「岸辺の旅」☆彼岸を超えるのは自分

カンヌ映画祭で監督賞を受賞したと聞いて、ちょっと期待し過ぎたかもしれない。
見終った直後は、もっと怒涛の号泣を想定していたせいで、案外あっさりとしたラストに肩すかしを食った気分だった。
公開してしばらく経つのに、あまり絶賛の声が聞こえてこないのもそのせいかな?と思ったけれど、時間が経つにつれてじわじわと胸に迫ってきて・・・・


画像
「岸辺の旅」 公式サイト

<ストーリー>

失踪して3年経つある日、夫(浅野忠信)が突然帰ってきて「おれ死んだよ。」と言い、一緒に綺麗な景色を見に行こうと誘う。
取り敢えず荷物を詰め、夫が3年の間にお世話になった人たちの所へ電車に乗って行くことにした妻 瑞希(深津絵里)は、様々なものを抱え尚生きようとする人と出会い、夫の今まで知らなかった一面を知ることになる。
先々で互いの深い愛情を感じていくのだが・・・


画像
戸惑いながらもバスや電車で旅をする

どうやら他の人にもちゃんと見えているらしい。
そこに当たり前のように存在して、当たり前のように会話し生活する様子が、なんだかとても可笑しいというか微笑ましい。

画像
ファンタジックな柔らかいストーリー展開が、突如ホラー映画??!の様相になったりも

幽霊となった夫が戻ってくる話なのに、微塵も怖さを感じないのは、深津絵里のほわわんとした雰囲気のおかげ。
でも実際は「居る」系の話なので、ぞわっとするシーンもごくわずかだけどアリ。

画像
出会う人たちは皆あたたかい

いくつかのエピソードが連なっていくのだけど、意外な人が実は「死んでいたり」、これ絶対死んでるね、と思った人は生きていたりしてビックリ(笑)
自転車に乗った男の子は死んでいると思ったんだけど~~

確かに「死んでいる人」はどこか光に包まれていたりしてたwa

画像
夫が突然また居なくなるのでは・・・と、いつも怯えてしまう

何故突然夫が居なくなったのか、知らされないまま過ごしてきた瑞希にとって、「知りたい事」「夫の知らない一面を知ること」で、より一層夫を愛おしく思う。
たとえそれが夫の浮気が実はほんの遊びだったと判ったとしても。

思い切って浮気相手に会い、「夫は元気にしている」と嘘をつくことで仕返しをしたことで、妻は紋々と過ごした日々に決別するのだ。

画像
淡々と物語が進んでいく中で、言葉にせず激しく動揺もしないのに、妻の感情がジェットコースターのように揺れ動いている様を表現できるのは、演出の素晴らしさもあるけれど、やはり深津絵里が見事なのだと思う。

最後に想いを遂げ、彼岸の向こう側から日常の生活に戻ってこれたのは、「自分が夫を愛おしく思う気持ち」を再確認できたからなんじゃないかな。
逝く人を成仏させるのは、遺された者しだい。

「また来てね」と明るく言って旅を終えた妻に、ほんの少し明るい未来が見え様な気がした。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 岸辺の旅 ★★★.5

    Excerpt: 『アカルイミライ』がパルムドールにノミネートされた経験もある黒沢清監督が、湯本香樹実が2010年に上梓した小説を映画化。3年間行方をくらましていた夫がふいに帰宅し、離れ離れだった夫婦が空白の時間を取り.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2015-10-22 19:56
  • 『岸辺の旅』 2015年10月7日 楽天地シネマズ錦糸町

    Excerpt: 『岸辺の旅』 を鑑賞しました。 カンヌ受けする作品だな... 【ストーリー】  3年間行方不明となっていた夫の優介(浅野忠信)がある日ふいに帰ってきて、妻の瑞希(深津絵里)を旅に誘う。それは優介が.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2015-10-25 10:28
  • 岸辺の旅

    Excerpt:  『岸辺の旅』をテアトル新宿で見ました。 (1)本年度のカンヌ映画祭の「ある視点部門」で黒沢清監督が監督賞を獲得した映画というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、風通しのいい部.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2015-10-25 17:48
  • 「岸辺の旅」:黒沢の円熟期のはじまり

    Excerpt: 映画『岸辺の旅』は、今年還暦となった黒沢清の新しい展開を感じさせる作品。今後10 Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2015-10-25 22:21
  • 映画・岸辺の旅

    Excerpt: 2015年 日本 原作 湯本香樹美「岸辺の旅」 第68回カンヌ国際映画祭 ある視点部門受賞 夜、瑞希(深津絵里)が白玉を作っていると、3年間失踪していた夫・優介(浅野忠信)が突然.. Weblog: 読書と映画とガーデニング racked: 2015-10-26 07:54
  • 『岸辺の旅』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「岸辺の旅」□監督 黒沢清□脚本 宇治田隆史、黒沢 清□原作 湯本香樹実□キャスト 深津絵里、浅野忠信、小松政夫、村岡希美、奥貫 薫■鑑賞日 10月4日(日)■劇場 .. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2015-10-26 08:22
  • 『岸辺の旅』黒沢清監督、浅野忠信、深津絵里、小松方正、蒼井優、他

    Excerpt: 『岸辺の旅』原作 : 湯本香樹実監督 : 黒沢清出演 : 浅野忠信、深津絵里、小松方正、蒼井優、他 物語・3年間行方不明となっていた夫の優介(浅野忠信)がある日ふいに帰ってきて、妻の瑞希(深津絵里)を.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2015-11-07 17:50
  • 道行き~『岸辺の旅』

    Excerpt:  ピアノ教師の瑞希(深津絵里)のもとに、夫の優介(浅野忠信)が三年ぶりに 帰ってきた。「俺、死んだよ」。優介は福井の海で死んだ後、人々の世話になり ながら美しい場所を旅してきたと言う。瑞希は優.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2015-11-10 08:05
  • 岸辺の旅

    Excerpt: 黒沢清監督のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞受賞作。主演は浅野忠信と深津絵里。 子供相手にピアノの先生をしている瑞希(深津絵里)の元に、3年間行方不明だった夫優介(浅野忠信)が帰ってきた。だ.. Weblog: まてぃの徒然映画+雑記 racked: 2015-12-14 22:56
  • 映画評「岸辺の旅」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年日本=フランス合作映画 監督・黒沢清 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-10-06 09:20