ロンドン博物館めぐり☆ストーンヘンジとマグナカルタ

ロンドンから車で渋滞しなければ、約2時間。(ロンドンを抜けるまで混むことが多い)
ソールズベリーの街から16Kmほど離れたところに、世界遺産ストーンヘンジがある。
紀元前3000年 新石器時代に造られたというこの巨石群は、想像以上の迫力で私たちを待ち受けていた。



画像
ストーンヘンジの入場料は6.5ポンド
車で行くと駐車場代が3ポンドかかるが、チケットを入り口で見せると、入場料から差し引いてくれる。

無料音声ガイドがついていて、聞きながら石の周りをぐるりと回る。
詳しい説明が大変興味深い。




ひとつの石は7m 45トンもあるというから、驚き!!
よおっく見ると、石の向こう側につぶつぶっと見えるのが人間だから、その大きさがすごいことが分かるはず。


画像
こちら側からは、かなり歯抜けなかんじに、石が並んでいる。
とはいえ、最も石に近づいて見られるポイントでもある。




石は2重に並んでいて、内側の少し小さい石の列が、見て取れる。
上部の平らな石には凹みが、下の縦に立っている石には突起があり、ずれない様に固定されているというのがビックリ。
当時は、この平らな石がぐるりと円をつくっていたそうだ。


宗教的な儀式の為の祭壇もある。
日の出の方向を指す石もあることから、天体観測のためのものとする説もあるみたいだけど、それにしては大掛かりだから、やっぱり儀式用と考えるのが正しいような・・・・・


実際、ストーンヘンジと駐車場を取り巻く草原に、ぐるりと古墳が見える。
これは、宗教的というか、霊的なものがないはずがないっ!



そんなストーンヘンジも、以前は観光客が、記念に少しずつ金槌で欠いて持って帰れる企画があったというのだから、驚き!
バチあたるーっ!

大昔には、住宅の為の石として持ち去ったりしていたので、歯抜けになったんだとか・・・・





画像ソールズベリーの街。

  コッツウォルズ地方によくみられる、このような場所は、大抵街の中心部にある。
  昔、羊毛の取引の場所となっていたと思われる。

  どこでもお花をキレイに育てていて、素晴らしい~♪



  街にあるソールズベリー&南ウィルトシャー博物館は、イギリスの文化・歴史を紹介する博物館。
  ナショナル・ヘリテージのミュージアム・オブ・ザ・イヤーに何度も輝いているそうだ。
  入場料4ポンド(今回はパス)




画像
ソールズベリー大聖堂
イギリスで最も高い123mの尖塔をもつ。
イングランド初期ゴシック様式で、1220~1258年にかけて建てられた。

外側が工事中でちょっと残念・・・・(私たちはどこへ行っても工事中にぶち当たる・・・古いものだから仕方ないけど)




画像画像



















13世紀から14世紀に建て増された高塔      回廊も天井が高くて見事!

画像
ステンドグラスも素晴らしい♪




画像


チャプターハウスだけは、入場料4ポンド
大憲章 マグナカルタが展示されている。

画像
現存する4つのうちの貴重なひとつ、1215年の初版



これがあの、マグナカルタ!!!
現存しているって言うのが、すごい~

すごい細かい~~






"ロンドン博物館めぐり☆ストーンヘンジとマグナカルタ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント