「ドリーム」☆崇高な爽快感

久しぶりに爽快感のある映画を観た。
ああ、彼女たちの自信に満ち溢れた姿はなんて気高く美しく凛々しいのでしょう!


かなり評判も良さそうなので観てみたら大正解!人は嬉しい時にもこんなに泣けるのね…
画像
「ドリーム」 公式サイト

<ストーリー>

東西冷戦下の1961年、NASAで熾烈な宇宙開発戦争を支える中に、優秀な計算係として働く黒人の女性グループがいた。
キャサリン(タラジPヘンソン)はずば抜けて高い数学力で、ハリソン(ケビン・コスナー)率いる宇宙特別研究本部へ配属されるが、白人男性ばかりの職場はとげとげしく、トイレどころかコーヒーすら黒人専用のものを使わなくてはならない不便を強いられていた。
遂にロシアのガガーリンに有人宇宙飛行の先を越されたNASAでは、ジョン・グレン(グレン・パウエル)を乗せた有人飛行までカウントダウンが始まっているにもかかわらず、着水場所の特定に必要な計算式が出されておらず・・・・


画像
白人男性ばかりの職場、たった50年前でこんなにも差別されていたとは・・・

しかし黒人という壁、女性という壁が高いのは、あからさまでない形で今でも存在するのが現実。
ただこの映画は必要以上に人権を訴える内容なのではなく、優秀な女性が確固たる自信とたゆまぬ努力と諦めない精神力で自ら持てる力を最大限に発揮する物語という点で最高に傑作なのだ!!

画像
キルスティン・ダンストがいい感じにパワハラ上司を演じていてグッジョブ!彼女の居るべき場所が見つかったってかんじ?

パワハラと言っても規約に従っただけで罪はないのだけれど。
この誰もが今までの慣習に従って、気付かぬうちに差別している現状と、その苦境を「不平不満」を言って落ち込んだり憤ったりするのではなく、自身の能力の高さを武器に正しく戦っていこうとする、このスタンスが素晴らしい。

画像
こんなボスがいてくれたら最高!

やはり上に立つ人はこうでなくちゃ!
肌の色や性差に関係なく、きちんと人の能力を見分け、決して理不尽なことはせず、きちんと人の意見を聞く耳を持ち、正しく判断して対処する。
最初に秘書から「気難しい人」と言われていたのにもかかわらず、これだけ理解を示してくれるなんて、本当に素敵☆

画像
認められてIBMコンピュータールームへ乗り込んでいくシーンは鳥肌もの!

ただ一つ気になるのは、計算室にるのが女性ばかりだということ。男性でも数学得意な人って多いのでは??
食堂にはランチを食べる黒人男性もいたからNASAに勤める優秀な黒人男性もいたはず…
あえて「黒人女性」を目立たせるための演出としても、特別研究本部に居るのが秘書以外は全員白人男性というのも不思議。白人女性は数字に弱いの?

画像
さくさく計算☆黒板の時代だったからこそ才能を見い出せた
とにかく割り勘の計算も出来ない私には、彼女たちは魔法使いにしか見えないから、性別も人種も関係なく尊敬しちゃう~☆

画像
差別的扱いを受けている黒人女性の算出した結果が採用されたからこそ信用できると、本物を見抜くジョン・グレンのシーンがまた泣かせる

とにかく映画のつくりが素晴らしい。
実話もののサクセスストーリーだと、案外淡々として物足りなかったりもするけれど、これは有人ロケット発射を成功させるというゴールも用意されていることもあって、達成感もちゃんとある。

理不尽な扱いに怒らず、自信の天才的能力を驕らず、ただ成功に向かってひたむきに頑張る彼女たちと、それを陰で支える夫やサポートする上司のチームワークが見事☆
これは確かに「ララランド」を軽く飛び越えて、宇宙まで行ってるよne



この記事へのコメント

2017年10月10日 12:24
黒人への差別だけでなく女性差別もあるんでしょうね。
未だ女性大統領はひとりもいないし根強い差別があるのでは?
優秀な女性を知らないボンクラ男がいっぱいいるってことですね。
2017年10月10日 16:42
まだ~むさん、こんにちは。
清々しく感動的な作品でした。
「イミテーションゲーム」でも暗号解読班は女性ばかりでしたが、計算やプログラミングは、粘り強さや正確さなど、たしかに女性向きのところがあるかもしれません。
それはともかく、彼女たちのような優秀な人たちが、性別や人種のせいで才能を眠らせてしまうなんて...それこそ大きな損失でもったいないですね。
ノルウェーまだ~む
2017年10月10日 17:51
まっつぁんこさん☆
過去遡って、卑弥呼だったり女王だったり人のトップに立つ女性は居たはずなのに、いつしか虐げられるようになってしまいました。
でも近年女性の方が強くなって、男性が女性化しているのを見ると、女性のトップが誕生する日もそう遠くないかもです(笑)
ノルウェーまだ~む
2017年10月10日 18:01
セレンさん☆
えーっ!?「イミテーションゲーム」でも暗号解読班は女性ばかりだったのですね??気付きませんでしたっ(汗)
そういう点で、学習の機会を与えられたり、働く場所があったりするのはやはりアメリカならではなのかな?と感じますね。
日本は学習するチャンスすらなかった人も多かったことでしょう。
本当に勿体ないですよね…
2017年10月11日 08:49
面白かったよねえ!
あの計算室に黒人女性ばかりいたのは
黒人女性だけあの部屋に集められていたのだと私は見ましたよ。
何しろトイレも別の時代ですから。
白人男性や白人女性の計算手は、メインの別の部屋にいたのではないかと。
ノルウェーまだ~む
2017年10月11日 11:39
zooeyさん☆
勿論、お部屋は分かれていたので西計算グループ(東?どっちだったかな?)=黒人ってことだったのでしょうけど、この場合女性と男性も分けていたのかな?ってちょっと不思議でした。
それにキャサリンが配属された特別研究室にも一人くらい黒人男性、白人女性でバリバリ計算する人いてもおかしくないのに…と言う点で疑問に思ったのです~~
それとも南は白人男性、北は白人女性みたいに完璧に分かれていたのかな?キャサリンだけがとんでもなくずば抜けて優秀だったって事なのかもしれませんね☆
ノラネコ
2017年10月11日 23:32
描き方によっては陰鬱な話になりそうなものを、ユーモアをスパイスに軽快に描き、果てはロケットの打ち上げに昇華しちゃうセンスが最高でした。
これは日本やヨーロッパ映画にはあまりない、アメリカ映画らしい素晴らしい作品でした。
アフロアメリカンの映画は当たらないジンクスのある日本でも、結構当たっているのが嬉しいです。
ノルウェーまだ~む
2017年10月11日 23:58
ノラネコさん☆
アフロアメリカンって言うんですか~?知りませんでした♪
悲観的にならずに尚且つゴールに向かって最後は一致団結して拍手喝采!という判りやすさが、普通なら陳腐になるところを、彼女たちの立派な振る舞いのお蔭で見事に着地出来てました☆
アジア圏ならじめっとしそうなテーマですよね…
2017年10月12日 14:44
こんにちは。
50年前でもこんなに差別はあったんですね。トイレまでとは驚きました。
人種差別も描かれてましたが重くなりすぎない所は良かったですね。
この3人がとても魅力的でした。
コスナー本部長が素敵でした~こういう上司がいたらうれしいですよね。
ノルウェーまだ~む
2017年10月13日 07:11
yukrainさん☆
あ、こちらにはコメントしていただけたのですね~ありがとうございます!
「ヘルプ」でもトイレが分かれていたけれど、最先端の技術を扱う組織でもこんなだったのですね…ほんとビックリ。
上に立つ立場の人にこそ正しい判断のできる人であってほしいですっ!!
2017年10月14日 23:53
この3人の女性たちは最後まで凛として美しいんですよね。
別に不平不満で泣き叫ぶ訳でもなく、あれやこれやと考えては実行に移し、自分が欲する権利だけを得ていく。
その姿が本当に美しい作品でした。
ノルウェーまだ~む
2017年10月15日 14:08
にゃむばななさん☆
そうなんですよ~!
必要以上に悲観的にならず、攻撃的に改革しようとするわけでもなく、かといって能天気にポジティブなわけでもない。
ただひたすら夢を追ってそれを実現させるために1つ1つ乗り越えて行ったひたむきな行為が認められた結果、意識改革に繋がっていったという、ここがこの映画の素晴らしい所であり最大のヒットの要因でもありますね♪
2017年10月17日 05:45
いい映画でした。
映画には事実とは多少脚色がある様ですが、感動的でした。
主演の3人始めケビン・コスナー、キルスティン・ダンスト、ジム・パーソンズらの俳優陣も好演していましたね。
ノルウェーまだ~む
2017年10月17日 10:37
きささん☆
はやり多少脚色されているのですよね。
巧い具合に良い所だけ使って気持ちよい映画になってました。
2017年10月17日 23:11
まあNASAはそれほどひどくなかった様ですが、一歩外に出れば南部だけに全て差別されている訳で。。
この脚色はこれはこれでありかな。
ノルウェーまだ~む
2017年10月18日 09:21
きささん☆再びありがとうございます~
差別の部分は脚色ではなくて、例えばコンピュータールームに一斉に黒人女性が移動になったり、家庭で母業がおざなりになってしまうのに、家族から案外するっと理解を得られているあたりが脚色なのかな?と感じました☆
ごみつ
2017年10月18日 22:06
こんばんは!

私も一昨日、やっと見に行ってきました。
実は、私、アポロ計画にはまっていた事があって、けっこう色んな映画とかドキュメンタリーを見てるのですが、マーキュリー計画の背景にこんなドラマがあったのをはじめて知りました!

とても気持ちの良い作品でしたよね。

確かにあれこれとドラマを盛り上げるために脚色はされているみたいなので、まだ~むさんが疑問に感じられたあれこれなんかは、実際は違ったのかもしれませんね。

何にせよ、NASAの仕事はけっこう映画で脚色されちゃう事が多いので、そのあたりは後日、私もブログでつっこんでみようかと思ってます。(笑)
ノルウェーまだ~む
2017年10月18日 23:44
ごみつさん☆
NASAの仕事は国家にとって機密事項だけに、実際本当のところは一般には知らされることが無いでしょうから、ある意味脚色し放題なのかもしれないですね!
家庭でもすぐに理解を得ているところあたりは、脚色かなって思いました。
それこそ女性は家庭に入って家を守るべきと思っていた人多い時代でしたものね。
ごみつさんのブログ楽しみにしてます~
2017年10月19日 22:33
私この映画かなり好きでした。
この時代、差別が理不尽すぎてつらくなりますが、でもその中で腐らずに前進していく3人は最高にかっこくて、勇気と元気でました。
ケビン・コスナーかっこよかったですね!
ノルウェーまだ~む
2017年10月19日 23:48
Nakajiさん☆
本当に3んが「腐らずに」前進していく姿は神々しくもありましたね。
見習わなくては…と思いました!
ケビン・コスナーもより男前でした~~
2017年10月27日 22:45
あぁ。崇高な爽快感ね
わかるな。
そして美しさがあったわ!
人種差別ドラマと違って
理不尽でひどいエピソードはあるけど
前向きで希望がみなぎってくる
また、この3人が賢くて
とても可愛らしくて
輝いてて美しいの
知性で権力に立ち向かっていくし
実力で既存の規制やルールを変えていくし
反論ではなく相手を立てつつ
最後に説得力
女性にとって希望の歩みを抱く作品ね☆
ノルウェーまだ~む
2017年10月28日 14:51
qちゃん☆
まさにその通りね!
この3人が賢くて前向き、知性で冷静に物事に対処していくからこそ説得力があって希望に満ちているのよね。
女性にとっても、現在理不尽な立場に置かれている人にとっても、希望が持てる爽快な作品になっていると思うわ☆
2017年11月02日 22:21
数字が苦手な私にとって「計算が得意」という人はそれだけで尊敬に値します。そして「割り勘が苦手」というまだ~むに大変親近感を感じます(笑)
アカデミーノミネートも『フェンス』以外一通り見ましたが、どれもよかったですね。この映画ともキャストが二人かぶってる『ムーンライト』もけっこう印象深く記憶に残ってます。オスカー持ってったしね
ノルウェーまだ~む
2017年11月03日 00:02
伍一くん☆
文学部だもんね、計算苦手でもしょうがないのだ!
我が家は夫が理系なのに暗算苦手で、割り勘計算のとき家族全員目が白くなっちゃうのでした。
「フェンス」私もまだ見て無かったwa近いうちに見なくちゃ!
2017年12月28日 00:52
今作、音楽も良かったですよねえ!
ノルウェーまだ~む
2017年12月28日 23:30
onscreenさん☆
いよいよ年の瀬ですね。
音楽も素晴らしかったこの作品、ベスト10の何位になったか楽しみです。
2018年11月13日 00:43
「気付かぬうちに差別」そう、これは気をつけねば!
ハエとか蚊とか…ちがーう!
ノルウェーまだ~む
2018年11月13日 23:24
ボーさん☆
ハエと蚊は仕方ないですねぇ…
うむ

この記事へのトラックバック

  • 堂々と偏見の壁を壊してくれる人。『ドリーム』

    Excerpt: 人種差別が横行していた1960年代初頭のアメリカで初の有人宇宙飛行計画を陰で支えたNASAの黒人女性スタッフを描いた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2017-10-10 11:02
  • 映画「ドリーム(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

    Excerpt: 映画 『ドリーム(日本語字幕版)』(公式)を公開初日(9/29)に劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら85点にします。 ディ.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2017-10-10 11:21
  • ドリーム

    Excerpt: ドリーム@一ツ橋ホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2017-10-10 12:14
  • 『ドリーム』('17初鑑賞109・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10+) 9月29日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 15:20の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2017-10-10 12:46
  • ドリーム (試写会)

    Excerpt: 闘う黒人リケジョ 公式サイト http://gaga.ne.jp/scramble9月29日公開 実話を基にした映画 監督: セオドア・メルフィ  「ヴィンセントが教えてくれたこと」 1961年、ソ連.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2017-10-10 15:07
  • ドリーム

    Excerpt: 米ソが熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた1960年代に、アメリカ初の有人宇宙飛行計画を支えた、3人の黒人女性技術者たちの奮闘を描いた事実に基づくドラマ。監督は「ヴィンセントが教えてくれたこと」のセオド.. Weblog: セレンディピティ ダイアリー racked: 2017-10-10 16:43
  • ドリーム ★★★★・5

    Excerpt: NASAで初期の宇宙開発計画を陰で支えた3人の黒人女性数学者の知られざる活躍を映画化した感動の実話ドラマ。人種や性別の壁に直面しながらも、卓越した知性と不屈の信念を武器に、自ら道を切り開いていった彼女.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2017-10-10 18:29
  • 『ドリーム』 2017年9月15日 朝日ホール

    Excerpt: 『ドリーム』 を試写会で鑑賞しました。 上映後にJAXA、NASAの人たちがトークをしたが、中身があまりなかった 【ストーリー】  1960年代の初め、ソ連との宇宙開発競争で遅れを取っていたアメリ.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2017-10-10 19:54
  • 『ドリーム』(2016)

    Excerpt: アメリカの威信をかけた<マーキュリー計画>の裏側を描いた「実話に基づく」ストーリー。原題の”Hidden Figures”を直訳すると、「隠れた人物」と「隠れた数字」の両方の意味があるが、これはその活.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2017-10-10 20:24
  • ドリーム / Hidden Figures

    Excerpt: アメリカがマーキュリー計画を推進するにあたり、計画の成功に貢献した、黒人女性エンジニアたちの活躍を描いた作品。 そう言えば、宇宙開発を描いた映画には、『ライトスタッフ』や『アポロ13』とかありますが.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2017-10-10 21:19
  • ドリーム

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(P) 前例がないなら作ればいい←御尤もでございます。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2017-10-10 21:33
  • ドリーム

    Excerpt: アメリカの宇宙開発史の一端を垣間見れて面白かった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2017-10-10 21:33
  • ドリーム  監督/セオドア・メルフィ

    Excerpt: 【出演】  タラジ・P・ヘンソン  オクタヴィア・スペンサー  ジャネール・モネイ  ケビン・コスナー 【ストーリー】 1960年代の初め、ソ連との宇宙開発競争で遅れを取っていたアメリカは、国家の威.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2017-10-10 22:33
  • 映画:ドリーム Hidden Figures 「ライトスタッフ」な時代の、影の功労者たち 現状、今年のベスト1候補!

    Excerpt: 映画「ライトスタッフ」という、アメリカの宇宙開発時代を描いた傑作があった。 今作はその成功の陰で、人種差別に耐えつつ奮闘し、成果に寄与した3人の女性たちを描く。 ・ユダヤ人上司にほださ.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2017-10-10 23:16
  • 「ドリーム」:先人の苦労を知るべし

    Excerpt: 映画『ドリーム』を試写会で観ました。原題は“Hidden Figures”。数学 Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2017-10-10 23:56
  • pee the same color!「ドリーム」

    Excerpt: 米ソが熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた1960年初頭、アメリカ初の有人宇宙飛行計画を 支えた、NASAの3人の黒人女性の功績を描く伝記物語。 映画の冒頭、小さな痩せっぽちの黒人少女、キャサリン.. Weblog: Zooey's Diary racked: 2017-10-11 08:50
  • ドリーム

    Excerpt: 『ドリーム』---HIDDEN FIGURES---2016年(アメリカ)監督: セオドア・メルフィ出演: タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ 、ケヴィン・コスナー 、.. Weblog: こんな映画見ました~ racked: 2017-10-11 20:46
  • ドリーム・・・・・評価額1700円

    Excerpt: 彼女たちが成しとげたこと。 公民権運動の時代を背景に描かれる、黎明期のNASAを支えた、実在する三人のアフリカ系女性の物語。 肌の色と性別、二重のガラスの天井に閉じ込められた彼女らはしかし、米.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2017-10-11 23:22
  • ドリーム

    Excerpt:  『ドリーム』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)アカデミー賞の作品賞にノミネートされた映画ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「実話に基づく物語(Based o.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2017-10-13 20:51
  • 『ドリーム』

    Excerpt: NASAで偉大な前例を作った黒人理系女性たちがいた! 何と心地良い映画なのか。『ライトスタッフ』の裏にもライトスタッフがいたという史実。しかもそれが黒人女性たちだったという衝撃。己にしかない正しい資.. Weblog: こねたみっくす racked: 2017-10-14 23:54
  • 映画「ドリーム」

    Excerpt: 映画「ドリーム」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2017-10-19 23:01
  • ドリーム

    Excerpt: Hidden Figures 2016年/アメリカ (監)セオドア・メルフィ (演)タラジ・P・ヘンソン オクタビア・スペンサー ジャネール・モネイ ケビン・コスナー キルステン・ダンスト ジム・.. Weblog: ごみつ通信 racked: 2017-10-21 19:21
  • 『ドリーム』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ドリーム」□監督 セオドア・メルフィ□脚本 アリソン・シュローダー、セオドア・メルフィ□キャスト タラジ・P・ヘンソン、オクタビア・スペンサー、ジャネール・モネイ、  .. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2017-10-24 12:12
  • ドリーム 素晴らしい完成度

    Excerpt: 監督:セオドア・メルフィ出演:タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ、ケヴィン・コスナー、キルステン・ダンスト、ジム・パーソンズ、マハーシャラ・アリストーリー エフィー(ジ.. Weblog: Said q winning racked: 2017-10-27 22:28
  • わたしたちのマーキュリー計画 セオドア・メルフィ 『ドリーム』

    Excerpt: 2月に行われたアカデミー賞作品賞ノミネートの、ようやっと最後の1本です。NASA Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2017-11-02 22:22
  • [映画『ドリーム』を観た]

    Excerpt: ☆・・・彼女と観たんだけど、これ、観た女性の人生に影響を与える作品になりそうな予感!(^o^)  良かったですね、三人の黒人女性がピックアップされるんだけど、それぞれの成功に興奮するし、  また、.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2017-11-08 00:17
  • 映画・ドリーム

    Excerpt: 原題 HIDDEN FIGURES2016年 アメリカ 1962年、初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を陰で支えたNASA・ラングレー研究所の3人の黒人系女性スタッフ.. Weblog: 読書と映画とガーデニング racked: 2017-11-13 13:58
  • ドリーム

    Excerpt: 邦題は『ドリームガールズ』の影響か? Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2017-11-13 20:00
  • 「ドリーム」 Hidden Figures (2016 FOX)

    Excerpt: ケビン・コスナーがまことにおいしい役で登場。NASAのリーダーとしてトイレの「Colored(有色人種用)」の表示をぶち壊し 「ションベンの色はいっしょだ」 かっけー。 宇宙計画にたずさわっ.. Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2017-11-14 19:52
  • 「2018年 新年明けましてと昨年映画ベスト」

    Excerpt: 皆さん、明けましておめでとうございます。 昨年はTB機能がなくなったサイトが多く、加速度的にブログ界は寂しさが増すばかりですが、そんな中でも今まで通りに見てくださったりコメントを寄せてくださいました.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2018-01-01 00:49
  • ドリーム (2016)

    Excerpt: 実話ベースの、快進撃!な痛快物語1962年に米国人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を影で支えた、NASAの3人の黒人系女性スタッフ、キャサリン・ジョンソン、ドロシー・ボ.. Weblog: のほほん便り racked: 2018-08-17 08:53
  • 映画評「ドリーム」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督セオドア・メルフィ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-08-19 11:41
  • 「ドリーム」

    Excerpt: NASAにも人種差別はあったのね。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2018-11-13 00:36