「ゴーン・ガール」☆「あの妻」はどこに?

少子化問題が叫ばれる中、少子化どころか結婚する人がますます減りそうなこの映画。
ああ、恐ろしやおそろしや。
この恐ろしさはすぐそこに潜んでいる・・・・



なんと無表情というものが、こんなにも怖いとは。
ベン・アフレックだからこそロザムンド・パイクだからこそ生きてくる物語の真髄。
いや逆に無表情という演技が引き出す、底知れぬ恐ろしさは秀逸としか言いようがない。

画像
「ゴーン・ガール」 公式サイト(12月12日公開

<ストーリー>

ミズーリー州の素敵な家に住むニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もが羨む理想の夫婦。
しかし5周年目の結婚記念日の朝、妻が忽然と姿を消した。
争った跡と拭き取られた大量の血痕。
大掛かりな捜索活動の裏で、警察とマスコミは、怪しい振る舞いの夫に疑惑の目を向け始めるが・・・・


画像
博学で美人でしかも有名な「あのエイミー?」な妻が失踪した

母は誰もが知っている『エイミーをモデルにした児童書』の著者。
いつでも完璧な物語の「エイミー」と自分を比べて、実際のエイミーは自分を失敗ばかりと卑下していた。

それでも十分に人が羨むものを持っているのに~~?
いつでも完璧でないと・・・・と思ってしまうところは、母親の影響なのかも。

画像
毎年結婚記念日には、妻が仕掛けた宝探しのあと××を楽しんで・・・・

こんなに幸せそうなのに、何がそんなに不満なのか??
ボニー刑事(キム・ディケンズ)も「うちは結婚記念日はカードのやりとりだけ。」

記念日を最大限に盛り上げたい妻と、実は能力を試されているようで苦痛だった夫。
気持ちのすれ違いはいつから始まるのだろう??しかしこういう話はどこにでも転がっているね。

画像
妻の捜索を願い出る集会で、ちょいちょい失態を演じてしまう夫

求めに応じてスマイルを作ってしまうニックってば。
些細なことから疑惑を掛けられるけど、結局のところ日ごろからの無神経が家庭の不和を招いた可能性もなきにしもあらず?

画像
報道も捜査も、その一部分を切り取って得た印象から、どんどん暴走していくのが恐ろしい

多方面から見ないで決めつけることの危うさ、思い込みから受け手の印象が変わっていく恐ろしさ、マスコミに作られる善悪。
作り上げられたもので、いとも簡単に人は騙される。真実を見極める目を持ちたいもの。

画像
取り調べでますます疑惑は深まり・・・・

次第に明かされる夫婦のほころび。
それがごくありきたりな事ばかりなのが、実はこの映画のミソ。

選んだネクタイの柄がセンス無くても、夫の為にしたダメ出しが、それを男は支配と感じるのね・・・・・
干渉と妥協の線引きは、夫婦の永遠のテーマかも。

画像
相談にのってくれるのは、双子の妹のマーゴ

親身になってくれるのは、結局のところ肉親だけ。
と思って観ていたら、同行のママ友は「あれはお兄さんのことが子供の頃から好きだったのよ!」
へーっ!?それは気付かなかったけど・・・・ま、双子は一心同体なところあるからねぇ。

画像
凄腕の弁護士をつけるが・・・

ネタバレは厳禁なこの映画。
ラストはええーっ????!そうなっちゃうの?どして??となるけれど、これがこの映画の最高の怖さとも言える。



最後の震えあがるような表情を見せるその一瞬が持つ意味を、冒頭の同じシーンでは全く気付かせなかったりと、随所に伏線を張っているので、149分と長尺だけど寸分も見逃せない。
お蔭で目がすっかり乾いちゃった。
いやはや、お見事☆




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2014年12月11日 17:30
まだ~むさんは(も)
共感はできなかったと推定します😃
怖いと言いながら他人事の引き出しにしまいました。^o^
ノルウェーまだ~む
2014年12月12日 00:22
まっつぁんこさん☆
いいえいいえ、しっかり共感できましたよー
今度から「パパが洗面所使うとビショビショになるよねー」と時々言うのを止めようと思いました。
2014年12月12日 16:46
こんにちは。
夫がこの週末は仕事があるのですが、待ちきれないので明日ひとりで見に行っちゃおうと思っています。^^
「女は怖い」というキーワードから、おそらくロザムンド・パイクがベン・アフレックを陥れるんだろうなーと想像はつくけど、きっとセブンを超えた衝撃の結末なのでしょうねー。期待値が上がっちゃいます。楽しみ☆
ノルウェーまだ~む
2014年12月13日 16:04
セレンさん☆
むむ?私は「女は怖い」とは一言も・・・・
これは先入観なしで観るのが一番!是非、楽しんで~
できればご夫婦そろってご覧になるのがいいかも?うふふ。
2014年12月13日 23:47
いやはや、女性の恐ろしさをまざまざと教えられた気分でした。
あんな女性とは結婚したら、ほんまに「結婚は人生の墓場」になってしまいますよね。
そう思うと、ベン・アフレックはジェニファー・ロペスと結婚しなくて良かった良かった♪
2014年12月13日 23:52
こんばんは。
いやーなかなか怖いお話でしたね。
最後はああなっちゃうとは思いませんでした、、、
既婚者の方はいろいろ考えてしまうところがありそうですね^^;
Caine
2014年12月14日 00:45
付き合ってる間ってお互いにもう好き好き大好きっ!だからそれぞれ相手の理想の男・女になろうとするよね。だからそこは少なからず解らなくは無いんだ。
でも結婚したら当然相手の嫌なところだって見えてくる。普通はそういう部分は余程酷くない限りお互い様で我慢というか…スルーするもんなんだけどな。それをせずに強制的に理想を目指すようにしたらそらきっついよなぁと(苦笑)
俺も嫁さんが失踪しないように気をつけよっとw
ノルウェーまだ~む
2014年12月14日 10:07
にゃむばななさん☆
あそこまでやるかどうかは別として、裏切られたと知った妻の復讐したい気持ちは、あながち判らないでもないですよー
なんだか益々独身貴族の方が増えそうですよね(苦笑)
ベン・アフレックは演じながらホッと胸をなでおろしているのかな?
ノルウェーまだ~む
2014年12月14日 10:14
yukarinさん☆
既婚者は色々考えちゃうわーホント。
間もなく夫の実家に介護で帰らなくては…という現実を思うと、妻の気持ちも良く判るし。
ラストは私もああなっちゃうとは思ってもみなかったわ。
ノルウェーまだ~む
2014年12月14日 10:26
Caineさん☆
結婚って双方がどのあたりまで歩み寄るかが一番大事かなーって。
理想を追い求めるのは、1つの生き方かもだけど、それって続かないものね。
でもその歩み寄りの線引きの位置が、お互い違うラインだったとしたら・・・・うう、そう考えると怖いわっ!
私も気を付けようっと☆
風情♪
2014年12月14日 11:48
こんにちは♪

重苦しいサスペンスだった前半と、言い表し難い笑い
の襲われた中盤&後半との落差がスゴイ作品でした。
作品はオモシロいし、どれも好きなんですが、あまり
フィンチャー監督は得意ではないところなんすけど、
本作の笑うには怖いコメディといった感じのつくりは
おおむね好印象でした。
チョイチョイうかがわせるニックの軽薄さがエミリー
の狂気を倍加させていて、この組み合わせは圧巻でし
た♪ (゚▽゚)v
2014年12月14日 17:18
サスペンスとしてはいいと思うんだけど、
「それって捜査の詰めが甘いんじゃ?」って部分が気になったんだよ。
細かく調べたらわかっちゃう。けどそこが州警察の限界ってとこで落としどころかあ・・・とも思ったり。
なので満点じゃないです(汗)
ノルウェーまだ~む
2014年12月14日 21:59
風情さん☆
二人の組み合わせは最高に良かったですねー
このキャストあってこその作品でした。
時々笑うシーンもあったりして、おかしいのやら怖いのやら…
ノルウェーまだ~む
2014年12月14日 22:13
rose_chocolatさん☆
私も高校の同級生の家の監視カメラだって、調べたら無理やりなのかどうか判ったはずなのに…と、ちょっと話の進め方が最後のほうは無理やりなかんじも確かにしましたね。
妻は最後は理想の家庭を支配する権利を得たというところなのでしょうけど、子供が出来たくらいで別れないなんて、アメリカではないんじゃないかなーとも。
ふじき78
2014年12月15日 02:19
怖い怖いと評判の映画。エイミーは何だか「エイリアン」みたい。酸性のヨダレとか垂らせばいいのに。
PART2はエイミーの巣に訪れたニックに何匹ものエイミーが襲ってくる「今度は戦争だ」。しまった。そんなに違和感ないような気がする。
2014年12月15日 16:55
まだむさん、こんにちは。

>干渉と妥協の線引き

年月を重ねると次第に妥協の方が多くなりますね(笑)
それでもいまだにテレビを見ながらソファーで寝てしまう夫にはイラっとします(爆)
そうそう、ここまでではないけれど、ニックのような夫だったら、エイミーの行動は全否定できないですね。
多分、女性にしか分からないのかな(苦笑)
ノルウェーまだ~む
2014年12月16日 00:01
ふじき78さん☆
うまい!
きっと男性にはその酸性のヨダレが見えていたことでしょうね。
カマキリのメスのように、オスはまんまと食われてしまうのが生き物なのかもしれません。
ノルウェーまだ~む
2014年12月16日 00:06
オリーブリーさん☆
そうですねー(笑)ただし、その辺の線引きは年月を重ねると、案外上手に引けるようになるのかも☆
「望み通りに行動する」なんて元は他人なんだから無理な話と理解して、イラっとしないことが健康のためにも良いんじゃないかしらね~
何もかも捨てて夫の地元に帰って義母の介護もして、家も建てて店も買ってあげて、それで浮気されたら死刑はともかく、死刑並みの制裁は覚悟しないとね(爆)
2014年12月25日 21:28
こんばんは〜。
共感もちゃんと出来た!って言うコメントを読んで、なんだか嬉しい私です。
そうなのそうなの、ちゃんと彼女の気持ちが分かるように描かれていたと思うんですよ。
ある種よくある夫婦の形だったと思うのは、支配しようとするタイプと最後の最後には被支配にされないタイプ…
究極的な形ではありますけれど、多かれ少なかれこういうのって人間二人居るところでは、起こりうることですよね。
2014年12月25日 23:47
あの、すばらしいあいをもういちど~♪
独身男はケラケラ笑って観てましたが、結婚してる方たちはいろいろみにつまされるところがあるようで。こんな特殊な夫婦もそうそういないとは思いますが
ロザムンド・パイクは萬田久子さんに似てると思います
ノルウェーまだ~む
2014年12月27日 01:01
とらねこさん☆
確かにね~~
ただ言えるのは、支配される人とする人と2つに分かれる場合は、一方的な立場関係が続くと破綻する可能性もあるってことよね…ガクブル
一番怖いのは、支配してるつもりはないのに支配されていると相手が感じてる場合があるってこと。ま、それがこの映画の本筋なんだけど。
最も良いのは支配されてると感じさせずに支配することかなぁ。
(これが実は一番怖かったりして・笑)
ノルウェーまだ~む
2014年12月27日 01:04
伍一くん☆
結婚している人が身につまされるのは判るとして、独身男性は笑っている場合ではないかと??
こんな夫婦、いやーいるいる!(笑)
2014年12月28日 20:35
妻の頭を優しく撫でる意味ありげなオープニング
ミステリーではなくて結婚についてのドラマ
この作品
 ロス疑惑・疑惑の銃弾
あの事件を思い出しちゃうのよ~
実に怖さを潜ませている人格を
周囲の勝手な誤解と思わせといて
実は当人のみぞ知る世界
ただし押し殺して潜ませている凶器(狂気)
狂気を表していくと・・・
女は常に男の理想を演じ続けた

若い人が鑑賞し未婚率が上がって・・・
 あぁニセ華麗なる独身貴族で良かったわ~
ノラネコ
2014年12月28日 22:53
これって原作者がロザムンド・パイクによく似てるんですよね。
そんで本の巻末に夫への謝辞を書いてるらしくて。
何気に浮気の部分とか実話じゃないのかなあとか想像してしまいました。
私の知り合いにもニック的な人がいて、この映画をリアルだリアルだといってのが映画より印象的でしたw
ノルウェーまだ~む
2014年12月29日 00:15
qちゃん☆
結婚って何かって、考えさせられるよねー特に独身の方はそうかな?
ただ、「理想を演じてなければ相手を繋ぎとめられない、又は繋ぎとめられないと思い込んでしまう」というところに問題の根源があるわけで。
相手をリスペクトして愛することが出来る人と結婚すれば、見せかけだけの仮面夫婦で破綻することもないと思うのだけどね☆
ノルウェーまだ~む
2014年12月29日 00:23
ノラネコさん☆
ニック的というと、若い娘とバレバレの浮気をしていながら、シャラっとしているあたり?
復讐を恐れる男は、ある程度後ろめたいわけで、殺人事件はなくとも妻の家出のあと元サヤで、以来尻に敷かれている男性は世の中五万といそうです(笑)
たいむ
2014年12月30日 10:41
わはははは。これ見て結婚&出産が怖くなるかぁ~
んー、あるかも?(爆)

途中、身ぐるみはがされた時には因果応報かと思ったけれど、どうしてどうして。
結局ラストも、如何にもいっちゃった人間ぽい有りそうなオトシドコロで怖くなりました。

どっちもどっちなんですよね、やっぱ。




ノルウェーまだ~む
2014年12月31日 01:01
たいむさん☆
そうそう、どっちもどっち。
だけどこの奥さんの『本性』に今まで気付かなかったのが敗因だから仕方ないですねー(爆)
一度の過ちでそれ以降、奥さんに牛耳られちゃう男性は、その辺にゴロゴロいそうだわ。
2015年01月02日 10:13
怖い映画でした。
ベン・アフレックの割と何も考えていない様な柄が役に会ってました。
しかしロザムンド・パイクの演技、強烈ですね。
そしてなんともいえないラスト。後味は悪いですが見せる映画でした。
ノルウェーまだ~む
2015年01月02日 15:39
きささん☆
ベンの表情が、「何も考えてなさそうで、実は…」と思わせておいて、本当に何も考えてなかった…という、実にキャスティングぴったりだったのが良かったです(笑)
見ごたえありましたね。
2015年01月03日 20:02
まだ~むさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪そして明けましておめでとうございます^^

原作の持つ内容自体が凄いと言うのもあるでしょうが、同時にフィンチャー監督はサスペンスやらせたらこれまたやっぱり凄いなと改めて感じもしましたねぇ。最初は不可解な事件性に不気味さを感じたりもすれば、中盤でネタバレしたら今度はロザムンド・パイクが怖く見えちゃったりマスコミの苛烈な報道も恐ろしかったりと、時々で背筋がゾゾッとする場面が何かと多かったですね。
最後の彼女の表情も、最初の時と見方が180度変わってしまったので何とも恐ろしい・・--;ブルーレイ買ったらもう一度観ようとは思いますが、今度は冒頭から背筋が凍り付きそうな気がします。
ノルウェーまだ~む
2015年01月03日 23:29
メビウスさん☆
そうなんです。
これは実は2度目に見ても、いい意味で怖さが倍増して面白いですよね、きっと。
色々な方向から見方を変えてみると、見え方が変わってくる、身近にもそういう事がたくさんありそうです。

この記事へのトラックバック

  • ゴーン・ガール (試写会)

    Excerpt: 間違えて選んでも一生きみのもの 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl12月12日公開 原作: ゴーン・ガール (ギリアン・フリン著/小学館文庫)監督:.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2014-12-12 11:49
  • 劇場鑑賞「ゴーン・ガール」

    Excerpt: “結婚”とは… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412120002/ ★USA版★数.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2014-12-12 15:58
  • ゴーン・ガール

    Excerpt: 夢も希望も無いのである。。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2014-12-12 17:57
  • ゴーン・ガール/死ぬよりも恐ろしい

    Excerpt: 『ソーシャル・ネットワーク』や『ドラゴン・タトゥーの女』などで知られる鬼才・デヴィッド・フィンチャー監督作品。結婚5周年に姿を消した妻、その妻殺しの疑惑をかけられた男の真実を描くスリラーだ。疑惑の夫を.. Weblog: MOVIE BOYS racked: 2014-12-13 00:00
  • 『ゴーン・ガール』 (2014)

    Excerpt: 二転三転、驚愕のサイコロジカル・スリラー! どんより暗くなる身も蓋もない内容ながら、めちゃくちゃ面白いサスペンスであった。 本作は、今やハズれるイメージのわかない名匠となったデヴィッド・フィンチ.. Weblog: 相木悟の映画評 racked: 2014-12-13 09:44
  • ゴーン・ガール

    Excerpt: 【GONE GIRL】 2014/12/12公開 アメリカ R15+ 149分監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キ.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2014-12-13 23:47
  • ゴーン・ガール~イカレタ女

    Excerpt: 公式サイト。ギリアン・フリン原作、デヴィッド・フィンチャー監督。ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キャリー・クーン、 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2014-12-13 23:48
  • 『ゴーン・ガール』

    Excerpt: 妻の選び方次第で結婚が人生の墓場になる。 妻の殺害嫌疑を掛けられた夫を追うサスペンスフルな予告編とは違い、本編はまさに理想と現実の夫婦像の差を見事に描いたブラックなド ... Weblog: こねたみっくす racked: 2014-12-13 23:49
  • ゴーン・ガール

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(F) こういうミステリー映画は大好き(笑) Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2014-12-14 00:34
  • ゴーン・ガール / Gone Girl

    Excerpt: 結婚5周年目の記念日、荒らされた家から妻が失踪。残された夫は、妻殺しの疑いをかけられるが・・・。 女怖ぇ~(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。 ジャンルは全く異なりますが、先日12/6のCX.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2014-12-14 16:47
  • 『ゴーン・ガール』 (2014) / アメリカ

    Excerpt: 原題: Gone Girl 監督: デビッド・フィンチャー 出演: ベン・アフレック 、ロザムンド・パイク 、ニール・パトリック・ハリス 、タイラー・ペリー 、キム・ディケンズ 公式サイトはこち.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2014-12-14 17:16
  • 恐怖炸裂!『ゴーン・ガール』

    Excerpt: 結婚5周年に突如姿を消した妻を捜す男の物語です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2014-12-14 18:51
  • ゴーン・ガール ★★★.5

    Excerpt: 結婚5周年に突如姿を消した妻を捜す男が警察の捜査やメディア報道に追い込まれ、さらに妻殺害の疑いを掛けられてしまう物語を描くスリラー。アメリカの女性作家ギリアン・フリンのベストセラーをベースに、理想の夫.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2014-12-14 20:20
  • 映画:ゴーン・ガール Gone Girl  演出、キャステイング、音響ともにパーフェクト、で、...

    Excerpt: 監督は、デヴィッド・フィンチャー。 フィンチャーといえば、「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」とか… ヤバい作品ばかり! 映画ではないが、彼制作の House of .. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2014-12-15 00:15
  • 『ゴーン・ガール』をトーホーシネマズ六本木7で観て、人間恐怖だふじき★★★

    Excerpt: 五つ星評価で【★★★凄い話である事は認めるが、そんなに好きではない】    争う双方の心理戦が来る! やべえ。こええ。 人間が人間に対して恐怖を抱くのは、 その人間の内 ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2014-12-15 02:24
  • ゴーン・ガール

    Excerpt: ミズーリ州の田舎町。 ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は、誰もが羨む理想のカップルだったが、結婚5周年の記念日に、エイミーが突然行方をくらましてしまう。 部屋には争っ.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2014-12-15 16:48
  • 「ゴーン・ガール」

    Excerpt: デヴィッド・フィンチャー監督の最新作、「ゴーン・ガール」(Gone Girl)を Weblog: セレンディピティ ダイアリー racked: 2014-12-16 10:36
  • ゴーン・ガール (2014)

    Excerpt: 〈あらすじ〉 ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしま ... Weblog: ジュライシネマログ racked: 2014-12-16 14:21
  • 映画「ゴーン・ガール」 感想と採点 ※ネタバレなし

    Excerpt: 映画 『ゴーン・ガール』 (公式)を本日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2014-12-17 17:16
  • 『ゴーン・ガール』 2014年12月14日 TOHOシネマズ市川 

    Excerpt: 『ゴーン・ガール』 を鑑賞しました。 年末にTOHOでパスポートゲットするから待とうかと思ったけど やっぱり待てませんでした 【ストーリー】  ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パ.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2014-12-18 07:28
  • No.466 ゴーン・ガール

    Excerpt: 「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」の鬼才デビッド・フィンチャー監督が、ギリアン・フリンの全米ベストセラー小説を映画化。「アルゴ」のベン・アフレックを主演に、ロザム ... Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2014-12-18 23:35
  • 『ゴーン・ガール』

    Excerpt:              本当に大切なものはいつも                      失って初めてわかる 『ゴーン・ガール』 監督・・・デヴィッド・フィンチャー 原作・脚本・・・ギリ.. Weblog: pure breath★マリーの映画館 racked: 2014-12-20 15:25
  • ゴーン・ガール

    Excerpt: 奥さんが行方不明になって、冤罪でマスコミに追われて…『ゴーン・ガール』を観てきました。 ★★★★★ 冒頭に書いたような物語を、とても魅せる演出で描いて、さすがこう言う起伏の少ない映画で有ってもさすが.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2014-12-21 13:19
  • 『ゴーン・ガール(Gone Girl)』デヴィッド・フィンチャー監督、ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、他

    Excerpt: 注・内容について触れています。『ゴーン・ガール』(Gone Girl)監督 : デヴィッド・フィンチャー出演 : ベン・アフレック、ロザムンド・パイクニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリーキム・.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2014-12-21 18:03
  • 『ゴーン・ガール』 ~はーい皆さん笑って笑って♪~

    Excerpt: 2014年/アメリカ/149分 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ベン・アフレック    ロザムンド・パイク    キャリー・クーン    キム・ディケンズ    タイラー・ペリー .. Weblog: 偏愛映画自由帳 racked: 2014-12-21 21:44
  • ゴーン・ガール え?!?!えぇぇ!!!絶妙のダークユーモアニヤリ

    Excerpt: 監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キム・ディケンズ、キャリー・クーン 楽しみにしていたこれから原作を読もう。いや.. Weblog: Said q winning racked: 2014-12-21 22:18
  • GONE GIRL / ゴーン・ガール

    Excerpt: 日本語HP(公式) 日本語Wikipedia(超ネタバレしてます注意!)  小説原作を、古くは「セブン」、最近だと「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」や「ソーシャル・ネットワーク」なんかを撮った監督、.. Weblog: minor tranquilizer racked: 2014-12-23 11:07
  • 『ゴーン・ガール』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ゴーン・ガール」□監督 デビッド・フィンチャー□脚本・原作 ギリアン・フリン□キャスト ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、     .. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2014-12-23 18:27
  • 『ゴーン・ガール』

    Excerpt: 最近はネタバレしまくりな予告編が多いけど、コレは良かった。 良い意味で期待を裏切られた。 まさかこんな展開になっていくとは・・・。 観に行きたくなるけどネタバレも全然し ... Weblog: 時間の無駄と言わないで racked: 2014-12-25 01:59
  • ゴーン・ガール

    Excerpt:  『ゴーン・ガール』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)昨年アカデミー賞作品賞を受賞した『アルゴ』に出演していたベン・アフレックが出演しているというので映画館に行ってきました。  本作(.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2014-12-25 21:35
  • ショートレビュー「ゴーン・ガール・・・・・評価額1700円」

    Excerpt: 愛する妻は、何者か? ※核心部分に触れています。 いやはや、デヴィッド・フィンチャーは毎回驚かせてくれる。 ミステリ映画という事で、情報を可能な限り入れないようにしていたのだが、予想してた内.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2014-12-25 22:58
  • アゴ&緊張 ギリアン・フリン デビッド・フィンチャー 『ゴーン・ガール』

    Excerpt: くどいようですが大晦日までにストックを解消すべく張り切って更新しております(アク Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2014-12-25 23:51
  • アメイジング・エイミー~『ゴーン・ガール』

    Excerpt:  GONE GIRL  アメリカ中西部・ミズーリ州のある町。結婚5周年を迎えた朝、ニック・ダン (ベン・アフレック)の妻エイミー(ロザムンド・パイク)が、忽然と姿を消した。.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2014-12-28 08:45
  • ゴーン・ガール  監督/デヴィッド・フィンチャー

    Excerpt: 【出演】  ベン・アフレック  ロザムンド・パイク  ニール・パトリック・ハリス 【ストーリー】 ニックとエイミーは誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらまし.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2014-12-28 10:51
  • 「ゴーン・ガール」 結婚とは・・・

    Excerpt: 物語が終わり、エンドロールに入ったところで満席の映画館の各所から「ふぅ・・・」と Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2014-12-30 12:54
  • 映画「ゴーン・ガール」

    Excerpt: 2014/12/28、109シネマズ木場。 スクリーン7(木場ではシアター7と言う) 中央通路前のF列を選択。まずまず。 ** ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、キム・ディケンズ、タイラー・ペ.. Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR racked: 2014-12-31 23:18
  • ゴーン・ガール

    Excerpt: 原題 Gone Girl 製作年 2014年 上映時間 148分 映倫区分 R15+ 監督 デビッド・フィンチャー 出演 ベン・アフレック/ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス/タイラ.. Weblog: to Heart racked: 2015-01-02 22:07
  • ゴーン・ガール

    Excerpt: 【監督】デヴィッド・フィンチャー 【出演】ベン・アフレック/ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス/タイラー・ペリー/キム・ディケンズ/キャリー・クーン 【公開日】2014年12月.. Weblog: シネマをぶった斬りっ!! racked: 2015-01-03 20:02
  • ゴーン・ガール

    Excerpt: ポスター A4 パターンA ゴーン・ガール 光沢プリント()写真フォトスタンド APOLLO商品詳細を見る 【GONE GIRL】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 ニック(ベン・アフ.. Weblog: miaのmovie★DIARY racked: 2015-01-03 22:51
  • ゴーン・ガール

    Excerpt: その辺のホラーより怖いわ~。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2015-01-07 17:23
  • 「ゴーン・ガール」

    Excerpt: 妻が行方不明になる映画と聞いていたけど、こんな展開になるなんて、おもしろすぎ! Weblog: 或る日の出来事 racked: 2015-01-07 22:10
  • ゴーン・ガール

    Excerpt: 『ゴーン・ガール』---GONE GIRL---2014年(アメリカ)監督:デヴィッド・フィンチャー出演: ベン・アフレック 、ロザムンド・パイク 、ニール・パトリック・ハリス.. Weblog: こんな映画見ました~ racked: 2015-01-13 22:17
  • 知能犯のわがままじゃん。(爆)~「ゴーンガール」~

    Excerpt: ※ネタばれを含みますので、未見の方はスルーしてくださいね。※ ごっつ頭がいいのね。・・・とまずひとこと。 あたしゃ~、単純に古畑みたいな展開で その謎解きでもするんかいなとおもってたから 最初.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2015-01-14 14:43
  • ゴーン・ガール (Gone Girl)

    Excerpt: 監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ベン・アフレック 2014年 アメリカ映画 149分 サスペンス 採点★★★★ 知人に「ワタシ媚びれないんだよねぇ」と言いながらアッチの男性にクネクネー、コッチ.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2015-01-31 09:38
  • 「ゴーン・ガール」

    Excerpt: とある女が失踪したからミステリー、と決めつけるよりもサスペンス・スリラーなんだな、これは。何故ってひたひたとぞくぞくと怖かったから。最初はニック(ベン・アフレック)の妻が失踪した事を巡って、妻エイミー.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2015-02-04 12:46
  • ゴーン・ガール GONE GIRL

    Excerpt: 5年目の結婚記念日に、突如姿を消した妻エイミー。夫のニックは警察に届け出て、さらに大規模な捜索ボランティアも結成される。エイミーの両親が、エイミーが子供のころからモデルにした本を書いていて、エイミー.. Weblog: まてぃの徒然映画+雑記 racked: 2015-02-26 23:34
  • ゴーン・ガール

    Excerpt: 【概略】 幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミー。しかし、エイミーが失踪し、自宅から血痕が発見され…。 サスペンス ベン・アフレック、ロザムンド・パイク共演。 まず、途中まで、.. Weblog: いやいやえん racked: 2015-04-12 12:14
  • 映画評「ゴーン・ガール」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督デーヴィッド・フィンチャー 重要なネタバレあり。鑑賞予定のある方はご注意のほどを。 Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2015-09-26 09:56