「ザ・ウォーク 3D」☆手汗でギトギト

じっとりと汗をかく?とんでもない!!
汗で手がびしょびしょになって、膝に乗せた上着やカバンが、困ったことになるよ!


画像
「ザ・ウォーク」 公式サイト

<ストーリー>

幼い頃にサーカスの綱渡りを見てから独学で曲芸を学んだフィリップ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、サーカス小屋のパパ・ルディ(ベン・キングズレー)に才能を見いだされ指導を受けるも、その傲慢さから衝突し再び独学で訓練を続けていた。
或る時ノートルダム寺院の塔にかけたワイヤーを渡って新聞に載り、彼は次なる目標を決めたのが、建設中のNYワールドトレードセンターだった・・・・
(1月23日公開)

画像
サーカス小屋のパパ・ルディはまさに父親がわり

指導してくれるパパ・ルディに対しても傲慢な態度のフィリップ。
怒って追い出したり素っ気なく突き放すパパ・ルディも、実はフィリップを息子のように思っていて、最後にNYへ送り出すシーンでは思わず涙がにじんでしまう。

画像
フィリップのカリスマ性に惹かれた大道芸仲間の女性(シャルロット・ルポン)は挑戦を見届けようと・・・

いかにもフランス人らしい顔立ちのシャルロット。顔ちっさ!
その小ささと違和感のない小顔のジョセフ・ゴードンは、大学でフランス文学を学んだだけあって、見事なフランス語と、フランス訛の英語を話す。

画像
調達できなかった時はどうするつもりだったのか、共犯の仲間も着実に揃え・・・

様々にデコボコなメンバーがフィリップを手伝ってくれる。
屋上で散々手伝わされる高所恐怖症の数学教師や、NYのヤク中の彼は「高い所に登ったらもっとハイになるぅ~~♪」って(爆)
人物描写がちょっと弱かったけれど、フランス人同士の仲間の硬い絆は心温まる。

画像
そんなところで座るなーっ!と思ったのはまだ良い方だった・・・・・(汗)

ただロープを張って綱渡りをするだけの映画でしょう?と甘く見ていたわ・・・・
準備段階からハラハラドキドキ、綱渡りを始めたときは、ああ、やっと渡ってこれで終わるねと思ったくらい。

画像
CGなんだしね・・・・と言い聞かせて見ている自分

さすがロバート・ゼメキスな映像。
3D試写会だったけど、アクションと違うので今回は気を失うことなく、と言うよりも目は血走り、口はあんぐりで喉は渇くし、手汗酷く、息を止めているから息苦しく、身体は固まってがっちがちになる。

画像
待ち構える警官と何故か共感してしまい、はやく渡り切って!!と思ってしまう

CG感は否めないとはいえ、本物のフィリップ・プティから直接指導を受けて、2メートルの高さでロープを渡り切ることが出来るようにまでなったジョセフ・ゴードンの努力に拍手☆
ジャグリングも難なくこなして、頭がいいだけでなく本当に器用な人だと感心してしまったwa

画像
こちらが本物のフィリップ・プティさん
映画では自分から家を出たフィリップだったけど、実際は17歳で親に放り出されたのだそう
幼少の頃から素行不良で、大人を困らせてきたフィリップ・プティは、自活するためにジャグリングや綱渡りを特訓したのだそう。
何でも死ぬ気でやらないとなのね。
画像
何故だかやっぱり本当の写真の方が恐ろしく感じる・・・・・
今は無きワールドトレードセンタービル、彼の技を超える人は永久に現れないというのも感慨深い。

いや~~、ハラハラドキドキしたっ!!
観た後は喉が渇いてビールやサワーが美味しいかも。


あれ?受験生の息子がまさに綱渡り状態なのに、こんなハラハラを体験してどーする私??



この記事へのコメント

2016年01月21日 20:09
高所恐怖症なので絶対に見ません!
ノルウェーまだ~む
2016年01月22日 11:30
ボーさん!☆

高所恐怖症の人も頑張ってましたよーっ
掛け算をするといいようです♪
2016年01月24日 14:42
こんにちは。
この題材でどうやって2時間引っ張るのか?と思っていましたが^^; 無謀に挑戦するまでの人間ドラマがしっかり描かれているようですね。
本物のフィリップ・プティさん、ジョセフ・ゴードン=レヴィッドによく似てる!!
怖いけれど、この緊張感を体感してみたいです☆
2016年01月24日 20:45
確かに本当の写真のほうが怖い。
見ただけでひぇ~っと思っちゃいます~
高所恐怖症なのに3Dで観てしまい、足はガクガクしてるし何度もフラッと来ましたが3Dで体験できて良かったです。
何かの時は掛け算しますーっ
zooey
2016年01月25日 18:17
いや…
これは私、見る勇気ないです。
戦争映画なんかでも残酷なシーンでは殆ど目を瞑っているのに
この作品だったら、どれだけ目を開けていられるか?
でも、主人公の人生も描かれているのか…
どうしましょう!?
ノルウェーまだ~む
2016年01月25日 23:50
セレンさん☆
私も2時間引っ張るのは無理でしょう?と思っていたら、彼の生い立ちからこの無謀な挑戦、恋人との出会い~~と見せ場は結構あって、もっと掘り下げたらぐっと長くなっても良いくらいでしたよ。
欲を言えば、一緒に共犯者となる仲間たちの心情を深く見せて欲しいところでした。
ノルウェーまだ~む
2016年01月25日 23:52
yukarinさん☆
背が高い分、余計高所では人より怖くなっちゃうのかな??(笑)
映像はCGだCGだと思えば、なんとか切り抜けられたけど、本当の写真は偽り無しでやっぱり怖いよね。
是非、掛け算で切り抜けてね~~
ノルウェーまだ~む
2016年01月25日 23:55
zooeyさん☆
まあ、綱を渡るのは最後のほうだけなので、それまでのいきさつを楽しむのもいいかもです~~
同行の友人もそのシーンは目をつぶっていたと言ってましたけど、大丈夫!!
ワイヤーを掛けるまでの作戦も面白いのですよ♪
2016年01月26日 23:30
今の時代は逆にこんなことをする人もいなくなりましたよね。
もちろんこういうことが出来る場所がないというものありますが。
無謀なことが出来た時代を映像化出来る時代に出来た映画で見る日が来るとは夢にも思いませんでしたよ。
高所恐怖症にはキツい映画でした…。
ノルウェーまだ~む
2016年01月28日 11:39
にゃむさん☆
高所恐怖症の方って結構いらっしゃるのですねー?
そしたらかなりキッツイ作品でしたね(笑)
テンパッテいる様子が伺えますわ。

最近では橋のてっぺんとか、高いビルの先っぽで自撮りに挑戦する危険知らずな若者もいるので、チャレンジ精神もある意味エスカレートしてるのかもしれないです。
ただフィリップは技あっての綱渡りなので、ただ自撮りして人に迷惑かけたりするのよりずっと良いように思いますね。
2016年02月03日 02:01
まだ~むさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

予告編の綱渡りのインパクトが凄かったものですからやはり当初はその綱渡りシーンが見所かとも思ったのですが、そこにプティが行き着くまでのお話もなかなかどうして、個人的にはとても面白かったんですよねぇ^^仲間達とコソコソワイヤー張って行く過程も綱渡り同様に緊張感ありましたし、その前のパパ・ルディとの関係もどこかジーンと来ちゃいましたね。プティからの指導料をちゃんと全部取って置いてた辺りとか・・。

ただ3Dで観る事が出来ればもっと臨場感もあって汗もダラダラでしたでしょうけど、自分のとこの劇場ではその3Dが来なかった事が唯一の不満点でしたね(汗
ノルウェーまだ~む
2016年02月03日 15:22
メビウスさん☆
パパ・ルディの父親のような温かさがじーんと来ましたよね♪
本来ならこんな荒唐無稽な挑戦はたしなめるところでしょうが、ぐんと背中を押してあげる度量にぐっときちゃいました。
3Dはいまひとつな映画が多い中で、これは特に3Dをよく生かしていたと思います☆
2016年02月05日 18:10
パパ・ルディとプティの絆はよかったですね。『クリード』もそうですが最近じじいと青二才の心の交流に弱いです。その点『セッション』は悪い例…
パパ・ルディの「綱渡りは渡り終える直前が最も危険」という言葉がとりわけ胸に響きました。ゲリピーもトイレのドアまで来た時が一番危ないと思います
ノラネコ
2016年02月05日 22:30
去年の「エベレスト」も高所恐怖症にはキツイと話題でしたが、対象物のスケールが分りやすい分、こっちのほうが数段恐ろしかったです。
ぶっちゃけいかれてるけど、ここまで突き抜けるともう応援するしかないですね。
二度と帰らない青春の物語として、心に染みました。
ノルウェーまだ~む
2016年02月06日 16:18
伍一くん☆
荒唐無稽な挑戦をしようとする青年と疑似親子のような関係で応援できるって、本当に素敵なことよね。
温かい気持ちになれてぐっときたわ☆
ゲリピーの心配まではしてくれるか判らないけど…
ノルウェーまだ~む
2016年02月06日 16:20
ノラネコさん☆
とんでもないことするヤツだなぁと思いながらも、つい応援してしまいますね。
「エベレスト」は未見ですが、一般人のものさしでは、こちらがずっと想像しやすく、その分恐ろしかったです~~

この記事へのトラックバック

  • ザ・ウォーク3D★★★★★

    Excerpt: 1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦した、フィリップ・プティの著書を実写化した実録ドラマ。彼が成し遂げた前代未聞の偉業の全貌が映し出される。メガホンを取るのは、『フォレスト・ガ.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2016-01-23 11:49
  • ザ・ウォーク

    Excerpt: アバターよりも3D効果絶大! ぜひとも3Dで体感して下さい!! さらに最前列で見上げるとなおさら!!! Weblog: ハリウッド映画 LOVE racked: 2016-01-24 12:47
  • 劇場鑑賞「ザ・ウォーク」

    Excerpt: 天空を、歩く… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601240000/ <期間限定!お.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2016-01-24 14:12
  • ザ・ウォーク (3D字幕)

    Excerpt: 評価:★★★★☆【4.5点】(14) 3D効果で久しぶりに胃が浮いてしまった(爆) Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2016-01-24 16:44
  • ザ・ウォーク(3D) / The Walk

    Excerpt: フランスの綱渡り芸人フィリップ・プティの自伝を下にした作品。自伝がベースであるためか、主人公フィリップの視点で物語が進みます。なので、自分に都合がわるい所は省かれているかも。 ジョセフ・ゴードン=レ.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2016-01-24 17:42
  • ザ・ウォーク (3D)

    Excerpt: 【THE WALK】 2016/01/23公開 アメリカ 123分監督:ロバート・ゼメキス出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デール .. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2016-01-24 20:37
  • 「ザ・ウォーク」高いよ~!恐いよ~!!

    Excerpt:  1974年、当時世界で最も高い建物だったNYのワールドトレードセンターに、1本のワイヤーを張り、その上を歩いて渡った男がいた。男の名はフィリップ・プティ。「ザ・ウォーク」(ソニー・ピクチャーズ .. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2016-01-24 20:46
  • 「ザ・ウォーク」@ソニーピクチャーズ試写室

    Excerpt:  私は映画.com独占試写会で作品を拝見した。客入りは8割位。3D字幕版が上映された。 Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2016-01-24 22:55
  • いや~もうやめて~ってくらい体感するよ。(^_^;)~「ザ・ウォーク」TCX3D

    Excerpt: この映画は、ストーリーより映像ありきで最初から見に行ってるんで 高所恐怖症のくせして3D鑑賞。しかもくずはのTCXだから結構大きめのスクリーン。 いや~すんごい迫力でした。 矢が飛んでくるシーンは.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2016-01-26 01:54
  • 『ザ・ウォーク』

    Excerpt: 高所恐怖症にはあまりにも怖すぎる青春映画。 膝がガクガク震えてしまいました。作り物の映像だと分かっていても、スクリーンを見続けることが苦痛になる映画でした。 映画を見続 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2016-01-26 23:30
  • ザ・ウォーク

    Excerpt: その歩み、威風堂々。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2016-01-28 17:53
  • 映画「ザ・ウォーク(3D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります

    Excerpt: 映画 『ザ・ウォーク(3D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 なお、原作小説である大道芸人フィ.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2016-01-29 19:17
  • ザ・ウォーク

    Excerpt: ひえぇぇ~~~ 公式サイト http://www.thewalk-movie.jp 実話の映画化 原作: マン・オン・ワイヤー (フィリップ・プティ著/白揚社)監督: ロバート・ゼメキス 8歳の時にサ.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2016-01-30 11:08
  • 『ザ・ウォーク(THE WALK)』ロバート・ゼメキス監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、他

    Excerpt: 『ザ・ウォーク』THE WALK監督 : ロバート・ゼメキス出演 : ジョセフ・ゴードン=レヴィットベン・キングズレーシャルロット・ルボン、他物語・1974年。フランス人の大道芸人フィリップ・プティ(.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2016-01-31 18:08
  • No.526 ザ・ウォーク

    Excerpt: 米ニューヨークのワールドトレードセンターで命がけの綱渡りを敢行した男の物語を3Dで映画化。1974年8月7日、当時世界一の高さを誇ったワールドトレードセンター。フランス人の大道 ... Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2016-02-01 21:01
  • ザ・ウォーク

    Excerpt: 【監督】ロバート・ゼメキス 【出演】ジョセフ・ゴードン=レビット/ベン・キングスレー/シャルロット・ルボン/クレマン・シボニー/セザール・ドムボイ/ジェームズ・バッジ・デール 【公開日】2.. Weblog: シネマをぶった斬りっ!! racked: 2016-02-03 02:00
  • ザ・ウォーク(3D字幕)/THE WALK

    Excerpt: 1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦した、フィリップ・プティの著書を実写化! 2008年のアカデミー賞受賞ドキュメンタリー「マン・オン・ワイヤー」でも描かれたが本作の.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2016-02-03 13:32
  • フィリップ、君はいかれてる ロバート・ゼメキス 『ザ・ウォーク』

    Excerpt: 1974年、NY世界貿易センタービルで行われた伝説のパフォーマンスを、名匠ロバー Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2016-02-05 18:10
  • ザ・ウォーク・・・・・評価額1750円

    Excerpt: 極限の縁を歩く。 
ワイヤーの上のアーティストの、創造の夢と狂気。 
1974年8月、当時完成目前だったニューヨークのワールド・トレード・センターのツインタワーの間にワイヤーを渡し、地上411.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2016-02-05 22:08
  • ザ・ウォーク

    Excerpt:  『ザ・ウォーク』(3D)をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)予告編から面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭には、「これは実話である」(True Story).. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-02-06 08:42
  • ザ・ウォーク

    Excerpt: ロバート・ゼメキス監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演の、実話に基づくアドヴ Weblog: セレンディピティ ダイアリー racked: 2016-02-10 01:40
  • [映画][☆☆☆★★][2016年の映画]「ザ・ウォーク」感想

    Excerpt:  大道芸人フィリップ・プティのノンフィクション「マン・オン・ワイヤー」原作。1974年8月7日のニューヨーク、ワールドトレードセンターの二つのビルの間にかけたワイヤーで綱渡りを披露した男の実話を、「.. Weblog: 流浪の狂人ブログ~旅路より~ racked: 2016-02-21 19:45
  • ザ・ウォーク(ネタバレあり!)

    Excerpt: [ザ・ウォーク] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2016年4本目です。 【あらすじ】 パリの路上でジャグリングや綱渡りを披露し人気の大道芸.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2016-02-22 03:18
  • ザ・ウォーク

    Excerpt: ザ・ウォーク '15:米 ◆原題:THE WALK ◆監督:ロバート・ゼメキス「フライト」「Disney's クリスマス・キャロル」 ◆主演:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、.. Weblog: C’est joli ここちいい毎日を♪ racked: 2016-03-20 23:24
  • 綱渡り男の挑戦 ~ 実写編

    Excerpt: 25日のことですが、映画「ザ・ウォーク」IMAX 3Dを鑑賞しました。 1974年 フランス人の大道芸人フィリップ・プティは誰も考えついたことのない挑戦をすることに。それはニューヨークのマンハッタン.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2016-03-30 22:20
  • ザ・ウォーク

    Excerpt: THE WALK 2015年 アメリカ 123分 ドラマ/サスペンス/伝記 劇場公開(2016/01/23) 監督: ロバート・ゼメキス 『フライト』 製作: ロバート・ゼメキス 原作: フィリ.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2016-06-15 12:44
  • 映画評「ザ・ウォーク」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督ロバート・ゼメキス ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-10-16 09:02