「クローズZERO Ⅱ」最初から最後まで

ようするに、学ランを着たやくざなのだ。
最初から最後まで殴り合っていて、結局おいしいところは、やべきょうすけが持って行く・・・



画像
 「クローズZERO Ⅱ」 公式サイト


「クローズZERO」があまりに格好良くて、シリーズⅡも楽しみにしていたこの映画。
それがどうよ?
源治・・・・あんた格好悪すぎるよ。



<ストーリー>

不良の巣窟 鈴蘭男子高校で、芦沢多摩雄(山田孝之)率いる最強の「芦沢軍団」を倒して、悲願のてっぺんを取ったかにみえた転校生 滝谷源治(小栗旬)だったが、鈴蘭最強の敵リンダマン(深水元基)には、勝てなかった。

かつて『血の抗争』と呼ばれた、死者を出した戦いから休戦協定が堅く守られていた、「殺しの軍団」鳳仙高校との抗争が再び勃発したのは、ちょっとしたいさかいからだった。

リンダマンとの戦いに固執し、周りが見えなくなっていた源治は、沈黙する芦沢軍団、好き放題の1年生たちを1つにまとめられずに、苦戦していた。

そんなとき、劉生会滝谷組組長でもある源治の父(岸谷五朗)が、敵の銃弾に倒れる。
『血の抗争』から服役していた元鈴蘭トップの川西(安部進之介)は、早秋一家矢崎組組長(遠藤憲一)にそそのかされ、滝谷組長のとどめを刺しに向かうのだが・・・・・





画像
鳳仙トップ鳴海(金子ノブアキ)は、源治の男気にふれ・・・・
く~っ!カッコイイねぇーと思ったのは、このシーンだけ。

今回はあえて、源治の格好悪いところを見せたのだとは思うけど、源治の人間的成長があまり感じられないので、ただ格好悪いだけになってしまった。
どちらかというと、敵の鳳仙トップの鳴海が主役に近く、彼目線で見る源治に対する印象の変化が面白い。
そして、彼のほうがずっとカッコイイのだ。


画像
白い制服の鳳仙男子高校。手下どもが、全員スキンヘッドなので笑える。
でも、スキンヘッドじゃ怪我したら痛そうだよ?
いつでも日よけの傘をさしている2年生の狂戦士 漆原(綾野剛)のキャラが立っていて面白い~☆

しかし人気があるからと言って、どこへでも三浦春馬くんを使うのはやめようよ~
なぜかワルの役も多い春馬くんだけど、わたし的には、彼の演技力ではまだまだワルは出来ないと思うのだ。






画像
飛べ!    
「クローズZERO」と同じ終わり方なのは、予測がついていて、これもまた楽しみのひとつだったけど、卒業後の彼らは『飛べ』たのかな?と、ちょっと心配・・・・



結局、最初から最後まで殴り合っていた。
そこに美学はあるの?

戦いのシーンは延々と続き、ほぼヤクザ映画と変わらなくなっていた。
恋愛映画とヤクザ映画と格闘技が一番嫌いなわたし。(対極にあるけどね・・・)
それでも「クローズZERO」が好きだったのは、暴力だけでない男の美学があったから。

今回、そのあたりは全く感じられなかった・・・・・んもう!がっかり。



画像


前回「クローズZERO」で命拾いをして、漁師をしてひっそりと暮らしている鈴蘭高校OBで、矢崎組のチンピラだった片桐(やべきょうすけ)が、今回もおいしいところを全部持っていってしまった。
もう、殴り合いは全部カットして、そこだけでよかったんじゃ?

更にいらなかったのは、前回同様、だらだら続くライブハウスのシーン。
ほとんどミュージックプロモーションになっていた。
制作側のどんな思惑があるのか知らないけど、映画の演出としての演奏シーンでないなら、邪魔になるだけ。
もう一度、原点に立って、映画つくりを見直して欲しい。









Real Action Heroes 芹沢多摩雄 as 山田孝之
メディコム・トイ

ユーザレビュー:
渋い!!まず結構似て ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

Real Action Heroes 滝谷源治 as 小栗旬
メディコム・トイ

ユーザレビュー:
スマート!最初に商品 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

"「クローズZERO Ⅱ」最初から最後まで" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント