「アリス・イン・ワンダーランド/j時間の旅」☆もはやフルCG

ここまで見事なCGで、『なんでもあり』なアリスのファンタジー世界を作りだせているのなら、最早、ジョニデのメイクもCGでいいのでは?
というか、既に目だけ大きくしてみたり、ほぼメイクもCG?
白塗りに飽き足らず、どんどんど派手メイクになっていってるジョニデなら、もういっそマッドハッター自身もCGで?



画像
「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 公式サイト

<ストーリー>

3年の航海から戻ったアリス(ミア・ワシコウスカ)は、亡き父の形見であるワンダー号を借金の形に取られそうになる。
そんな時に、不思議の国で出会ったアブソレム(故 アラン・リックマン)に導かれ、元気を無くしているという親友のマッドハッター(ジョニー・デップ)の窮地を救いに、鏡の向こうへ行くことに。
死んだはずの家族が居るはずだと言って憔悴しきっている彼の為に、アリスは時の番人タイム(サシャ・バロン・コーエン)から時を操る玉を盗み出し・・・・


画像
原作の「鏡の国のアリス」は読んだことなかったけれど・・・

鏡に入ることと、チェスの駒になったりするあたりは原作を踏襲しているようだけれど、ほとんどがオリジナルストーリーのようだ。
「不思議の国のアリス」同様、ワンダーな世界へ行った後はハチャメチャな展開ののちに「はい、夢オチでした~」な原作に比べて、「時の番人」との戦いの後人間として大きく成長していく今作は、意外に奥が深かったりする。

画像
屋敷全体が大きなからくり時計のタイムの世界では、後にトランスフォーマーばりの活躍をする、小さなブリキのロボットたちが可愛い

時を遡る為の重要なポイントとなっている『玉』が乗り物になって、ドラえもんのように時を行ったり来たりするシーンは、迫力あるけれど目まぐるしくて、やっぱり意識が遠のいちゃった・・・

画像
ジョニデはほぼ憂鬱そうな覇気のない顔で、化粧をしすぎだからか、CG部分が多いからなのか、いまひとつ表情がない・・・・このところ家族に恵まれないから??(ま、元気がないからアリスが助けようとしているのだけど)

過去世界の「赤の女王」「白の女王」のお母さんが普通に主婦をやっていたり、そもそもアリスの家が凄く狭く普通の家だったりと妙に現実的なので、よりいっそうワンダーランドの鮮やかで賑やかな世界観が際立って見える。

画像
赤の女王の頭が大きくなった訳が判ると、思わず涙がこぼれる展開に・・・

その「たった一言」の為に一生苦しむことになるなんて・・・・
意外にも誰にでも身に覚えのあるような身近過ぎる物語に、思わず切なくなってしまう。

画像
サシャがもっと悪ふざけをするのかと思ったら・・・・

「悪」の象徴のような立ち位置だったけれど、忠実に時を守っている真面目な番人だったタイム。
実は「赤の女王」にぞっこんだったり、意外性を付いたあれやこれやが楽しい。

画像
ハッターの親子の確執、女王たちの姉妹の確執、アリスの成長物語とワンダーではない、人間ドラマが主軸となっていてビックリ

全く期待してなかったどころか、ハードルを最初から倒して観ていたけれど、思わず涙するシーンありでなかなかいい印象。
ハッター家族がごく普通だったので、いったい何時から「マッド」になったんだか、それが判らなかったのだけが唯一残念だったかな☆





この記事へのコメント

2016年07月13日 12:54
前作もいまひとつで今作も....でも前作よりは楽しめたかなぁという感じです。
そうそう私もいつから“マッド”になったのか知りたいです 笑
パパとの話は良かったです。
ノルウェーまだ~む
2016年07月13日 14:35
yukarinさん☆
過去のハッター坊やが普通に可愛すぎて、マッドなハッターへの変貌に違和感あったよね。
いずれにしても夢の世界の話なんだから「何でもあり」なんだけど、他のエピソードが納得できるように造られていただけに、?が出ちゃったwa
2016年07月14日 06:28
1作目より感動度は大きかった気がしますね。
2016年07月14日 14:57
お台場の日テレの、この映画の特別展覧会は見に行ったのですけど。
これはどうしようかな…?
私が好きな女優、ヘレン・ボナム・カーターが漫画みたいになってるのが許せないのです~
風情☭
2016年07月15日 13:06
こんにちは♪

>いったい何時から「マッド」になったんだか、
 それが判らなかったのだけが唯一残念

ああ~言われて、そこを観に行ったハズだったの
を今になって思い出しました…。
思いのほかテーマ性があったんで前作と比べると
数段オモシロくありまたかね。
う~ん…でも何だかんだで細かく思うところが多
々あるんで、オモシロくはあるけど…な感じっす♪
(゚▽゚)v
ノルウェーまだ~む
2016年07月16日 16:31
zooeyさん☆
ヘレナはどの映画でもそうですが、とっても楽しそうに演じていましたよ。
悪女がすっかり板についています。
お台場で特別展やっているのですね~夏休みになったら混みそうでだわ…
ノルウェーまだ~む
2016年07月16日 16:32
ボーさん☆
思わず泣きましたよね~~
それぞれの家族愛が滲み出ていて、案外いい話でした♪
ノルウェーまだ~む
2016年07月16日 16:38
風情さん☆
同感です。
思ったよりテーマ性があって面白かったのだけど、期待していたアリス像と違うというか、その点は逆に良かったとも言えるけど、そこがちょっと…とも言えました。
2016年07月16日 21:03
意外と深い話にもなってたし
この世界観は、アリだった
各種コスプレCGを楽しんどいて
ストーリーはこの際「別物」
所詮は「夢オチ」なんだよね(笑)
時の番人は もっともっと出て欲しいのに
サシャが好きだし
しかし、白の女王(アン・ハサ)
凄おばさん顔でゲラゲラしてた
2016年07月16日 23:12
時計の城の金属の小人たちがロボット好きとしてはなかなかツボにはまりました
タイムトラベルを繰り返して主人公が成長するあたりは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』か『ドラえもん』のようでよかったです。いろいろ後付設定が目につくところもありましたが、みんな和解できたことだし、男だったら細かいことは気にすんな!と自分に言い聞かせました
ノルウェーまだ~む
2016年07月16日 23:56
qちゃん☆
「夢オチ」だもんね~世界観も勿論アリだったわ♪
サシャが案外大真面目だったので、ちょっぴり肩すかしだったね。
もっと活躍してほしかった~~!
ノルウェーまだ~む
2016年07月16日 23:58
伍一くん☆
私も、ちょっと映画が違うんじゃ?と思いつつもしっかりツボりました!
後付け設定は男でなくとも、細かい事気にしちゃダメね~
なにせ「夢オチ」なんだもんね☆
たいむ
2016年07月22日 10:44
「不思議の国のアリス」は全然興味がなくってどちらも読んでいないんですよねぇ。
「赤毛のアン」もだけど、どうも夢みがちで現実逃避型の女の子が嫌いなんですよね(笑)

子供らしい嘘が・・・って内容は、次女の自分にも心あたりがあったりして、うんうんって。

確かにハッターのマッドの謎は気になりますね。
ノルウェーまだ~む
2016年07月23日 00:31
たいむさん☆
判ります~(笑)
昔って女の子が当然読むお話とか決まってて、それだけでなんか嫌でしたよねぇ。それでも「鏡の国のアリス」以外は読みましたよ♪
逆に少年向きの話も読んだなぁ、夢見がちな少年ものも(爆)

ハッターの謎はまさか次回に持ち越し?
マリー
2016年08月01日 22:37
やっぱり最初睡魔が来たのが敗因かな~~~。
もう1回観た方がよかったかもしれない・・・まだ~むやみなさんが共感されてる部分が、私は抜け落ちてるかも。
ジョニーの白塗りもういいやってちょっと投げやりで観てたからかな・・・
ただ、ハッターのマッドは昔は帽子作りに水銀が使われていたから、使いすぎておかしくなったって設定はあったよね。
「鏡の国のアリス」も読んだけど、覚えてないんだよね。

時の番人なんていたかなぁ。。。
ノルウェーまだ~む
2016年08月01日 23:14
マリーさん☆
私もタイムトラベルのところで睡魔来ちゃったけど、なんとかすぐに持ち直したよん。
マリーさんは結構長い事寝ちゃっていたのね?
実は「時の番人」がかなりのキーマンだったのだけど・・・(笑)

そっか!!帽子作りに水銀ね~~すっかり忘れてたわ。
その点、お父さんも帽子職人だけど水銀なしに作っていたのかな?
2016年08月31日 23:23
こんばんは^^
かなり前に見たので、ちょっと忘れちゃったけど、面白かった!
で、泣けるシーンがありだし、ちゃんと前作とのつながりもあって納得しちゃったわ^^
ノルウェーまだ~む
2016年09月01日 00:25
みすずちゃん☆
ねー!?思いもかけずに泣けるシーンがあったので、なかなかだったよね☆
時間が経たなくても、結構忘れちゃう内容だったyo~~(苦笑)

この記事へのトラックバック