「シン・ゴジラ」☆リバイバルでリハビリ

庵野映画である。
それが証拠に、劇場で売っている記念グッズのジグソーパズルだってTシャツだって、ゴジラとエヴァが戦っている絵なのだし、公式サイトでは既にエヴァにゴジラの尻尾が生えた合体フィギアも販売されていたり・・・・
いいのよ、だって庵野監督作品なんだから・・・・


ちなみに私はゴジラファンでもエヴァファンでもない。
この新作の為に1作目~3作目まで「ゴジラ」「ゴジラの逆襲」「ゴジラ対キングコング」を見たものの、必ず途中寝てしまうので3回ずつ見直す羽目になるくらいだし、エヴァンゲリオンはねえねに付き合って全話見てるけど(アニメも)破だの序だの言われてもどれがどれだか判らないし~~

そんな私が観たこの「シン・ゴジラ」  まさに傑作だわ!!

画像
「シン・ゴジラ」公式サイト

<ストーリー>

東京湾に現れた謎の生物は、甚大な被害を及ぼしつつ再び海へ去って行った。
内閣では緊急な会議を開くも、対策本部では有識者が尻込みするばかりで一向に事態の究明も対策も進まなかった。
米国特使のカヨコ・バタースン(石原さとみ)のヒントにより、矢口(長谷川博己)ははぐれ者を集めたチームを結成し真相究明に乗り出す。
そんな時に再び姿を現した巨大生物は、迎え撃つ自衛隊の攻撃も虚しく、都心に向けて破壊を進めていたが・・・・


画像
予告編でも彼の怒りの表情のみという、情報を表に出さない作戦で公開まで秘密裏に進められたのが成功のカギ

とにかく冒頭から庵野色でいっぱい。
画面いっぱいに書かれたレタリングの宿題みたいな役職名のテロップ、
特徴的なアングルの構図、
早口で喋る役者に、画面からはみ出るほどの必要以上のドアップ顔、
音楽からゴジラの発するビームまで、まさにエヴァそのもの。

画像
いつもなら寝てしまう怪獣バトルのシーンも見事なド迫力映像で瞬きもする暇なし

ハリウッド版「GODZILLA」でも戦いのシーンは例にもれず眠くなる私は、夜のバトルシーンが実は鬼門。
なので今回あまり吠えず、夜のシーンは少しだけなので良かったのかも。
勿論、本物のゴジラファンの方にはこの辺が物足りないところなのでしょうけど。

画像
石原さとみが大健闘
かなりハードな撮影だったらしく、涙を流しながら役に挑んだというのも納得の台詞回し。
もう少しネイティブのクールビューティーを探しても良かったかもだけど、これだけ頑張ったなら合格点では?

それにしても物凄く大勢の大物俳優が、アップすぎたりヘルメットで顔があまり判らない状態で出演しまくっているとう・・・・
こういうところもスキ♪

画像
ゴジラの醜さに込めた庵野シナリオの想いがきっちり伝わってくる

常日頃、怪獣をやっつけて海へ帰っていく都合のよいゴジラに一人不満を抱いていた私。
幼獣ゴジラのキモさは想像していた以上だったけれど、本来の第1作目「ゴジラ」のテーマを考えれば、このキモさが正しいわけで。

原爆が落とされてからわずか9年目に作られた「ゴジラ」
そして原発事故が起きて今だからこそ作られた「シン・ゴジラ」
その根幹にある『人類を容赦なく滅ぼす核の脅威』を具現化したものがゴジラであるならば、その姿が愛らしくてはいけないのだ。

画像
国を救おうと心から意欲のある者たちで作られたチームは、寝食を忘れて対策に打ち込む

お役所的会議と逼迫した状況でもGOサインを伝達していかなくては動けない国のシステム、かの国に結局持っていかれても何もできない日本に、立場ばかりで意見も出せない政府・・・・
「シン・ゴジラ2」は有り得ない結末に、『もう同じ間違いはしてはいけない』というきっぱりとしたメッセージと、解決に導くヒントを盛り込んだ点で、1作目「ゴジラ」より、より一層強いメッセージ性を感じて実に秀逸。

画像
エンドロールに宮沢賢治と出ていたので?と思ったら、文壇クラスターのねえねは博士の船に折り鶴と一緒に残されていたのが宮沢賢治の『春と修羅』の本だったと、ちゃんとチェックしていたyo

後で調べてみると、『春と修羅』の補遺の中の1つ『宗谷挽歌』の中にこのような一節があった。
みんなのほんたうの幸福を求めてなら
私たちはこのまゝこのまっくらな
海に封ぜられても悔いてはいけない


多くの犠牲を出した未曾有の大惨事から、自己犠牲をいとわない尽力によって再生しつつある日本と、世界一後ろ向きのアニメ「エヴァンゲリオン」で崩壊した庵野監督がこの映画でリハビリする姿はどこか重なるものがある。


漫画「アオイホノオ」で人気の島本和彦先生が発したツイートから、庵野監督から東宝映画にかけあって、早速「発声可能上映」(マサラ方式みたいな?)が実現したりと、庵野監督のリハビリも順調な様子(笑)
島本先生は「庵野やめろォォォォ~~!俺より面白いもんつくんじゃねぇ!!」と叫ぶとツイートしていたものの、実はコミケに参加しててラブライブ!の本出す予定だったけど、急にゴジラ観てから「庵野vsホノオ(?)」本出したくなって今から50ページ描いているところなのだとか・・・・・・
発音可能上映は15日。

ここから8月14日追記
さてコミケ当日。こちらが超超超長蛇の列に並んでようやくねえねがゲットした「シンゴジ」本。
画像

右がウラ・シマモト作「シン・ゴジラ」アンノVSホノオ本、左がその島本和彦先生の隣のブースで出品していた田中圭一氏の島本作品のパロディ本(笑)
それにしてもコミケ本とはいえ2~3日で1冊仕上げるなんて、やっぱりプロの漫画家は凄いなぁ。

晴れて15日の発音可能上映に、席まで用意して貰っていて驚いている島本先生は、果たして本当に叫ぶのか!?

更に16日追記

島本和彦先生が登壇して、さらに庵野監督も駆けつけた15日の発声可能上映は大成功!→『俺たちは庵野に負けたんだ!「シン・ゴジラ」上映会で島本和彦絶叫!庵野も登壇も』
全員で劇中の台詞を言ったり、ゴジラなら赤、自衛隊なら緑とサイリウムの色を変えて振ったり、人間やゴジラや自衛隊を応援したり、最後は「イッキ‼!イッキ!!」コールが起きたりしたそうな。いいな~またやらないかな?
最後はウルトラマンポーズで写真に納まる庵野監督がカワユイ☆
観客で中央線の被り物を被ったり、ゴジラのモーションキャプチャーをする野村萬斎のコスプレの人もいて超爆笑!なによりお茶出しの片桐はいりコスがシュール(爆)
ラインライブで配信中だそう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

まっつぁんこ
2016年08月10日 07:03
庵野さんに180億ポンとわたしてシン・ゴジラ:アポカリプス作って欲しい。ゴジラが4人の使途を連れて降臨し人類に引導をわたす!(笑)
ノルウェーまだ~む
2016年08月10日 10:48
まっつぁんこさん☆
それはまた鬱になるからやめてください(苦笑)
ボー
2016年08月10日 20:37
エヴァとか、1ミリも触れたことないので、監督の色の先入観はなかったのですが、怪獣が出てきたらどうする?って真面目にやりましたね。
やっつけ方がイマイチ。ヤマタノオロチ退治にひっかけたみたいですが、そんなこと知らないし。
ふじき78
2016年08月11日 11:13
この手法で大レタリングと早口で「犬神家の一族」を上映時間30分で作ったら案外、面白いかもとか思ってしまった。金田一耕助と岡山県警が総力をあげて犬神家がこれから地域に根差して共存共栄する道を殺人の謎を解きながら模索する。何考えとんねん、俺。
にゃむばなな
2016年08月11日 13:24
この作品を見て金子修介監督は何を思うんでしょうね。
ゴジラを任せてもらえずも一緒に仕事をした樋口さん、あんただけゴジラに携わってるやん!とか。
そう思うと、私にはこの作品はゴジラとしては受け入れることが出来ませんでしたよ。
風情☭
2016年08月11日 14:08
こんにちは♪

鑑賞前はチラシと予告以外からは情報を得ないように
してて、だけに本作は娯楽怪獣映画のテイストと勝手
に思い込んでたんすけど、思いのほかメッセージ性と
か設定が1作目にちかくて、これまた思いのほかガッツ
り掴まれちゃいました。
震災後の後手後手に回るうえにダラダラとやってる政
府&東電への皮肉も痛烈で、1作目には及ばないまでも
それに近い秀作でした♪ (゚▽゚)v
ノルウェーまだ~む
2016年08月11日 14:38
ボーさん☆
確かにやっつけかたはありゃ?ってかんじでしたね。
米国が核ミサイルをぶっ放すと言っているのに、そんなゆるっとした方法で解決できちゃうのね…というかんじもありました。
ノルウェーまだ~む
2016年08月11日 14:41
ふじき78さん☆
ぶっ飛んだ発想に、ぶっ飛んでしまいました(笑)
犬神家くらいの規模を大げさに取り上げるのも、どこか面白いかもです~~
ノルウェーまだ~む
2016年08月11日 14:43
にゃむばなな☆
どうなんでしょうね~
私はゴジラに思い入れがない分、十分楽しめちゃいました。
そもそもゴジラは核の化身なので、これで正解なような気もするのですが…
ノルウェーまだ~む
2016年08月11日 14:56
風情さん☆
ゴジラ1作目をしっかり継承していて良かったですよね。
私は今まで核を食べて巨大化した生物を核爆弾でやっつけようとするゴジラのシリーズをずっと違和感を持って観てきたので、この作品こそが正解!と思っているのでした。
何しろ怪獣がわちゃわちゃ戦うシーンで寝てしまうので…(汗)
ノラネコ
2016年08月14日 22:27
コミケのゴジラ本いいなあ。
庵野氏と島本氏は私にとっては大学の大先輩でもあるんですが、やっぱこの二人は伝説を作り続けてすげえなあと思います。
正直、ゴジラとのマッチングはどうなん?と思ったのですが、よく考えたら庵野氏の原点は8ミリの特撮映画だったんで、これは原点回帰だったんですよね。
下手に続編に色気を出してないとこも含めてやり切ったと思います。
ノルウェーまだ~む
2016年08月15日 15:38
ノラネコさん☆
そうでしたね!ノラネコさん二人の後輩だったですね~~!スゴイ!
そしてやり切ってましたね~
島本氏のウラシマモト「シンゴジ」本でもそこを称えてました。
あれは原点回帰だったのですよね。
ゴジラファンの為の映画じゃなく、あくまで自分が作りたかったゴジラ映画を作ったのでしょう☆
続編作るまじ!な姿勢も好感持てました。
どちらかというと「ゴジラ」のスピンオフ的映画だったのかも。
2016年08月17日 20:37
こんばんは^^

わたしはやっぱダメだったなぁ^^;
昔のゴジラが好きすぎるのかもしれないわ^^
ノルウェーまだ~む
2016年08月19日 11:01
みすずちゃん☆
ゴジラのファンの人にはやっぱり不評なのかな・・・?
でも第1作目はしっかり踏襲していたよね~~
2016年08月19日 22:17
いやあ、気持ち悪かったですねえ、第1形態。でもあの気持ち悪さが微妙にかわいく見えたりもして
ねえねちゃん、絶叫上映行ったんだ。すごいなあ。あれ、ネットで7分で完売したという話ですが…
『アンノ対ホノオ』は先日通販が始まってたのでつい注文してしまいました。これまた注文が殺到していて島本先生が悲鳴を上げてるそうです
ノルウェーまだ~む
2016年08月20日 01:18
伍一くん☆
情報はねえねからなんだけど、絶叫上映には行ってないの~~
凄く残念がっていたわ☆
ウラシマモト本は通販もやっているのね?本業より稼げちゃうのかな??
2016年08月21日 20:59
まだ~むさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

一回目の鑑賞の時は情報量に追い付いてなかった部分もあったので、自分のブログでもややネガティブな感想になってしまったのですが、二回目の鑑賞だとユーモアとか細かい設定にも目が向くようになったので、自分も最終的には楽しく観れた感じにはなったかなと思います。

・・もっとも、過去のゴジラとは全く毛色が違うので、昔のVS系シリーズが好きな自分にとってこのシンは本当に好きになるまでもう少し時間がかかりそうな気がしますね。個人的にエヴァ色をもうちょっと抑えてもらえれば嬉しかったかな~とも思いました。
ノルウェーまだ~む
2016年08月21日 23:31
メビウスさん☆
やっぱりゴジラの熱烈ファンの方は皆さんそうおっしゃいますね。
確かにその通りとも思います。
私は特に思い入れない分、監督色が強く出るのも面白いと思いました~♪
2016年08月24日 09:46
こんにちは。
アクション苦手?のまだ~むさんも堪能されたようですね☆
実はエヴァ好きの息子から、すごくおもしろかったよ!と強く勧められて、先日見に行ったのですが...
エヴァにもゴジラにもあまり思い入れのない私には、正直言ってハリウッド版の方がおもしろいと感じてしまいました。^^;
でもあの細かい作り込みがファンにはたまらないのでしょうね。

まだ~むさんのレポート後半を拝見すると、映画の周辺でもかなり盛り上がっているようですね。
ノルウェーまだ~む
2016年08月24日 16:57
セレンさん☆
息子さんエヴァファンなら大絶賛でしたね!
ねえねもとにかくエヴァ好きなので…
ハリウッド版も良かったのですが、私はとにかく怪獣同士で戦いだすとどうしても寝てしまうので…(;´д`)
映画の楽しみ方も色々ですよね。大いに盛り上がったようで、それもまた楽し☆です。
2016年08月25日 12:44
こんにちは、遅くなってすみません。
興味深い内容で見応えありました。
地元ロケもあったこともあってテンション高く観られましたよ 笑

コミケ....
昔、島本和彦先生の作品すきだったんですよねー
コミケに参加されてるんですか...今はプロの人も参加してるんですねー。読んでみたい 笑
ノルウェーまだ~む
2016年08月26日 23:25
yukarinさん☆
へー?プロのひともコミケ出店するんだ??ってビックリしちゃった。
制約なしに好きな事描けるからいいのかな?
地元ロケいいなぁ。
今、茨城で実写「銀魂」ロケやってるのよね…
たいむ
2016年09月13日 17:18
同じくゴジラにもエヴァにもそれほど思い入れのない私ですが、わ~「シンゴジ」本、気になる~~~

核を使わずになんとかするあたり、可能性はともかくそこは評価したいです。
でもまぁもし北朝鮮からの何かがまちがって本土に着弾してしまったら、政府の対応が目に見えるようでした。
ノルウェーまだ~む
2016年09月14日 00:49
たいむさん☆
そうそう!なんでも核でぶっ飛ばしたがるアメリカを制して、なんとかする!のが良かったです。

ううう…着弾してからこれでは、どうにもならないですねぇ。ブルブル…

この記事へのトラックバック

  • 『シン・ゴジラ』庵野秀明脚本・総監督、樋口真嗣監督・特技監督、長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、野村萬斎、他

    Excerpt: 注・内容に触れています。『シン・ゴジラ』 脚本・総監督 : 庵野秀明監督・特技監督 : 樋口真嗣出演 : 長谷川博己竹野内豊、石原さとみ野村萬斎、他 物語・東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2016-08-10 03:38
  • 劇場鑑賞「シン・ゴジラ」

    Excerpt: スクラップ・アンド・ビルド… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201607290000/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2016-08-10 05:49
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: シン・ゴジラ@ユナイテッドシネマ豊洲 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2016-08-10 06:58
  • 『シン・ゴジラ』(2016)

    Excerpt: ゴジラシリーズ29作目、今日から公開なので早速見てきました。庵野+樋口でゴジラ?と製作発表の段階で期待値は低かったのに、試写や最速上映では絶賛の嵐。かえって不安に駆られていたのですが……。2作め以降の.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2016-08-10 07:04
  • 『シン・ゴジラ』 ゴジラの正体

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  前々回、前回とガメラについて述べてきたのは、ゴジラを語るためでもあった。東宝のゴジラ映画第29作となる『シン・ゴジラ』が、おそらくゴジラ映画史を覆す傑作だろうと思われたから.. Weblog: 映画のブログ racked: 2016-08-10 07:49
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: 莫大な製作費をかけていると想像できる出来栄えで、自衛隊の陸海空や米軍のミサイルも登場する。さらに日本政府の危機管理体制も取材を念入りしたようなリアルな描写がされている。これは福島原発事故を彷彿とさせる.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2016-08-10 09:10
  • 『シン・ゴジラ』 2016年7月29日 TOHOシネマズ日本橋

    Excerpt: 『シン・ゴジラ』 を鑑賞しました。 あれ、平日の昼間なのに意外と盛況(笑) サボってる人多いな... 【ストーリー】  東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2016-08-10 09:36
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: 色々と物凄くて思考が活性化! 見応えありまくり!   Weblog: Akira's VOICE racked: 2016-08-10 09:44
  • シン・ゴジラ ★★★・5

    Excerpt: 「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明が脚本と総監督、「のぼうの城」「進撃の巨人」の樋口真嗣が監督と特技監督を務め、世界的怪獣キャラクター“ゴジラ”を日本版としては12年ぶりに復活させた特撮アクション.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2016-08-10 10:42
  • シン・ゴジラ~むしろ原発事故パロディ

    Excerpt: 公式サイト。庵野秀明総監督、樋口真嗣監督、尾上克郎准監督。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、市川実日子、犬童一心、柄本明、大杉漣、緒方明、片桐はいり、神尾佑、國村隼、 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-08-10 10:49
  • 「シン・ゴジラ」@TOHOシネマズ六本木

    Excerpt:  公開初日昼の回。このシネコン一番大きいスクリーン7には、お子さんから大人まで300名弱位の客入りだ。 Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2016-08-10 12:32
  • シン・ゴジラ   総監督/庵野秀明

    Excerpt: 【出演】  長谷川 博己  竹野内 豊  石原 さとみ 【ストーリー】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2016-08-10 15:22
  • 映画「シン・ゴジラ」

    Excerpt: 2016/7/29、ユナイテッドシネマ豊洲。 10番スクリーン。H列を選択。 * 長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、柄本明、余貴美子、大杉漣、平泉成 ** 東京湾で謎の水蒸気爆発が起こり、アク.. Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR racked: 2016-08-10 17:35
  • 『シン・ゴジラ』 ゴジラがスクラップしたものとは?

    Excerpt:  国内産の『ゴジラ』シリーズとしては第29作目となる最新作。  総監督・脚本は庵野秀明、監督・特技監督は樋口真嗣となっている。  キャストは豪華で長谷川博己、竹野内豊、石原さとみなどなど。なぜか塚.. Weblog: 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実 racked: 2016-08-10 18:29
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: 評価:★★★★☆【4.5点】(11) 思い切ってアレンジしてきた本格ゴジラ映画ここに見参! Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2016-08-10 20:25
  • シン・ゴジラ (2016) 119分

    Excerpt: なかなか良かったです Weblog: 極私的映画論+α racked: 2016-08-10 20:51
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: 羽田沖で、東京湾横断道路アクアトンネルが崩落する事故が発生。 内閣総理大臣・大河内はじめ閣僚たちが対策を協議するが、原因は不明のままだった。 やがて、海上に謎の巨大不明生物が現れ“ゴジラ”と名付けられ.. Weblog: 象のロケット racked: 2016-08-10 21:34
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: 「いま日本にゴジラが襲来したら」と言う事を描いた作品。 こう言う作品好きです。内閣府(防災担当)が制作協力したこともあり、“防災”と言う視点からの、ある意味シミュレーションになっていると思います。実.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2016-08-10 22:00
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: 十二年も沈黙を保っていた本家日本のゴジラ映画が、ハリウッド版の成功を受けて再始動した訳ですが、何を血迷ったのか、東宝は実写映画での成功者とは言えないアニメ畑の庵野秀明に脚本・総監督の白羽の矢を立てた。.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2016-08-10 22:59
  • 「シン・ゴジラ」経験ない事例を前にした先にみる初動で全責任を負う覚悟で全てを任さなければ大きな代償を負うという日本防衛の難しさを描いたゴジラからのメッセージ

    Excerpt: 「シン・ゴジラ」はゴジラシリーズ12年ぶりの新作映画で突如東京湾アクアラインに現れたゴジラに対して未知の巨大生命体と日本政府の攻防が描かれるストーリーである。正体不明 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2016-08-11 00:20
  • 『シン・ゴジラ』をトーホーシネマズ六本木7と、109シネマズ木場2で観て、訳分からんけどおもろいやんけふじき★★★★★(ネタバレ)その1

    Excerpt: ▲「こんなに目が小さい奴に二代目西川きよしを襲名させる訳にはいかん!」 五つ星評価で【★★★★★何故だか分からない。だが、面白いのだ】 ネタバレ注意 見終わっての第 ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2016-08-11 12:17
  • 『シン・ゴジラ』

    Excerpt: 新種使徒・呉爾羅、首都襲来! この作品は怪獣映画としては素晴らしいかも知れない。ただ『ゴジラ』シリーズとしては軽すぎるうえに、完全に「新世紀エヴァンゲリオン」だ。 だか ... Weblog: こねたみっくす racked: 2016-08-11 13:27
  • シン・ゴジラ

    Excerpt:  日本  SF&特撮  監督:庵野秀明  出演:長谷川博己      竹野内豊      石原さとみ      高良健吾 【物語】     (シネマトゥデイ) 東京湾アクアトン .. Weblog: 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 racked: 2016-08-11 13:59
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: NO! 核兵器  公式サイト http://www.shin-godzilla.jp 監督: 庵野秀明  「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」 東京湾アクアトンネルで、崩落事故が発生。首相官邸での緊急会議.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2016-08-11 15:06
  • 「シン・ゴジラ」

    Excerpt: ユニークでおもしろい。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2016-08-11 15:53
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: ニッポンの夏、ニッポンのゴジラ * * * * * * * * * * このテの作品はもう見ない、などと言いながら見てしまうというのは、 やはりこれが「ゴジラ」だから。 子供の頃から見ているゴ.. Weblog: 映画と本の『たんぽぽ館』 racked: 2016-08-11 19:46
  • シン・ゴジラ

    Excerpt:  『シン・ゴジラ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判が大層高いので、映画館に行ってきました。  夏休みのこともあり映画館は満席状態で、公開から2週間も経っていないのに、もう劇場用パンフレ.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-08-11 20:14
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: 脚本と総監督は 「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明。 メインキャストは長谷川博己、 竹野内豊、石原さとみ。 一瞬の出番にも多くの俳優が キャスティングされていて楽しめました。 キャストは.. Weblog: 花ごよみ racked: 2016-08-11 20:48
  • 『シン・ゴジラ』

    Excerpt: 樋口真嗣監督を筆頭に「進撃の巨人」のスタッフ勢揃い。 キャストも勢揃い。 そりゃ不安にもなりますがな。 でも蓋を開けたら超面白かった。 やっぱり庵野秀明を読んだのが大き ... Weblog: 時間の無駄と言わないで racked: 2016-08-11 20:56
  • 映画「シン・ゴジラ(2D)」 感想と採点 ※ネタバレなし

    Excerpt: 映画 『シン・ゴジラ(2D)』(公式)を昨日のファーストデイに劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 作品を十.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2016-08-12 00:59
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: 監督:庵野秀明、樋口真嗣 出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、余貴美子、國村隼、平泉成、柄本明、大杉漣、嶋田久作、古田新太、前田敦子、松尾スズキ 【解説】 『エヴァ.. Weblog: タケヤと愉快な仲間達 racked: 2016-08-13 05:59
  • 「シン・ゴジラ」

    Excerpt: 2016年・日本/東宝映画=シネバザール配給:東宝 総監督:庵野秀明 監督:樋口真嗣 准監督:尾上克郎 脚本:庵野秀明 特技監督:樋口真嗣 特技統括:尾上克郎 製作:市川南エグゼクティブプロデューサー.. Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2016-08-14 01:01
  • シン・ゴジラ・・・・・評価額1750円

    Excerpt: ゴジラの咆哮の下、会議は踊る。 驚きの傑作、もとい究極の自主映画とも言うべき大怪作である。 12年前、「ゴジラ FINAL WARS」で北村龍平が完膚無きまでにぶっ壊し、更地になったゴジラ映画.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2016-08-14 22:06
  • シン・ゴジラ

    Excerpt:  『シン・ゴジラ』を観た。  【あらすじ】  東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指.. Weblog: みすずりんりん放送局 racked: 2016-08-14 22:27
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: こんなに面白いとは思わなかったなぁ。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2016-08-16 00:39
  • 映画:シンゴジラ   鎌倉、武蔵小杉、丸子橋、新橋、霞が関、丸の内を破壊しまくる「使徒」ゴジラ(笑)

    Excerpt: 映画が始まり、まず恐ろしい「既視感」に囚われる。 それは、数年前に日本国民が経験したこと。 やたら会議があり、予想通り「会議は踊る」 役所間のメンツの調整で、何も決まらないうちに事態がど.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2016-08-16 19:19
  • 「シン・ゴジラ」:3.11後の日本が生んだ傑作

    Excerpt: 理由あって一度席を取りながらも観られなかった『シン・ゴジラ』を、ようやく観ました Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2016-08-16 23:22
  • シン・ゴジラを味わうPART1

    Excerpt: ワーナー版のときに特集したように、わたしが生まれて初めて見た映画は「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」で、初代スーツアクター中島春雄さんは酒田の人だった。映画といえばゴジラである。だから何度も.. Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2016-08-17 06:34
  • [映画『シン・ゴジラ」を観た^^]

    Excerpt: ☆・・・見終えて立ちあがったら、足の付け根が緊張して痛くなってました^^ 面白かった。 そして、私は、今度の日曜日に仕事があるので、都知事選の期日前投票にすぐに行きました。 そうしたくなるほど、先ずは.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2016-08-19 06:36
  • 残酷な遺伝子のテーゼ 庵野秀明 『シン・ゴジラ』

    Excerpt: 蓋をあける前は昨年の『進撃の巨人』の再現か、と危ぶまれていましたが(わたしは大好 Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2016-08-19 22:18
  • 『シン・ゴジラ』('16初鑑賞73・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 7月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 13:55の回を鑑賞。 4DX・2D。 8月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シ.. Weblog: みはいる・BのB racked: 2016-08-21 20:33
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: 【総監督】庵野秀明 【出演】長谷川博己/竹野内豊/石原さとみ/市川実日子/高良健吾/津田寛治/高橋一生/塚本晋也/柄本明/大杉漣/他 【公開日】2016年7月29日 【製作】日本 .. Weblog: シネマをぶった斬りっ!! racked: 2016-08-21 20:58
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: 【SHIN GODZLLA】 2016/07/29公開 日本 120分監督:庵野秀明 (総監督)、樋口真嗣出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、余貴美子、國村隼、平泉成.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2016-08-25 12:36
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: 【概略】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌.. Weblog: いやいやえん racked: 2016-08-27 00:59
  • 映画「シン・ゴジラ」

    Excerpt: 映画「シン・ゴジラ」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2016-08-28 23:57
  • 『シン・ゴジラ』

    Excerpt: すご~く久しぶりに映画を映画館で観てきました。 友達がシンゴジラがある意味期待を大きく外れて面白かったというので 絶対にみたいと思いましたよ。 4Dで観たという方もいますたね。 ゴジラが歩くときは.. Weblog: sweetmagicのブログ racked: 2016-09-02 12:25
  • 「シン・ゴジラ」 これってエヴァンゲリオン?

    Excerpt: すでに観た周りの人の間では評判がいいらしい。 しかし、個人的にはこれは「ゴジラ」 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2016-09-25 06:46
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: 評判が非常に高い『シン・ゴジラ』、ようやく鑑賞しました。ストーリーやら細かな解説やらはいろんなところで語られているので、感じたことを。 まず驚くのはその圧倒的なリアリティと迫力、そして戦車もヘリコ.. Weblog: まてぃの徒然映画+雑記 racked: 2016-10-08 23:23
  • まさに新しきゴジラ!

    Excerpt: 2日のことですが、映画「シン・ゴジラ」を鑑賞しました。 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生 緊急会議で内閣官房副長官・矢口は海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する 海上に巨大生物が.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2016-10-23 09:39
  • シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)

    Excerpt: 【概略】 「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明が総監督・脚本を手掛けた12年ぶりの日本版『ゴジラ』。突如として出現した巨大不明生物・ゴジラと対峙する日本の姿を、リアリティを追求したストーリーとドキ.. Weblog: いやいやえん racked: 2017-03-22 20:00
  • シン・ゴジラ

    Excerpt: SHIN GODZLLA 2016年 日本 119分 SF/特撮/ミリタリー 劇場公開(2016/07/29) 監督: 庵野秀明(総監督) 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2017-03-26 20:21
  • 映画『シン・ゴジラ』評――修羅が再び日本を壊す・後編

    Excerpt: (前編からの続き) さて、それではこの批評は、中途半端な尻切れトンボの終わり方をしてしまうのか。 結論めいたものを導き出すのは難しそうだが、いくつかの推測は提示できそうな気がする。 少し視点を変えて.. Weblog: 徳丸無明のブログ racked: 2017-04-05 23:40
  • シン・ゴジラ(2016)

    Excerpt: 音からして思いっきり、エヴァしてましたね。しかも、初代ゴジラの音楽もリスペクト。きくところによると、立ち向かう人間パート編が、時間におさまりきらないので、「あえて早口で」って演出は正解と感じました。緊.. Weblog: のほほん便り racked: 2017-07-12 07:45
  • 映画評「シン・ゴジラ」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年日本映画 総監督・庵野秀明、監督・樋口真嗣 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-07-13 09:35