ハーレーで行く温泉巡りとぐるぐるグルメの旅⑨秘湯 黒川温泉の「黒川荘」

九州のガイドブックの中からここだけは行きたかった黒川温泉郷。
今まで一泊700円/人(会社からの補助金2500円)を差し引いた額)のビジネスホテルで我慢してきたのも、ここでちょっと贅沢したかったから♪
しかも入湯手形で湯巡りが有名なのにあえて湯巡りしないという贅沢(笑)

渡り鳥が羽を休めるように、ここ黒川温泉でパパンの怪我を湯治しましょう☆
黒川温泉 黒川荘
画像
明るい時間に入ると美しいエメラルドグリーンのびょうぶ岩露天

九重大橋のあと山道をくねくねと走って黒川温泉郷に辿り着いた私たち。
スマホにイヤホンを付けてナビを聞きながら来たけれど、温泉街のど真ん中の細い道を奥へ奥へと誘導される。
中心街を抜けて進むとどんどん道は細くなっていき、とんでもない急坂を下って遂に階段!!
旅館の案内にはナビを信じないで大きい道を外から回るように書いてあったのに、見落としていたYO(≧▽≦)
重たい1200ccのバイクを怪我をしているパパンと私でよいしょよいしょと方向転換(バックギアが無いのでUターンが難しい)

画像
湯巡りの人の駐車場と宿泊者の駐車場は別
画像画像
画像画像
画像
先ずは座布団の分厚さを見て欲しい!25cmは高さがあったかな?
エントランスはややクラシックな造りだけれど、新館に通されるとそちらはとってもセンスの良いデザインになっている。
窓際は縁側になっていて下駄を履いて夕涼みできるような作り☆
画像
早速お風呂へ!浴室棟の先に立派なびょうぶ岩の絶景が見える☆

お夕食は部屋食で。可愛い中居さんはなんと北海道出身だそう☆この地がすっかり気に入って留まっているのだとか。
画像
<季寄せ>子芋含ませ煮、秋鯖バッテラ、柿)素麺瓜胡麻酢和え、茄子のポタージュ、辛子蓮根、豆腐味噌漬け、銀杏豆腐
和紙の蓋で出てきたのは鯛と松茸蒸し吸物(フタして出てきた割に香りは少な目)蔓菜と茸菊花浸し上品で絶品!!奥のお鍋に菊花牛肉煮込み
画像画像
画像
向付けはお造りと旬の物 ブリの味噌ソースはホイッピングした黄味がほんのり甘く美味☆ 鯛のお刺身の下にも菊花と寒天?が網目状になったシートなど造りがとっても凝ってる!
画像
目にも美しい秋の焼き物 秋鰆柚香焼きと赤鶏西京焼き 美しい~♪

信州鱧ちり鍋 〆がお蕎麦というのも嬉しい☆全体的に素材の味をちゃんと生かした薄味になっているのも私たち好みで良かったwa♪
豊後牛も赤鶏も鱧もお刺身もあって大満足。こちらの土地の一番美味しいのって何?と聞くと例の中居さん「馬かな~」(爆)
笹に包まれていたのは練り抹茶 こってりしたものが無いので最後まで美味しく頂けちゃった☆
画像画像

画像画像
画像
暗いと判らないけどブルーのお湯が綺麗な湯巡り専用露天「竹湯」(左)とびょうぶ岩が目の前にそびえる観音露天(右
黒川荘が良いのは黒川温泉郷の一番端っこにあるため湯巡りのお客さんが少ない事。誰も居ない時を見計らって入浴できちゃう♪

さて夜の街を散策してみよう~~☆と思ったら最初の難関。
来るときにバイクで行き止まりになったあたりは、空き家?それともお留守の別荘?があって、実は真っ暗!
夜21時まで湯巡りできるはずなのに、街の真ん中に出るまでが真っ暗闇ってどゆこと!?
画像
ようやく街の真ん中へ。「日本秘湯を守る会」の提灯を掲げているのは黒川温泉の一番人気露天がある新明館(コツコツと手彫りした洞窟風呂が有名)
画像
湯巡りの時間を過ぎたからか温泉街は人気が無くてちょっと寂しげ。何しろどこもお店が開いてないyo?そんなところもいかにも秘境っぽい(≧▽≦)
画像画像


画像
湯巡り用露天「きり湯」 早朝から雨が降っているのでさすがに誰もいないne
湯巡りの男女が待ち合わせできるようにカフェがある。レトロな雰囲気が素敵
画像画像
画像画像
画像
うわぁ♪と声をあげてしまう美しい露天風呂は宿泊者専用「びょうぶ岩露天」(朝はこちらが女性)
先ほどのきり湯のすぐ隣なのだけど、一旦浴衣を着て外に出ないと入れない。ここもタイミングよく貸切状態☆早起きして良かった~~
画像

画像
朝食はお食事場所で。
葉っぱの上に味噌を載せて下から炙るという演出以外は、わりと普通というかんじ。

湯巡りしなくても気持ちの良い露天風呂がいっぱいあって、十分楽しめるお宿。
街まで遠いのがネックではあるけれど、小さな温泉街だからそれで全く問題なし。というよりも宿泊者専用風呂に入るために是非泊まるのがオススメ!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2018年10月24日 18:12
まだ~むさん、こんばんは。
黒川温泉、名湯の誉れは聞いていましたが、さすが名前にたがわぬ趣きのあるすてきな温泉ですね。
バイクでの長旅も、ここですっかり疲れが癒されたことでしょう。
お料理、とってもおいしそう!
そして神秘的なブルーのお湯が美しいですねー。
私もいつかは訪れたいです。
お部屋の係が若い方だと気兼ねがなくていいですね。
ノルウェーまだ~む
2018年10月24日 23:21
セレンさん☆
泉質に関しては全く気に掛けてなかったので(笑)よく判らないですが、何よりこの美しい露天い入れば、泉質がどうのよりも癒されると思いません??
夫もほどよく生傷が癒えてきて大きめのバンドエイドでカバーすれば人目にも問題なくお湯に入れて、いいタイミングに温泉旅館に泊まれて良かった~と思いました。
ここ本当におススメです!是非いつかおいでになってみて下さい~~
ごみつ
2018年10月26日 23:50
こんばんは!

うわ~、これは羨ましいです!
温泉大好きな私には、どの写真も極楽浄土って感じ。
私、ひなびた温泉宿で2~3ケ月湯治(どこも悪くないけど)するっていうシチューションが昔から夢なんですよ。
黒川温泉、一度は訪れてみたいな~。

ご夫婦ツーショットの写真も素敵です。本当に素敵なハーレーの旅ですね~。

ノルウェーまだ~む
2018年10月27日 00:10
ごみつさん☆ありがとうございます♪
いや~~ホント極楽浄土でしたよ~
ひなびた温泉お好きなら、間違いなくここはぴったりです!
ただし2~3か月の資金は相当なものになると思いますが…(笑)

ツーショットはインスタでよくあるバカップルみたいで嫌だったのですが、ブログの横並びの小さい写真のあとは大きいものを乗せないと文がぐちゃぐちゃに配列されてしまう為の苦肉の策なのでございます(笑)
june
2018年11月30日 14:10
前回の続きから今回まで読んできましたが・・・盛りだくさんな記事に驚きです。
秋吉台の牛骨ラーメン(北千住で食べたことあります!)、下関の超お手頃価格のフグ御前、唐戸市場←市場大好きです、博多のムーミンカフェのミーのラテ、モツ鍋などなどほーんと特別に美味しそうなものばかり!グルメの旅の看板に偽りなしですね~いいなぁ。観光も充実してるね。私ではどこに行ったのか忘れてしまうのではと思うほどたくさんの名所を訪れたのですね。そして黒川温泉、コバルトブルーが美しい・・・こんな温泉あるんですね。九州に行ったことのない私ですが、是非行ってみたいです。
ノルウェーまだ~む
2018年12月01日 00:58
juneさん☆
私は九州は修学旅行の長崎・阿蘇、あとは屋久島と熊本の端っこだけだったので、とっても新鮮でしたよ。本当に良い所です。
四国の次は是非九州に行ってみて~~(旅行社かっ!?笑)

私も行った場所の地名を忘れがちなので、こうして絵日記ならぬ写真日記にしているのでした。アルバム作るの面倒だし、デジタルになると撮りっぱなしだし☆
黒川温泉は実に良かったですよ。秘境中の秘境温泉です♪
それにしても北千住に秋吉台の牛骨ラーメンがあるなんて…!
june
2018年12月03日 19:18
ごめんなさい、書き方が悪くて。北千住で食べたのは、牛骨ラーメンですが、秋吉台の牛骨ラーメンではないでーす!
ノルウェーまだ~む
2018年12月03日 22:09
juneさん☆再びありがとう~
ですよね~~(笑)
私もそうかな?と思いつつ…
全国でも珍しいと書いてあったけど、北千住にあったとはっ!

この記事へのトラックバック