[「殿、利息でござる!」☆舛添さん観てください

歴史家・磯田道史による評伝「無私の日本人」に収録されている一編「穀田屋十三郎」を映画化したと後で知って納得。
まさかのこんなに泣ける人情映画だったとは!!ハンカチ用意するの忘れていて、焦ってしまったわ。


画像
「殿、利息でござる!」 公式サイト

<ストーリー>

仙台藩の重税に苦しむ百姓や町人たちの夜逃げが後を絶たない小さな宿場町の行く末を案じた造り酒屋穀田屋の主(阿部サダヲ)は、知恵者の菅原屋(瑛大)と千両を集めてお上に献上し利息を取るという秘策を考案する。
計画が明るみに出れば打ち首も覚悟の上、資材を投げ打って小銭を集め始めるのだが・・・・



これがなんと全部実話だというのだから凄い!!あなたにこれが出来ますか?


画像
今回は阿部サダヲらしさをやや封印
つぶらな瞳で真剣に町民の行く末を案じる姿や、父に捨てられたと思い込んで皮肉れている様子は、今までの彼のキャラとはちょっと違って新鮮。
あえて最後までおふざけ無しでいったのは、ちょっと意表を突いたけれど、これが大成功。

なのに普通の時代劇と何が違うのか?現代劇ともとれる気さくな会話が『実はコメディのようにみせかけて、物凄く真面目なテーマ』をいとも軽く見せることに成功している。

画像
養子に出された穀田屋(サダヲ)は、実家の金貸し業を継いで厳しい取り立てをする弟(妻夫木聡)を面白く思っていなかったが、実は・・・・

後半明かされていく真実に、涙・涙・・・・
そして親の教育って大切なんだとしみじみ。

私は子供たちに何を残せているかしら・・・・?

画像
酒屋の女将(竹内結子)のきっぷのよさもピッタリ

今回キャストが絶妙!
収まるところに収まっている配役に、普段はワル役をする人が案外良い人だったりと登場人物も楽しい。
何より冷酷無比な藩の財政担当奉行の役人の松田龍平の目付きがヤバイ!!
これは見もの!!

画像
何より出資者が自らに課した『つつしみの掟』が凄い!!

自ら破産に追い込まれながらも、全財産を百姓・町民のために差し出した者たちが決めた掟。
①喧嘩しない
②計画を口外しない
③寄付するときに名前を出さない
④道を歩くときも偉そうに真ん中を歩かず端を歩く
⑤飲み会でも上座に座らない

ここまでせねばならぬのか?と私まで言いそうになっちゃう。

画像
切手代をごまかしたり、税金で高いホテルに泊まったりコレクションをネットで買ったりするような人に、是非観て欲しい。

原作者の磯田道史氏は、文献を読みながら東大図書館で涙をぽろぽろこぼしたそう。
彼のその時の胸を打った感動が、そのまま映画になったと言っても過言ではない。

こんな世の中だからこそ、『無私の日本人』でありたい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ノラネコ
2016年05月23日 22:28
ほんと舛添さんw
そんでお金を出し合った旦那衆は、来日していた世界一貧しい大統領に通じるものがありますね。
こういうのは時代じゃなくて、結局個人の心のありようなんでしょうね。
なかなかここまで無私を貫くのは難しいと思いますが。
ノルウェーまだ~む
2016年05月23日 23:19
ノラネコさん☆
個人の心の有りようも、やはり親の教育のたまものなのだとしたら、人としてやらなければならないことが見えてきますね。
先人はそういう事も考えて、良いものを残してくれたのでしょう。
何より現在の酒屋の様子からそれがひしひしと伝わってきました♪
後世に残すのは名ではなく、その「心の在り方」で有りたいものです。
2016年06月02日 17:40
こんにちは。
これが実話だというから驚きですね。
今の時代...考える所もありました....
後半は良い話になっていてうるうるしてしまいました。
ほんとうに...誰かさんに見てほしいですよねぇ^^;
ノルウエーまだ~む
2016年06月02日 23:54
yukarinさん☆
このような奇特な方が実際に何人もいたなんて、本当にビックリでした。
大いに考えさせられましたね。
色々と見習わなくては!としみじみ思っちゃった。
後半はほんと泣いたわ~~
2016年06月30日 18:41
こんばんは^^

とっても良かったね!
わたし、泣けるって知らなかったから、ハンカチなしで困ったよー^^;
コメディと見せかけて・・・って、本当によくできてる。
ふじき78
2016年06月30日 23:57
中央にいる役者さんの秘密が明らかになっていくのもいいんですが、最初に手を上げたばかりに抜けられなくなって最後まで居残ってしまう西村雅彦やきたろうの非積極派も味があって良かったですわあ。
ノルウェーまだ~む
2016年07月07日 17:20
みすずちゃん☆
そうそう!
私もまさか泣かされるとは思わず観てたから~~
人情溢れる話で、よく出来ていたよね☆
ノルウェーまだ~む
2016年07月07日 17:22
ふじき78さん☆
そうそう、そうなんですよね~
全員がものすごい良い人ばかりっていうのは、嘘くさいけど、なんとなく引っ張られて、気付いたら仲間になって抜けられなくなって…っていうのが、よりリアルで良かったです。
2016年07月11日 15:09
これが実話だったことは私は全然知らず、まさかこれが実話だと言わないだろうな…とだんだん思い始めたのですが、
最後に「穀田屋」の現在の姿が出て「やっぱりそうだったのか!」と驚きました。
いつか必ず穀田屋さんには訪れてみたいと思いますし、吉岡宿も行ってみたいです。
ノルウェーまだ~む
2016年07月11日 23:13
とらねこさん☆
そっか、予告編を見ない主義だもんね?
案外そういう事を知ってて観るのも印象が違った鑑賞できて楽しいかも☆
吉田宿、今はどんなふうになっているのでしょうね~~??
是非、行って見てどんなだったか教えて~~!

この記事へのトラックバック

  • 劇場鑑賞「殿、利息でござる!」

    Excerpt: 無私の心… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201605150000/ 無私の日本人【電子.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2016-05-20 20:14
  • 「殿、利息でござる!」こんな映画やったんや!

    Excerpt: [殿、利息でござる!] ブログ村キーワード  実話がベースの歴史物。「殿、利息でござる!」(松竹)。さして予備知識も入れずに、『コメディっぽいのかな~』ぐらいの軽~い気持ちで見に行ったのですが、.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2016-05-20 20:58
  • 殿、利息でござる!

    Excerpt: 評価:★★★★☆【4.5点】(11) 泣いて笑って最後はハッピーエンド!まさかこの映画で泣けるとは Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2016-05-20 22:16
  • 殿、利息でござる!★★★★

    Excerpt: 『武士の家計簿』の磯田道史が江戸時代に貧しい町を救うために奇想天外なアイデアで藩主に立ち向かった実在の商人の知られざる感動歴史秘話を綴った評伝『穀田屋十三郎』を「予告犯」「残穢【ざんえ】 -住んではい.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2016-05-21 17:42
  • 『殿、利息でござる!』

    Excerpt: 貧乏宿の町衆が藩にお金を貸して その利息で伝馬役の費用を賄おうと 奔走する姿を描く... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原作:磯田道史 『無私の日本人』所収の一編「.. Weblog: cinema-days 映画な日々 racked: 2016-05-22 03:30
  • 殿、利息でござる!

    Excerpt: 今から250年前の江戸時代。 金欠の仙台藩は百姓や町人へ重税を課し、破産と夜逃げが相次いでいた。 さびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿で、町の将来を心配する十三郎は、知恵者の篤平治から宿場復興の秘策がある.. Weblog: 象のロケット racked: 2016-05-22 08:19
  • 殿、利息でござる!

    Excerpt: さてさて相変わらず映画の感想ですね 今回は時代劇でしたが 見に行ったら年齢層の高さに驚きました 以前「駆込み女と駆出し男」を見に行ったときはあんまり感じなかったんで で、この作品予告やポス.. Weblog: にきログ racked: 2016-05-22 12:22
  • ポスターと予告に騙された。大真面目な感動の実話。~「殿、利息でござる」~

    Excerpt: このポスターの阿部サダヲを見たら、コメディかと思うじゃないですか。 最初のほうの瑛太との掛け合いこそクスクス笑うとここそあるものの、 大真面目な人情ものでございました。いやがっかりしたわけじゃない.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2016-05-22 18:22
  • 殿、利息でござる!・・・・・評価額1650円

    Excerpt: これが庶民の生きる道。 江戸時代の仙台藩で、百姓たちが藩にお金を貸して利息をとったという、実話ベースの物語。 森田義光監督で映画化された、「武士の家計簿」で知られる歴史家・磯田道史による「無私.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2016-05-23 22:20
  • 殿、利息でござる!

    Excerpt: まさかこんな心打つ作品だったとは・・・。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2016-05-24 00:03
  • 殿、利息でござる!

    Excerpt:  笑って泣けて、感動できる素晴らしい作品。これが実話だということで、日本のこの美しい心を、今に伝えたいという気持ちにかられました。お金の勉強にもなるし、お勧めです。  作品情報 2016年日本映画 .. Weblog: 映画好きパパの鑑賞日記 racked: 2016-05-24 07:01
  • 『殿、利息でござる!』('16初鑑賞50・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 5月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2016-05-24 12:07
  • 「殿、利息でござる!」 (2016 松竹)

    Excerpt: このタイトルで、主演が阿部サダヲなのだから、歴然としたコメディだと誰だって予想する。イメージとしては「超高速!参勤交代」あたりかな。でもちょっと肌合いは違った。いやもちろんコメディ色はかなり強いん.. Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2016-05-24 20:13
  • 殿、利息でござる!  監督/中村 義洋

    Excerpt: 【出演】  阿部 サダヲ  瑛太  寺脇 康文  妻夫木 聡 【ストーリー】 江戸中期、財政の逼迫した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。こ.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2016-05-25 22:25
  • 殿、利息でござる!

    Excerpt:  『殿、利息でござる!』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見ておもしろそうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「これは本当にあった話」と字幕が出て、先代の浅野屋.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-05-31 20:42
  • 殿、利息でござる!

    Excerpt: 2016/05/14公開 日本 129分監督:中村義洋出演:阿部サダヲ 、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、松田龍平、草笛光子、山崎努、羽生結弦 こ.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2016-06-02 17:34
  • 「殿、利息でござる!」 つつしみの掟

    Excerpt: タイトルからもっとコメディ色が強い作品かと思っていたのですが、どちらかといえば泣 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2016-06-05 18:01
  • 殿、利息でござる!

    Excerpt:  『殿、利息でござる!』を観た。  【あらすじ】  江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。  このままで.. Weblog: みすずりんりん放送局 racked: 2016-06-30 18:40
  • 『殿、利息でござる!』をUCT9で観て、日本人良いよなあふじき★★★★

    Excerpt: ▲こんな黄金屏風前の贅沢な絵は映画上に皆無。実直に貧乏な絵ばっかり。 五つ星評価で【★★★★全力の善良】 とてもいい美談。 そうそう、美談ってついつい警戒してしまうけ ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2016-07-01 00:12
  • 殿、利息でござる! (2016)

    Excerpt: 実話ベース、だそうですね。ちょっとトボけたテンポとユーモアが見やすくって、最後に痛快劇になるあたり、あっぱれ!でした。とかく、話題になったのは殿様役に、羽生結弦がキャスティングされてた部分ですが、なる.. Weblog: のほほん便り racked: 2017-02-21 12:41
  • 映画評「殿、利息でござる!」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-02-25 09:27