横浜山手西洋館「世界のクリスマス2018」☆モナコとエストニア共和国

横浜山手西洋館で開催されている「世界のクリスマス」 2館めはエリスマン邸。
モナコのクリスマスなのだそう。モナコ?さてどんなクリスマスなのでしょう?

画像
暖炉の前にゴールドとシルバーで統一されたツリーと、サンタのソックスもシルバーで。
テーブルには愛らしいピンクのミニツリーも☆F1やカジノといった華やかなイメージということなのかな?
画像画像
画像
薔薇の真紅とゴールドのコーディネイトが王道ながらも華やかで美しい☆
でも装飾は1階部分のみなのがちょっと寂しかったwa



次の山手111番館はエストニア共和国 北ヨーロッパのエストニアは、フィンランドの対岸にあって、なるほどヨーロッパというより北欧により近いのだと言うのがクリスマス飾りを見ても良く判るne
画像
吹き抜けのホールはもこもこの羊スツールがお出迎え。
青白く光るツリーはキンと冷えた北国の夜空を思わせ、ライトを縦に垂らすのも北欧っぽい。
画像
トナカイの柄のお皿や木製の柄のカトラリーなど素朴さ満点☆
画像画像 
画像画像
画像
手織りのタペストリーや民族衣装、クリスマス飾りや窓の外の夕暮れのかんじまでもがノルウェーを想い出させてくれてホッコリしちゃった☆


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック