「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」フリート街にあったもの

ゆかりの地を訪ねてシリーズ(勝手に命名)第2弾は、ジョニー・デップとティム・バートンの「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
随分前に見ていながら、まだレビューを書いていなかった。
ホラー好きなパパンですら、「絶対に見たくない!」と言い張るこの映画。
ロンドンホラースポットファイルNO.3ということで、ようやく写真も撮ったので、まずは、レビューから


画像
 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」公式サイト



<ストーリー>

19世紀のロンドン。
腕のいい床屋だったベンジャミン・パーカー(ジョニー・デップ)は、美しい妻ルーシーと生まれたばかりの可愛い娘と幸せに暮らしていた。
しかし、ルーシーに一目ぼれしたタービン判事(アラン・リックマン)の策略により、投獄されてしまう。

15年の月日を経て、スウィーニー・トッドと名前を変えた彼は、復讐を遂げるべく、元住んでいた家へ戻ってみると、そこでは『ロンドン一まずいパイ屋』のミセス・ラベット(ヘレナ・ボナム=カーター)がベンジャミンを待っていた。

自分の過去を知る昔の師弟(サシャ・バロン・コーエン)にゆすられ、思わず殺してしまったトッドは、店に客が来ないことをボヤいているミセス・ラベットと人肉パイを作って売る計画を立てるのだが・・・・・


画像
インパクトの強いイタリア人を装ったイギリス人ピレリをやったのは、映画「ボラット」に出演のサシャ・バロン・コーエン
なるほど~どおりで・・・・・・・・濃いわぁ~


1度目に見たときは、面白半分だった私。
いつものように、『うーん、ミュージカル仕立てって言うのがねぇー』と思いながら見ていたものの、ジョニデはともかく、ボーイソプラノの’ぼうや’と、船乗りの青年アンソニー、そしてまさかのアラン・リックマンまでもが、美しい歌声を披露してくれたので、まずまず合格!

別に歌わなくても・・・・と思ったけど、その後に見た「マンマ・ミーア」やそれこそミュージカルが、歌いっぱなしであることが分かった今、この映画の歌う比率のほどほど感は、十分ちょうどいいのだった。



画像
後に改造される床屋の椅子
そしてモノトーンのような、セピア色のような暗い画面に、唯一明るい日差しを差し込んでくれる、イギリスにしては珍しい大きな天窓。

「復習の楽しみは、その半分は計画するときにあるのよ。」とミセス・ラベット・・・・・・深い~


愛する妻とタービン判事への復習で頭がいっぱいの彼に、そっと寄り添い尽くすミセス・ラベットは、とっても健気で、可愛くさえ見えてくるから不思議。
でも、普通にしていても魔女っぽいヘレナ・ボナムが、タービン判事のアラン・リックマンや、役人バムフォードのティモシー・スポールと一緒に登場すると、なんだか「ハリーポッター見てるんだっけ?」となってしまいそう・・・




画像
トッドを救ってくれた船乗りの青年アンソニーは、恋に落ちたジョアンナが、トッドの娘とは知らずに、二人で駆け落ちする計画を打ち明ける。

なんて美しいお顔のアンソニー。
なんて涼やかな声・・・・・
これなら恋に落ちてもしかたないかぁ~

繰り返し歌う、単純な歌詞は、いつまでも耳に残って、心地よく酔わせてくれる・・・・・



画像
有り得ない体勢の演技
椅子に寝ながら歌っているのに、ちゃんと歌えてるアラン・リックマンは、さすが!!
それよりも何よりも、切れないものを使っているにせよ、喉をナイフで斯き切る芝居って、もんのすごく怖いよね?ね?


多分、がんとしてパパンがこの映画を見ないというのは、二度と床屋に行けなくなるからだと・・・
実際、決して床屋で髭剃りをしてもらわないパパン

ましてや、喉を切られる芝居なんて・・・・




さすがの私も、2度目に見た時は、そのリアルなグロさに、ちょっと引き気味だった。
とはいえ、誰も幸せになれない物悲しい結末は、それぞれの心に想う相手に対しての気持ちが純粋なだけに、より切なく胸に迫るのだった。






それにしても、強引にベンジャミン・パーカーを無実の罪で投獄しておきながら、妻のルーシーには振り向いてもらえるまで花束を贈るなんて、意外と可愛いタービン判事。
おまけに、娘にも恋をすると、髭さえ剃れば気に入ってもらえると思っちゃう・・・・
恋は盲目☆


画像
ロンドン一まずいパイ屋が、ロンドン一美味しくて繁盛している店に早変わり
さて、そのお肉は・・・・・

当時のお店はこんなかんじ?
1795年に理髪屋をフリート街186に開いたトッドは、1802年に処刑されるまで、金持ちの一見さんばかりを狙って、喉を斯き切り、盗みを働いていたと言われている。

映画では理髪屋の下にあったミセス・ラベットのパイ屋は、向かい側で、地下通路で繋がっていたらしい。

画像
現在のフリート街   セントラルラインのチャンセリーレーン駅から7分

左がダンスタン教会。真ん中が理髪屋があったと言われている所で、現在はコピー屋さん。
教会の入り口は、トッドとミセス・ラベットが人肉パイを作る決心をした時に、「司祭の味は清らか~」と歌うシーンに登場している。



トッドが処刑されたという正式な記録は残っていないので、フランスで実際に起こった事件を元にした都市伝説とも言われている。
でも、フリート街186でマップを開くと、テンプル教会にほど近いところをちゃんと指し示すのに、ストリートビューで見ると、そこはフリート街36なのだ・・・・・何度やってみても。
なんか、それだけでちょっと怪奇現象的な??

画像画像



















上の写真では欠けているが↑右端に見えるのがこの入り口。   ↑こちらがその奥。
奥へ入っていくのは、結構緊張・・・・・お天気の良い日でよかったよぉ~
でも他にも写真を撮りに来ている人が、何人もいた。(しかも独りで!)

画像
ダンスタン教会は、普通の教会と、ちょっと雰囲気が違うなぁーと思ったらルーマニア正教会だった。
今日は結婚式をしていた。

こんな厳かな教会の隣で、世にも恐ろしい事件が本当に起きていたのだろうか??
神も仏もない・・・・・


スウィーニートッドについて、更に詳しく知りたい方は、こちら


"「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」フリート街にあったもの" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント