「あん」☆行間の美

あえて言葉にしない。
なのにこんなに胸の奥にまで響くとは・・・・
想いがいっぱい、その行間から次々と溢れてくる。



画像
「あん」 公式サイト

<ストーリー>

「どら春」の雇われ店長をやっている千太郎(永瀬正敏)は、突然やってきて雇ってくれと言うおばあさんに困惑していた。
その日のうちにタッパーに入れた自作のあんを持って再訪した徳江(樹木希林)のあんがあまりに美味しくて、あん作りを任せることになると、瞬く間に評判を呼び行列の店になった。
しか彼女がしハンセン病患者だったことが噂になり、客は一気に去って行く。
全てを察した彼女は姿を消すのだが・・・・


画像
東京にもこんなに美しい自然がいっぱいあったのね

撮影の仕方によって・・・・・いや、正しい心の有りようで見ると、東京にも自然がいっぱいあって、世の中はこんなにも美しくきらめいているのだと気付かされる。

この映画の大きなテーマとなっている。
言葉ではなく、映像でその『心の叫びを』その『秘めた思いをその『こみ上げる感情を』表せる。
河瀨直美監督、見事としか言いようがない。

画像
勿論、役者陣も全て見事

樹木希林は、ほぼアドリブに近いのかな?
自然体すぎるほどの演技で、ぐいぐいっと観客を惹きつけていく。勿論、寡黙なのに体全体で語っている永瀬正敏も秀逸☆

あずきを煮ているシーンでは、後ろの席のおばあちゃん3人組が「ん~~、ん~~~~っ、うゎ~おいしそう~♪ねー?」とお茶の間鑑賞状態だったので、やや気持ちをそがれたのだけが残念(苦笑)

画像
どら焼きのカワを焼くのも上手

綺麗な焼き目をつけて、上手くひっくり返す手つきは、本職の人のよう。
どら焼き食べたくなっちゃった♪

画像
やや棒読みの女子中学生たちも、自然体。

ふとしたきっかけで店番もするようになった徳江。
女子学生の素朴な質問に・・・・・
素直なことが時として残酷だったりもするけれど、一番残酷なのは心無い噂。そして思い通りにならない人生。

画像
家庭に問題をかかえるワカナ(内田伽羅)は、樹木希林の孫=もっくんの娘

実は原宿駅前のサンスイミングで同じ頃スクールに通っていたうちの息子。
時々もっくんが伽羅ちゃんを連れてきていたそう。
私は会ったことなかったけど。

画像
ハンセン病施設へ徳江に逢いに行くと・・・・

東村山にある全生園が、まさにその施設。
緑豊かな場所・・・と言えば聞こえがいいが、深い林の奥に作られているとも言える。

徳江はここの食堂であんを作っていた。
あん作りをする場所があるのに、あえて千太郎の懐へ飛び込んで行った徳江。ここに胸が熱くなる『想い』がある。

画像
重たいテーマなのに、美しく清らかで、最後は心が軽くなる

心が煮詰まって焦げ付きそうな、全ての年代の人に観て欲しい。
ロングランでも、さすがに間もなく終映だから、今すぐに☆


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2015年07月25日 01:08
こんばんは。
ドリアン助川さんの原作は、出たばかりの頃に読みました。
最初からぐいぐい引き込まれて、途中からはもう号泣、号泣。こんなにストレートに心をわしづかみにされた作品は久しぶりでした。
ドリアン助川っていったい何者?!って他の本も読みたいと思いつつ、そういえばそのままになっていました。^^;

映画化されると知ったときには、期待と不安が入り混じった気持ちでしたが...原作の世界をそのままに、すばらしい作品になっているようですね。
いつか見てみたいです。
ノルウェーまだ~む
2015年07月25日 10:02
セレンさん☆
原作読まれたのですね~
映画は号泣号泣とまではいかないのですが、ぐっと胸の奥を掴まれ、あとからじわじわくるタイプの映画でした。
原作も是非読んでみたいです。
ドリアン助川さん、名前にインパクトがあるので私も??と思いましたが、音楽でライブやったり放送作家もなさっていたり多彩な方のようですね☆
2015年07月25日 21:27
こちらにもお邪魔します。

希林さんの自然体のような演技は本当に見入ってしまいましたね。前半の奔放でマイペースな感じや後半の施設にいる時の演技の落差も凄くて確かに引き付けられました。でも自然体で言えば出演していた人は皆そんな感じに見えましたね。永瀬さんが演じる店長然り、店でどら焼き食べてる女子中学生然り。

ハンセン病患者に向けられた世間の無理解が生み出す心無い風評とか見てて痛々しく重い部分もありましたが、それでも終わってみればとても感動できて気持ちもどこかスッとしますね。

どら焼き食べたくなる魔力もとてつもなく凄い^^;
ノルウェーまだ~む
2015年07月25日 22:32
メビウスさん☆こちらにもありがとうございます。
桜や木々のざわめきなど自然を写す映像も素晴らしかったですが、役者さんたちも皆自然体で良かったですね。
店長の永瀬さんにはしっかり泣かされました。

重たいテーマなのに爽やかで、本当に気持ちがスッと楽になったりしましたね。それでもちゃんと伝えたいところを奥の芯のところに持っているのが素晴らしいと思いました。
たいむ
2015年07月26日 12:40
希林さんに市原さん、この2人じゃなかったらここまでにはならなかったかもしれません。
原作は知りませんが、押しつけがましさのないところが良く、正しい知識を得る良い機会になる作品と思います。

情報社会となり、逆に正確な情報を掴むことの難しさを感じるこの頃です。
ふじき78
2015年07月26日 22:38
浅田美代子さんがとってもイヤミな役を嬉々と演じられてるのを見ると、この人も若い時から色々言われたけど、本当に役者なのだなあ、と。そう言えば、樹木希林と浅田美代子だって「時間ですよ」以来の仲だよなあ。この映画で共演シーンはなかった気がするけど(1カットくらいあったっけ?)。
ノルウェーまだ~む
2015年07月26日 22:59
たいむさん☆
「噂話は決して情報ではない」という事を、各人肝に銘じなくてはいけないと思いますね。
また、正論であっても噂話に翻弄される現実も見極めないといけないのでしょう。
SNSに振り回されている人が多いのが哀しい現状でもありますが。
ノルウェーまだ~む
2015年07月26日 23:02
ふじきさん☆
浅田美代子演じるオーナーさんと樹木希林演じる徳江さんは、一度も顔を合わせませんでしたね。
ここが重要なのだと思います。
人となりを知っていたら、このような酷な事を言わなかったとも思えますし、でも噂話で客足が遠のいてしまう現実は確かにオーナーの意見としては正論だったとも言えるのが、辛い所でもあります。
zooey
2015年07月27日 09:50
この映画の評判を聞きながらも
邦画はつい後回しにしてしまって…
でもまだ~むさんがそれだけ推されるのであれば
これは観に行かなくっちゃいけませんね!?
ノルウェーまだ~む
2015年07月27日 12:26
zooeyさん☆
そうなんです、邦画ってちょっと後回しになっちゃうのだけど、本当にいい映画っていうのは、邦画だったりしますよね。
もうすぐ終わっちゃいそうだから、お早目に~~
ノラネコ
2015年07月27日 23:54
全く奇をてらわない正攻法のいい映画です。
扱ってるテーマは重いのですけど、ちゃんと物語を聞いてもらって、最期は少しばかり幸せに終われたのが救いでした。
伽羅ちゃんはいい役者に育ちそうです。
ノルウェーまだ~む
2015年07月28日 13:03
ノラネコさん☆
全くその通りですね~
施設のお庭で楽しそうに笑っている方たちとか、「そこで見つける生きる喜び」を感じられるいい映画でした。
マリー
2015年07月29日 19:51
私も観たの~
でも書けてない・・・
かる~く書ける作品と考えこんじゃう作品とあって。これはまさに考えこんでしまって・・・
ハンセン病患者さん隔離とかも本当に近年まで行われていたんだって、調べてびっくり。
しかも酷い差別や仕打ちを受けて。
映画だけ観てたら、分からなかった。
あんな閑静な場所で充実した施設に暮らしていたらいいじゃんとか一瞬でも思ってしまった自分が恥ずかしくなったの。
子どもを産むことも許されなかった。人間としての尊厳もなかった・・・知らないこと多すぎな自分を恥じてる・・・

きっと映画では語られない、そういうことも伝えたいって
押しつけがましくなく伝わってきた。
ノルウェーまだ~む
2015年07月30日 13:29
マリーさん☆
「きちんと知っているべきこと、でも知らなかったらこれからちゃんと調べて知ったらいい」というスタンスで作っているんだよね。
正しい知識を持たずに、身勝手な噂を立てることの無責任な差別行為は、かつて患者を隔離し親族であったことすら無かったことにした歴史をやすやすと繰り返す土台になっている事に、観た人が気付いてくれたらいいよね☆

この記事へのトラックバック

  • あん

    Excerpt: 【監督】河瀬直美 【出演】樹木希林/永瀬正敏/内田伽羅/市原悦子/水野美紀/太賀/兼松若人/浅田美代子 【公開日】2015年5月30日 【製作】日本 【ストーリー】 縁あってどら.. Weblog: シネマをぶった斬りっ!! racked: 2015-07-25 21:26
  • 『あん』 2015年4月6日 ニッショーホール

    Excerpt: 『あん』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 これは、今年一番の邦画になりそうな気がするよ! 【ストーリー】  刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2015-07-25 22:58
  • あん~“異物混入”の風評被害

    Excerpt: 公式サイト。日本=フランス=ドイツ。ドリアン助川原作、河瀬直美監督。樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、太賀、兼松若人、浅田美代子。ハンセン病を患ってい ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2015-07-25 23:06
  • 「あん」

    Excerpt: 2015年・日本=フランス=ドイツ合作 配給:エレファントハウス 監督:河瀬直美 原作:ドリアン助川 脚本:河瀬直美プロデューサー:福嶋更一郎、大山義人 撮影:穐山茂樹 詩人や作家、ミュージシャンとし.. Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2015-07-26 00:05
  • 『あん』をユーロスペース1で観て、永瀬がいい顔ふじき★★★

    Excerpt: 五つ星評価で【★★★映画としては普通だけど、永瀬の無骨な泣き顔にやられる】 どら焼き屋店長と餡作り名人の老女との出あいと別れ。 というか、樹木希林が赤毛のアンをやる ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2015-07-26 00:37
  • 劇場鑑賞「あん」

    Excerpt: 生きる意味が、ある… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506170001/ 【送料無.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2015-07-26 05:53
  • あん

    Excerpt:  『あん』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)本作が、河瀬直美監督(注1)が制作し、第68回カンヌ映画祭「ある視点」部門のオープニング作品となったというので、映画館に行ってきました。  本作(注2).. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2015-07-26 06:40
  • 『あん』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「あん」□監督・脚本 河瀬直美□原作 ドリアン助川□キャスト 樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、浅田美代子■鑑賞日 6月20日(土)■劇場 チネチッタ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2015-07-26 09:52
  • あん/樹木希林、永瀬正敏

    Excerpt: 河瀬直美監督がドリアン助川さんの同名小説を原作に樹木希林さんを主演に小さなどら焼き屋で粒あん作りを担う元ハンセン病患者の女性の姿を描いたヒューマンドラマです。 出演は ... Weblog: カノンな日々 racked: 2015-07-26 10:12
  • 鳥籠から解放されたカナリア。『あん』

    Excerpt: どら焼き店の店長と美味しい粒あんを作る老女、どら焼き店の常連客である女子中学生を軸に人間模様を描いた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2015-07-26 11:59
  • あん  ★★★★

    Excerpt: 『殯(もがり)の森』などの河瀬直美が樹木希林を主演に迎え、元ハンセン病患者の老女が尊厳を失わず生きようとする姿を丁寧に紡ぐ人間ドラマ。樹木が演じるおいしい粒あんを作る謎多き女性と、どら焼き店の店主や店.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2015-07-26 12:44
  • 日のあたる場所、月との約束。~「あん」~

    Excerpt: ほんとは予定になかった。これは完全に周りのブロガーさんの評判てことで。 ついでに言うと、これを見に行く前夜にこんなのもテレビで見てた。 36年ぶりのデュエットだったらしいね~。年がばれる話ですが.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2015-07-27 11:46
  • 月とカナリヤ~『あん』

    Excerpt:  小さなどら焼き屋 「どら春」 の雇われ店長・千太郎(永瀬正敏)のもとに、 徳江と名乗る老婦人(樹木希林)がやってくる。彼女は病気で指が不自由だ が、どら焼きの 「あん」 作りが得意で、ここで.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2015-07-27 12:48
  • ショートレビュー「あん・・・・・評価額1650円」

    Excerpt: 残したい、最後の声。 餡は甘いものだけど、映画はちょっとビターだ。 明け方、桜並木に近い古めかしいビルの屋上で、たばこを燻らせる一人の男。 彼の背負っているものの重さ、静かなる葛藤を、映像だ.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2015-07-27 23:44
  • [映画『あん』を観た(寸評)]

    Excerpt: ☆・・・これはいい作品でした。  ・・・傷害事件を起こし服役した主人公は、どら焼き屋の雇われ店長となっていた。 そんなおり、一人の老女がやってくる。 バイトを希望してきたが、あまりにも年老いてい.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2015-07-30 00:22
  • あん

    Excerpt: あん '15:日本+フランス+ドイツ ◆監督:河瀬直美「2つ目の窓」「朱花の月」 ◆出演:樹木希林、永瀬正敏、市原悦子、内田伽羅、浅田美代子、水野美紀、太賀、兼松若人、村田優吏愛、高橋.. Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を♪~ racked: 2015-08-04 20:02
  • あん

    Excerpt: さて、久々の更新です。 相変わらずの映画感想 地味ながらもしみじみした日本映画でした あらすじ 刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木.. Weblog: にきログ racked: 2015-08-08 00:46
  • あん

    Excerpt: 河瀬直美監督の最新作は、ドリアン助川の原作物。河瀬監督が原作をもとに映画を撮るのは珍しいことです。予告編では樹木希林の作るあんこが美味しそうな映像ばかりだったから、まさかハンセン病という重いテーマが.. Weblog: まてぃの徒然映画+雑記 racked: 2015-08-30 23:11
  • あん  監督/河瀬 直美

    Excerpt: 【出演】  樹木 希林  永瀬 正敏  内田 伽羅 【ストーリー】 刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江という女性がやって来る。その店で働くことを強く希.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2015-10-28 01:34
  • 2016新年明けましておめでとうございます!

    Excerpt: 今年の新しい未来を占うような、清々しい元旦を迎えることができました。 昨年は多くの方にブログにコメントやTBををいただいたり、こっそりとでも見てくださって本当にありがとうございました。なんとか細々と.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2016-01-01 15:11
  • 映画評「あん」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・河瀬直美 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-07-18 08:54
  • あん (2015)

    Excerpt: もう、樹木希林を筆頭に、キャスティングが抜群にハマってました。抑えた演技が、むしろ際立ち、見事なヒロイン像です。雇われ店長の永瀬正敏はもちろん、ちょっと意地の悪い世間を象徴して、イラッとさせる、オーナ.. Weblog: のほほん便り racked: 2016-08-19 14:38
  • あん

    Excerpt: 向き合った時間が味を決める。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2017-02-21 16:32