「空白」☆漢字二文字の邦画にハズレなし!

久しぶりの会場試写会。やっぱり大きなスクリーンで観られるの嬉しいし、何より席が1つ置きなので、座席に傾斜が無い試写会場で前の人の頭で観づらいことが多かった私には本当に有難い。コロナも悪い事ばかりじゃないね・・・♬

「空白」 試写会(9月23日公開)
空白ポスター.jpg
親から受け継いだスーパーの店長をしているアオヤギ(松坂桃李)は、万引した中学生女子かのんを追いかけていったが、逃げる途中車に轢かれて無残な姿で亡くなるという事故を引き起こす。
漁師で荒い気性の父みつる(古田新太)は、事故の前日娘が何か言いたそうにしているのに聞いてやれなかったことで、学校にいじめがあったのでは?と怒鳴りこんだり、謝罪に訪れたアオヤギに対しても殴り掛かる勢いで謝罪を受け入れようとしなかった。
行き場のない怒りでアオヤギを着け回し、追いつめられる店長。世間は両者に対して誹謗中傷を繰り返し、見かねたスーパー店員の草加部(寺島しのぶ)は彼の味方になろうとビラ配りなどを始めるが・・・

空白学校.jpg
正直キツイ映画。誰にでも起こりうる事象なだけに、他人事ではない怖さがある。
とても万引きなどしそうにもない大人しい娘。すぐ怒鳴り散らすから父には何も言えず、離婚して別の家庭を作っている母に買ってもらった携帯も庭へぶち投げられてしまう。
「一番近くにいるのに、一番分からない」
年頃の子供を持つ家庭は、こんな荒くれの親でなくてもそんな不安を抱えている人も多いはず。一見理解し合えているようで、見えてない部分があるのは誰にでも経験があるのでは?
空白葬式.jpg
泣いても土下座しても何をしても許してくれない。
マスコミの悪意ある報道でより追い込まれていく店長を、松坂桃李が実に見事に演じている。「孤狼の血 」とのギャップすごっ!

確かにトラックに巻き込まれ顔も判らない状態の娘を見たら、怒りが込み上げてくるのは仕方ない・・・とは言え、行き過ぎた父親の暴走が、周囲の人間を不幸に突き落としていく。
彼の暴走は結局のところ、娘の事を何も知らない自分に対しての怒りを他者にぶつけているだけなのだけれど、娘を亡くす辛さを想うと一概に悪者として片づけられないのが、この映画の最も辛い部分なのだ。
空白宴会.jpg
ボランティア活動に励むスーパー店員の草加部は、ひそかにアオヤギに好意を寄せていた。
親切心と『好意的に思われたい』気持ちで突っ走る草加部さん。ボランティアに熱を入れてるオバサンがこんなにもウザいのだとしたら、気を付けなくちゃとこの映画のもう一つのキツかったポイント。
ボランティアを人に強要するわけでも、褒めてもらいたくてアピールしているわけでもなく、ただ単に活動に興味を持ってくれたらいいな♬という程度なのに、こんな風に偽善者扱いされるのだったら、もうボランティアのボの字も口に出せないな・・・と真剣に思った私。
とはいえ、下心があったうえに空気を読めない草加部はボランティア仲間に対する態度も酷くて残念過ぎる人物像。
空白謝罪.jpg
飛び出してきた中学生を最初に轢いてしまった女性は、何度も謝りに来るのだが・・・
人格者の母が発した言葉で、それまで荒ぶっていたみつるに心の変化が訪れる。

もう登場人物みんな救いようのない所まで落ちてしまうけど、唯一みのるを見捨てなかった若い漁師(藤原季節)がこの物語をわずかな光のさす方へ導いてくれる。
最後、イルカの雲で涙腺崩壊、会場は怒涛の涙と拍手が沸き起こったのだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ごみつ
2021年09月15日 15:54
こんにちは。

この映画、きつそうだな~と思いパスしようかなと思ってた映画です。

実際、こういうのって、「孤狼の血」みたいな作品よりずっときついと思うんですよね。
ヤクザVS警察ものは、一般人にとってファンタジー要素が強いけど、この映画のテーマは等身大で誰にも起こりえる事ですしね。

それにしてもまだ~むさんの感想を聞かせていただくとかなり良さそうですね。時間がとれて、気持ちに元気があったら行ってみようかな。
ノルウェーまだ~む
2021年09月15日 18:05
>ごみつさん
>
そうなんですよ~
キツめの映画が好きな私でも結構やられました。
やはり誰にでも起こりうる身近なテーマという点と、勧善懲悪的な悪者を悪く描いて胸のすく映画ではないし、誰もがモヤモヤした気持ちをどこにぶつけていいのか迷っているあたりも胸につまされてしまうのです。
色々な意味で、それでも多くの人に観て欲しいと思う映画です。お元気な時に是非!

この記事へのトラックバック