「忍びの国」☆成功のカギは大野くん起用

いやぁービックリしたwa
楽しみで楽しみで仕方なかったパイレーツオブカリビアンが満席で初日鑑賞を断念していただけに、月曜日には絶対観るぞ!と深夜0時を回って即ネット購入したチケットが、いざ入場という段になって「忍びの国」だったことに気付くとは!!
もしや忍びの術にかかったか・・・・?


ま、すっごく面白かったからいいんだけど☆


画像
「忍びの国」 公式サイト

<ストーリー>

隣国、北畠へ婿に入った織田信長の次男・信雄(のぶかつ)(知念侑李)は、北畠(國村隼)を暗殺し領土化に成功。
周辺諸国も掌握し、ついに伊賀の国へも魔の手が伸ばそうとしていた。

伊賀では豪族同士の小競り合いで弟を殺された下山平兵衛<鈴木亮平)が家族の命でさえ粗末に扱う伊賀の人でなし忍者に愛想をつかし、伊賀討伐の手引きをすべく伊勢へ赴き、伊賀での北畠家の隠居城の築城を進言する。

その頃、普段は妻(石原さとみ)に尻に敷かれている無門(大野 智)は、向かうところ敵なしの忍者だったが、凄腕の大膳(伊勢谷友介)が攻め入ってくると聞いて、早々と京へ逃げ出そうとしていたが・・・


画像
一癖もふた癖のある長老たち

大野くんの映画は一度も見たことが無い私。
基本的にコメディ色の強い時代劇にも、あまり食指が湧かない方なのだけれど、何かカメラ目線で笑いながら走る大野忍者の予告編を見て、おや?と突然そそられたのだった。

そしてこれが大正解!唯一無二、決して誰にも真似のできないザ大野クンだからこそが最大限に生かされ、最高にいい形で映画を成功に導いている☆

画像
お邸からさらわれたお国は、なまけ癖のある無門のお尻を叩いて仕事へ向かわせる~~ハッピーエンドかと思っていたらまさかの・・・???

一見、自分をさらって掘っ立て小屋に住まわせる無門を恨んでいるのかと思うくらい、彼に冷たく当たるように見えちゃうんだけど、実は無門のことを良く判って掌で転がしている(笑)
それにしてもさらった子供を忍者(戦士)に育てるとか、女性をさらってくるとか、まるでイスラム国?

画像
伊賀の国を裏切り、織田方につく下山平兵衛だったが・・・

全然似ていない弟(満島真之介)とか、息子が殺されたのにへっちゃらな父・下山甲斐(でんでん)とか、最初は違和感があったこれらのことも、実はベースに子供をよその国からさらってくる・・・・という伊賀のやり方があってのことと、最後の方に判明する。
下山家の兄弟がさらってきた子供だったかは言及されないけれど、このキャスティングにこの流れだときっとそうに違いない。
最後まで観てこの絶妙なキャスティングに感服するのだ。

画像
大柄な伊勢谷が大きな兜を被って、無敵の武将 大膳を演じ、その陰にすっぽりと隠れるのが、織田の次男 信雄(知念侑李)というのも面白い

とにかく圧倒的格好良さが、たらったらした忍者どもと対照的すぎて、こっちが気恥ずかしくなるくらい。
時代劇と言えば大河ドラマに出てくるような『毅然とした武士』という概念を全く無視した、金の為なら動くけど、野蛮で義理人情もなく、まさに『人でなし』な輩ばかり、だらだらリラックスしまくった忍者集団だらけの映画は、なんとも不思議に心地よく、むりやりネタ的に笑わせなくても自然にニマニマしてしまうのだ。
特に忍者ダンスはニマニマが止まらない~~♪

画像
圧巻は鈴木亮平と大野クンの一騎打ち

目にも留まらぬ速さと激しすぎるアクションで戦う二人。この三白眼同士の闘いは必見!!
しかも決して早送りとかじゃない、本人たちがやっているって・・・・本当に凄い!!

しかし本当に凄いのは、これが史実に基づいているということ☆
無門は架空の人物だったとしても、こんな小説のような歴史があったなんて・・・・



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

きゅうり
2017年07月05日 11:20
小説を読んでいたので、公開が楽しみで見に行きました
お国は、さらわれて来ては、いませんよ
最初にお国の部屋でしょぼくれて「自分は伊賀一の忍者でして…」とか説明しているシーンが用意されていました
小説にはなかった二人が向かい合って座って話す絵は、私の頭に浮かんでなかったので、楽しかったです
ノルウェーまだ~む
2017年07月05日 16:23
きゅうりさん☆
小説を読んでいらしたのね!?読んでいた時は、主役は誰のイメージだったかな??

お国の部屋の天井裏から見染めた無門が、術を掛けようとして「忍びか?!」と詰問されていたシーンがあったので、少なくとも二人が恋に落ちたうえで伊賀まで来た訳ではないかな~と。
それなりの家柄に見えたので、正式に嫁入りしたわけではなく、ある程度「かっさらった」と解釈しました。
小説ではどんなかんじなのかな??
2017年07月26日 18:31
こんにちは。
そう、なんだかんだ言っても、大野君はさっすがリーダー、運動神経が、っていうか、勘がすごくイイですよね。「芸能の人」なんだなぁって思いました。

まだ~むさんの感想、全然似てない弟=満島…には笑いましたが、似ていないからこそ、父は憎かったのか?!(笑)
ノルウェーまだ~む
2017年07月27日 22:17
ここなつさん☆
似てないのはもしかすると、二人とも又はどちらかがさらってきた子供なのかな?って思ってました。
そして人を人とも思わないのが常識・・・な忍者の国なので、憎いから殺害させたわけでもなく、ただのひとつの作戦だったのでしょう。
いやはや、真剣に考えたら恐ろしい事ですが(≧▽≦)
きゅうり
2017年07月28日 21:52
子供をさらってきては、いません
親に売られた子で、買われてきたんです
小説を読んでるからではなく、映画でもそう言ってました
品川で3回観ました
ぜひ原作の小説を読んでみて

ノルウェーまだ~む
2017年07月29日 17:24
きゅうりさん☆
わお!3回も観たのね~それならバッチリ。
すると、最初に無門に殺られた弟は、兄とはどういう関係でした??
映画では何も言ってなかったように思うのだけど、小説には書かれていたかしら?

この記事へのトラックバック

  • 忍びの国★★★・5

    Excerpt: 「のぼうの城」「村上海賊の娘」などの作家・和田竜の小説を実写化したアクション時代劇。伊賀忍者最強とされる男・無門が、織田信長の息子・信雄の軍勢と伊賀の国との戦いに身を投じる姿を追う。メガホンを取るのは.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2017-07-09 01:12
  • 忍びの国

    Excerpt: 「のぼうの城」「村上海賊の娘」の作家、 和田竜の同名小説が原作。 本も読んでいます。 伊賀忍者と織田信長軍の戦い、 天正伊賀の乱を題材にした映画。 大野智が主演、 伊賀の国に暮らす忍者の無門を.. Weblog: 花ごよみ racked: 2017-07-10 18:40
  • 劇場鑑賞「忍びの国」

    Excerpt: 「忍びの国」を鑑賞してきました公開記念舞台挨拶生中継付き。人気作家・和田竜の同名ベストセラーを嵐の大野智主演で映画化した時代劇エンタテインメント。織田の大軍と伊賀の忍者... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2017-07-10 20:00
  • 忍びの国  監督/中村 義洋

    Excerpt: 【出演】  大野 智  石原 さとみ  鈴木 亮平  伊勢谷 友介 【ストーリー】 戦国時代、忍びの国として名高い伊賀。超人的な戦闘能力を誇り、虎狼の族と呼ばれる伊賀忍者の中でも特に腕の立つという無.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2017-07-10 21:26
  • 忍びの国

    Excerpt: 戦国時代に活躍した伊賀の忍びたち姿を中村義洋監督が大野智主演で描いた作品です。 原作は未読ですけど、予告編を観てどんな作品になるのだろうと気になっていました。 独特な伊賀の国の状況と圧倒的なアクション.. Weblog: とりあえず、コメントです racked: 2017-07-10 22:37
  • 『忍びの国』('17初鑑賞72・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:25の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2017-07-11 12:47
  • 忍びの国

    Excerpt: 文吾や柘植三郎左衛門が登場しないのか・・・。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2017-07-12 22:03
  • [映画『忍びの国』を観た]

    Excerpt: ☆・・・雨で予定がなくなり映画館に入りますれば、見たい映画がなく、ちょうど時間の合った作品が大野智クンの『忍びの国』。  映画の日で1100円!  生中継の舞台挨拶付きです(石.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2017-07-12 23:36
  • 忍びの国

    Excerpt: 戦国時代。 伊賀の国(現在の三重県西部)に有力な大名は存在せず、小さな豪族(忍者衆)が内輪争いをしながらも「伊賀惣国一揆」という集団を結成し、一致団結して外敵を駆除していた。 織田信長の次男・信雄は、.. Weblog: 象のロケット racked: 2017-07-13 16:22
  • 『忍びの国』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「忍びの国」□監督 中村義洋□脚本・原作 和田竜□キャスト 大野 智、石原さとみ、鈴木亮平、知念侑李、伊勢谷友介■鑑賞日 7月8日(土)■劇 場 TOHOシネマズ川崎.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2017-07-15 10:47
  • 忍びの国

    Excerpt: 川じゃ! Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2017-07-18 18:23
  • 「忍びの国」

    Excerpt: ラストの伊勢谷友介のセリフが非常に文学的。そうきたか、という、ね。作中、似たパターンの繰り返しもあり、うーん、ちょっと飽きたかなぁ、といった感想を持った所でかなり心に響いた。そう、これ、これが言いたか.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2017-07-26 18:27
  • もっとコメディかとおもってた。~「忍びの国」~

    Excerpt: かっこよかったわ~。大善。(そこ?(;^_^A) しっかし、弓のでかさも半端ないが、その弓で大木倒しちゃうのかよ。びっくりだったわよ。 もっと理不尽な理由で皆殺しに来るのかと思.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2017-07-27 23:30
  • 忍びの国 感想♪

    Excerpt: ★★★★ 飄々としながらも やる時ゃやる。そしてやれば凄い!   まさしく無門は大野君----!?なのかもしれない・・(笑) Weblog: ★ Shaberiba  racked: 2017-08-01 13:16
  • 映画評「忍びの国」

    Excerpt: ☆★(3点/10点満点中) 2017年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-05-31 08:55
  • 忍びの国 (2017)

    Excerpt: 「のぼうの城」も知られる和田竜が自身の小説を脚色し、「殿、利息でござる!の中村義洋が監督をつとめた “伊賀忍者の里”伊賀国で起きた“天正伊賀の乱”を題材とし、常勝を誇った織田氏が伊賀の忍者衆に苦戦を強.. Weblog: のほほん便り racked: 2018-08-07 07:59