「レヴェナント:蘇りし者」☆生まれ変わって蘇るレオ様

これは凄い!
これでアカデミー賞取らなかったらオカシイよね。



圧倒的な映像美。
圧倒的な演技。

主人公の圧倒的な生き様は、歯を食いしばって這いずり回る姿と、執念でアカデミー賞に向かって這っていくレオ様の姿が重なって・・・・・

画像
「レヴェナント:蘇りし者」 公式サイト

<ストーリー>

開拓時代。
狩りのチームを案内していたグラス(レオナルド・ディカプリオ)はクマに襲われ重傷を負う。
息子を殺され、生き埋めにされて置き去りにされたグラスは、フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に復讐すべく再び立ち上がるのだが・・・・


なんと!ハンターのヒュー・グラスの実話にインスパイアされた話だそう。壮絶!!!

画像
実際にアメリカとカナダの極寒の地で撮影された映像に嘘偽りはない

白い息、震える手、雪の上に濡れた体、凍り付いたヒゲ・・・・・余りに寒そうな過酷な映像に思わず身体が震えてくる。
鼻水だけは確認できなかったのは、レオ様の意地か?

画像
スウェーデンの6Kレンズを使ったという映像はとにかく圧巻!

その美しさはBBC超えといっても過言ではない。
色を抑えた暗い色調と、どんよりとしたお天気や夜のシーンも多く、音のない静かなシーンはまさに自然との闘い。
坂本龍一の音楽と、神々しいまでの映像美にただただ息を呑む。

画像
部族の妻との間に生まれた息子は、目の前で殺されてしまうが身動きの取れないグラスには成すすべもない

凍て付く雪の間を流れる川へどんどん入っていく!!
こんな寒いのって「おしん」以来だわ。見ているだけで指先が冷え切ってるぅ~~
冷え性の方は要注意!

画像
普通のいでたちだとトム・ハーディだと気付かない(笑)

レオ様もちゃんと痩せていた(とは言え、まだまだふっくらな裸体も披露)けど、トム・ハーディからもあのマッチョは姿を消し、ついでに存在感もしっかり消している。

画像
少年(ウィル・ポールター)は良心の呵責に耐え兼ね・・・

良い目をしてるなぁ~と思ったら、「ナルニア国物語」で意地悪な事をするいとこ役の子だったwa
今作では様々にカギを握る重要な役どころ。

画像
トムとの格闘シーンでは、鼻を折ったけどそのまま撮影続行したほどの鬼気迫る演技

復讐に燃える男の執念は、そのままレオ様の執念でもある。

土に埋められ一度は死んだグラス。
掻っ捌いた馬の腹から一糸まとわず現れるシーンは、新たに生まれ出でたかのような象徴的なシーンであり、己の才能と美貌が足かせとなってきたことから脱却を図るも失敗し、何度も何度もアカデミー賞を逃した男が、実はその持って生まれたものに甘えていたことに気付いて、ようやく今まさにに生まれ変わった姿なのだとも言えよう。


レオ様にとって歴史に残る名作。素直に彼に喝采を送りたい。




この記事へのコメント

2016年04月23日 17:32
この先は平穏に生きてほしいですね。
グラスの未来に幸あれ。

そう思わせるほどの渾身を届けたディカプリオに拍手!
2016年04月23日 20:01
「レオ様にとって歴史に残る名作。素直に彼に喝采を送りたい。」同感。
映画館がガラガラだったのが心配。
ノルウェーまだ~む
2016年04月23日 22:36
AKIRAさん☆
本当に鬼気迫る演技で、グラスの人生を演じきったレオ様に拍手!ですね~
ノルウェーまだ~む
2016年04月23日 22:38
まっつぁんこさん☆
映画館の入りが心配ですよねぇ。
映画をあまり観ない人にとっては、題材が魅力的に映らないのでしょうか…?
でもきっとこれから口コミも広がっていきますよ、これだけの作品ですもの!!
2016年04月23日 23:05
レオナルド・ディカプリオが監督から「それがお前の俳優としての全てか?」を何度も言われながら達したような、そんな想像さえしちゃうほどの役者魂の結実。
それをも引き出したアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の才能は本当に恐るべし!ですわ。
ノルウェーまだ~む
2016年04月23日 23:13
にゃむばななさん☆
本当に監督とディカプリオの魂と魂が激しくぶつかり合ったという印象ですよねぇ。
演じるほうも過酷ですが、スタッフも本当に過酷だったでしょう。
とにかく全てが見事でした!!
2016年04月23日 23:45
こんぱんは。
いやー本当にすごいを連発しちゃうほどのすごく作品でした。
レオの主演男優賞受賞は納得ですね。というか当然!!
それと映像がとんでもなく美しく、自然の風景は圧巻でした。なのに...お子様映画に占領されて一番小さいスクリーンで観ました 泣
ノルウェーまだ~む
2016年04月24日 16:43
yukarinさん☆
これからGWはお子様映画に席巻されちゃうのかしらね。
こういう良い映画を多くの人が見るべきなのに、なんだかね~
でもきっとジワジワ広がっていくはず!
だってこんなに凄いんだもん~~☆
2016年04月25日 10:46
こんにちは。
私も週末に見てきました。
ほんとうに圧倒的な映像、圧倒的な演技でしたね。
この監督さん、重くて暗い作品が多いのでちょっと心配でしたが、時間の経つのも忘れるほどに引き込まれて見入っていました。
見た後のしばらく余韻に包まれる作品でした。
2016年04月25日 10:55
メイキング映像、本当に撮影凄そうで、まるで『八甲田山』や『剱岳』のようでした。
レオも、「ドキュメンタリーではないのだけれど、自然の厳しさや生き残れないかもしれないという死闘が映画には重要になってくるので、自分にとってはドキュメンタリーのようだった」と言っていたのが印象的でした。
さあ、これ以降はアカデミー賞を狙ったような真面目な役どころから開放されるので、レオも腑抜けになってしまうのかな、嫌だな〜
ノルウェーまだ~む
2016年04月25日 22:17
セレンさん☆
実際この映画も重くて暗くて辛い映画でしたけど、最後までどこか希望を失わずに見入ってしまう凄い力がありましたよね。
色々な意味で忘れられない作品になったと思います。
長い事余韻が続きますね~
ノルウェーまだ~む
2016年04月25日 22:20
とらねこさん☆
あー、そういう見方もできるねぇ。
今まで必死にアカデミー賞に向けて這いずってきたレオ様が、脱力してしまったらどうなるのかしらね?
好きなものだけ追い求めて、一皮むけてのびやかになるか、羽目を外すのか…??
ノラネコ
2016年04月27日 00:08
私的、暫定ムービー・オブ・ザ・イヤー。
目の前で起こっている事に終始圧倒され、最後にはグラスと共にあの世界と一体となっていました。
イニャリトゥはどこに行こうとしているのか。
ますます見逃せない作家になってきました。
ノルウェーまだ~む
2016年04月27日 00:32
ノラネコさん☆
本当にその通りですね!
私も暫定1位です~~
こういった良質な作品を、これからもどーんどん作っていってほしいものです。
たいむ
2016年05月03日 09:31
なんとも生々しい映画でした。
そしてあの圧迫感。気迫とか執念とかがこれほどまでに感じられる作品は少ないように思います。
回復力の凄まじさだけはツッコミを入れたいところですが(笑)
ノルウェーまだ~む
2016年05月03日 17:17
たいむさん☆
これが実話に基づいているのだから、回復力もなかなかバカにできないものがありますね~
人の生きようとする力のパワーを大地から感じ取る映画でした。
2016年05月06日 17:11
息子は、グラスに全然似ていないですね。レオのルックスが、よくも悪くも、リアリティを阻害しつつ、その、現場での冬山での努力が観える作品でしたね。

人を試すかのような大陸での過酷な経験。冬山は、監督の他の作品然り、一つの聖域であり、人の本質を映し出す絶好のスポットのようです。季節は春ですが、凍える冬山の絶景、されど、グラスの復讐と、その結果のせいか、暖かみがあるように思いました。
ノルウェーまだ~む
2016年05月07日 00:04
隆さん☆
その暖かみ、それこそが人間味なのかもしれないですね。
冷たく俯瞰しているかのような大自然の中で、唯一「熱」を持っているグラスが、復讐に燃えてみたり、馬の腹から復活したりと、「生」を感じさせるシーンがどこか暖かく感じたのも確かでしたね☆
2016年05月10日 13:00
こんにちは。TBをありがとうございました。
私もですね、寒いのが超苦手なので、極寒の描写が伝わり過ぎて、映画館で寒さをひしひしと感じてしまいました~!
でも、それを伝え切っている、妥協が無い点が、素晴らしいのですよねぇ…。
ノルウェーまだ~む
2016年05月10日 18:57
ここなつさん☆
そうですね~
寒くてガタガタ震えるような感覚が伝わってくる映画でしたよね!
生半可ではないレオ様の体当たり演技が、きっちり大自然の過酷さを伝えてくれていました。
ふじき78
2016年05月11日 00:44
この映画がきっかけでレオ様が二代目ウルヴァリンに、とか妄想したりする。
ノルウェーまだ~む
2016年05月11日 23:26
ふじき78さん☆
かなりの不死身っぷりでしたからね~(笑)
2016年05月12日 22:16
タイタニックの時はあっさり凍死してたデカプリオがよくぞここまでタフになった…と感動しました。あの時の体力なら10回くらい死んでいたと思います
ノルウェーまだ~む
2016年05月13日 23:43
伍一くん☆
確かに!
きっと皮下脂肪が増えたことも大きく貢献していると思います。
2016年05月14日 05:59
おはよう^^
すごい映画だったねー!
157分もあったとは思えないぐらいのあっという間の鑑賞だったけど。
レオ様が凄い。ほんと、これで獲れなかったらおかしいよね!
良かったよかった^^
ノルウェーまだ~む
2016年05月14日 13:54
みすずちゃん☆
この映画に出会うために今までがあったのかもね。
レオ様無事に賞が獲れて良かった♪
あっという間の157分だったね~
作品的にも素晴らしかったと思うわ。

この記事へのトラックバック

  • 『レヴェナント 蘇えりし者』 2016年3月23日 20世紀FOX試写室

    Excerpt: 『レヴェナント 蘇えりし者』 を試写会で鑑賞しました。 レオ様アカデミー賞受賞おめでとう これだけやったんだからご褒美だね。 【ストーリー】  アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナ.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2016-04-23 17:14
  • レヴェナント 蘇えりし者 / The Revenant

    Excerpt: レオナルド・ディカプリが、アカデミー賞(主演男優賞or助演男優賞)ノミネート5度目にして、初めて主演男優賞を受賞。これで彼も、無冠の帝王を脱したわけですね。 初めてのアカデミー主演男優賞のレオ様の重.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2016-04-23 17:18
  • レヴェナント:蘇えりし者

    Excerpt: トム・ハーディの悪にはワケがある 公式サイト。原題:The Revenant。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督(本年度米アカデミー監督賞受賞)、音楽:坂本龍一。レオナルド・ディカプリオ(本年 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-04-23 17:19
  • レヴェナント 蘇えりし者

    Excerpt: そして彼はクマになった。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2016-04-23 17:24
  • 劇場鑑賞「レヴェナント 蘇えりし者」

    Excerpt: 復讐は、神の手に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604220000/ 【輸入盤】.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2016-04-23 19:50
  • レヴェナント:蘇えりし者

    Excerpt: レヴェナント:蘇えりし者 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2016-04-23 19:57
  • レヴェナント:蘇えりし者★★★★

    Excerpt: レオナルド・ディカプリオと、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督がタッグを組んだ話題作。狩猟中に瀕死(ひんし)の重傷を負ったハンターが、自分を.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2016-04-23 20:28
  • 『レヴェナント 蘇りし者』

    Excerpt: エマニュエル・ルべツキちょっとヤバイだろ!? 才能の溢れ方が半端無い。 3年連続アカデミー賞もむべなるかな。 相変わらずの長回しに自然光撮影にもうクラクラきますわ。 デカ ... Weblog: 時間の無駄と言わないで racked: 2016-04-23 22:51
  • 『レヴェナント:蘇えりし者』

    Excerpt: 復讐は神の手に委ねる。ゆえにそれまでは己の力で生き延びよ。 こんな映画を作られたら、世界中の才能が嫉妬を超えて失望するではないか。 バジェット、アイデア、センス。その全 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2016-04-23 23:08
  • レヴェナント:蘇えりし者

    Excerpt: 【THE REVENANT】 2016/04/22公開 アメリカ R15+ 156分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポ.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2016-04-23 23:31
  • 映画『レヴェナント:蘇えりし者』★復讐に燃えた魂は旅の果てに真に生還す

    Excerpt:   作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168505/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照くださ.. Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** racked: 2016-04-24 01:15
  • 「レヴェナント:蘇えりし者」絶対不死身、ディカプリオ!

    Excerpt: [レヴェナント:蘇えりし者] ブログ村キーワード  “アカデミー賞最多12部門ノミネート、監督賞・主演男優賞・撮影賞 受賞!”「レヴェナント:蘇えりし者」(20世紀フォックス)。実在した伝説のハ.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2016-04-24 01:38
  • レヴェナント:蘇えりし者

    Excerpt: 1823年、アメリカ北西部。 ヘンリー隊長(ドーナル・グリーソン)をリーダーとする狩猟一団は、未開の地で先住民の襲撃を受けて逃走する中、ガイド役のベテラン・ハンター、ヒュー・グラス(レオナルド・.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2016-04-24 15:45
  • レヴェナント:蘇えりし者

    Excerpt: 評価:★★★★☆【4.5点】(11) 極限という言葉が最も当てはまる映画。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2016-04-24 15:51
  • 映画:レヴェナント: 蘇えりし者 The Revenant イニャリトゥの執念がまたもや結実した傑作。

    Excerpt: 当ブログは2年前の年末映画ベスト10で、同スタッフの「バードマン」 を3位にいれていた。 サブタイトル=「中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快? 怪作!(12/18アップ)」 .. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2016-04-24 17:07
  • レヴェナント 蘇えりし者

    Excerpt: 1823年、西部開拓時代のアメリカ。 ミズーリ川沿いを進むヘンリー隊長率いるハンターの一団は、狩りの途中でアリカラ族の襲撃に遭い、船を放棄し山沿いを歩いてカイオワ砦まで戻ることに。 ポーニー族の血を引.. Weblog: 象のロケット racked: 2016-04-25 19:45
  • 「レヴェナント 蘇えりし者」@チネチッタ

    Excerpt:  入場料金\1100のチネチッタデーと重なった公開2日目、夕方。この映画館で一番大きいチネ8には6割位の客入りだ。上映にはクラブチッタが監修した独自の音響「LIVEサウンド」が導入された。 Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2016-04-25 23:09
  • レヴェナント:蘇えりし者

    Excerpt: 圧倒的な自然 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/revenant 実話を基にした映画 原作: レヴェナント 蘇えりし者 (マイケル・パンク著/ハヤカワ文庫)監督: ア.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2016-04-26 14:59
  • レヴェナント:蘇えりし者・・・・・評価額1800円

    Excerpt: 死の先に、何を見出すのか? タイトルの「レヴェナント(Revenant)」には、「帰ってきた者」の他に「亡霊」という意味がある。 本作は19世紀初頭のアメリカで活躍した猟師にして探検家、ヒュー.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2016-04-26 23:49
  • レヴェナント:蘇えりし者  監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ

    Excerpt: 【出演】  レオナルド・ディカプリオ  トム・ハーディ  ドーナル・グリーソン 【ストーリー】 アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラスは狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死の重傷を負うが、同行して.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2016-04-27 22:48
  • レヴェナント:蘇えりし者

    Excerpt: 監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演 レオナルド・ディカプリオ     トム・ハーディ     ドーナル・グリーソン 狩猟の旅をする一団。 ディカプリオが熊に襲われ瀕死の状態。 息子と見.. Weblog: 本と映画、ときどき日常 racked: 2016-04-28 10:56
  • 『レヴェナント 蘇えりし者』('16初鑑賞39・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆★- (10段階評価で 7) 4月23日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:30の回を鑑賞。 字幕版。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2016-04-28 20:55
  • レヴェナント: 蘇えりし者

    Excerpt: 厳しい極寒の大地でロケーションしたサバイバル劇は人間の存在の小ささと、主人公の壮絶な復讐への執念を浮かび上がらせる。満点の出来栄えだと思う。 Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2016-04-28 23:43
  • 「レヴェナント:蘇りし者」 映画圧を感じる

    Excerpt: 今年のアカデミー賞を総なめにした「レヴェナント:蘇りし者」を観てきました。 アレ Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2016-05-01 07:05
  • 「レヴェナント 蘇えりし者」:大自然と激痛サバイバル

    Excerpt: 映画『レヴェナント 蘇えりし者』は、明らかに映画史に残る作品。シンプルなサバイバ Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2016-05-01 21:18
  • レヴェナント:蘇りし者

    Excerpt: レオナルド・ディカプリオ主演、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の西部開 Weblog: セレンディピティ ダイアリー racked: 2016-05-02 14:17
  • 『レヴェナント : 蘇えりし者(The Revenant)』アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、他

    Excerpt: 『レヴェナント : 蘇えりし者』The Revenant監督 :アレハンドロ・G・イニャリトゥ撮影 : エマニュエル・ルベツキ出演 : レオナルド・ディカプリオトム・ハーディドーナル・グリーソン、他 Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2016-05-03 05:11
  • 「レヴェナント:蘇えりし者」

    Excerpt: 凄いところは凄すぎて、あり得ず、かっこつけすぎ。眠くなった。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2016-05-03 06:28
  • レヴェナント 蘇えりし者

    Excerpt: 天地に委ねられし生と死、そこから立ち上がった男…。アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死(ひんし)の重傷を負うが、同行していた仲間の.. Weblog: E'S STREAM racked: 2016-05-05 00:00
  • レヴェナント:蘇えりし者

    Excerpt: 監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラッグ、ドウェイン・ハワード、アーサー・レッドクラウド.. Weblog: タケヤと愉快な仲間達 racked: 2016-05-06 17:44
  • 神の手~『レヴェナント:蘇えりし者』

    Excerpt:  THE REVENANT  19世紀、雪深いアメリカ北西部。ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は 原住民の妻との間にもうけた息子ホーク(フォレスト・グッドラッ.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2016-05-09 07:53
  • 映画「レヴェナント 蘇えりし者」

    Excerpt: 映画「レヴェナント 蘇えりし者」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2016-05-09 22:43
  • レヴェナント 蘇えりし者

    Excerpt:  『レヴェナント 蘇えりし者』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)主演のディカプリオがアカデミー賞主演男優賞を受けたというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、夜、横にな.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-05-10 06:58
  • 「レヴェナント 蘇えりし者」

    Excerpt: レオナルド・ディカプリオは年を取ってから(失礼!)の方が好きなので、彼がオスカーを受賞した事は、心からおめでとうを言うよりほかの気持ちは無い。むしろ遅い、遅過ぎた、という気持ちがある程だ。というか、何.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2016-05-10 12:53
  • 『レヴェナント 蘇えりし者』をトーホーシネマズ日劇1で観て、ゴダールに謝れふじき★★★

    Excerpt: ▲トランプのキングに似てるレオ様。 五つ星評価で【★★★御立派な映画だが長い】 なげーよ これが一番の感想。 後はデカブリオしぶといけど、インディオの息子の父ちゃん ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2016-05-11 00:44
  • [映画][☆☆☆☆★][2016年の映画]「レヴェナント: 蘇えりし者」感想

    Excerpt:  マイケル・パンクの小説「蘇った亡霊:ある復讐の物語」を、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のレ.. Weblog: 流浪の狂人ブログ~旅路より~ racked: 2016-05-12 20:13
  • ある日森の中クマさんと殺りあった アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 『レヴェナント 蘇えりし者』

    Excerpt: 本当にいまさらながらではございますが、レオナルド・ディカプリオ、念願のアカデミー Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2016-05-12 22:17
  • レヴェナント:蘇えりし者

    Excerpt:  『レヴェナント:蘇えりし者』を観た。  【あらすじ】  アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死(ひんし)の重傷を負うが、同行して.. Weblog: みすずりんりん放送局 racked: 2016-05-14 05:57
  • 大自然の猛威の中に

    Excerpt: 25日のことですが、映画「レヴェナント:蘇えりし者」を鑑賞しました。 IMAXにて 狩猟中に熊に襲われ瀕死の重傷を負ったヒュー・グラス グラスを足手まといだと狩猟メンバーのフィッツジェラルドは置き.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2016-05-17 17:27
  • レヴェナント:蘇えりし者

    Excerpt: 19世紀のアメリカ開拓地を舞台に一人の男の半生を描いた作品です。 レオナルド・ディカプリオが念願のオスカーを手にした作品だったので観なくちゃと思っていました。 予告編で想像する以上に凄まじい展開に、最.. Weblog: とりあえず、コメントです racked: 2016-05-19 21:47
  • 映画「レヴェナント 蘇りし者」ディカプリオに栄誉をもたらした大作

    Excerpt: 映画「レヴェナント 蘇りし者」★★★★ レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ 、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター 出演 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 監督、 157分、201.. Weblog: soramove racked: 2016-05-23 12:51
  • レヴェナント:蘇えりし者

    Excerpt: THE REVENANT 2015年 アメリカ 156分 アクション/ドラマ/アドベンチャー R15+ 劇場公開(2016/04/22) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 『バードマン あ.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2016-08-27 20:25
  • 2017新年明けましてと昨年ベスト3

    Excerpt: 皆さま、新年あけましておめでとうございます。 昨年は別のSNSへ移行していくブロガーさんも多く、ぐっとコメントも減ってすっかり寂しくなった一年でしたが、そんな中でも当ブログを訪ねてくださった皆様、本.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2017-01-01 10:52
  • レヴェナント:蘇えりし者

    Excerpt: 【概略】 狩猟の旅の途中、ヒュー・グラスは瀕死の重傷を負う。彼は仲間に置き去りにされた上、最愛の息子の命を奪われてしまう。 アクション 復讐の先に、何があるのか。 本作を賞賛され.. Weblog: いやいやえん racked: 2017-01-14 10:36
  • 映画評「レヴェナント:蘇えりし者」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督アレハンドロ・G・イニャリトゥ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-03-04 09:14