新年子ども会

りょうたの学校で恒例行事となっている、新年こども会が行われた。
PTAが中心となって、杵と臼でつくお餅は、なかなか本格的だ。

画像


この日は日ごろ姿を見せないお父さんたちも、大勢お手伝いで来てくださって、大変な盛り上がりをみせる。
昨年などは、手から血を流しながら、餅をついてくれたお父さんがいた為に、紅白のお餅が出来上がったとうくらいだ。

子供たちも一人一人餅をつくのだが、当然全校生徒の分の餅を作るのは大騒ぎ。

しかもついた餅を丸めて、色々な味付けをしていく作業は、高学年の生徒ならまだしも、低学年となると‘どろんこ遊び?‘状態で・・・・・
画像


それになぜか、毎年雪が降る。
私は昨年、前日にトン汁(お手伝いのお父さん・お母さんが食べる)を作る係りだったのだが、寒い家庭科室で、4時間以上もかかっての作業。
おまけに風邪を引いていて、辛かったな~
それなのに、前日の係りの人は一口も食べられなかったし・・・・


この日に合わせて、体育館では子供たちが図工の時間に作った、作品を発表する展覧会が開かれる。
これは、学芸会と毎年交互になっている。

画像

創立130周年記念のお祝いというテーマで、3年生が作ったケーキ

画像

お友達と、りょうたの作品・・・・・みんな個性が出ているな~
アルミホイルなどを用いて、キラキラした素材を生かした作品になっている。

画像

1年生とは思えない力作ぞろい。
最近の図工は、とっても凝っていて、様々な技法を駆使している。
立体作品も、役に立つものだったりして、子供の作品だからといって、ポイポイ捨てられないような出来栄えなのだ。

それはそれで、いいような悪いような・・・・

とりあえず3年生の立体は、万華鏡だったので、場所もとらないし、ホッと胸をなでおろす私であった。




"新年子ども会" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント