「ブレードランナー 2049」☆超えた!

オリジナル1作目の「ブレードランナー」が多くのSF作品に多大な影響を及ぼして、以後1作品たりとも「ブレードランナー」を超えるものが現れない・・・と思っていたら、『ヒット作の続編またはリブート作品は決してオリジナルを超えられない』というジンクスまで破って、なんとオリジナルを超えてきたyo!
1作目をこよなく愛するパパンでさえ、「超えたとは言わないけれど、同じくらいに素晴らしかった!」と大絶賛☆


前作から今作までの間に起こった出来事を綴った3部作「ブレードランナー2022ブラックアウト/2036ネクサス・ドーン/2048ノーウェアトゥラン」も既にチェック済み(huluでなくても公式サイトで見られます)
台風の雨が打ち付ける歌舞伎町のTOHOシネマ新宿にて鑑賞。舞台は全て整った!!

画像
「ブレードランナー 2049」 公式サイト

<ストーリー>

人間に反乱を起こす危険性のある旧型レプリカントを抹殺すべく派遣されたLA捜査官K(ライアン・ゴズリング)は、旧型のサッパー(ディブ・バウティスタ)が密かに埋葬していたものから、ウォレス社へ辿り着く。
生殖機能のあるレプリカントの製造を開発中のウォレス(ジャレット・レト)の巨大な陰謀を知るとともに、捜査の過程で自らの出自に疑問を持ち始めたKは、かつてのレプリカントの秘密を握る男デッカード(ハリソン・フォード)を探しに行くのだが…


画像
2049年にはホログラム広告!見とれて交通事故が起きそう☆

前作の暗く混沌としたスラム街の雰囲気は継承し、さらに広大な敷地に広がるスタイリッシュな近未来の景色や、核で壊滅したラスベガス地域まで、今作はぐっと広がりを見せる。
これまでのSFがこぞって描く、空飛ぶ車と高層ビルの下にはスラムという定型化されたSF世界にやや窮屈さを感じていた私はこれでスッキリ、さすが「メッセージ」のドゥニ・ビルヌーブ監督だわ☆

画像
Kの恋人はウォレス社製のホログラム美女

今作でもレプリカントの切ない想いが炸裂。
生の女性よりホログラム彼女の方が良いっていうのも、なんだか有り得そうな近未来の姿?
それでも同期までして実体を経験したいAIホログラム彼女の切なさにぐっとくる。

画像
もやは本物の木が貴重品という荒廃した地球、近未来にありがちな流線型フォルムを無視した骨格のような車は何を意味するのか…?

冒頭の旧型レプリカントのサッパーは、「ブレードランナー 2048ノーウェア・トゥ・ラン」の主人公。
どこかで見たな??と思ったら、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの破壊王ドラックス役の人なのne

画像
ほとんどレプリカントのように見える盲目のウォレスが運営するレプリカント製造会社は、最高にスタイリッシュ!!

生殖機能のあるレプリカントを製造しようと躍起になっているってことだけど、上手くできなかったらグサッとやっちゃうのって、数を増やしたいんじゃなかったの?と、ここだけちょい引っかかっちゃった。
っていうか、レプリカントの大量生産とどっちが難しいのかしら??

画像
肝心のデッカード(ハリソン・フォード)まで行きつくのにたっぷり2時間はかかる

長丁場の3時間。 ややジレジレしなくもないけれど、オリジナル「ブレードランナー」も「メッセージ」もこの空間を大切にしている映画だもの、この『間』が大切なのよね。

画像
今回も日本ぽさ満載☆
ガード下を思わせるエリアには、日本語イルミネーションと自販機と電脳広告の氾濫。
Kのアパートメントの屋上にもカタカナ看板あり♪裏側からだけど何て書いてあったのか気になるwa

もはやレプリカントは感情を持ち始め、誰がレプリカントで誰が本物の人間か判らなくなってくる。
この映画の提唱する近未来の恐ろしさは、あながちSFで片づけられないところまで来ているのかもしれない。



最後は思わず涙が溢れる。想像していなかっただけに衝撃的。このラストだと続編もあり?
少なくともショートムービー3部作と、前作から起きた事を説明した公式サイトをよく読んでからの鑑賞をおススメ☆
「あ~観て良かった♪」を連発しつつ、日曜なのに仕事の入ったパパンは雨の中会社へ向かったのだった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2017年10月29日 23:33
映像だけでなく、ストーリーも「間」も美しい。
それがこのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品。
映画は総合芸術であるという言葉を久しぶりに実感しましたよ。
ノルウェーまだ~む
2017年10月29日 23:44
にゃむばななさん☆
本当に映像も「間」も素晴らしく美しかったです。
近未来の都市にせよ、今度は「ばかうけ」型ではない、豆しば型の浮遊物にしても斬新なアイデアに脱帽しました。
まさに芸術!でしたね。
ごみつ
2017年10月30日 02:50
こんばんは!

この2作目もオープニングの目のシーンからスタート!

そして、旧作の世界観を継承しつつも、ヴィルヌーブ監督ならではの世界も紡いでいくという、これは大変な仕事を成し遂げたな・・っていう感慨でいっぱいになりました。
旧作をリスペクトしながら、独自の映像世界を展開させていく手腕を見ながら、この2人の監督は親和性が高いんだな・・などと思ったりもしました。

個人的に惜しかったのは、ちょっと尺が長すぎるかな・・っていう感じ。全体的には大満足です。

あと音響が凄かったですよね~。他にも感想がたくさんあるのですが、頭を整理して近日中に記事にしてみようと思います。
ノルウェーまだ~む
2017年10月30日 11:28
ごみつさん☆
私時間的合わなくてドルビーアトモスで観たのですが、3Dで観たかったなぁと。
確かに尺が長くて、最後身体の節々が痛くなってしまいましたが(年齢かっ)二人の親和性の高いポイントでもある「間」を大切にするとこうなってしまうのでしょうね。
前作から今作までの間の部分と、じっくりと魅せるやり方と、続編を匂わすかんじで、ドラマでシーズン6くらいは十分にいけそうです。
それにしてもきちんとリスペクトしながらも独自の世界観も見せつけて、更に満足いくように仕上げたヴィルヌープ監督恐るべし!です☆
2017年10月30日 21:44
観たよ~☆彡
広い視点から徐々に変化する世界
仮想と現実
だけど自由さも出ていたし
一歩引いたような視点だったわ
なんというのかしら
空疎感を描いて人造人間の内省を抽象化し
スキっとした静寂感が
良い感じにシンクロしていたわ
これは続編アリと思えちゃった
ノルウェーまだ~む
2017年10月30日 22:03
qちゃん☆
やっぱり?続編も出来そうな余韻があったよね☆
まさに映像の静寂感がレプリカントの虚しさにうまくシンクロしていたし、無理のない仮想が現実的なのに自由度もあって素晴らしかったwa~
2017年10月30日 22:15
巨大なホログラム好きです!
なんだか未来にはありそうな予感。
たしか『BTTF2』にもジョーズのホログラムがあったような気が。

Kのアパートの看板も気になりました。
ス、ウとあったかな?
ノルウェーまだ~む
2017年10月30日 22:26
kossyさん☆
気になりますよね~
ウ、ス、マ、一つ空いてハとなっていたところまでは記憶しました(笑)意味のある並びではないのかも…
前作でレプリカントが死ぬときはTDKのイルミネーションがバックにありましたが今回はSONYとバッチリあったようです。
巨大ホログラム超チャーミングでしたが、あのシーンも切なかったデス☆
2017年11月01日 13:15
私も雨の中観てきました~ブレードランナーを観るにはいい?天気ですよね。
3時間の長丁場も飽きることなく観られました。「メッセージ」と同じく淡々とした感じでしたが飽きさせない絶妙な『間』が良かったかもしれませんね。
とにかく映像がきれいで素晴らしかったですね。
2017年11月01日 22:52
デッカード、遅出でしたね。それまで眠かったです!
映像は、これ以上ないほどの凝り方だったように思います。
ノルウェーまだ~む
2017年11月01日 23:11
yukarinさん☆
覚悟していたものの、なかなかの長丁場でしたね~
映像も「間」も美しかったデス☆
ブレードランナー観るなら、雨じゃないとね!(笑)
ノルウェーまだ~む
2017年11月01日 23:12
ボーさん☆
デッカードがいったいいつ出てくるの!?と思いながら観ちゃいました。でも最後にかっさらうとは…
映像、凝ってましたねぇ。見事としか言いようがありません。
2017年11月04日 09:58
まだ~むさん、こんにちは。
映画を見てからコメントをと思っていましたが、いつのことになるやら...なので先に。
雨の歌舞伎町で鑑賞とは、最高のロケーションでしたね☆
ストーリーをうかがって、ちょっとLOGANを思い出しましたが、むしろLOGANがブレードランナーの影響を受けているのかな?
長時間に寝落ちしないかが少々心配ですが^^; 体調整えて見に行きたいと思います☆
ノルウェーまだ~む
2017年11月04日 12:49
セレンさん☆
確か「メッセージ」の時にいい評価をなさっていた記憶があるので、それなら絶対寝落ちしないですよ~~!
それとLOGANほか多くの映画が「ブレードランナー」の影響を受けているとハッキリ断言できます。
前作はごらんになってますか?
体調万全でいらっしゃってください。感想楽しみにしてますね☆
ノラネコ
2017年11月04日 20:17
私も超えたとは言わないけど、前作を起点にグッと深化したと思います。
名作の続編がまた名作となった稀有な例の一つでしょう。
しかしゴズリングの名演に泣きつつも、本作で私が一番思ったのは「ジョイちゃんが欲しい!」でありました( ;´Д`)
ノルウェーまだ~む
2017年11月05日 00:07
ノラネコさん☆
あれれ、超えたと思ったのは私だけでしたか(笑)
でも確実に言えるのは、あの名作と並び称されるくらいの名作になったということですね☆
女子から見ても超可愛いジョイちゃんの、ファンが世界中に溢れそうですね~これ、執念で実現しようとする人絶対いそう!(≧▽≦)
2017年11月21日 21:29
パパンさんは1作目の熱心なファンなんですね。渋いご趣味
わたしは実はそんなに1作目に思い入れがなかったせいか、こちらの方にぐいーんとひきよせられました。「長い」という方もいらっしゃいましたが、自分にはちょうど良い長さでしたよー しかし今年のゴズリングさんの活躍には本当に目を見張るものがあります
ノルウェーまだ~む
2017年11月22日 00:37
伍一くん☆
だよねー?私も実は1作目は、どうしても途中眠くなっちゃう映画のベスト5に入っちゃうので(頑張って見たら確かに素晴らしかったけど)
今作の方が好きかも。
前作を超えた!と正直思ってます。
でも1作目のコアなファンの人は超えてないって言いますね…

ゴズリングはホントに頑張っているよね。良い役者さんになりました。
ふじき78
2017年11月23日 10:52
> もやは本物の木が貴重品という荒廃した地球

クリスマス・ツリーとかプラスチックの奴しかないのか? そう言えばこのシリーズで一環として幸せな子供を一人たりとも見てない気がする。
ノルウェーまだ~む
2017年11月23日 22:53
ふじきさん☆
本当ですねぇ。幸せそうな子供って登場しませんね。
未来が見えないこんな時代が、現実にやってくるのかも…と思うと、それこそうすら寒いかんじがしますね。
我々大人が目先の儲けや発展に気を取られて、大切な未来を台無しにしてないかよく考える時が来たのかもしれません。
2017年12月01日 16:51
こんにちは。ご訪問が大変遅くなってすみません。
私も同じく本作素敵過ぎて好き過ぎて…なんかこう、年末も押し迫った頃にこういう情緒的に極上な作品に出会うのって素敵ですよね!?ささくれていた(笑)気持ちがだいぶ回復したような気がします。
でもでも…なのですが、Kが(恐らく植え付けられた)木馬の記憶を大切にしているのは切なかったな…あそこで、レプリカントにも感情があるんだ…!と感じたし、その感情さえも仕組まれたものだったんだ…!とも感じて切なさ倍増でした。
ノルウェーまだ~む
2017年12月02日 01:16
ここなつさん☆
そうなんです!!そのレプリカントならではの切なさが実に絶妙でしたよね。
レプリカントだからこそそういう扱いを受ける…しかし彼らAIにも感情が生まれている…にも拘らずどうにもならないというその切なさが堪りませんでしたね☆
ウォレスの冷徹な扱いに、有能な秘書ですらポロリと涙を流すところもとっても切なかったデス☆

この記事へのトラックバック

  • 『ブレードランナー2049』

    Excerpt: 奇跡を見たことがあるか。 SF映画史に燦然と輝く名作の30年後を描く35年ぶりの続編。それは映画史に残る素晴らしき傑作。 名作をなぞるのではない。名作を独自解釈で語るのではない。名作のテーマを突き詰.. Weblog: こねたみっくす racked: 2017-10-29 23:32
  • ブレードランナー 2049

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(F) 映像表現に一切の妥協も許さないリドリーとドゥニがスクラム組めば Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2017-10-30 00:10
  • ブレードランナー 2049

    Excerpt:  アメリカ  SF  監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ  出演:ライアン・ゴズリング Weblog: 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 racked: 2017-10-30 12:38
  • ブレードランナー 2049 感想

    Excerpt: <10月29日AM11:10頃追記> 昨日(10月28日)ブレードランナー 2049を鑑賞してきました。 取り敢えず言えることは、 監督であるドゥニ・ヴィルヌーヴ節全開って事で.. Weblog: 源之助の日記 racked: 2017-10-30 17:55
  • 『ブレードランナー 2049(Blade Runner 2049)』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、ジャレッド・レトー、他

    Excerpt: 注・内容、ラストシーン、会話など盛大にネタばれしています。『ブレードランナー 2049』Blade Runner 2049 監督 : ドゥニ・ヴィルヌーヴ 撮影 : ロジャー・ディーキンス出演 : ラ.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2017-10-30 20:39
  • 僕のワンダフル・ライフ うぅぅぅぅぅ涙涙笑笑涙と笑い

    Excerpt: 監督:ラッセ・ハルストレム出演:ブリット・ロバートソン、K・J・アパ、ジョン・オーティス、ペギー・リプトン、デニス・クエイド声の出演:ジョシュ・ギャッドあらすじ:ゴールデンレトリバーの子犬ベイリー.. Weblog: Said q winning racked: 2017-10-30 21:06
  • ブレードランナー 2049

    Excerpt: 開演前にトイレを済ませておきましょう。 Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2017-10-30 22:12
  • [映画] ブレードランナー2049

    Excerpt: 「ブレードランナー2049」を川崎109シネマズにて観てきました (171013)ブレードランナー ファイナル・カット感想 (170926)ブレードランナー2022感想遂に公開された「ブレードラン.. Weblog: 12時間Blog racked: 2017-10-30 22:26
  • ブレードランナー2049  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ

    Excerpt: 【出演】  ライアン・ゴズリング  ハリソン・フォード  アナ・デ・アルマス  シルヴィア・フークス  ジャレッド・レトー 【ストーリー】 2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電が起きたのをきっか.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2017-10-30 22:47
  • 「ブレードランナー 2049」感想

    Excerpt: 雰囲気や映像が素敵だった。4つ★~4つ★半 Weblog: ポコアポコヤ 映画倉庫 racked: 2017-10-31 12:30
  • 「ブレードランナー 2049」

    Excerpt: 映像、雰囲気(ムード)は、よく創ったと思う。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2017-11-01 22:40
  • ブレードランナー2049

    Excerpt: 監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演 ライアン・コリンズ     ハリソン・フォード     アナ・デ・アルマス 前作から30年後の世界ー。 最新型のレプリカントを開発。 旧式を確保する任務を遂行.. Weblog: 本と映画、ときどき日常 racked: 2017-11-02 09:56
  • 映画「ブレードランナー 2049(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

    Excerpt: 映画 『ブレードランナー 2049(日本語字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら75点にします。 なお、1982年制作の映画『ブレード.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2017-11-03 18:39
  • ブレードランナー 2049

    Excerpt: Blade Runner 2049 2017年/アメリカ (監)ドゥニ・ヴィルヌーヴ  (演)ライアン・ゴズリング ハリソン・フォード アナ・デ・アルマス ロビン・ライト ショーン・ヤング ジャレ.. Weblog: ごみつ通信 racked: 2017-11-04 19:01
  • ブレードランナー 2049

    Excerpt: 【解説】 SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編。前作から30年後の2049年を舞台に、違法レプリカント(人造人間)処分の任務に就く主人公が巨大な陰謀に巻き込まれる様子を活写する。新旧のブレード.. Weblog: タケヤと愉快な仲間達 racked: 2017-11-04 20:07
  • ブレードランナー2049・・・・・評価額1750円

    Excerpt: 作りものの人生に、意味はあるか? リドリー・スコットの代表作にして、80年代、いや20世紀後半を代表する近未来SF映画の金字塔、「ブレードランナー」の35年ぶりの続編。 ロイ・バッティとの死闘.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2017-11-04 20:13
  • 「ブレードランナー2049」Blade Runner 2049 (2017 SONY)

    Excerpt: 163分の長篇。それなのに、「終わらないでくれ!」と願ってました。陶然。 「彼女の名前は?」 主人公の、ブレードランナーであるK(ライアン・ゴズリング)は、むかし同じ職業だった男(ハリソン・フ.. Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2017-11-04 20:31
  • ブレードランナー 2049

    Excerpt: 悲しきレプリカント 公式サイト http://www.bladerunner2049.jp リドリー・スコット監督のブレードランナー(1982年)の続編 製作総指揮: リドリー・スコット監督: ドゥニ.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2017-11-05 22:47
  • 映画:ブレードランナー 2049  大変残念なことに、本年度ワースト候補。何でコウナッタ?!?

    Excerpt: まず行く前に見直した第1作。 時代設定にまず驚き!だったのが、1作めの設定は2年後の2019年(笑) なぜこのタイミングで、リドリースコットが続編を公開したかったワケがわかった.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2017-11-07 00:11
  • 『ブレードランナー2049』 知りたいことはまだ残っている

    Excerpt:  1982年公開の『ブレードランナー』の続編。  監督は『メッセージ』などのドゥニ・ヴィルヌーヴで、前作の監督リドリー・スコットは製作総指揮を担当している。  ちなみに前作の舞台は2019年という.. Weblog: 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実 racked: 2017-11-12 02:41
  • 『ブレードランナー 2049』 2017年11月2日 TOHOシネマズ日本橋

    Excerpt: 『ブレードランナー 2049』 を鑑賞ししました。 なかなか面白かったがもう1回見ないと話が繋がらない... 【ストーリー】  2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電が起きたのをきっかけに世界は.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2017-11-12 09:02
  • ブレードランナー 2049

    Excerpt: ライアン・ゴズリング主演、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、1982年に公開されたSF映画「ブレードランナー」の続編です。前作の監督リドリー・スコットが製作総指揮を務め、前作で主演したハリソン・フォードが共演.. Weblog: セレンディピティ ダイアリー racked: 2017-11-15 15:30
  • アンドロイドは電影少女の夢を見るかもしれない リドリー・スコット&ドゥニ・ヴルヌーヴ 『ブレードランナー2049』

    Excerpt: カルト映画の大傑作としてその手のベストには必ず名を連ねる『ブレードランナー』が、 Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2017-11-21 21:29
  • 「ブレードランナー 2049」

    Excerpt: すごく好き!アメリカでの興業が大コケだったという噂なんか私には関係ない。設定30年前の世界観を損ねることなく、更に情緒的だ。極めて情緒的だ。「奇跡を見たことがないからだ。」作中で出て来たキーワードが胸.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2017-12-01 16:30
  • 「2018年 新年明けましてと昨年映画ベスト」

    Excerpt: 皆さん、明けましておめでとうございます。 昨年はTB機能がなくなったサイトが多く、加速度的にブログ界は寂しさが増すばかりですが、そんな中でも今まで通りに見てくださったりコメントを寄せてくださいました.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2018-01-01 00:38
  • ブレードランナー 2049

    Excerpt: TBはここにお願い致します。 Weblog: 銀幕大帝αTB受付 racked: 2018-03-09 14:49
  • ブレードランナー 2049 (2017)

    Excerpt: スター・ウォーズ・シリーズもそうだったけれど、主演俳優さんが現役で、映像技術も進歩して、こんな、ダイナミックな続編が作れちゃうんですね。ひたすら、感心してしまったのでした。やはり、リドリー。スコットは.. Weblog: のほほん便り racked: 2018-07-26 07:33
  • 映画評「ブレードランナー:2049」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年アメリカ=イギリス=ハンガリー=カナダ合作映画 監督ドニ・ヴィルヌーヴ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-07-29 09:37
  • 「ブレードランナー2049」(2017年、アメリカ)

    Excerpt: ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​「ブレードランナー2049」(原題:BladeRunner2049)は、2017年公開のアメリカのSFファンタジー&ドラマ映画です。フィリップ・K・ディック.. Weblog: 楽天売れ筋お買い物ランキング racked: 2018-10-22 05:00