「後妻業の女」☆怪談より怖いっ

大竹しのぶの名演が光るこの映画。
爆笑あり苦笑いあり、へー!?っと驚いたりドン引きしたり。
しかーし!これは稲川淳二に怪談より怖いんですけど???



京都で実際に起きた連続夫殺害事件→「後妻業」青酸連続殺人に発展 動機は遺産の総取りかの前に既に発表されていた原作の「後妻業」
リアルな怖さに寒気がしてくるけれど、映画は一貫して明るく、まさかのラストまでもがほのぼのテイストだったことに驚愕する。

画像
「後妻業の女」 公式サイト(8月27日公開)

<ストーリー>

熟年層をターゲットにした婚活パーティーが今日も開かれていた。
主宰の柏木(豊川悦司)は、特別に目を掛けている「後妻業」の小夜子(大竹しのぶ)を紹介する。
次々とターゲットの老人を落とし結婚、殺害(?)看取りを済ませ、ついに9人目の夫の葬儀になった。
普段から父親の世話もろくにしない小夜子に不信感を抱いていた娘の明美(尾野真知子)は、学生時代の友達で弁護士の守屋(松尾諭)に相談すると、それは後妻業だと発覚。
小夜子の悪事を暴こうと探偵の本田(永瀬正敏)を雇うのだが・・・・


画像
果敢にも娘時代から実年齢までを、いけしゃあしゃあと演じる

さすがに無いでしょう?と思ったら全部大竹しのぶだったという・・・(爆)
彼女の演技力の凄さを目の当たりに出来るこの映画。
清純ぶりっこはさすがに厳しいなぁと思いつつも、彼女だから出来る演技の幅にひたすら感心しちゃった。

画像
お葬式の時から本性がむき出しになっていく

てへぺろっな小夜子が絶妙!
その憎々し気な様子を見ると、さすがに被害者の娘、明美目線で映画を観ている私。
裏で糸を引く柏木の指示で、強制的に死に至らしめていくところは、思わず背筋が寒くなる。

画像
焼肉屋の壮絶バトルが凄い!

台本には「二人で大げんか」という様な事しか書かれていなかったとは思えない、長回しの壮絶バトルは噂通りの凄さ。
大竹しのぶと尾野真知子だからこそ出来たとも言えるね☆

画像
カギを握る探偵の本田は、えー?!そっち??
この物語をどう締めくくるのか、そのカギを握っているともいえる私立探偵の本田。
まさかの展開が私としては消化不良で・・・・・

柏木の女、ホステスのマユミやりさはよく考えたら男に色香で迫り金をむしる点では、この後妻業と大差ない。
その分男は楽しんでいるのだから「アリ」としても、殺されてしまう老人って・・・・

画像
出演者は練習した大阪弁で喋るけれど、唯一ネイティブな鶴瓶が、逆に標準語で話すのがまた可笑しい(爆)
何もかも怪しさ満点。ウソvs嘘。何だか恐ろしい世の中だわ。

こういう映画を観ていると「熟年婚活」がみんなインチキに見えてしまうけど、実際にそうまでして婚活したいのかしらね?
いい年をしていつまでも色に飢えているのって・・・・


画像
エンディングののんびりした歌声と二人のショットに、小夜子が本当は柏木と居る時が一番安らいで、彼の為に後妻業を頑張っていることがうかがい知れる。

死ぬ間際の老人からお金をむしる→小夜子から金をむしる→柏木から金をむしるホステス→さてその先は?



騙されるのが悪いのか、知っていて騙されても案外幸せなのか・・・・?
都合のよい顛末に、ちょっとだけ納得いかない私だけれど、年老いた親を疎ましく思い、放置していた報いなのだとしたらそれも仕方ないのかも。
自分のお金をどう使おうと、それはその人の自由なんだものね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

zooey
2016年08月27日 21:25
この粗筋で、ほのぼのラストというのが想像できません。
大竹しのぶの熱演は観てみたい気もしますが。
で、まだ~むさんとしては、おススメ?
今イチ?
ノルウェーまだ~む
2016年08月27日 22:14
zooeyさん☆
ほのぼのというか…まさに想像できなかったラストでした。
私としてはオススメですよ~
でもきっとzooeyさんは、私と同じように多少不完全燃焼になるかも。
スッキリと片付いた映画が良い映画…という訳でもないですしね♪
2016年08月29日 08:33
おはようございます。
この映画、予告を見た時から大竹しのぶさんの”いや~な女”ぶりに圧倒されましたが、こういう事件、結構ありますものね...これも実話がもとになっているのですね。
お話をうかがうと意外とコメディタッチ?なのが救われますね。^^
ノルウェーまだ~む
2016年08月29日 09:40
セレンさん☆
しっかりコメディですよ~
そういう意味ではコメディならではの結末なのかな…
そしてこれは実話を基にしているのではなく、この原作が世に出たときには、既に同様の事件が着々と行われていて、発覚して捕まったのがたまたま本が出た後だったという・・・世にも恐ろしい話なのです。

この記事へのトラックバック

  • 後妻業の女 ★★・5

    Excerpt: 直木賞作家・黒川博行のベストセラー小説を基に、独り身の高齢男性の後妻におさまりその資産を狙う女を中心に、欲にとりつかれた人々が織り成す群像劇。『愛の流刑地』などの鶴橋康夫監督がメガホンを取り、現代社会.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2016-09-01 12:04
  • 後妻業の女~ハセキョンがオアシスに見える

    Excerpt: 公式サイト。黒川博行原作、鶴橋康夫監督。大竹しのぶ、豊川悦司、尾野真千子、長谷川京子、水川あさみ、風間俊介、余貴美子、笑福亭鶴瓶、津川雅彦、永瀬正敏、ミムラ、松尾諭、 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-09-03 21:27
  • 後妻業の女

    Excerpt: 結婚相談所主催の中高年向けパーティーで可愛らしく自己紹介する小夜子(63歳)の魅力に、男たちはイチコロ。 パーティーで知り合った耕造と小夜子は結婚するが、2年後に耕造は死亡してしまう。 耕造の娘の朋美.. Weblog: 象のロケット racked: 2016-09-03 22:00
  • 映画『後妻業の女』試写会で観た

    Excerpt: 友人がここのところ試写会にせっせと応募していて、 割と当たる確率がいいらしい。 今回はお誘いいただいてめっちゃ感謝(人‘▽‘☆) ルン♪ たしかに娘と一緒に見るような映画ではないかな。 .. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2016-09-03 22:48
  • 「後妻業の女」:悪くて見苦しい奴ら

    Excerpt: 映画『後妻業の女』は、かなりアクの強い作品。まあ、「辟易する」と言える作風です。 Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2016-09-04 00:36
  • 「後妻業の女」 (2016 東宝)

    Excerpt: え、いくら平日の午前中だからといって、どうしてこんなに館内おばあちゃんだらけなの?しかもちょっと明かせないが、ラストでこの人たちは大喜び。すっかり、金持ちの老人に取り入って後妻の座をつかみとり(男.. Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2016-09-04 16:37
  • 後妻業の女

    Excerpt: 原作は黒川博行の「後妻業」。 大竹しのぶ主演で映画化。 共演は豊川悦司。 監督は鶴橋康夫。 結婚相談所主催のパーティで知り合った 資産家の男性の後妻になって 資産を受け継ごうとする女、 「後妻業」.. Weblog: 花ごよみ racked: 2016-09-07 21:00
  • 後妻業の女

    Excerpt:  『後妻業の女』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)芸達者の俳優たちが多数出演しているのでオモシロイに違いないと思い、映画館に行ってきました。  本作(注1)の始めは2000年の夏のこと。 .. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-09-09 21:13
  • 『後妻業の女』('16初鑑賞81・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆-- (10段階評価で 6) 8月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:20の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2016-09-09 22:17
  • 後妻業の女

    Excerpt: シリアスな物語にはしないでユーモアをたっぷりとまぶして笑える展開になっている。高齢の裕福な独身男性をターゲットに後妻におさまり、夫を死に追いやって財産をいただく。罪の意識がないような大竹しのぶの演技は.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2016-09-11 23:25
  • 「後妻業の女」騙された遺族たちが知った後妻業の女の強かな財産詐欺の巧妙な手口

    Excerpt: 「後妻業の女」は結婚相談所の所長と組む女が死に際の男を騙して財産を奪う後妻業の女が数々の男を騙すストーリーである。死に際の再婚は時としてすべての財産を持っていかれる事 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2016-09-24 17:53
  • 後妻業の女 (2016)

    Excerpt: 独身高齢男性の寂しさにつけ込み、資産を狙う結婚相談所のクセモノ・コンビに、大竹しのぶとトヨエツがハマり役ナニワ金融道じゃないけれど、欲と人間臭さプンプン・ワールドは、東京でなく、大阪が似合いますね。大.. Weblog: のほほん便り racked: 2017-06-28 08:39
  • 映画評「後妻業の女」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・鶴橋康夫 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-07-01 10:05