ディパーテッド デカプリオ×マットデイモン映画

久しぶりにデスノート以外の映画を観た。
何しろ、‘映画は試写会で1回だけ観る‘という私のポリシーを覆して、年末3回も普通の日に(レディースデイでもなく)デスノートを観るのって・・・

しかもせっかく当たっていた「デジャブ」と「鉄コン筋クリート」を都合でのがしたこともあり、どうしても観たかったこの映画が当たって本当にうれしかったよ~

画像

ディパーテッド 公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/thedeparted/

先ずは、本作品が韓国映画「インファイナルアフェア」のリメイクだということ。
しかしプライドがあるのか、チラシにもそんなことは一言も書いていない。

途中まではインファイナルアフェアそのまんま。
上司と密会する場所が廃屋のビルの屋上だったり、携帯電話をかけたら、あれ?どっちと喋ってんの?と思わせる演出まで、まったくしっかり同じだ。

違うのは、警察学校の訓練時代が、呑気で厳しそうでない事、警察内の上司が、お得意のいやみたっぷりのアメリカンジョークで、やたら部下をムカつかせる事・・・・・


<ストーリー>
同じ警察学校を卒業しながら、お互いの顔を知らない二人の男。

犯罪者の一族に生まれ、自らの生い立ちと決別すべく警察官を志したビリー(デカプリオ)。
アイリッシュマフィアのボス(ジャック・ニコルソン)に育てられ、警察学校で優秀な成績をおさめて、エリートコースを突き進むコリン(マット・デイモン)。

二人はお互いを知らぬまま、ビリーはマフィアの手下として覆面警官の道を、コリンはマフィア撲滅の最前線で指揮を取る有能な警察官を装いながら、ボスに情報を流し続ける。

やがて互いに、自分たちの組織の中に‘ネズミ‘がまぎれている事に気付いて、スパイ探しが始まる。
正体を知られる前に、先に相手を見つけなければ命はない!!

緊迫する駆け引きに、待っていた意外な結末。
最後に迎えた二人の運命とは・・・・



実はインファイナルアフェアの結末を忘れてしまったので、あれれ?と思ったのだけど、結末はもっとあれれれ???だった。

いいのか?いいのかぁあああ こんなことでぇ!?

たやすく人を殺してしまうのは、銃を持っていても当たり前の社会だからか、それともマフィアの映画だからか。
なるほど題名が、ディパーテッド(死者)なわけだ。
(とはいえ、最近ではうちの近所にも、死体がゴロゴロ転がっているようだけど)
歯科医妹バラバラ殺人・新宿&渋谷バラバラ殺人妻逮捕)

それなのに、インファイナルアフェアの時のような、緊張感も怖さも感じない。
韓国マフィアのほうが、数倍恐ろしい感じがしたのは、なぜ?

もしかすると、決定的に違うのは、アジア特有の、‘命を張っても職務を全うする‘とか、慕っていた上司の為に命を懸けて戦っていくぞ的な感情が、白人にはないからかもしれない。


デカプリオは、一皮も二皮もむけて、すごくいい味を出していた。
美形のお坊ちゃまから、出自の悪さを隠しきれないチンピラな一面を持ちながらも、警官としての正義感とピュアなやさしさを持ち合わせた別の顔を持つという、複雑な役柄をうまくこなしていた。

しかし、それを上回るのが、なんといってもジャック・ニコルソン。
当然といえば当然だけど、デカプリオもマットデイモンも、すっかりひよっこに見えちゃうよ。

画像

いやらしく音をたてながら、サンドイッチの肉をつまみ食いするボスのコステロ。
ブランチの横になにげに置いてある物は・・・・・ひえ~~っ!

Jニコルソンのあまりの迫力に、ちっぽけな町のアイリッシュマフィアという設定が、似つかわしくない気がした。
手下も少ないし。じじいばっかだし。

それに、恋人になる精神科の女医。
あえて美人をもってこなかったのは分かるけど、それにしても・・・・
エリート警察官のコリンが、おケツだけ見ていきなりナンパするっていうのが、不自然でしょ!
彼の意外と冷酷な性格を見抜きながらも、同棲を始めるのも、どうよ?
ほいほい同棲したりしたら、駄目だよぉー


とまあ、色々書いたけど、インファイナル・・・を見てない人には、スリル満点。
細かいところも、よく見ておかないと、最後のどんでん返しに、ついていけなくなるからご注意。

最後に一言。

ビリーとコリンが似すぎ!二人が似ている必要ないでしょ!






"ディパーテッド デカプリオ×マットデイモン映画" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント