「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」☆映像に釘付け

男性版「ブラック・スワン」というべきか。
常に極限に居ることを強いられる人たちにとって、一部の癒しもないヒリヒリした日常から、遂に到達した念願の高みと究極の安らぎの世界。
「ブラック・スワン」はハッピーエンドと感じた私がやや戸惑うラストも、もしかすると役者が望む最高のエンディングを自ら歴史に刻んだという意味でハッピーエンドなのかもしれない。


画像
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 公式サイト

<ストーリー>

かつて「バードマン」というヒーローを演じて一世を風靡したリーガン(マイケル・キートン)は、すっかり落ち目になった今、自ら脚色・演出・主演の舞台をブロードウエイで上演し、再び喝采を浴びようとしていた。
しかし採用した実力派俳優マイク(エドワード・ノートン)ばかりが脚光を浴び、娘との溝も深まることで次第に追い詰められ・・・・


画像
資金的にも苦しい、私生活も息詰まる・・・・特別にリーガンだけのことではない

一度大成功したからこそ・・・・の苦悩は大きいに違いない。
しかし資金的に乏しい(又は借金に追い回されている)、社会的に認められていない(または仕事がない)、家庭もうまくいかない(または誰からも相手にされないと思っている)人は、現代社会においては少なくないはず。

全編に渡って鳴り響く、激しく鼓動を打つようなドラムの音が見ている我々の心も掻きむしるのだ。

画像
ヤク中でリハビリ中の娘サム(エマ・ストーン)は反抗的だけど、ずっと父親を求めていた

寂しさのあまり父親と同世代の共演者マイクを誘惑するサム。
ヤク中を克服しようと努力しているサムのその根本に求める愛に気付いた時の父レーガンの表情、
一方再起を狙って足掻くレーガンの苦悩を初めて「正しく」理解した時のラストのサムの表情。

観終わったときの「・・・・・・・え?」な気持ちも、反芻するほど深く胸に迫ってくるように変わってくるくから不思議。

画像
劇中劇のレイモンド・カーヴァー原作「愛について語るときに我々の語ること」は、なかなかに難解

そもそもレイモンド・カーヴァーもその原作も知らないので、マイクではないけれど『語るときに語る』と繰り返し『語る』が出てくる劇がどんな意味を持たすのか、私には判らなくて~~

しかし稽古→プレビュー→本番と繰り返し出てくる同じ劇中劇のシーン、
さらに劇中でマイクに重複する部分をカットされてしまったこの舞台の原作は、そもそもオリジナル原稿が編集者によって大幅にカットされて発行されたというのだから、この執拗に『繰り返される』べき舞台が、ある意味レーガンが目論む『再び脚光を浴びる俳優人生』を暗喩しているのかも?と思ってみたり。

画像
アカデミー賞撮影賞も受賞したのが頷ける

全てを1カットで撮影したかのような、つなぎ目の判らない撮影方法は、想像以上に見事!
特に驚いたのは、控室で多用される鏡に映った人物を撮影するシーン。
カメラは明らか鏡に映った人を映して、じわじわと横移動していくのに、カメラは鏡に映らない。
カメラが鏡に映ったところで繋いでいるのだろうけど、それにしても自然ですごい!!

画像
冒頭からいきなり始まる超能力のシーンにビックリ

物を念力で動かしたり麻原ばりに空中浮遊したり、自由にNYのビルの間を飛び回ったり・・・
バーで会った批評家にボロカスに言われて反論するも、一刀両断にされる辛い現実。
超能力が使える全能感との対比が、薄氷の上を歩くかのような緊張感を生み出す。

画像
常につきまとうバードマンの影

いつも聞こえてくるバードマンの声。
リーガンが遂に望んでいた物を全て手に入れた時、バードマンに支配され、バードマンに煽られた人生を、彼はようやく手中に取り戻す。
バードマンが達成感からかほっとして(?)小用を足している間に、彼は自らの意思でバードマンの仮面を脱ぎ捨て、本物の鳥人間(バードマン)になったのだ。



「バードマン」にせよ「ブラック・スワン」にせよ、鳥とういものは、何か人間の精神状態を表すメタファーなのだろうか。
いずれにしても保険には入っておいた方がいい。

画像画像














TOHOシネマズ新宿のゴジラと、通路に飾ってあったバードマン
いずれもヒーローね☆

この記事へのコメント

2015年04月23日 12:17
男性版「ブラック・スワン」ですか。
それは思いつきませんでした。
鳥のように飛ぼうとして・・・落ちてしまう。
たしかに保険は必須です(笑)
ノルウェーまだ~む
2015年04月23日 14:49
まっつぁんこさん☆
「心配ない心配ない」と言っていたブラックスワンも保険には入ってますからね(笑)
2015年04月24日 10:00
たぶん、小用じゃなくて、大です。オトコですし…。
ノルウェーまだ~む
2015年04月24日 10:50
ボーさん☆
ああっ!!そうですね!
そこまで気付かなかった・・・・(笑)
ノラネコ
2015年04月25日 01:10
まさにチャレンジ精神の塊のような作品で、圧倒的な未見性に度肝を抜かれました。
今までの映画が描くことのできなかった領域に、果敢に挑戦するスタンスは本当にリスペクトします。
2015年04月25日 07:56
ほぼ全シーンがワンカット(撮影は「ゼロ・グラヴィティ」のエマニュエル・ルベツキ)なのには驚きますね。
まあ、全シーンワンカットの映画にはヒッチコックの「ロープ」という前例がありますが、こちらはCGも駆使しているそうなのでリアルです、
話は結構難解でした。主人公の幻想と現実がどちらも描写されますので、どちらが現実が分からなくなります。
私もお話は「レスラー」や「ブラックスワン」に似てると思いました。
俳優陣は好演していました。面白いのはみんなアメコミの映画化に出演している事。
風情☭
2015年04月25日 13:00
こんにちは♪

全てを1カットで撮影したかのようなスタイルっ
て演劇関係の作品に適してるなぁと再確認でした。
以前、韓国映画で「マジシャンズ」という90数分
ワンカットという作品も演劇ものでした。
現実と虚構が入り混じったつくりもオモシロかっ
たし、昨今の映画をとりまく風潮への揶揄も感じ
られてアカデミー賞受賞もうなずける作品でした♪
(゚▽゚)v
2015年04月25日 14:06
ノルさんも気に入られたんですね!
割と評判良くなくて、賛否両論だったりするんですが、
私はググっと来てしまいました。
あの異常なテンションが好きです。

“ワンカット風”であって、ワンカットではないんですが
結構騙されている人も居ますね
私は、「ワンカットと言いつつワンカットじゃないじゃん、ワンカット風じゃん」と思ったんですが
もっとすごい人は、カットを数えて居た人も居たようです。
ノルウェーまだ~む
2015年04月25日 17:43
ノラネコさん☆
本当にそうですねー
もうやり尽したと思っていたところに、これだけ斬新なものをこれでもかと入れていくる。見事な才能ですよね。
ノルウェーまだ~む
2015年04月25日 17:46
きささん☆
幻想と現実がどちらも描写される点で、「ブラックスワン」に近いですよね~
映像も役者も脚本も音楽も見事でした。
ノルウェーまだ~む
2015年04月25日 17:48
風情さん☆
全編ワンカットという造りの映画、他にもあるのですねー?
今度見てみようかしら。
納得のアカデミー賞ではありました。
ノルウェーまだ~む
2015年04月25日 17:51
とらねこさん☆
えー??カット数数えていた人がいるの??(笑)
別にワンカットが偉いわけじゃないから、ワンカット風でもいいよねー☆
私も異様なテンションにやられちゃいました。
そもそも情緒不安定な方には、ちょっとキツイかもしれないっていうくらいだったね。
2015年04月25日 23:17
名優を多く輩出する舞台と、ギャラは高いが演技力は低い俳優が多い映画。
この2つの確執も描かれているのが面白いですよね。
別にどっちが上とかはないのに、評論家も含めてどちらが上かと言いたがる。
そこらへんも凄く楽しめましたよ。
ノルウェーまだ~む
2015年04月26日 00:13
にゃむばななさん☆
批評家はそれが仕事だから、どっちが上とか言いたがるのでしょうけど、かなり辛辣でしたねー
互いにプライドがあって譲れない部分多いでしょうが、舞台で光る俳優さん、映画で輝く俳優さん、テレビで視聴率取れる俳優さん、どの人も魅力的だし個性がそれぞれあるのだと思います。
でも実際に見てお金を落とすのは素人なのだから、どっちが偉いってものでも本当はないのにね~
2015年04月26日 16:04
新宿の新しいとこで見てきたの?
なんか動線がダメって聞いてるんで当分行かないけど(苦笑)

さてこれ。今年観た中では私的にはピカイチでした。
ノルウェーまだ~む
2015年04月26日 18:06
rose_chocolatさん☆
新宿の新しいところよー
動線は確かに微妙かもだけど、それで行かないほどの欠点でもなかったわ(笑)何しろ私の家からは何かと便利でこれからも活用しそう☆

