「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」☆人物が渋滞

普通シリーズの1作目が人物紹介で、2作目から物語が動くものだけど、今回は更に人が多くてやや渋滞気味。
1作目の方が楽しめるとか眠くなったとか色々聞いていて承知の上で観に行ったけど、なるほどちょっぴり意識が遠のいたりしちゃった…ハリポタも大好き、ジョニデもエディ・レッドメインも大好き、ファンタビも大好きなのに~

画像
「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」 公式サイト

<ストーリー>

海外旅行を禁止されているニュート(エディ・レッドメイン)は兄の勧めで魔法省への入省を求められるも頑固に断る。
若きダンブルドア(ジュード・ロウ)の特命を受け、アメリカから脱獄したグリンデルバルド(ジョニー・デップ)を追ってパリに行く。
相棒のジェイコブ(ダン・フォグラー)と魔法動物を入れたトランクを持ってパリへ向かったニュートは、想いを寄せるティナ(キャサリン・ウォーターストン)と再会するも冷たくされる。
一方サーカスから逃げ出したクリーデンス(エズラ・ミラー)は、自分の母を探して旅に出ていたが、カーマに命をつけ狙われ…


画像
とにかく登場人物も多い、名前も複雑、謎が多くて判りにくい話をブツブツと切って繋いでいるので、余計混乱してしまう

ほとんど魔法動物の紹介で終わったけど、その分単純明快に盛り上がった1作目の方が確かに楽しめたよね…
この人物多めの複雑な人間関係と、くどくどと余計な部分を引っ張る感じは原作・脚本のJKローリングっぽいといえばぽい。

画像
1作目で大人気のマグルのジェイコブが再登場
ティナの妹クイニーとジェイコブは相思相愛で、しかも人の心が読めちゃうクイニーならジェイコブが本気でクイニーを愛しているからこそ、人間とつるんでいては彼女に迷惑が掛かると思って身を引いているのが判るはずなのに、何だか怒って出て行っちゃうし、ジェイコブはそれを追いかけずにニュートと行動を共にする方を選ぶし…
この辺りなんだかモヤモヤ…

画像
ジョニデの大御所感ハンパない!!エキストラの人いいな~~

眉をピクリともさせずに冷酷非道な黒い魔法使いを演じるジョニー。
途中、物語が停滞するとジョニーが出ているシーンなのに眠くなってきちゃった(涙)
気持ちを切り替えて画面を凝視☆ああ、ジョニーも年取ったなぁ…

画像
ティナは新聞記事を読んでニュートが婚約したと勘違いし、やたらつんけん

1作目は結局見直さなかったけれど、二人が恋仲になりそうなかんじだったのは良く覚えていたyo
でもリタとも何かありそうな(元カノ?)雰囲気を出していて、その辺も解りにくい。
ちなみにニュートのお兄さん役のカラム・ターナーはエディより8歳も年下!なんでー??

画像
この辺りからシャッキリと目が覚める(笑) ダンブルドアはそっちだったのね…ダンブルドアだけに

最も見たいものが見える鏡にグリンデルバルド。
若かりし頃の思い出も思わせぶりで、今後の展開がどうなっていくのか途端に楽しみになってきたyo

あまりにお話が渋滞したので帰宅してからネットの解説のサイトを読み込んじゃった(笑)
じっくり頭に詰め込んだので、再度鑑賞したらもっと面白いのかも☆
ちなみにキム演じるヘビに変身するナギニは、後にヴォルデモートのそばに常にいる「あの」大蛇になるんだって!!

お話で一番心配なのは、留守宅で一人で魔法動物の世話をしているバンティー。あんなに沢山、しかも噛まれたりして…



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ふじき78
2018年12月28日 22:14
スチールのジョニデは決まってるけど、ポスターのジョニデはちょっと志村けん入ってない?
ノルウェーまだ~む
2018年12月28日 23:14
ふじきさん☆
だっふんだ?
志村けんは思いつかなかった~~
ごみつ
2018年12月29日 02:46
こんばんは!

拙ブログにコメントとTB有難うございました。

それにしても、1作目に比べるとイマイチ感が凄いですよね~。ジョニー・デップが出てるのは嬉しいんだけどさ~・・って感じだし、エズラ・ミラー君のエピソードも何だかな~って感じで。

それにしても今回の驚きは

>キム演じるヘビに変身するナギニは、後にヴォルデモートのそばに常にいる「あの」大蛇になるんだって!!

です!え~~そうなんだ~~。何でそうなっちゃったの!?気の毒すぎる~。
ノルウェーまだ~む
2018年12月29日 12:49
ごみつさん☆
でしょう?ビックリですよね!
ナギニは何度も変身を繰り返すと元に戻れなくなっちゃう人らしくて、それでサーカスでも変身をちょい拒んでいたんですね。
きっとお話はまた複雑に二転三転して、最終的にはナギニは闇の魔法使いの仲間になっちゃうんじゃないかな…
2作目がイマイチでもジョニデが出ている限り5作目まで付き合うつもりなので、次はじっくり関係図を復習してから望むことにするわ!
2018年12月29日 23:46
ジョニデさんですが例の濃いメイクじゃなくなったのでだいぶイメージが変わりましたね。というか素顔に近いと悪役がよく似合う…?
ティナさんは1作目の時はハリセンボンの春菜さんによく似てたけど、今回はだいぶきれいになりましたねー
2018年12月30日 01:44
まだ~むさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

原作者自身が脚本を担当したからぁ~・・・とかはあんまり思いたくはないものの、それでも自分も今回は一作目より随分失速した感じが否めませんでしたね。確かに人間関係などがかなりゴチャゴチャしてて、魔法の名前を覚えるより首傾げだったかも?^^;
個人的にビーストの活躍要素が少なかったのも残念で、出来れば東洋ビーストの河童も活躍して欲しかったですw
風情☭
2018年12月30日 10:19
こんにちは♪

もともと1作目自体それほどだったんで、
とりあえず気になるジェイコブとクイニ
ーのロマンス譚だけでも見届けるべだけ
で観に行ったってぇところなんで、前回
以上に残念な結果終わったことを素直に
受け入れようかと…にしても2作目にに
してはやくも初期設定の薄れ方の半端な
さはですよね…r(^^;)

今年1年、仲良くしれくて感謝です。
また来年もヨロシクお願いしますね♪
ノルウェーまだ~む
2018年12月30日 10:26
伍一☆
確かにジョニデはこれからアンソニーホプキンスの後釜を狙って、悪役の座を確保したかのようにハマってましたね~
ティナ?はそんなにハリセンボン春菜でしたっけ?確かに前より美人になった気はしますが…(笑)
ノルウェーまだ~む
2018年12月30日 10:30
メビウスさん☆
カッパの活躍なかったですね~そもそも活躍する生き物でもないですけど(笑)
カッパが居るってことは日本まで来たのかしら??
込み入った人間関係はもう少しあとのパートでやった方が良かったですよね。でもだいぶ消し去っちゃったから、今後少しはスッキリするかしらね…
ノルウェーまだ~む
2018年12月30日 10:34
風情さん☆
こちらこそ今年一年ありがとうございました。

ジェイコブとクイニーのロマンスは楽しみにしていたのに。無理やり感が大きくて不自然でしたよね。
なんだかガッカリでした。
これならハリポタ番外編で素直に売ったらよかったのに…と思ってしまいました。
ここなつ
2018年12月30日 16:03
こんにちは!
確かにジョニデは圧巻でしたし、ジュード・ロウも謎のイケメンぶりを発揮していて面白かったのですが…
やっぱりファンタスティックなビーストの活躍がもっと観たかった!ですよね~。
ノルウェーまだ~む
2018年12月30日 23:56
ここなつさん☆
ジョニデもイケメンダンブルドアも凄くよかったんだけど、やっぱりここはファンタビって貰わないと…ですよね!
正直魔法動物で引っ張るのは難しいのでしょうけど、ファンタビなら魔法動物を使った方法で悪と対峙していくのでしょうから、添え物の様な扱いはちょっと…でしたよね。
2019年10月05日 19:03
自分勝手進行映画。
ノルウェーまだ~む
2019年10月05日 23:00
>ボーさん
>
確かにそうですね~
これって原作っぽいのかも。彼女の作品は独りよがりですからね…

この記事へのトラックバック