「GSワンダーランド」試写会 サイケデリックな懐かし映像

言っておくけどGS(グループサウンズ)が懐かしい年代ではさすがにない。
でも、見た事ある!フリフリブラウスにタイツ姿。
公園で野球して遊ぶ白黒映像も・・・・・
幼い頃にテレビで見たのか、ずっとあとになって『あの人は今』みたいな番組で見たのか・・・??
いずれにしても、なんだか懐かしくなる~ほのぼのしながらも、ピリッと風刺ありのサイケデリックムービーだ。


画像
GSワンダーランド」 公式サイト
左から浅利陽介、石田卓也、栗山千明、水嶋ヒロ、・・・・・・何故かめちゃめちゃ笑っている石田くん


とにっかく、石田卓也の歌が上手い!!
彼は演技もすごいが、歌もうまいなんて~
なのに舞台挨拶では、まさに100万ボルトなみの光を放って輝いていた千明ちゃんと、顔色はくすんでいたけどオーラの出ていたヒロくんの陰にかくれて、いまひとつ目立っていなかった・・・・主役なのに~


<ストーリー>

GSブーム真っ盛りの1968年。
日劇を目指す若者が、ダンスホールに集まっていた。
折りしも、新しいGSグループをデビューさせようと目論むファインレコーズでは、社長の松田(岸辺一徳)が、小さなプロダクションの社長 梶井(武田真冶)にメンバー集めを命じる。

どうしてもバンドを組みたいギターのマサオ(石田卓也)、ドラムのシュン(水嶋ヒロ)、ベースのケンタ(浅利陽介)に、梶井が紹介したのは、男としてメンバーに加わることで、のちに歌手デビューを約束されたミック(栗山千明)だった。

2曲目の衣装として着たフリフリブラウスにブルーのベスト、白いタイツの王子様スタイルがウケて、ザ・タイツメンとして新生デビューを果たし、一躍人気者になった4人だったが、売れないバンドの先輩(高岡蒼甫)に嫌がらせを受け、テレビでミックが女だと公表するはめになり・・・・・


画像
なぜかこの衣装では人気が出ず・・・・・


ぼくたちと駐在さんの700日戦争」ではヤンキー高校生、「死神の精度」ではチンピラ、「リアル鬼ごっこ」でも悪そうな高校生役だった石田卓也。
始めはジュノンボーイでデビューしたものの、ちょっと方向性が決まりつつあって、心配していたところ、この映画では愛らしい笑顔で、のほんとした役が実にいいかんじだ。

逆に、普段穏やかな役が多い水嶋ヒロは、血の気の多い熱い男を演じている。



昔、バンドデビューしたものの、事務所の都合でいろいろやらされ、嫌になって裏方へ回ったというプロダクションの社長を、武田真治がやっているが、コミカルな業界人は、ちょっと無理がある感じ。
とはいえ、昔アイドルだった~みたいな悲哀は、充分出ていた。

昔アイドルだったといえば、実際にGS史上最大の人気を誇ったザ・タイガース(沢田研二ほか)のメンバーだった岸辺一徳が、GSメンバーにおかしな格好をさせる張本人の、レコード会社社長をやっているところが、面白い。


画像



現実にたった2年しか続かなかったGSブームだが、方向性を見誤った演出が招く大どんでん返しが最後に待っている。
一見コメディのように見えるが、ふざけすぎないノリ突っ込みと、爽やかな青春ストーリーに加えて、時代に翻弄された若者の‘悲哀‘が、ピリッと風刺されている。

これは当時のことだけでなく、現在でも通じる音楽界の裏事情ともいえる。
実際、自分たちの意思なのかどうか、「どうしちゃったの?」といういでたちで歌っているビ○ュアル系バンドなど見かけるが、次からは「事務所にやらされているのかも~」と思ってあげることにしよう・・・・・






当時のヒット曲を生み出していた橋本 淳、筒美京平コンビが、この映画のザ・タイツメンのために書き下ろした新曲‘海岸線のホテル‘は、古さを感じさせず、でもどこか懐かしい往年のグループサウンズ。
一度聞いたら、朝まで耳から離れない~♪


サイケデリックな世界は、懐かしくもあり、新しくもあり~
いろんな世代が楽しめる映画と言える。



"「GSワンダーランド」試写会 サイケデリックな懐かし映像" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント