「ピュー!と吹くジャガー」 ある意味すごい映画

久しぶりに、無駄な時間を過ごした・・・・
なんとなく入ったラーメン屋が、ものすごく不味かった時のような気分。
こんなことならマックにすりゃよかったよ、みたいな?



画像
ピュー!と吹くジャガー」 公式サイト


どこでどう間違って、仕事を引き受けたんだか? 要 潤。

最近ではDMCのクラウザーさんをやって大成功した松山ケンイチが記憶に新しいが、ギャグマンガの実写映画化は、一つ間違えれば大変なダメージである。


うすた京介原作「ピュー!と吹くジャガー」は、我が家で人気のギャグ漫画 「ギャグまんが日和」とテイストが同じ、大変シュールなギャグ漫画である。
これらのギャグを征するには、相当高度なギャグセンスを持っているか、ナンセンスギャグでヒーヒー笑える特殊な能力がないといけない。

画像


実際、「ピュー!・・・・」を最初に読んだ時は、このセンスについていけなかった。
しかし、それがだんだんと、ジャガーさんの不思議な魅力に引き込まれてしまい・・・・


まるで、この漫画に登場するキャラクターたちのように、自由奔放なジャガーさんに振り回されながらも、ついつい彼のペースにハマっていってしまうのだ。


画像
バンドのオーディションに、笛だけでチャレンジしてしまうジャガーさん(要 潤)
歌もメロディーもすべて即興らしい。
っていうか、どう聞いても即興だ! 無理やりカットがかかるまで歌い続ける要 潤クンが痛々しくて、笑えない。



<ストーリー>

大学進学を諦めて、バンドマンとして生きようと決意するピヨ彦(大村 学)は、バンドのオーディションでふえを吹いて踊る不思議な人に出会う。
プロダクションを名乗る怪しい男に勧められ、音楽を習い始めるが、なぜか入部したのが、‘ふえ科‘で、そこにはあの不思議な人物がいた。それがジャガーさん(要 潤)だった。

ふえ科講師だったジャガーさんの教室には、ピヨ彦のほかに、おかしなニンジャ ハマー(小木博明)と、アイドルを目指す真唯(白川高菜)がいた。

資金不足でふえ科を廃止すると宣告された皆は、伝説の秘宝 ‘ルイ14世のながっ鼻‘(金色の笛)を博物館から盗み出す計画を立てるが・・・・・





自然な動きを出すために、あまり指示を出さなかったという監督。
妙な間や、台詞をかんだりするのも、全くそのまんま。
その、作りこまない手法は、完全に失敗だったと言えよう。



画像
ふえ科のメンバー 
資金不足で、ふえ科を廃止すると宣告を受けているところ。




すべてスベっている。
何もかもが、裏目に出たというか・・・・
っていうか、実写映画化しようとした時点で、もう間違っている。


最後の大乱闘の、いきなりミュージカル風も、「なにそれ?」とあえて言わせたいなら、もっとあっさり終わらせるべきだったのでは?
ピヨ彦とジャガーさんのつかみ合いも、どうせなら派手に殴りあうくらいでないと・・・・
静かに音も立てず、声も出さずに戦うのって~~役者の演技力不足?それとも監督の指導不足?


画像

そもそもピヨ彦に『ハナ』がない。
どこから連れてきたんだ?この人??



あれからあまりお姿を見ない要 潤クン。
どうか、無事に帰ってきて!!!





"「ピュー!と吹くジャガー」 ある意味すごい映画" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント