「ラスト・ナイツ」☆忠臣蔵には無条件に萌える

かつて大絶賛だった「GOEMON」の監督にして、過去最低!な「CASSHERN 」の監督でもある紀里谷氏。
日本映画界では鼻つまみ者らしいけど、初めから世界を目指していたのでしょうね。
さて、今回はどっちに転ぶか??


んー、何だろねこれ?と思った前半部分も、中盤からぐいぐいと惹きつけられ、しまいにはぐぐっとのめり込んでいた私。
いいんじゃない~~♪
とはいえ、世界でも注目度の高い「忠臣蔵」だものね。世界の紀里谷というより、もしかしたらある意味テッパンとも言える世界の「四十七士」のお蔭?


画像
「ラスト・ナイツ」 公式サイト

<ストーリー>

権力を楯に横暴な賄賂を要求してくる大臣ギザモット(アクセル・ヘニー)に対し、断固として要求を断ったバルトーク卿(モーガン・フリーマン)に即刻、反逆罪として斬首の刑が言い渡された。
しかも執行を命じられたのはバルトーク卿の愛弟子ライデン隊長(クライヴ・オーウェン)だった。
1年後、酒浸りの日々を過ごすライデンに対し、冷たく罵る部下たちの姿があったが実は・・・・


画像
相変わらず圧倒的存在感のモーガン・フリーマン(米国)は、おひげが面白い事になっちゃてて、一瞬コメディだったかな?と・・・

前半はうっかり紀里谷監督のハリウッドデビュー作であることをすっかり忘れて観ていたので、多種多様な人種を集めた時代物のようだけど良く判らない、英国風のお城かと思えばイスラム的宮殿が登場したり、題名だってラストサムライっぽいし、なんだか「やらかしちゃった」イメージにややドン引き。

ただキャストの国籍を見るとそれこそまんべんなく多種多様に揃えている事がわかり、もしかしたら凄い事なのでは??と思えてきたyo

画像
主役のクライヴ・オーウェン(英国)は大石内蔵助にはぴったり♪この渋さ、もう彼しかないよね☆

彼の右腕の部下にはクリフ・カーティス(ニュージーランド・・マウリ族)や、アン・ソンギ(韓国)など。
その他の人々は甲冑を脱いで村人に紛れてしまうと、もう誰が誰だかわからないのだけど、そういう意味から言っても様々な人種のキャスティングは際立たせるのに大きな役割を持っているのかも。

画像
若き皇帝で「別離」に出ていたペイマン・モアディは中東系と思ったらまさかのNY出身
憎たらしい大臣ギザモットは特徴的な顔立ちのアクセル・ヘニー(ノルウェー)

それにしても正しい判断が出来ない皇帝って!!いずれの世にもいずれの国にも居そうよね。

画像
ライデンは愛する妻(アイェレット・ゾラー・イスラエル)も裏切り、酒に女に溺れる日々

忠臣蔵だと判っていても、妻が愛想をつかして出て行ってしまうくだりは切ない。
大石内蔵助は昼行燈でうだうだしていただけに、積極的に堕落していくライデンはちょっと・・・・と思ったら実はの作戦があとで光ってくる♪

画像
最初から最後まで出ずっぱりの伊原剛志(伊藤)は、ヒール役を堂々と演じてなかなか見事でしかもオイシイ役回り

秘密作戦で城へ侵入していくところはどこか忍者風で、ワクワク度MAX!
本来なら重たくて力任せに振り抜くのが西洋の刀の扱いのところを、日本刀の殺陣のように素早い剣裁きで戦うのはあえて『日本』を意識したものに違いない。

この辺りからもう結末が判っているのにハラハラドキドキ。

画像
世界に通用する騎士道は「四十七士」に勝るものなし

忠臣蔵をモチーフにした「47RONIN」が妖怪ものになっちゃって最後失速したのに対し、こちらはラストに向けての盛り上がりが半端ないし、本来の『忠臣蔵」的武士道をしっかり表現できているんじゃないかな☆
紀里谷監督、ハリウッドデビュー作はまずまずといったところでは?

これから寒くなってきて、恒例の「討ち入り」の季節(笑)
今年は和洋折衷の『忠臣蔵』もいいかもね☆


この記事へのコメント

2015年11月16日 22:13
この作品、17カ国からキャスティングされたのだと
何かで読んだ気がします。
モーガン・フリーマン、クライヴ・オーウェン、伊原剛志という組み合わせがなんとも…
ちょっと怖いもの観たさという気もしますが
やはり観るべきかな?
ノルウェーまだ~む
2015年11月17日 11:21
zooeyさん☆
元宇多田ヒカルの夫、日本映画界では総スカン、日本人監督ハリウッドデビュー作と話題に事欠かないので、観ておくのもいいかもしれないです。
イスラム的城に住む横暴な皇帝に、黒人、白人、アジア系、アラブ系と様々な人種が一致団結して誇りを守って行こうとする…
まさに今の時代に合っているのかも☆
ただし国を追われた人々という立場からいうと、自分たちが主人公と相手側も思いそうだけど。
ふじき78
2015年11月18日 08:55
OH! 47RONIN と同じ話だと言うのにドラゴンやレディー凛子が出てこないね。ドユコトこれ?
ノルウェーまだ~む
2015年11月18日 11:41
ふじき78さん☆
本当ですね~
ファンタジーのお話になってしまった47RONINと違って、架空なのにどこか「四十七士」の魂を感じさせてくれるお話になってました♪
2015年11月19日 15:00
こんにちは。
紀里谷監督の映像世界は好みなのでそれだけを期待に行ったんですが、なかなか良かったです。
47RONINなんかよりずっと良かった~
監督は海外で活躍したほうがいいのかなと思いましたけどね。
ノルウェーまだ~む
2015年11月19日 15:30
yykarinさん☆
同じ題材でも随分違った印象になるのだと感心しちゃうよね。
ここはさすが日本人監督!武士の心を判ってる!て感じだったわ。
紀里谷監督、海外でどんどん伸びて行ってほしいね☆
2015年11月25日 23:49
日本人監督が世界の才能を集めて映画を作るって、何だか大島渚監督みたいって思いました。
でもそんな雰囲気が少しでもあるなら、紀里谷監督にもそうなっていただきたいですね。
ノルウェーまだ~む
2015年11月27日 16:38
にゃむばななさん☆
これから十分に世界で活躍していけそうですよね。
監督の良い所が存分に発揮できた作品だったのではないかしら。
世界の才能が自然と集まってくれる、そういう監督でいて欲しいです。
2015年12月13日 22:47
ははは… 実を言うと『CASSHERN』はオールタイム・ベストの一本(^_^; ま、あまり評価しているひとはいないですよね
クライブ・オーウェンの演技が真にせまりすぎて、おちぶれてるくだりでは「本当に討ち入りのこと忘れちゃったんじゃないの?」と心配になりました
ノルウェーまだ~む
2015年12月14日 21:42
伍一くん☆
うひゃー!キャシャーンファンだったとは!
うむむ、あれはなんで最悪映画だと思ったか覚えていないのだけど、あまりの世界観に付いて行けなかった記憶だけはありますね。
クライヴ・オーウェンの演技素晴らしかったですが、私は逆に仲間から本気で白眼視されてると思っちゃいました。

この記事へのトラックバック

  • ラスト・ナイツ

    Excerpt: ラスト・ナイツ@ギャガ本社試写室 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2015-11-16 22:37
  • 『ラスト・ナイツ』 2015年10月29日 なかのゼロホール

    Excerpt: 『ラスト・ナイツ』 を試写会で鑑賞しました。 上映後に紀里谷和明監督が舞台挨拶に現れました。 今日は東京国際映画祭でも上映があって、新宿から駆けつけてくれただけで 感慨深いものがある。 それに加え、.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2015-11-17 11:44
  • 映画「ラスト・ナイツ」 感想と採点 ※ネタバレなし

    Excerpt: 映画 『ラスト・ナイツ』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー .. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2015-11-17 12:04
  • ラスト・ナイツ ★★★★

    Excerpt: 『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が、ハリウッドデビューを果たしたアクション巨編。君主の誇りを踏みにじった支配者に復讐(ふくしゅう)を果たそうとする、屈強な剣士とその仲間たちの姿を追.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2015-11-17 12:15
  • 劇場鑑賞「ラスト・ナイツ」

    Excerpt: 心の絆は、断ち切れない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201511150000/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2015-11-17 13:58
  • ラスト・ナイツ

    Excerpt: 試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】従事していた主君を失い復讐の機会を待つ部 Weblog: うろうろ日記 racked: 2015-11-17 14:33
  • ラスト・ナイツ

    Excerpt: 忠誠心、名誉、正義、尊厳が失われ、不正と腐敗がはびこる封建国家。 悪徳大臣ギザ・モットからの賄賂要請を堂々と断ったバルトーク卿は、いわれなき反逆罪に問われ、皇帝から死刑を宣告され処刑された。 …1年後.. Weblog: 象のロケット racked: 2015-11-17 17:12
  • ラスト・ナイツ

    Excerpt: 今回は面白かった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2015-11-17 20:26
  • ラスト・ナイツ

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(F) 意外と大作映画になってましたな~。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2015-11-17 20:52
  • ラスト・ナイツ

    Excerpt: けっこう好きな世界観。 Weblog: ハリウッド映画 LOVE racked: 2015-11-17 20:58
  • 『ラスト・ナイツ』をトーホーシネマズ日本橋6で観て、とてもいいけど一つ疑問があるよふじき★★★★

    Excerpt: 五つ星評価で【★★★★忠臣蔵が好きなので】 忠臣蔵が好きなので、これを翻案して上手く作ってあると「ええなあ」と思ってしまう。今回は日本人が脚本・監督を担った事で、かっ ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2015-11-18 09:03
  • ラスト・ナイツ

    Excerpt: 【LAST KNIGHTS】 2015/11/14公開 アメリカ 115分監督:紀里谷和明出演:クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、クリフ・カーティス、アクセル・ヘニー、ペイマン・モアディ、ア.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2015-11-19 14:58
  • ラスト・ナイツ

    Excerpt: 騎士道を貫く 公式サイト http://lastknights.jp 監督: 紀里谷和明  「CASSHERN」 「GOEMON」 ある帝国の清廉潔白で偉大な領主のバルトーク卿(モーガン・フリーマン).. Weblog: 風に吹かれて racked: 2015-11-20 14:30
  • ラスト・ナイツ

    Excerpt: 静かに荘厳に生きて戦い抜く!   Weblog: Akira's VOICE racked: 2015-11-22 12:10
  • ラスト・ナイツ

    Excerpt: 監督:紀里谷和明 出演:クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、クリフ・カーティス、アクセル・ヘニー、ペイマン・モアディ、アイェレット・ゾラー、ショーレ・アグダシュルー、伊原剛志、アン・ソンギ .. Weblog: タケヤと愉快な仲間達 racked: 2015-11-22 19:02
  • ラスト・ナイツ

    Excerpt: 忠臣蔵のお話を知らないとわかりにくいかもしればないけど、日本以外の海外でどう受け入れられるかはわからない。この映画で描かれているのが本当の騎士道なのかわからない。むしろ西洋的な解釈の武士道なのだと思う.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2015-11-22 22:06
  • 『ラスト・ナイツ』

    Excerpt: 騎士道で武士道を描く。これが世界を知る日本の魂。 日本映画界のしくじり先生こと紀里谷和明監督の実力がいよいよ発揮される時が近づいてきたのではないでしょうか。 もはやマス ... Weblog: こねたみっくす racked: 2015-11-25 23:57
  • 『ラスト・ナイツ』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ラスト・ナイツ」□監督 紀里谷和明□脚本 マイケル・コニーヴェス、ドーヴ・サッスマン□キャスト クライブ・オーウェン、モーガン・フリーマン、伊原剛志、クリフ・カーテ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2015-11-30 07:16
  • 紀里谷版忠臣蔵はいかが?~「ラスト・ナイツ」~

    Excerpt: 相変わらず映像は暗め。ブルーグレーな色彩。 とっても美しいとは思ったけど見づらいっちゃ見づらいのよな・・・。 紀里谷流の、映像へのこだわりは半端ない。 ますそっから受け入れられるかどうかになっちゃ.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2015-12-02 02:24
  • ラスト・ナイツ

    Excerpt:  『ラスト・ナイツ』を新宿バルト9で見てきました。 (1)クマネズミは、この映画を制作した紀里谷和明監督のこれまでの作品について、世に言われるほど酷くないと思っていて、本作も悪くないのではと期待し、.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2015-12-10 18:18
  • 騎士道も死ぬことと見つけたり 紀里谷和明 『ラスト・ナイツ』

    Excerpt: 1年のうちで1回くらいしかやらない3日連続更新に挑んでおります。なぜにそんなに急 Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2015-12-13 22:48
  • 騎士道をつらぬく

    Excerpt: 20日のことですが、映画「ラスト・ナイツ」を鑑賞しました。 強欲な大臣から賄賂を要求されるもそれを断り彼に刀を向けたバルトーク卿が反逆罪に問われ死刑判決が下される 1年後 まな弟子の騎士ライデンは酒.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2015-12-14 11:49
  • ラスト・ナイツ

    Excerpt: LAST KNIGHTS 2015年 アメリカ 115分 アクション/ドラマ/歴史劇 PG12 劇場公開(2015/11/14) 監督: 紀里谷和明 『GOEMON』 製作: 紀里谷和明 出演:.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2016-05-14 22:57
  • 映画評「ラスト・ナイツ」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2015年イギリス=韓国合作映画 監督・紀里谷和明 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-12-09 08:39