青山「リストランテ コルテジーア」南イタリア プーリア料理☆チーズ遣いの達人

緊急事態宣言も延長になり、相変わらず映画もまだ観られない状態だったので書くネタもなかった今日この頃。 そういえばかなり前に行ったきりそのままにしていたイタリアンの事でも書こうかな~ 場所は青山。南イタリアのプーリア料理☆ アジア系の人と終始英語で商談している日本語ペラペラの西洋人の人のところに、シェフが親しげにあいさつしに来る…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Netflixオリジナル映画「ROMA」アカデミー賞外国語映画賞他☆ネトフリだけじゃ勿体ない!

息子のお陰でネトフリを見られるようになって、ますますステイホーム配信映画三昧な私。 劇場公開の際に見逃して以来、ずっと見られずじまいでいたのだった。 しかーし!普通の劇場映画なら他の配信でも見られるチャンスはあるのに、これは生涯ネトフリでしか見られないなんて、勿体なさ過ぎる!! 全編モノクロで物悲しい話なのかと覚悟をしていたら…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「ファーザー」アカデミー賞主演男優賞受賞☆アンソニー・ホプキンスの名演技

主演男優賞を受賞しただけにアンソニー・ホプキンスの演技は実に素晴らしく、それに引けを取らないほどのオリビア・コールマンの名演技が涙を誘う。 そして斬新な認知症患者目線の映像と展開によって、こちらまで見事に混乱させられてしまうのだ。我々は主人公アンソニー(アンソニー・ホプキンス)同様そこに真実を見つけ出そうとするけど、答えはほぼ無い。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ビストロ「hugo(ヒューゴ)」☆都立大学でランチするなら絶対ここ!

私のお気に入りのレストランがワークショップのビルからすぐのところにあるんだから、絶対行くしかないでしょう? 金継ぎワークショップが思いがけず早めに終了したので、予約より30分も早く入店してしまったけど、快く通してくださったyo ランチは13時半ラストオーダーで14時半まで。3,300円(税込み)のコースのみ。 スープは「新玉ね…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

SDGs☆「はじめての金継ぎ体験」Maders' Base ワークショップ

かねてからいつか習ってみたいなと思っていたのが、割れたり欠けたりした食器を漆と金を使って修復する「金継ぎ」の手法。 古き良きものを大切にしていく文化と、日本人の繊細さが生み出す世界唯一の「漆を使った食器の再生方法」は、実は海外でも重用されていて、ロンドンにいた頃、お友達からアンティークのものを金継ぎで修復するプロとして日本からイギリス…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「金魚養殖場」by 深堀隆介☆金魚アートの想い出

先月テレビで長崎県美術館で4月中旬まで開かれていた深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」について紹介していて、ふと思い出した。 その美しさと余りのリアルさに感銘を受けたのに、私の写真が下手過ぎてブログに書かないままになっていたのだった。 私が彼の美術展に行ったのはもう10年前くらいかな・・・? とにかく今ブログに書くネタも無いし、そうい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

昭和の武士道☆台湾首狩り族「セディック・バレ 第一部 太陽族/第二部 虹の橋」史実に忠実な胸アツ戦争映画

ねえねと『その土地に古来から住む民族(原住民)』について話していたら、台湾に現在も存在する(かつて)首を狩っていた民族の話になった。 「台湾の少数民族の映画があるよ」と言うので、一緒に1部2部合わせて4時間36分の大作をAmazonプライムで鑑賞することに。 そういえば公開当時はグロいシーンが多いような評判だったので、観るのをためら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

静かな母の日2021

コロナ禍の帰省でもちょいちょい出歩いて家にいたためしがなかった息子も、今回珍しくずーっとステイホームを実践して再び戻っていった。 かくいう私もここ1か月は腰を落ち着けて、と言うか腰を落ち着けすぎてステイチェア状態。 あまりにブログのネタがなさ過ぎて退屈なので、近所のアパレルのお店の前に時々停まっている車がカッコ良いので一枚パチリ☆ …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

Netflixおすすめ映画&ドラマ「Death Note デスノート」「ルパン」「ヤスケ」はみんな黒人

Netflixに加入している息子のおかげでGWはネトフリ三昧。 半笑いで「Lが黒人なんだよ~」と教えてくれたのは、当時人気だった「デスノート」(2006年)「デスノート後編」試写会&舞台挨拶 の洋画版。 そしてなんと戦国時代を描いたアニメ「ヤスケ」も、本家フランス製作の「ルパン」までもが黒人! 「Death Note デスノー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Netflix おすすめ映画を見る「マンク」「6アンダーグラウンド」「セル」「アイリッシュマン」

友達に会いにふらふら出掛けないという条件付きで息子が帰省したので、食事の用意が大変だけど、彼が加入しているネトフリを見られるというお得な特典が付いてきた! さあ、短い期間で何本見られるか?? 「マンク」2021年アカデミー賞撮影賞・美術商受賞 不朽の名作「市民ケーン」の脚本家ハーマン・J・マンキウィッツをゲイリー・オールドマン…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more