ロンドン博物館めぐり☆スードリー城

ヘンリー8世の最後の妃、キャサリン・バーが晩年を暮らし、埋葬されていることで有名なスードリー城。
今まで様々なお城を見てきたけど、ここは格別!!
形式美と、自然美と、廃墟美と、そして何より、特徴的なコレクションの数々・・・・
あのアン・ブーリンもゆかりの深い、このお城、見ない手はない☆


ロンドン市内から、車で2時間程度。
コッツウォルズ地方にある、ウィンチクームという村に、この素敵なお城はある。
入場料は7,5ポンド

画像
クイーンズ・ガーデンの中央噴水の向こうに、お城と教会が見える
いかにもお城らしいお城と、美しく作られたお庭の噴水は、まさに姫心が満たされるぅ~♪


きっちり刈り込まれた生垣のトンネルを抜けると・・・・・
画像
キャサリン・バーが埋葬されている教会がある
ヘンリー8世の6番目の妃となり、結婚3年目にして夫ヘンリー8世と死別し、その後の晩年をこのスードリー城で過ごしたキャサリン。

画像
教会にある美しいステンドグラスとキャサリンのお墓
小さい教会ながら、細かい絵を施したステンドグラスは見事。
死後、こんな風に美しく埋葬してもらえるなんて、キャサリン・バーの人柄がきっと良かったのでしょう~



ヘンリー8世といえば、最近の映画『ブーリン家の姉妹』が記憶に新しいが、そのアン・ブーリンもヘンリー8世と共に、この城に滞在していたことがあるらしい。

キャサリンとは違って、結婚たった2年で不義密通などの反逆罪に問われ、ロンドン塔で斬首刑にされたアン・ブーリン。
本当は飽きて捨てられたというのだから、今でもロンドン塔に、たびたび出没しているというのも、なんだかもの悲しい・・・・・
画像
ヘンリー8世と、妻たち
右端がアン・ブーリン


資料館には、衣装のほかにも、当時の暮らしぶりが伺える生活道具や、世界各国から集めた珍しいコレクション、アン・ブーリンが愛娘エリザベス1世に着せたものと思われるベビー服などを見ることが出来る。


特に興味深かったのは、日本からと思われる立体的な刺繍の入った(羽子板のような)絹のタペストリーや、首狩族のもの(?)と思われる首の飾り物をスケッチした絵など。
今まで行ったどの博物館でも、見たことが無いシロモノ☆

画像
エリザベス1世のドレスの柄がモチーフになっているノット・ガーデンは、廃墟との対比が、より美しさを引き立たせている。

画像
息を呑むような美しさ
まるで自分がドレスの裾を引きずりながら、庭園を散策しているような錯覚に容易に陥ってしまう~♪
でも、残念ながら正面に座っているのは、うちの両親。


画像
現在も伯爵夫婦が住んでいるというスードリー城
お城の半分は、見学不可で、伯爵夫妻の居住区になっている。
ちなみに宿泊もできるコテージがある。


画像
入ってすぐのところにあるカフェ
簡単なお食事ができる。
カフェの横では、子供たちの為に写真を撮る為の衣装の貸し出しもやっている。


広い広い庭園には、各国から集めた珍しい鳥ばかりがいる、鳥小屋も。
孔雀が、普通に放し飼いになっていた。


画像
まるで自然に咲いているかのように見せるのがイングリッシュガーデンの醍醐味
どこをとっても絵になる~☆
ちょっと素敵な衣装を着て、訪れたい、そんなお城だ。






"ロンドン博物館めぐり☆スードリー城" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント