ロンドン観光地めぐり☆リバプールレポ

ロンドンのユーストン駅から列車で2時間半。
親の心配をよそに、19歳の娘二人で出かけたリバプール小旅行。
ねえねの写真を貰って、かわりにレポート☆
※アビーロードスタジオ写真追加

先ずは、2008年に新オープンしたハード・デイズ・ナイトホテル。
世界でも唯一の、ビートルズをモチーフにしたホテルで、館内のいたるところがビートルズ一色♪♪

画像
60年代を意識したインテリアに、大興奮!
今まで、各国でジュニアスイートや星の多いホテルにも泊まったことのあるねえねに「コレまでで最高のホテル!」と言わしめたホテル。
何しろ60年代大好きなのだ。



自分のお小遣いを貯めてやって来たというねえねのお友達(偉い!)の希望で、最初は駅から離れた安宿をさがしていたのだけど、この国は『セキュリティーはお金で買うもの』というところもあるので、高くてもしっかりしたホテルに
変更。
映画「96時間」みたいになったら、嫌だからねー

どうせならここ、ハード・デイズ・ナイトホテルでしょう??
ちなみにダブル1部屋で、110ポンド


画像
かかる音楽は勿論ビートルズ♪

あまりの居心地良さに、到着してからほとんど寝て過ごしたらしい二人。
朝5時起きしたからねぇ。


画像
マシュー・ストリートにある無名時代に出演していたキャバーンクラブ
等身大ジョン・レノンがリアル~


画像
ビートルズがキャバーンクラブの演奏前に立ち寄っていたというパブ グレイプス
パブはお酒を飲ませる所なので、今回二人は入らなかったらしい。


画像
ビートル・ズショップでお買い物☆

ここまでは、ホテルから伸びるマシュー・ストリート沿いにあり、あっという間に行き着く。

画像
ロンドン市内にあるビートルズショップもそうだけど、結構お高い・・・・



画像画像













ヨーロッパ最大を誇るリバプール大聖堂     ヨーロッパ最大のチャイナタウン



画像画像












埠頭に建つビア・ヘッド           こんな素敵な教会も

古くから貿易港として発展したリバプールは、18世紀の大英帝国時代を偲ばせる建物があり、街並みは世界遺産にもなっている。

画像
ビートルズ・ストーリー
港にあるビートルズ博物館12,25ポンド
街を一回りして、迷いながらここまで歩くと、ヘトヘトになる。
文字通りハード・デイズだったらしい。
列車で帰宅した二人がすごい楽しかったのに、無口になっていたわけだ・・・・


最後の〆は勿論コレ!!!
画像


画像
我が家から車で15分くらいのところにあるアビーロード

ロンドンでは縞々の横断歩道は珍しく、多分撮影用に残しておいていると思われ・・・・・
沢山の人が写真を撮りに来ているなかでの、この撮影は、かな~り恥ずかしかったらしい。
しかも、車がびゅんびゅん来る。
きゃーきゃー言いながら撮影したけど、これが一番楽しかったみたい☆

夏の想い出~♪


画像
スタジオとは思えないようなシックな建物
1931年にEMIレコーディングスタジオとして設立されたアビーロードスタジオ。
横断歩道の背後に写っている白い塀がスタジオ。

↑はこの前、私だけ車に乗り切れなかったので、パパンが後日連れて行ってくれたとき撮影したもの。
この日も、沢山の人が写真を撮っていた。
しかも、結構な年配(おじいさんおばあさんも)の人が多く、この時もちょうど60代くらいのおじいさんが門に落書きを残していた。

日本人の落書きもチラホラ。
でも○○参上!はバカ丸出しだから、やめようよー






"ロンドン観光地めぐり☆リバプールレポ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント