「ブルックリン」☆故郷は遠きにありて思ふもの

どうしてこの作品を観ようと思ったんだっけな?
あ、アカデミー賞の作品賞ノミネート作品だったからね☆
あれ?どうして☆4つと評価が高いのかしら?
ん~~~~???



そもそも東京出身の私には、胸に迫るこの思いがないのかもしれない。
新天地を求めて故郷を後にした人ほど、より共感し、荒波に揉まれて1歩も2歩も成長した自分と重ね合わせることができるのでしょう。

画像
「ブルックリン」 公式サイト

<ストーリー>
 
1950年代、息苦しいスコットランドの小さな町から、アメリカへ渡ったエイリッシュ(シアーシャ・ローナン)は、大都会の生活になかなか馴染めず、ひどいホームシックに掛かっていた。
そんな時に出会ったイタリア系移民のトニー(エモリー・コーエン)と恋に落ち、エイリッシュは美しく生き生きと変わっていく。
しかし突然、故郷の姉が亡くなったと知らせが入り、落胆した母を支えようと帰郷すると・・・・


画像
デパートの新人指導役の先輩は厳しくもあり、包容力も有り

不安いっぱいで乗った船で、いきなりの洗礼をうけたエイリッシュは、様々な人に出会って成長していく。
それでも遠く離れた地球の裏側でも、英語で通せるんだから随分といいよね・・・・

それでもホームシックに押しつぶされそうになる姿に思わず涙。
特に牧師が開く食事会で、アイリッシュの歌を朗々と歌うシーンは、歌詞が判らなくてもその哀愁を帯びたフレーズが胸を強く打つ。

移民で渡ってきても、長い事日の目をみることなく貧しく暮らす人を目の当たりにした彼女の不安はいかばかりか。

画像
恋人が出来てからは一転、仕事も目を見張るほどに成功し、どんどん美しくなっていく

衣装や髪型、落ち着いた街の佇まいも50年代が違和感なく再現されていて素敵☆
特にぶかぶかの水着やウルトラ7風のサングラスなど、時代を感じさせる~~
まだまだぽっちゃりで小児体型なシアーシャちゃんが、まだまだおぼこい感を上手く出していてまさにベストキャスティング。

画像
次第に都会の女性へと成長して、自信をつけていくエイリッシュ。

アメリカの高度成長期と重なって、輝ける未来を約束された良い時代にエイリッシュの成長が重なっていく。

それでかな?劇場は私たちが最年少くらいに、なぜか年配の人ばかり。
「古き良き時代」を懐かしんでいるの???と、ちかママも?でいっぱい。

画像
厳格な母には言い出せなかったとしても、親友に話すべきだったのでは?

自分がブルックリンで既に結婚していることを極秘にしていた結果、多くの人を傷つける結果になる。
ありがちなストーりーすぎて、私には特別なテーマ性を感じることが出来なかったけど、これが主人公が男なら「ひでーやつだ。」となるところを、シアーシャちゃんが演じるので、何故か美しい物語として輝いてくるから不思議。

画像
『故郷は遠きにありて思ふもの』 by室生犀星

これは都会から故郷を懐かしんで読んだ句ではなく、食いつぶして時々故郷へ帰ってきた時に、自分を奮い立たせるために読んだ句なのだそう。

狭いコミュニティで息苦しく思いながら生活していた故郷へ、最先端のニューヨーカーとなって帰省し、会計士としても必要とされる自分にどこか酔いしれていたエイリッシュ。
「安泰」を捨て、再び不安いっぱいだけど輝ける未来へ一歩踏み出す姿は、まさに「古き良き時代」なのかも。



本当はその時代を懐かしんで観るのではなく、これからの未来へ踏み出す若い人たちに観て欲しい映画だと思うわ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2016年07月20日 23:55
私も、どうしてこんなに高評価なのか不思議でした~

>主人公が男なら「ひでーやつだ。」となるところ

本当にそう!
儚げな美少女は得だねえw
ノルウェーまだ~む
2016年07月21日 00:51
zooeyさん☆
ね?ね?そう思うよねぇ。
やっぱりまだ、ちょっとだけあどけない印象の清楚なシアーシャちゃんが演じるからこそのお話ですよね☆
これがツンとした美女とかでもダメなの…
2016年07月21日 07:39
主人公が男なら「ひでーやつだ。」の件
男ならこういう行動はとらなくて女性ならではだと思いました。
両てんびんはアリです。
男なら躊躇せず両方ともくってしまいます(笑)
ノルウェーまだ~む
2016年07月21日 11:00
まっつぁんこさん☆
ほほう!男性目線のご意見聞けて良かったです。
そうかー男性だったらとっくに食っているから、美しい物語にすらならないってことで、うすく迷いながらも本当の愛を貫いたという時点で、かなり美談に仕上がっているってわけですね☆
それなりに彼女の誠実さや生真面目さが出ていたわけですか…ふむふむ。
2016年07月21日 12:24
こんにちは。
↑のまっつぁんこさんの話ですが、うちの夫は、エイリッシュがブルックリンにもどった時に、ジムに新しい彼女がいなくてよかったね、と言ってました。
帰郷前に何も慌てて結婚しなくても...と思いましたが、今思えばあれが双方にとっての約束の証だったのでしょうね。
2016年07月21日 15:00
わたしの述べた両てんびんとはエイリッシュがジムとトニーをてんびんにかけ、より幸せになれそうな方を選ぶのはアリということ。なるべく優れた♂をゲットするのが正しい選択だと思います。
♂の場合は、とりあえずものになりそうな♀がいたらゲット!が生物的には正しい(?)と愚考。
ブルックリンの彼に新しい彼女がいなかったのは、珍しくまじめな♂(もしくはもてない♂)でラッキーでした。
ひどいね(笑)
ノルウェーまだ~む
2016年07月21日 18:28
セレンさん☆
ご主人様とご覧になったのですね~
確かに!イタリア男性なら可能性としてはあったかもです。
ジムはエイリッシュの様子を見てもしかしたら戻ってこないかも…という不安もあって結婚を急いだのでは?…そんな気がして見ていました。
ノルウェーまだ~む
2016年07月21日 18:33
まっつぁんこさん☆再びありがとうございます!
わわわ、男性目線で見てもエイリッシュは両天秤して良し!なのですね?
まあ、エイリッシュは積極的に天秤にかけようとしていたわけではなく、結果的にそのような状況になったことで揺れ動いちゃったのですが。
気持ちとしては十分判り、私ならそうしてますが(爆)
2016年07月21日 22:13
「良し!」ではなく、一般的に女子はそういうものという経験則?(識者の見解を乞いたいw)
絶対に逃さないと思ったら、トニーはアイルランドまで一緒に行く必要あり。帰ってきてくれたのは僥倖で、意地悪おばさんに感謝しなければなりません。
ノルウェーまだ~む
2016年07月22日 00:34
まっつぁんこさん☆
あ、経験上ということでしたか♪
エイリッシュを信じて待っていたトニーも、罪悪感を感じつつも揺れていたエイリッシュも、ある意味初めての恋を信じて貫いたってところが、美しく好感を持ってこの映画が受け入れられた点なのかもですね。
意地悪おばさんと共に周りの人たちに感謝ですね~
ノラネコ
2016年07月23日 23:48
私はインターネットのない時代にアメリカに移民したんで、エイリシュの気持ちはすごく分かります。
思いっきり感情移入しました。
私はある意味、アイルランドからブルックリンに帰らなかったバージョンなんです。
これは確かに古きよき時代の物語なのですが、同時にアメリカの人口は過去30年で1億人増えてるわけで、移民社会では現代でも普遍的な物語でもあるのだと。
ラストのエイリシュには、多くの人がエールを送りたい気分になったと思います。
ノルウェーまだ~む
2016年07月24日 18:40
ノラネコさん☆
なるほどー
すっかり昔の移民の話と捉えていましたが、現代社会においても十分通じるものがありますね。
ただ、当時の未知なる未来が輝かしかった頃と比べて、移民してもなんとかならない点でもっと現代のほうが閉塞感が強い気がします。
ノラネコさん移民だったのですねー?そして地元に帰ってそちらの恋を成就させちゃったの??
私もネットない時代にノルウェー駐在で色々苦労しましたが、たった独りで頑張らなくてはいけないのと、家族で暮らすのとはやっぱり違うでしょうね。

この記事へのトラックバック

  • ブルックリン~内向性と外向性

    Excerpt: 公式サイト。アイルランド=イギリス=カナダ。原題:Brooklyn。コルム・トビーン原作、ジョン・クローリー監督。シアーシャ・ローナン、ドーナル・グリーソン、エモリー・コーエン、 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-07-20 22:44
  • 「ブルックリン」:ドラマらしいドラマだけど・・・

    Excerpt: 映画『ブルックリン』は、アカデミー作品賞にもノミネートされていたので気になってい Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2016-07-20 22:55
  • 『ブルックリン』

    Excerpt: 夢が叶う場所がある。愛が待つ場所がある。 何と可愛らしく、愛らしく、優しさに満ちた青春映画なのか。 希望と孤独と無力の狭間で一人で悩み苦しんだ時期を乗り越えた時に心に沁 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2016-07-20 23:28
  • 【映画】アイルランド移民の心を描く『ブルックリン』

    Excerpt:   ブルックリン(2015)アイルランド/イギリス/カナダ 監督:ジョン・クローリー 脚本:ニック・ホービィ 出演:シアーシャ・ローナン /  ド.. Weblog: アリスのさすらい映画館 racked: 2016-07-21 00:13
  • ブルックリン

    Excerpt: ブルックリン@神楽座 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2016-07-21 07:31
  • ブルックリン

    Excerpt:  『ブルックリン』を新宿の角川シネマで見ました。 (1)アカデミー賞作品賞にノミネートされた作品(注1)ということで映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、1950年代前半のアイルランド.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-07-21 08:05
  • 映画・ブルックリン

    Excerpt: 原題 Brooklyn2015年 アイルランド、イギリス、カナダ 1950年代アイルランドの小さな町で母と姉と暮らすエイリシュ(シアーシャ・ローナン)勤めている雑貨店の店主、ミス・ケ.. Weblog: 読書と映画とガーデニング racked: 2016-07-21 08:16
  • ブルックリン

    Excerpt: 1950年代。 アイルランドの小さな町に住む女性エイリシュは、姉の勧めで渡米し、ニューヨークの高級デパートで働くことに。 一時はホームシックに陥ったものの、トニーという恋人ができたり、大学で学んだりす.. Weblog: 象のロケット racked: 2016-07-21 12:15
  • 『ブルックリン』

    Excerpt: 1950年代。アイルランドの小さな町に住むエイリシュ(シアーシャ・ローナン)は、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に大人しく目立たない存在だった。しかし彼女の将来を案じた姉の勧めでエイリシュはニュー.. Weblog: beatitude racked: 2016-07-21 14:37
  • ブルックリン

    Excerpt: 新天地と故郷 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/brooklyn-movie 原作: ブルックリン (コルム・トビーン著/白水社)監督: ジョン・クローリー  「ダブ.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2016-07-21 15:25
  • ショートレビュー「ブルックリン・・・・・評価額1700円」

    Excerpt: 二つの人生は、生きられない。 1950年代初頭、アイルランドから遥か大西洋の彼方、ニューヨーク、ブルックリン区に移民する少女エイリシュの成長物語。 彼女は二つの祖国、二つの愛の間で揺れ動きなが.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2016-07-23 22:57
  • ブルックリン

    Excerpt: アカデミー賞で話題になったシアーシャ・ローナン主演の青春ドラマです。 シアーシャ・ローナンは好きな女優さんなので、公開を楽しみにしていました。 アイルランドの小さな田舎町からブルックリンに出てきた主人.. Weblog: とりあえず、コメントです racked: 2016-07-27 00:11
  • 「ブルックリン」

    Excerpt: ほんのちょっとしたことで、人の行動は変わる。それを運命、いや、人生というのか。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2016-07-30 22:28
  • ブルックリン

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(11) 第88回アカデミー作品賞にノミネートされた本作の実力は? Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2016-08-06 21:39
  • ブルックリン

    Excerpt: JUGEMテーマ:洋画     「ブルックリン」 原題:Brooklyn 監督:ジョン・クローリー 2015年 .. Weblog: マープルのつぶやき racked: 2016-08-12 21:31
  • ブルックリン ★★★★

    Excerpt: 『わたしは生きていける』などのシアーシャ・ローナンを主演に迎え、アイルランドからニューヨークに移住した女性の青春の日々を映すドラマ。アイルランドの片田舎から大都会のニューヨークにやって来たヒロインが、.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2016-08-17 18:00
  • 『ブルックリン(BROOKLYN)』ジョン・クローリー監督、シアーシャ・ローナン、エモリー・コーエン、ドーナル・グリーソン、他

    Excerpt: 『ブルックリン』BROOKLYN 監督 : ジョン・クローリー出演 : シアーシャ・ローナンエモリー・コーエンドーナル・グリーソン、他 物語・アイルランドの町で暮らすエイリシュ(シアーシャ・ローナン).. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2016-08-30 12:40
  • 「ブルックリン」

    Excerpt: 巷でやたら評判がよく、日経の映画評でも星5つだった本作でしたが… 結論から言うと、私はあまり感動しませんでした。 『ハイ・フィデリティ』『アバウト・ア・ボーイ』を書いたニック・ホーンビィの脚本とい.. Weblog: Zooey's Diary racked: 2016-09-30 09:41
  • 映画評「ブルックリン」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2015年イギリス=アイルランド=カナダ合作映画 監督ジョン・クロウリー ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-06-05 09:13