廃墟を行く「栃木県 S医院」☆眠れる森の診療所

少し間が空いてしまったけれど、旅行記のオマケレポを。

福島方面へ旅をするにあたって、ねえねがどうしても行きたかった3つめは、ここ栃木県の「S医院」。
大正時代から昭和まで開業していた木造の診療所で、4代目が近くで開業しているということからも、地域に根付いた町の医院であったことが判る。

正面入口は侵入者を拒むように固く門扉が閉ざされている。・・・が横の石の柱はオープンな状態。ただし背の高い草むらが行く手を阻むように生い茂り、大切な診療所を守っているかのようである。
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_135135.jpg
抜け道なのかスピードの速い車が頻繁に通るすぐ前の道からは、建物は全く見えない状態。
パパンが凄い勢いでクモの巣を払いながら進むのに必死で付いていく。
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_135302.jpg
こちらの裏口から入ってすぐのテレビのある部屋は床が抜け落ちていた。
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_135439.jpg
薬を計る天秤と何かのお薬
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_135534.jpg
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_135646.jpg
床にはカルテと診察券が沢山落ちていた。
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_135725.jpg
受付のある部屋は畳敷き
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_135853.jpg
入院棟への渡り廊下は天井も床も抜け落ちてとてもその先へ行くことは出来なかった
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_141033.jpg
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_141017.jpg
診察室。医療器具などがそのまま落ちていて郷愁を誘う。
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_140230.jpg
壁に何故かスフィンクスの絵が貼ってあり、遠目に標本骨格の図だと思い込んでいたので笑ってしまった。
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_140412.jpg
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_140305.jpg
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_140353.jpg
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_140543.jpg
診察室の隣にはタイル張りの分娩室。誰かがいたずらで赤いペンキを垂らしているようだけど、廃墟を汚したりそこのある物を動かしたりは決してするべきではない。
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_135916.jpg
廃墟S病院フォント入りIMG_20190803_135934.jpg

IMG_20190803_140710.jpg
深い森に守られて、まるで時がここだけ止まっているかのような静寂とノスタルジー。
しかし木造だけにいつまでこの姿が保たれるのか?知っているのは森の木々だけなのかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック