ライアン・ゴズリング監督作品「ロスト・リバー」☆本当のミステリーは・・・

きっとライアン・ゴズリングがこういうの好きなんだと思う、[デヴィッド・リンチ風]不思議な世界観。
「マルホランドドライブ」と「ローラパーマー最後の7日間」を合わせたような。
一つ一つのシーンがどこを切り取っても絵になる、美しい映像は実に見事!!



画像
「ロスト・リバー」 公式サイト

<ストーリー>

過疎化の進む田舎町でくず鉄を拾って生活するボーンズ(イアン・デ・カーステッカー)は、自宅の差し押さえを回避するべく怪しげなショーで働くことにした母親のビリー(クリスティーナ・ヘンドリックス)の代わりに幼い弟の面倒をみていた。
町を牛耳るボスのブリー(マット・スミス)に目をつけられ、再三嫌がらせを受けるが、隣に住むラット(シアーシャ・ローナン)からきいた、貯水池に沈んだ町の呪いを確かめようと・・・・


画像
ボーンズはボスの監視をかいくぐって、くず鉄集めに精を出すが・・・・・

退廃的で希望のない、真っ暗な夜のシーンも多いこの作品で、暗闇に浮かび上がる光のように、唯一『希望』を象徴するような存在であるボーンズ。
この地でなんとか生き抜こうとする若い力が、映画の中でも唯一の救いなのだ。

画像
こんな廃れた田舎町を牛耳って何になるのか・・・・?

いいかんじに狂気を醸し出しているブリー役のマット・スミス。
名前をマッド・スミスにしてもいいくらい(笑)
ただし、いくら恐ろしく暴力的であったとしても、町ぐるみで彼を恐れるには、いささか青い(若い)気がするのだけど・・・・・

画像
痴呆の祖母を抱えて一人で日々泣き暮らしているラット

八方塞がりのコンビニのくだりは、緊迫感がハンパない。
ツインピークス的なムードで登場する老婆は、燃え盛る炎に似合いすぎて、美しくさえ見えるから不思議。

画像
謎めいたショーパブは、妖しげな真紅のライトと妖艶な紫の色調で、よりおどろおどろしい

何故こんな田舎町で、ここまでエグイショーが人気を博しているのか???
ポールダンスで裸の女性が躍るようなショーのほうが健全に思えてくるほどの怪しさ。これは何を象徴しているのかしら?

閉所恐怖症の私はカプセルプレイは、見ているだけで息が苦しくて~~

画像
本当の謎は・・・・・

カプセルに入っているビリーに迫るデイヴは、いきなり謎のダンス。
これもまたツインピークスを思い起こさせる~~ライアン・ゴズリングは相当デヴィッド・リンチに傾倒しているとみた。

しかしこの物語でかなりのウエイトが置かれていて、ポスターにも出ているデイヴなのに、公式サイトのキャストにもこの役をやっているベン・メンデルソーンの説明はないし、レッドカーペットにも来ていない。
それどころか、あまり出演シーンがないタクシー運転手がどちらもクローズアップされてるって・・・・‣・・・・監督と揉めた?

画像
それで何だったんだ???

映画全体に流れている謎めいたムードを、こういう形で最後までひっぱるとは思っていなかったのだけれど、あえて何だったの?と思わせて終わるのは、もしかすると監督の狙い通りだったのかも。

『何だか判らない』雰囲気を大事にしたかったというならば、かなりの大成功。
初監督作品としては、優秀なスタッフも揃えて、結構頑張れた方なんじゃないかな☆


うん、悪くない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

マリー
2015年06月04日 20:22
こんばんは~
今日観て来たよ~。
私の好きな「ドライヴ」もちょっと彷彿とさせる雰囲気だったね。ゴズッち、監督いいんじゃない~って。

退廃的な、何か起こりそう~っていうのが最初から最後まであって・・・しかも映画館ひとりぼっち貸切でめっちゃ緊張して観てたからずっとドキドキしてて肩凝ってしまったよ~~(笑)
あの妖しいクラブのエヴァ・メンデスもよかった。
シアーシャちゃんがまたいいわ。

そうそう、一番インパクトあったのはデイヴよね。
公式サイトに載ってないの?不思議・・・
ノルウエーまだ~む
2015年06月05日 15:54
マリーさん☆
うわーゴズッち監督、マリーさん独り占めだったのね!?
マリーさんの今月の映画に載せてなかったように思ったけど、早々に観るってちょっと意外だったかも。

妖しげなクラブの雰囲気、本当にぞくぞくしたよね。
女性陣が本当に良かったわ☆
マリー
2015年06月10日 20:33
うん、先月(5月)のトップに写真あげてたの。
これが一番観たかったのだ~
けど、なかなか行けなくて・・・鑑賞が6月になってしまったの。今からレビュー書かなきゃ。。。汗
ノルウェーまだ~む
2015年06月10日 23:53
マリーさん☆
これからレビューなのね。
楽しみに待ってるわ~
mig
2015年06月12日 14:32
見たんだねー、
ライアンファンとしては外せないので☆
雰囲気は好きなんだけどリンチ風と言ってる評論家もいたようだけどそこまでそんな感じしなかったわ。
ライアンが趣味を爆発させて撮った感じがしたのでそれはそれでいいけど面白くないわ 笑
レビューは後日でーす。
ノルウェーまだ~む
2015年06月13日 00:58
migちゃん☆
私もリンチ風と書いたんだけど、migちゃんはそうは思わなかったかな?
ライアンが趣味を爆発ってなかなかいい表現!確かにそうだねー
初監督にしては頑張った方では?
決して良くはないけど、悪くもなかったな~~☆
2015年06月13日 17:35
リンチ風でしたよね〜。
レフン&リンチオマージュだらけでした。
最後にレフンに感謝の辞が送られてました。

映像最高にカッコよかったし、素晴らしかったですね!
映像主義の人はこの作品褒めてる人も居ますよー。
ノルウェーまだ~む
2015年06月13日 21:44
とらねこさん☆
初監督作品にしては、やりたいことは全部やりました!ってかんじが出ていたね。
きっとごずりんくんも満足でしょう♪
映像主義ならほぼ満点かも~~☆

この記事へのトラックバック

  • ロスト・リバー/LOST RIVER

    Excerpt: 黒革の手袋が世界一似合う男、Mr.グローブこと、 ライアン・ゴズリング初監督作 好み100%発揮で自分の撮りたいように撮った作品。 公開がオスロ出国直後だったので、帰国後お休みの日速攻.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2015-06-13 22:16