「ハドソン川の奇跡」☆見事な邦題

トム・ハンクスが主役を演じた時点で、もう120%成功したと言っても過言では無い。


機長のサリーに似ているから?・・・・・似ているのは顔だけではない。
誠実さ、冷静さ、生真面目さの全ての人間性が滲み出ている、その風格そのものが似ているからに違いない。
全てが信頼に足る説得力のある人物「トム・ハンクス」が、155人の乗客とクルーの命を背負った機長のサリーを演じるからこそ真実味が生まれるのだ。


画像
「ハドソン川の奇跡」 公式サイト

<ストーリー>

離陸後すぐにエンジン停止となり、低空飛行のまま空港へ引き返すことも不可能となった155人乗りの航空機を、機長のサリー・サイレンバーグ(トム・ハンクス)は見事ハドソン川に着水させる。
しかし国家運輸安全委員会は、両エンジン停止の事実を疑い、厳しい追及の手を緩めなかった。
墜落の悪夢に苛まされ、マスコミからも追われる中、サリーは自らの判断の正しさを伝えるにはどうするべきか迷いながらも、ついに・・・・


画像
冒頭からいきなり事故

基本、真実をなぞるだけで過度な演出は一切ない。
正直、前半は墜落の悪夢のシーン以外は、淡々としていて、『無表情すぎるほどに』冷静な機長のサリーとの落ち着いた会話に、一瞬気が遠くなりかけるくらいだ。

画像
「墜落ではない、着水だ。」

9・11の記憶もまだ生々しかった2009年の事故。
誰もが大惨事を予想した事態を回避して、無事に全員救出されたのは、映画でも機長が語っていたように、すぐ近くにいた観光船や巡視船によるレスキュー、ヘリからの救出など、多くのラッキーが重なってのこと。

うっかり海に落ちた人がいたけど、-6度のNYで本当に心臓まひにならなくて良かった~~!
閉所恐怖症で泳げない私は、飛行機に水が入ってきた時点で、ほぼ死んでいたけど・・・

まさに「ハドソン川の奇跡」!! 邦題が「Sully」のままで無くて良かったよ(爆)

画像
実際に沈みかけてる機内の後ろの席まで、2度も取り残された人がいないか調べてから最後に脱出した機長~~~どこかの国の船長に見せたい

パニック状態の機内でも最後まで冷静だった機長。
見ている私の方がパニックだったよぉ。

最終的な脱出劇、救出劇までは墜落・・・・いや着水までのシーンが繰り返し3度も。(悪夢の部分も含め)
緊迫する最後の操縦シーン、諮問委員会までホテルで待機するところ、事故委員会の悪意に満ちた追求・・・と、概ねたったこの3つのシーンで成り立っているだけなのに、最後まで飽きさせない。
画像
一見、冷静で表情一つ変えない機長に見えるけれど・・・・

最初から最後まで冷静沈着なサリー。
だからこそこの大変な事態を乗り切れたのだけれども、人間サリーを描くには、あまりに感情表現が平たんなのでは?と一瞬思った私。

でもよくよく見ると違ったのだ!

画像
極寒のNYで今にも沈みそうな飛行機の両翼にしがみつく人々は、当然のようにガタガタ震え、白い息を吐いている。
撮影はスタッフが半そでを着ていることから、きっと夏に行われた(-6度じゃ本当に死んじゃうもんね)のでしょうから、吐く息はあくまでCGだとして。

CGならばいくらでもつけられるのに、機長の吐く息だけは白くない。-6度の水上で腰まで濡れた状態で風に吹かれていたら、さぞ寒いでしょうに、サリーは寒そうにしていない。

これは病院で計測した時に心拍数が倍になっていたということから考えても、相当血圧も上がっていたでしょうし、緊張もMAXになっていたからきっと寒さも感じなかったという事なのではないかしら・・・・

濡れたままの制服でホテルで夜まで過ごしていたように、一見冷静に見えるサリーも、実は相当な感情に揺さぶられていた事が判る。
まさかこんな形で感情表現をする映画があったとは・・・・恐るべしイーストウッド監督。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2016年09月28日 20:25
こんばんは!

とっても良かったですね~♪
クリント爺に外れなし!
トムハンクスも素晴らしかった!
感動しました^^
着水シーンはわかってるのに、手に汗握ったし。
みんなを救ったのに、あんな風に言われるなんてね><。
さぞ悔しかったでしょうねー!
でも、最後はスカッとしました^^
良かったです♪
ノルウェーまだ~む
2016年09月29日 00:17
みすずちゃん☆
本当に最後の最後までヒヤヒヤさせられたよね~
大事故を映画に描いて、別の事でヒヤヒヤすることになるとは!
気持ちよく終れる映画でスカッとしたね☆
2016年09月29日 09:53
こんにちは。
私も初日に見てきました☆
淡々とした描写の中にも機長のプロフェッショナリズムや人柄が伝わってきて、ぐっとさせるところはさすがはイーストウッド監督だなーと思いました。
トム・ハンクス&アーロン・エッカードもとてもよかったですね☆
2016年09月29日 12:50
こんにちは。ご訪問が遅れてすみません!
そうそう、トム・ハンクスの人柄(って知ったかぶりになってしまっていますが…ほら、プレミアでいい人だったんで!(笑))と、サリー機長の人柄がベストマッチでしたよね!
でも、クリント・イーストウッド監督とトム・ハンクスのマッチングって、本作が初めてみたいですね。それにしては、もうこの役はトム・ハンクス以外考えられない!という感じで。
作品も、無駄な贅肉をそぎ落とした、素晴らしい内容でした。
ノルウェーまだ~む
2016年09月30日 00:42
セレンさん☆
初日にいらっしゃっていたのですね?感想はまだUPなさらないのかな?

淡々とした中にこんなにも機長の人柄を描き切っているとは思いませんでしたね~
ほんとさすがイーストウッドです!!
2016年09月30日 00:45
これぞプロフェッショナルでしたね。
前代未聞の緊急事態が起きた時、自分がプロフェッショナルとして何をすべきかを全て把握されている機長。
その仕事ぶりをきちんと把握していない会社側はまだまだ素人さんなのかも知れませんね。
ノルウェーまだ~む
2016年09月30日 00:48
ここなつさん☆
無駄を一切排除して、しかも3回も墜落の危機の部分を繰り返し見せているにもかかわらず飽きさせず、結果を知っているのにドキドキさせ、簡潔なのに機長のすべてを描ききっているってかんじでしたね~
いやいや、トム・ハンクスの人柄は世界中の人が知っていますもの☆だからこその、この映画の成功なのでしょう♪
ノルウェーまだ~む
2016年09月30日 00:52
にゃむばななさん☆
事故原因究明を担っている立場の人たちは、仕事とはいえ、17回も練習するなんて、そんな事では本質を見誤ると気付かなかったのでしょうかね?
諮問委員会でも慌てることなく、『その危機』を乗り切った機長こそ、プロでした!
2016年09月30日 09:13
機長の吐く息だけが白くない…
よくそこまで気がついたねえ?
観ている間ずっと緊張し過ぎて疲れましたが
観終わった後の爽快感は半端じゃなかった!
ノルウェーまだ~む
2016年09月30日 14:16
zooeyさん☆
機長の吐く息は、観ている途中にあれれ?と思って、そうしたらすごく気になっちゃったのです。
救出後もみんな寒そうにしているのに、機内の残留者を気にしてばかりいるサリーが風に吹かれていても平気そうだったので、天下のトム・ハンクスがそう演技するならきっとわざとに違いないと…
ラスト爽快でした!
ノラネコ
2016年10月03日 22:42
相変わらず見事な作品でした。
この映画爺さんには衰えなんて無いんでしょうね。
まあ私のブログに書いた通り、本作はちょっと作劇とテーマのアンバランスを感じて、絶賛はできないのですけど、無駄を削ぎ落とした作風は娯楽映画の作り方のお手本ですね。
2016年10月05日 10:04
サリーだから、魔法使いなのだと思います。
マリー
2016年10月05日 22:21
おひさしぶりです・・・
ゴメンね、ご無沙汰しちゃって・・・
PCが故障して、新しいの買ってから3週間以上・・ようやく箱から出して設定しました。
が・・・Windows10に慣れなくて。使いにくい~~ってか使えない。まだできることが少ないです・・・

前置きが長くなった。
この作品は、もうお見事でしたね~~~。イーストウッドさん、リアルを描くのが本当にうまいなぁ。
淡々としてるから余計響くよね。盛り上がりなんてないのに。一人で盛り上がる感じ?事故調査委員さんが何度も練習してたって知った時はほら見たことか!と心の中で叫んでたよ~~~(笑)
新しいPCで書きたいレビューがたまりすぎて、まずは「怒り」かなぁ・・・

ノルウェーまだ~む
2016年10月06日 10:07
ノラネコさん☆
本当にそうですね~
確かに審査委員を悪として描いたところに私もイーストウッド監督らしからぬ違和感を感じましたが、エンタメ的にはそれも必要だったのかもしれないです。
衰え知らずの監督に脱帽ですね!
ノルウェーまだ~む
2016年10月06日 10:09
ボーさん☆
あ!なるほど!!!
ノルウェーまだ~む
2016年10月06日 10:13
マリーさん☆
おお!マリーさんおかえり~~お待ちしていましたよ。
やっとPCセットしたのね(笑)

審査委員会は何だか陥れようとしているみたいで、酷い奴!!って思ったよね。1人で17回も練習するといのはあまりにフェアじゃないわぁ。せめて17人にやらせてみたっていうなら分かるけど…
「怒り」観たのね?!私も早く観に行きたいわ~~
2016年10月09日 20:52
トム・ハンクスは年明け早々の『ブリッジ・オブ・スパイ』もよかったですよね。こちらとどちらが良かったかといえば… 両方よかったです!
で、今度は『インフェルノ』で世界を救うのかな? まあ彼がやる時点で世界の安全は保証されたようなものですね!
ノルウェーまだ~む
2016年10月09日 21:58
伍一くん☆
そうそう!
トム・ハンクスが登場した時点で、事件や問題は既に解決したようなものだけど、それが嫌味にならないし、解り切っていてもちゃんと「安心して」ハラハラ出来るっていうのがまたいいよね☆

この記事へのトラックバック

  • 『ハドソン川の奇跡』 2016年9月10日 ワーナーブラザース試写室

    Excerpt: 『ハドソン川の奇跡』 を試写会で鑑賞した。 今日の2本目であるが、こちらもエンタメ性は低く眠くなったw 【ストーリー】  2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2016-09-28 16:22
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: 1時間半の中に全く無駄なシーンがない濃密な映像体験ができた。もしサリーのように自分が正しいと信じて反論しなかったら犯罪者になっていたかもしれない。マスコミの安易な報道も空恐ろしいもんだ。必見。 Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2016-09-28 16:22
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: ハドソン川の奇跡@ワーナーブラザース映画試写室 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2016-09-28 16:31
  • ハドソン川の奇跡~見ものは徹底した事故調査

    Excerpt: 公式サイト。原題:Sully。クリント・イーストウッド監督。トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、ジェフ・コーバー、オータム・リーサー、サム・ハンティントン ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-09-28 16:32
  • 劇場鑑賞「ハドソン川の奇跡」

    Excerpt: 全員英雄… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201609240001/ 【映画.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2016-09-28 16:55
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: 命が救われた気分を味わえる映画。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2016-09-28 17:01
  • 「ハドソン川の奇跡」:またしてもクリントの軌跡

    Excerpt: 映画『ハドソン川の奇跡』は、まだ記憶に新しい2009年の出来事とその後の日々を描 Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2016-09-28 18:21
  • ニューヨークの善意。『ハドソン川の奇跡』

    Excerpt: 2009年1月15日、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還したという実際に起きた航空機事故の様子とその後を描いた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2016-09-28 19:59
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt:  『ハドソン川の奇跡』を観た。  【あらすじ】  2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。.. Weblog: みすずりんりん放送局 racked: 2016-09-28 20:22
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: 評価:★★★★★【5点】(10) 今まで、着水なら安全と思っていた大きな勘違いに反省しきり。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2016-09-28 21:17
  • ハドソン川の奇跡 / Sully

    Excerpt: 後に“ハドソン川の奇跡”と呼ばれることになるUSエアウェイズ1549便不時着水事故の機長チェズレイ・サレンバーガーの著書『機長、究極の決断』を下にした映画。 いやぁ、あの奇跡の後、サレンバーガー機長.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2016-09-28 21:59
  • 「ハドソン川の奇跡」

    Excerpt: 縁あってジャパンプレミアに参加することができた。今回も又舞台挨拶の写真撮り放題で、更にラッキー!最近のSNSなどが大流行りの時代に、効果的にインフルエンスさせるには写真及び動画が最適ツールだと主催者が.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2016-09-29 12:59
  • ハドソン川の奇跡 ★★★★★

    Excerpt: 俳優としても監督としても著名なクリント・イーストウッド監督と、名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われながらも、ハドソン川に不時着し.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2016-09-29 17:03
  • 「ハドソン川の奇跡」凄い、素晴らしい…。

    Excerpt: [ハドソン川の奇跡] ブログ村キーワード  世界中を驚愕させた実話をトム・ハンクス主演で映画化。「ハドソン川の奇跡」( ワーナー・ブラザース)。メガホンを取ったのは、クリント・イーストウッド.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2016-09-29 21:35
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: 2009年に発生した航空機事故をクリント・イーストウッド監督&トム・ハンクス主演で描いた作品です。 予告編を観て、この二人ならどんな物語を見せてくれるのだろうと気になっていました。 予想以上に心が揺さ.. Weblog: とりあえず、コメントです racked: 2016-09-29 23:43
  • 『ハドソン川の奇跡』

    Excerpt: ハドソン川の奇跡。それはNYをトラウマから救った功績。 2009年1月15日、NYのハドソン川に不時着水したUSエアウェイズ1549便。乗客乗員155名の命を救ったチェズレイ・サリー・サレンバ ... Weblog: こねたみっくす racked: 2016-09-30 00:48
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: 2009年1月15日、極寒のニューヨーク。 160万人が住むマンハッタン上空850メートルで航空機事故が発生。 機長チェスリー・“サリー”・サレンバーガーは制御不能という状況ながら、高速で墜落する70.. Weblog: 象のロケット racked: 2016-09-30 09:12
  • 『ハドソン川の奇跡』

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督作ってコトでまぁテンポがイイ。 起承転結全てがもうサックサク。 でも駆け足感はないし、90分の短さなのにとても充実している。 早い展開で飽きさせ ... Weblog: 時間の無駄と言わないで racked: 2016-10-01 01:45
  • 映画「ハドソン川の奇跡(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

    Excerpt: 映画 『ハドソン川の奇跡(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2016-10-01 05:07
  • 『ハドソン川の奇跡』

    Excerpt: □オフィシャルサイト 「ハドソン川の奇跡」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 トッド・コマーニキ□キャスト トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー■鑑賞日 9月25日(日)■.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2016-10-01 09:13
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: 問われた判断の是非 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hudson-kiseki 原作: 機長、究極の決断  「ハドソン川」の奇跡 (C.サレンバーガー著/静山社文.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2016-10-01 21:49
  • 『ハドソン川の奇跡』をトーホーシネマズ渋谷2で観て、そんなんでもなかとよふじき★★

    Excerpt: 五つ星評価で【★★周囲の評判はいいしイーストウッドなのだけど、かなり退屈】 そんなに長い映画ではないのだけど、中盤までかなり退屈だった。 いわゆる「奇跡」を起こしてから ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2016-10-02 22:12
  • 映画「ハドソン川の奇跡」

    Excerpt: 10月1日のファーストデーに、映画「ハドソン川の奇跡」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2016-10-02 23:19
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: 【SULLY】 2016/09/24公開 アメリカ 96分監督:クリント・イーストウッド出演:トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー 155人の命を救い、容疑者になった男。 STOR.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2016-10-03 12:54
  • ショートレビュー「ハドソン川の奇跡・・・・・評価額1650円」

    Excerpt: プロフェッショナルの矜持。 2009年1月15日、マンハッタン島の西側を流れる極寒のハドソン川に、鳥との衝突によって両エンジンの推力を失ったUSエアウェイズ1549便のエアバスA320が不時着水.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2016-10-03 22:27
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: 何はともあれこの奇跡に いや真実に 感動しない人はいないでしょう。 Weblog: ★ Shaberiba  racked: 2016-10-04 13:54
  • 「ハドソン川の奇跡」

    Excerpt: いやー、シンプル。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2016-10-05 09:44
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督×トム・ハンクス主演、2009年ニューヨークで起こっ Weblog: セレンディピティ ダイアリー racked: 2016-10-05 15:27
  • 「ハドソン川の奇跡」 Sully (2016 WB)

    Excerpt: 飛行機のエンジンがすべて機能不全に陥り、しかし冷静に対処した機長の判断のおかげで乗員乗客全員が救出される……これだけのお話なのである。いくらクリント・イーストウッドが監.. Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2016-10-08 17:42
  • ダーティー・サリー クリント・イーストウッド 『ハドソン川の奇跡』

    Excerpt: 『アポロ13』で宇宙から生還し、『キャプテン・フィリップス』で海賊の襲撃を生き延 Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2016-10-09 20:53
  • 映画:ハドソン川の奇跡 当ブログは目撃者なので当事者?のため、涙が止まらない… 評論不可(笑)

    Excerpt: 実は当ブログ、たまたまNYで この現場に居合わせてしまった。 その様子は当時、以下のようにレポート。 NY ハドソン川飛行機墜落事故 現場リポート (1) NY ハドソン川飛行機墜落.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2016-10-11 00:13
  • NY ハドソン川飛行機墜落事故「ハドソン川の奇跡」 現場リポート(総論2)

    Excerpt: まだ書き足りないことがあったので、現場リポート(総論2)です。 前回では、アメリカならではというか、NYならではの「ボランティア精神」についてテーマとしていたが、気になっていたことがある。 .. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2016-10-11 00:14
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt:  『ハドソン川の奇跡』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)クリント・イーストウッドの作品だというので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、機長の「離陸する」の声。それから「操縦不.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-10-11 20:09
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: 『ハドソン川の奇跡』---SULLY---2016年(アメリカ)監督: クリント・イーストウッド出演: トム・ハンクス、アーロン・エッカート 、ローラ・リニー 2009年にニューヨークで旅客機が.. Weblog: こんな映画見ました~ racked: 2016-10-11 22:17
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: 監督はクリント・イーストウッド。 主演はトム・ハンクス。 2009年1月15日、ニューヨークで起こった 航空機事故からの、生還劇。 マンハッタンの上空850メートルで、 乗客乗員155人を乗せた.. Weblog: 花ごよみ racked: 2016-10-12 11:43
  • 『ハドソン川の奇跡』 イーストウッド遂に乗り出す

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  なるほど、物議をかもす映画である。  ワーナー・ブラザースの重役は、『ハドソン川の奇跡』をいつ封切るべきか思い悩んだという。旅客機がマンハッタンの摩天楼に激突して大参.. Weblog: 映画のブログ racked: 2016-10-12 20:44
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: 記憶に新しい奇跡的なニュースを、クリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演で描く『ハドソン川の奇跡』を観てきました。 ★★★★★ 似たテーマのロバート・ゼメキス監督作『フライト』と比べると、雲.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2016-10-13 20:36
  • ハドソン川の奇跡  監督/クリント・イーストウッド

    Excerpt: 【出演】  トム・ハンクス  アーロン・エッカード  ローラ・リニー 【ストーリー】 2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2016-10-26 21:28
  • 「ハドソン川の奇跡」 ヒューマン・ファクター

    Excerpt: 本作は2009年に起こった「ハドソン川の奇跡」と呼ばれる航空事故を題材としていま Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2016-11-07 22:09
  • サリー機長の判断

    Excerpt: 24日のことですが、映画「ハドソン川の奇跡」IMAXを鑑賞しました。 乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空でコントロールを失い、機長は必死に機体を制御し ハドソン川に着水に成功 全員が.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2016-11-19 21:42
  • ハドソン川の奇跡

    Excerpt: SULLY 2016年 アメリカ 96分 ドラマ 劇場公開(2016/09/24) 監督: クリント・イーストウッド 『アメリカン・スナイパー』 製作: フランク・マーシャル クリント・イー.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2017-02-02 20:51
  • 『ハドソン川の奇跡』(2016)

    Excerpt: 2009年1月15日、USエアウェイズ1549便は、ラガーディア空港離陸直後にバードストライクによって両エンジンが停止。サレンバーガー機長は苦渋の末に市街地を避けハドソン川への不時着水を敢行。乗員乗客.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2017-02-16 20:33
  • ハドソン川の奇跡 (2016)

    Excerpt: 機長の手記を基に実話ベース。クリント・イーストウッド監督が劇的にきめ細かく再現この意表をつく判断。一躍、ヒーローになり、逆風が吹き、再び名誉回復した経緯が感動的に描かれてました。やはり、どんな大きな乗.. Weblog: のほほん便り racked: 2017-07-04 09:22
  • 映画評「ハドソン川の奇跡」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-07-07 18:45