ヘンリーリッチに遭遇。


画像
美しく手入れされた庭園は、日向ぼっこをする人たちで、ベンチも満席。
この時は、お花を植え替えたばかりらしく、まだ野菜畑のようだったので、満開の頃にまた来て見よう♪



画像
遠足に来ていた子供たち。
イギリスらしい制服姿がかわいい~☆


画像
正面の渡り廊下のようなところには、壁画が。
当時のガーデンパーティーの様子が描かれている。
まるで映画の世界☆



画像
公園の奥に、いよいよホランドハウス入り口が・・・・


画像
当時、あまりの美しさにロンドンを代表する邸宅として広く知られていたホランドハウス。
第二次大戦中にドイツ空軍に破壊され、建物のごく一部を残して消失してしまった。

現在は夏のオペラ・コンサートの会場として利用されていて、行った時は会場の撤去作業中というかんじだった。

こちらは、9~18歳にフリーチケット配ったオペラのプロジェクトの様子を映したYOU TUBEの映像。
かなり立派なオペラの会場が作られているのがわかる。
http://www.youtube.com/watch?v=Yui7W3SEjrI


画像
現在ユースホステルとして使われているのは、この建物のずっと端っこで、向かい側に当たる所。
プレハブみたいな作りの、明るいユースは一泊19.95ポンドと格安。
宿泊の案内は、こちらのユースホステル ホランドハウス サイトへ。
ユースはとっても現代的で明るいけど、公園の森の中にあるので、到着するまでが結構雰囲気がある。
夜遅い帰宅にならないことをお勧めしマス☆




ホランド伯爵が、自分の頭を両手に抱えて深夜に現れるのは、ホランドハウスの2階にあるギルドルーム。
清教徒革命で国王に味方したホランド伯爵は、捕らえられ処刑されたのだ。

ホランド伯は、白いサテンのウエストコートに、銀の刺繍を施した白い帽子をかぶって処刑台にあがる大変な伊達男で、首切り役人にチップをやって、首を落とした後も帽子をかぶせてくれるように頼んだと言われている。






そもそも何でホラースポットシリーズを始めたかというと、日本でりょうたが買ってきた『世界の心霊恐怖画像館』という、安っぽいコンビニ本を、ちらりと覗いて見たことからなのだった。
そこには、私が何より苦手とする「心霊写真」が特集されていた。

できるだけ心霊写真を見ないように記事を読むと・・・・・・

心霊写真が写ったとされる写真の場所も、「世界の恐怖スポット」のコーナーも、その半数以上がイギリスとスコットランドだったのだ!!!!

これは、古い建物が残るイギリスならではなのだけど、ともするとそこいら中にいらっしゃる・・・・といってもあながち嘘ではないのかも?

最近は、一人でホラースポットめぐりも済ませてしまったお友達に、ご案内もしてもらえるようになった私。
心強い味方を得て、まだまだ取材の旅は続くのであった。







"ロンドンホラースポット☆ホランドハウス" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント