「リリーのすべて」☆せつなさ100%

妻のゲルダを演じたアリシア・ビカンダーが何しろ素晴らしい。
納得のアカデミー賞助演女優賞受賞だゎ。
せつなく唇を震わせて涙をこらえる妻の姿に、真実の愛を感じずにはいられない。


画像
「リリーのすべて」 公式サイト

<ストーリー>

シャイだけどデンマークでは一流の画家アイナー(エディ・レッドメイン)は、同じ画家の妻のゲルダ(アリシア・ビガンダー)にモデルの代わりを頼まれたのをきっかけに、自分の中の女性に目覚めていく。
次第にこっそりと女装をするようになり、そんな夫を認めて、女性としての夫をモデルに描いた絵は爆発的な人気に。
パリに居住を移し、有意義な日々を送るゲルダに対し、いよいよ追い詰められたアイナーは・・・・


画像
男性として生きるアイナーと、女性性が表に出ている時のリリー、リリーが出始めてからの男装のアイナーと、見事に演じ分けるエディに脱帽!!

男性でもカマっぽく演技をするのは、テレビでよく見かけること。
しかし、男性なのについカマっぽい仕草になってしまうのと、男性っぽくふるまっているのにちょっと女っぽい所が出てしまうのとはやはり違う訳で。
ここをきちんと演じ分けられるエディは、ひとかたならぬ役者であることに間違いはない。

画像
対してさばさばと男っぽい妻のゲルダ

服装も当時の女性にしてはあっさりとしたデザイン。
出会った時にゲルダから声をかけたりと、そもそも男性役のゲルダ女性の立場でいたアイナーと、実は運命は既に決まっていたのね。

画像
モデルを頼んだばっかりに「夫」を失うゲルダ、「自分」を見出すアイナー

シャイで繊細なアイナーだけど、ちゃんと夫として夜のおつとめもしていた時は、しっかり男っぽかったのに、リリーに目覚めてからは、ただそこに立っているだけなのに、その『男っぽさ』が消えている!
同じスーツで、同じように絵を描いているだけなのに~~~っ

画像
最初は遊びで女装していると思っていたゲルダが、「本気の夫」に気付いた時の、あの表情は忘れられない。
アイナーの気持ちにも寄り添いたいけど、妻としての寂しさも同時に表現する、この見事な演技力といったら!

画像
女性になると決めてからは、理解し合っているようで、心と体の距離は開いていく

一番の理解者でありながら、最も愛する人の心が遠くへ行ってしまうせつなさ。
手術の日に「ついてきていいよ。」というアイナーに「自分のことばかりね。」と初めて本音を言う妻。
「お願い、ついてきて。」と言い直すシーンは、自分も苦しいけれど妻もとても苦しんでいるということに気付いた瞬間。
今思い出しても涙があふれてしまう・・・・


ムンクがそうであったように、北欧の画家はえてして作風がとても暗く、何か深刻なものを抱えている。
鬱屈しているからこそ、その作品が唯一無二で素晴らしいものになるとも言えるのだ。

心が解放されてからは、作品を描くことが出来なくなったアイナーも、故郷の大自然に解き放たれたラストシーンは、素晴らしいハッピーエンドになったと涙をぬぐいながら思う私だった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2016年03月26日 07:27
「アリシア・ビカンダーが何しろ素晴らしい」同意。
助演というより主演では?と思わなくもありませんが
エディもすばらしかったけどレオがもっとすごかったのでしょう。楽しみです。
ノルウェーまだ~む
2016年03月26日 18:29
まっつぁんこさん☆
彼女は確かに主演と言ってもいいくらいでしたね。
でもそれだと「ルーム」の彼女との賞レースがあるから、助演女優賞で正解なのかも♪
2016年03月27日 23:18
そうそう、男性が女性を演じるとオカマっぽくなるところを完全に女性らしく演じるエディ・レッドメインは本物の役者ですよね。
そしてその凄さに負けじ劣らず、いや逆にリリーがより女性らしく見えるからこそ強く見えるゲルダを演じ切ったアリシア・ヴィンキャンデルも凄い!
ノルウェーまだ~む
2016年03月27日 23:40
にゃむさん☆
レッドメイン見事でしたね~
演じ分けられる技量はただただ驚くばかりでした。
そして勿論アリシアも見事!
可愛い妻、強い妻、優しい親友、どのゲルダも思わずぎゅっとしてあげたくなる愛に満ちていました♪
yukarin
2016年03月28日 23:31
こんばんは。
エディ・レッドメインの演技は素晴らしかったですね。
中盤あたりからはリリーがとても綺麗に見えてきました。
本当に演じ分けもお見事でした。
それとアリシア・ビカンダーも助演女優賞受賞は納得の演技でした。
たいむ
2016年03月29日 15:05
もし「本気の夫」を知ってしまったら自分はやっぱり唖然とするばかりなんだろうなぁ。
アリシアのオスカーは納得ですね。

女っぽい男と自分を女だと思っている男は違うんだと思います。エディのそこの演じ分けは本当にお見事でした。
彼は個性的な人物の本質をとらえるのが上手いのだと思います。
ノルウェーまだ~む
2016年03月29日 21:53
yukarinさん☆
何だかんだ言っても、人目は引くけどやっぱり男性だってわかるでしょう?と最初は思って見ていたけど、次第に本当に綺麗になっていってたよね。
どちらも素晴らしい演技でした!!
ノルウェーまだ~む
2016年03月29日 21:55
たいむさん☆
本当にそうですね~
エディの微妙なさじ加減というか、人間の本質をとらえるのが上手いって確かにってかんじ!
アリシアのオスカーも誰が見ても納得ですね☆
2016年03月30日 13:56
エディ・レッドメインが、ピンクのスーツでウキウキと街を出歩いていて、突然二人の男達に絡まれて殴られるシーンありますよね。
こうした演技で世界に認められることも、もしかしたらそれを見て良く思わない、妬む男達は居るかもしれないわけで…。
そう考えると、本当にエディ・レッドメインは凄いなと思います。
ノルウェーまだ~む
2016年03月30日 17:43
とらねこさん☆
私もあのシーンはとっても印象的だったわ。
本人にしてみれば女性だけど一応男性の格好をして…のような複雑な立ち位置さえも見事に演じていたよね。
男性なのに・・・
彼のこれからの役者人生、目が離せないね!
2016年04月05日 13:47
こんにちは。
楽しみにしていた本作、ようやく見てきました。
エディは、ホーキング博士に続いての難役をみごとに演じていましたね。少しずつリリーの部分が大きくなって、体がどうしても受け入れられなくなる、という心の微妙な変化が手に取るように伝わってきました。
夫婦ってだんだん性別を超えた親友のようになっていくものだけど、若くしてこれから...という時期にそれを受け入れなくてはいけなかったゼルダはつらかったですね。
ノルウェーまだ~む
2016年04月06日 14:14
セレンさん☆
妻目線から見ると、本当に辛い立場で切なくなってしまいますね。
究極の愛の形が、性別を超えた親愛だったりしますが、だからこそ同性として距離を置かれるようになっていくは辛すぎます~~(涙)
エディの演技力、本物ですね!!
ふじき78
2016年09月08日 22:29
そうか。そう言えばアカデミー主演男優賞でエディーはレオ様に負けたのか。エディーが勝つ為には二人の暴漢にボコボコにされるシーンを野生のクマに置き換える必要があるという事だな(違!)
ノルウェーまだ~む
2016年09月08日 23:57
ふじきさん☆
エディの演技も素晴らしかったですが、さすがにあのレオ様の氷点下の演技には敵わなかったですね。
熊+雪が必要です!

この記事へのトラックバック

  • リリーのすべて~芸術は変身だ

    Excerpt: 公式サイト。原題:The Danish Girl。イギリス=ドイツ=アメリカ。デヴィッド・エバーショフ原作、トム・フーパー監督。エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィシ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-03-26 00:31
  • 「リリーのすべて」:真っ正直のつまらなさ

    Excerpt: 映画『リリーのすべて』は、今から80年以上も前の実話だということに驚いてしまいま Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2016-03-26 00:46
  • リリーのすべて

    Excerpt: リリーのすべて@TOHOシネマズ日劇 ジャパンプレミア Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2016-03-26 07:20
  • 映画:リリーのすべて The Danish Girl 価値観を揺さぶられる映画(って新しいかも?!)

    Excerpt: 最近ビックリしたニュースのひとつは、以下。 ウォッシャスキ-兄弟が、      ↓ ウォッシャスキ-兄妹に      ↓ ウォッシャスキ-姉妹となって、完成! .. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2016-03-26 08:02
  • 『リリーのすべて』 トランスジェンダーの先駆者とそれを支えた人

    Excerpt:  『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督作品。  原作はリリー・エルベという実在の人物をモデルにした小説。日本語訳では『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』となって.. Weblog: 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実 racked: 2016-03-26 08:16
  • 私が彼の妻ならば・・・。『リリーのすべて 』

    Excerpt: 世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマです。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2016-03-26 11:44
  • リリーのすべて ★★★.5

    Excerpt: 世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベの実話を基に、ふとしたきっかけから男性であることに違和感を抱き始めた主人公の苦悩と、そんな夫を献身的に支え続けた妻の葛藤と感動の愛の物語を描.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2016-03-27 18:59
  • 『リリーのすべて』

    Excerpt: どんなに頑張っても男は女にはなれない。そして敵わない。 世界で初めて性別適合手術を受けたデンマークの画家アイナー・ヴェイナーことリリー・エルベと、彼から彼女へと変わり ... Weblog: こねたみっくす racked: 2016-03-27 23:18
  • これほどの愛~『リリーのすべて』

    Excerpt:  THE DANISH GIRL  1926年、デンマーク。コペンハーゲンで暮らす風景画家のアイナー・ヴェイ ナー(エディ・レッドメイン)は、肖像画家の妻ゲルダ(アリシア・.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2016-03-27 23:22
  • リリーのすべて

    Excerpt: わたしはリリー 公式サイト http://lili-movie.jp 実話を基にした映画 原作: リリーのすべて (デヴィッド・エバーショフ著/ハヤカワ文庫)監督: トム・フーパー  「英国王のスピー.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2016-03-28 15:42
  • リリーのすべて

    Excerpt: あなたの愛で、 本当の自分になれた。 夫が女性として生きたいと願った時、妻はすべてを受け入れた。 THE DANISH GIRL 上映時間 120分 映倫 R15+ 原作 デヴィッド・エバーショフ.. Weblog: to Heart racked: 2016-03-28 22:11
  • リリーのすべて

    Excerpt: 【THE DANISH GIRL】 2016/03/18公開 アメリカ R15+ 120分監督:トム・フーパー出演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、セバスチャン・コッ.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2016-03-28 23:25
  • リリーのすべて

    Excerpt: 1926年デンマーク。 風景画家のアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、同じく画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に女性モデルの代役を依頼され、自身の内面にある女性の存在を感じ取.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2016-04-01 17:44
  • 『リリーのすべて』 2016年3月9日 TOHOシネマズ日劇

    Excerpt: 『リリーのすべて』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 チケットは7分で完売と言っていたが、もうちょい経ってた気もするw エディ・レッドメインとトム・フーパー監督の舞台挨拶であったが トム・フーパー.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2016-04-03 22:40
  • リリーのすべて

    Excerpt: トム・フーパー監督、エディ・レッドメイン主演の伝記ドラマ、「リリーのすべて」(T Weblog: セレンディピティ ダイアリー racked: 2016-04-05 13:48
  • "How have I ever deserved such love?"『リリーのすべて(The Danish Girl)』トム・フーパー監督、エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、他

    Excerpt: 注・内容、台詞に触れています。『リリーのすべて』The Danish Girl監督 : トム・フーパー出演 : エディ・レッドメインアリシア・ヴィキャンデルベン・ウィショーセバスチャン・コッホアンバー.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2016-04-11 06:49
  • リリーの誕生は・・・

    Excerpt: 28日のことですが、映画「リリーのすべて」を鑑賞しました。  1926年デンマーク 風景画家のアイナー・ヴェイナーはく画家の妻ゲルダに女性モデルの代役をきっかけに自身にある女性の存在を意識する それ.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2016-05-07 17:37
  • 引き金をひいたのは奥さんちゃうん?~リリーのすべて~

    Excerpt: 今頃か~いというくらい2ヶ月以上遅れてアップしとりますどもども。 これね~。もともとアイナーの中にはリリーがいたんでしょ? 過去に封印したはずの女性の部分がはっきり表にでてくるきっかけになって.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2016-07-21 16:54
  • 『キャロル』『リリーのすべて』をギンレイホールで観て、ふむふむふむふむふじき★★★,★★★

    Excerpt: 同性愛映画二本立て。 ◆『キャロル』 ▲ケイト・ブランシェットに秘かに「おらはこう見えても筋金入りの鉄ちゃん」と遠回しに告白するシーン。 五つ星評価で【★★★二人の ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2016-09-09 00:06
  • 映画評「リリーのすべて」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年イギリス映画 監督トム・フーパー ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-02-11 10:16
  • リリーのすべて (2015)

    Excerpt: エディ・レッドメイン、しみじみとガラスの仮面! 『博士と彼女のセオリー』と、この作品の両方をこなして見せるとは!性別違和に苦悩する主人公でしたが、あくまで夫婦愛の物語でした。こんな風な実例があると、心.. Weblog: のほほん便り racked: 2018-02-13 11:20