この映画私もかなり好きでした!roseさんの好みっぽいの、納得!
2015年04月27日 01:17
まだ~むさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

男性版ブラックスワンですかっ。なるほど、言い得て妙ですね♪高みを志すがゆえ、本作ではバードマンによって狂気に掻き立てられてしまう辺りはそんな感じしますね。自分は最初ロッキーみたいな感じで観てたのですが、終わってみると栄光とか成功っていう雰囲気では無かった気がしました^^;(汗
ノルウェーまだ~む
2015年04月27日 11:57
メビウスさん☆
ロッキーですか~諦めずに努力を積み重ねて勝利を勝ち取る的な話とは、またちょっと違うようなかんじもしましたね。
どちらかというと、過去の栄光に囚われた人が、その呪縛から解き放たれる解放感といったかんじでしょうか。
コメントなかなか表示されてなかったようで、何度もすみませんでした。最近ウェブリブログ調子悪いこと多くて…
2015年04月27日 16:37
劇中劇を知っていればさらに理解できたかな~という感じですが、ワンカット風やらドラムやらでリーガンのことはお腹いっぱいでした。

人は自分のものさししか持っていないのに、優劣を付けたがるので困ります。
さらに良くも悪くもSNSの恐ろしさが感じられるのが今風で面白かったです。
ノルウェーまだ~む
2015年04月27日 21:58
たいむさん☆
本当にそうねー
自分の物差しで人を非難したり評価したり。
評論家の言う事も納得でしたが、同時にリーガンの思いも正しいと感じました。
そしてその批評家の一言で価値を決める観客とSNSで拡散され垂れ流されていく情報などいかにも今風だったと思います~~
2015年05月01日 10:41
こんにちは、かなり遅れておじゃまします^^;
私も新宿で観てきました。大きなスクリーンで音響も良いしで良かったんですが、途中から体調が、、、
私はちょーっと合わなかったみたいです。
ドラムの音だけの音楽は斬新だったし劇中劇は見応えあったしで良いのですが....残念。
ノルウェーまだ~む
2015年05月01日 11:47
yukarinさん☆
確かにゆらゆらする画面と精神をかき乱すようにかき鳴らすドラムの音など、ダメージを受けやすいようにあえて造られている映画だから、調子を崩す方もいると思うわー
yukarinさん繊細だから~~
もう体調は戻ったかな?
2015年05月03日 01:56
忙しくて遅くなりました~
アカデミー賞会員の爺さまたちがいかにも好きそうな作品だったなー
イニャリトゥのはこれまでのものの方が好み、、、

PS新生マリア、ぜひ行ってみてね!
2015年05月03日 13:19
まだむさん、こんにちは。
確かに「レスラー」や「ブラックスワン」と傾向は同じですね。
どちらも大好きな映画なので、やっぱりこれもとても気に入りました。
皮肉や風刺もタップリあって、色んな効果がストーリーを引っ張りましたねー!
ノルウェーまだ~む
2015年05月09日 20:04
migちゃん☆
確かに業界人ほど高評価な感じの映画よね。
この監督の映画は、他には観た事ないかも・・・

新生マリア素敵ね!!おめでとう~~!
ノルウェーまだ~む
2015年05月09日 20:10
オリーブリーさん☆
私もその二つとても好きなので、この映画もとっても気に入りましたよー
ストレートに見せずに、風刺を利かせているところいいですよね♪
2015年05月13日 21:56
映画の中でいろいろアメコミものが批判されてましたが(笑)、たぶんこれからもアメコミ映画がアカデミー賞をとることはないでしょう。でもそれを題材にしたこの映画が見事オスカーをもってったことだけでアメコミファンとしては嬉しいのでした。それにしてもヒーローもののイメージが一度ついてしまうと、そっから脱却するのは本当に難しいみたいで。きっと藤岡弘、さんやオダギリジョーも通ってきた道なんだろうな、と
ノルウェーまだ~む
2015年05月14日 09:25
伍一くん☆
確かに最初のイメージって払拭するのは大変なんでしょうねぇ。
そのイメージに抗わずに、そのまま行けているのがトム・クルーズかな。抗ってジタバタしているために色々言われちゃうのがディカプリオ?(アメコミじゃないけど)
藤岡弘は脱却しようとはしてないように思えますが(爆)オダジョー他演技派を目指す人にとっては、登竜門が足かせになっている場合もあるのかも。

この記事へのトラックバック